太陽の黙示録 1巻

太陽の黙示録 1巻
作者
雑誌
価格
550pt/550円(税抜)

初回購入特典 275pt還元

▼第1話/一番大切なもの▼第2話/業火の下▼第3話/光と闇▼第4話/亀裂▼第5話/列島断裂▼第6話/海峡▼第7話/希望●主な登場人物/柳舷一郎(政界の名門・柳家の跡取り。震災で両親と離ればなれになったところを、坂巻に救われる)、柳拓磨(日本最大保守・民自党の幹事長で、政府を陰で舵取りする傑物。舷一郎の祖父)、地道行男(柳家に代々仕えてきた、実直な秘書。柳拓磨の右腕)、坂巻吾郎(神戸から、被災した東京へ救援物資を持ってきた。両親と離ればなれになった舷一郎を保護)●あらすじ/2002年8月10日、M8.8の京浜大地震が発生。都内の通信網、道路交通網などはすべて麻痺し、東京は壊滅的状態に陥った。大災害の対処に追われる民自党幹事長・柳拓磨は、箱根に滞在中の息子夫婦と孫・舷一郎の安否を確認するよう、秘書の地道行男に依頼。だが、そのころ箱根では富士山噴火の情報が流れ…!?(第1話)●本巻の特徴/未曾有の震災により、日本はその姿を大きく変えた。少年・舷一郎の運命は!? そして日本の未来は…!?●その他の登場人物/柳隆志と妻(民自党の代議士夫妻。震災で離ればなれになった息子・舷一郎を捜すが、絶命する)

初回購入限定! 50%ポイント還元

【期間限定】12/10 23:59まで 3巻無料

  • 太陽の黙示録 1巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/一番大切なもの▼第2話/業火の下▼第3話/光と闇▼第4話/亀裂▼第5話/列島断裂▼第6話/海峡▼第7話/希望●主な登場人物/柳舷一郎(政界の名門・柳家の跡取り。震災で両親と離ればなれになったところを、坂巻に救われる)、柳拓磨(日本最大保守・民自党の幹事長で、政府を陰で舵取りする傑物。舷一郎の祖父)、地道行男(柳家に代々仕えてきた、実直な秘書。柳拓磨の右腕)、坂巻吾郎(神戸から、被災した東京へ救援物資を持ってきた。両親と離ればなれになった舷一郎を保護)●あらすじ/2002年8月10日、M8.8の京浜大地震が発生。都内の通信網、道路交通網などはすべて麻痺し、東京は壊滅的状態に陥った。大災害の対処に追われる民自党幹事長・柳拓磨は、箱根に滞在中の息子夫婦と孫・舷一郎の安否を確認するよう、秘書の地道行男に依頼。だが、そのころ箱根では富士山噴火の情報が流れ…!?(第1話)●本巻の特徴/未曾有の震災により、日本はその姿を大きく変えた。少年・舷一郎の運命は!? そして日本の未来は…!?●その他の登場人物/柳隆志と妻(民自党の代議士夫妻。震災で離ればなれになった息子・舷一郎を捜すが、絶命する)
  • 太陽の黙示録 2巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第8話/台湾避難民キャンプ▼第9話/母と子▼第10話/張と舷▼第11話/血の惨劇▼第12話/棄国者▼第13話/舷と羽▼第14話/導火線▼第15話/邂逅の地●主な登場人物/柳舷一郎(政界の名門・柳家の跡取り。震災時に消息を絶ち、台湾人の義父母に育てられる。台湾名・舷[シャン])、柳拓磨(日本最大保守・民自党の幹事長で、政府を陰で舵取りする傑物。舷一郎の祖父)、地道行男(柳家に代々仕えてきた、実直な秘書。柳拓磨の右腕)、張(台湾マフィア・六海幇の荒くれ者だったが、舷一郎に出会い、義に目覚める)、羽田遼太郎(台湾警察の刑事。震災時、日本国籍を捨てた棄国者を親に持つ。台湾名・羽[ユイ])●あらすじ/2017年4月、台湾・台北市。柳家の秘書・地道は、消息を絶った舷一郎を捜し、避難民キャンプを訪れる。震災から15年、生活の苦しさや不安から芽生えた民族意識が、日本人と台湾人の間に対立構造を生みつつあった。ある時、六海幇の荒くれ者・張は、憎むべき日本人が夜市で騒ぎを起こしていると聞き、現場へ向かう。そして、まさに一触即発という雰囲気のなか、一人の青年が歩み出て…(第1話)。●本巻の特徴/震災で消息を絶った柳舷一郎。15年後、青年へと成長した舷一郎を、過酷な運命が待ち受ける…!?●その他の登場人物/京明(張のかつての弟分。日本人母子殺害事件の犯人)、尾津(日本人一時避難民キャンプの代表)
  • 太陽の黙示録 3巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第16話/心の火▼第17話/巨大な意志▼第18話/台湾総統 蔡慶鈴▼第19話/突破口▼第20話/果てなき道▼第21話/炎の記憶▼第22話/宣戦布告●主な登場人物/柳舷一郎(政界の名門・柳家の跡取り。震災時に消息を絶ち、台湾人の義父母に育てられる。台湾名・舷[シャン])、柳拓磨(日本最大保守・民自党の幹事長で、政府を陰で舵取りした傑物。舷一郎の祖父)、地道行男(柳家に代々仕える実直な秘書。行方不明の舷一郎を捜す)、張(台湾マフィア・六海幇の荒くれ者だったが、舷一郎に出会い、義に目覚める)、羽田遼太郎(台湾警察の刑事。震災時、日本国籍を捨てた棄国者を親に持つ。台湾名・羽[ユイ])●あらすじ/日本人の過激派グループによるテロ計画が発覚し、避難民キャンプに暗雲が漂う。だが、舷一郎の「震災から生き残った人間のために悲劇を止めたい」との訴えが日本人避難民の心を動かし、代表の尾津を中心にして、淡水キャンプ8万人に暴動阻止の決起が呼びかけられる。そんな時、キャンプ滞在中の地道が舷一郎に声をかけ…(第1話)。●本巻の特徴/過激派グループの武装蜂起と日本人母子殺害事件は、裏でつながっていた!? 舷一郎の熱い心が、避難民8万人を動かす!!●その他の登場人物/京明(張のかつての弟分。日本人母子殺害事件の犯人)、尾津(日本人一時避難民キャンプの代表)、蔡慶鈴(中華民国[台湾]総統。聡明かつ、したたかな才媛)、黒藤(淡水キャンプを出て、力による日本統一を目指す過激派リーダー)
  • 太陽の黙示録 4巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第23話/喪失せしもの▼第24話/父と子▼第25話/家族▼第26話/託されたもの▼第27話/屈せざる者▼第28話/国民の前へ▼第29話/熱意の到達点▼第30話/祖国へ●主な登場人物/柳舷一郎(政界の名門・柳家の跡取り。震災時に消息を絶ち、台湾人の義父母に育てられる。台湾名・舷[シャン])、柳拓磨(日本最大保守・民自党の幹事長で、政府を陰で舵取りした傑物。舷一郎の祖父)、地道行男(柳家に代々仕える実直な秘書。行方不明の舷一郎を捜す)、張(台湾マフィア・六海幇の荒くれ者だったが、舷一郎に出会い、義に目覚める)、羽田遼太郎(台湾警察の刑事。震災時、日本国籍を捨てた棄国者を親に持つ。台湾名・羽[ユイ])●あらすじ/日本人過激派グループの占拠する台北中央電視台へ潜り込んだ舷一郎。だが時すでに遅く、先に説得に乗り込んだ尾津は、リーダー黒藤の銃弾に倒れていた。舷一郎を捕縛した黒藤は、放送を通じて日本人避難民の現状を訴え、さらには、台湾政界反日派との裏交渉を暴露する。これを聞いた台湾総統は、黒藤たちを生きて捕らえるよう命じるが…(第23話)。●本巻の特徴/過激派グループによる武装蜂起は、ついに流血の惨事に…!! 事件の黒幕を暴くため、舷一郎が立ち上がる!!●その他の登場人物/蔡慶鈴(中華民国[台湾]総統。聡明且つ、したたかな才媛)、黒藤(淡水キャンプを出て力による日本統一を目指す過激派リーダー)、陳麗君(台湾の最大手・台北中央電視台の報道記者)
  • 太陽の黙示録 5巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第31話/15年目の贈り物▼第32話/宗方操の未来▼第33話/崩壊せしもの▼第34話/地の叫び▼第35話/二人の王▼第36話/政治家の気概▼第37話/ロックウェル・プラン●主な登場人物/柳舷一郎(政界の名門・柳家の跡取り。震災時に消息を絶ち、台湾人の義父母に育てられる。台湾名・舷[シャン])、宗方操(経営難の町工場に生まれ、借金に苦しむ家のために、高校生活を捨てて夜逃げを決意していた)、夏木恵理(操に想いを寄せる同級生。お嬢様だが芯の強い性格)、柳拓磨(日本最大保守・民自党の幹事長で、政府を陰で舵取りした傑物。舷一郎の祖父)●あらすじ/2017年、特別行政区・旧東京。今は水没したこの街で、15年前に恋人からもらうはずだったプレゼントを探す男がいた。その名は宗方操。2002年8月、高校生だった操は、倒産寸前の父親の工場を支えるためアルバイトに明け暮れていた。だが、サラ金の取り立ては厳しさを増し、操は、学校も、恋人の夏木恵理も捨てて逃げる決意をする…(第31話)。●本巻の特徴/後に南日本の行政長官主席補佐を務める男・宗方操。彼は、如何にして権力への階段をのぼったのか!? そして、舷一郎との出会いは…!?●その他の登場人物/石倉慎介(内閣総理大臣。拓磨の盟友)、夏木惇史(内閣総理大臣・政務担当秘書官。恵理の兄)、エドワード・ロックウェル(南日本の傀儡政権化を目論む米国の特別省庁「日本復興支援機構」副長官)
  • 太陽の黙示録 6巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第38話/黒いマグマ▼第39話/操と恵理▼第40話/山陽道副知事 宗方操▼第41話/海峡窟▼第42話/辺境の叛乱▼第43話/M資源▼第44話/既望の会●主な登場人物/柳舷一郎(政界の名門・柳家の跡取り。震災時に消息を絶ち、台湾人の義父母に育てられる。台湾名・舷[シャン])、宗方操(経営難の町工場に生まれ、借金に喘ぐ家のために、高校生活を捨てて夜逃げを決意していた)、夏木恵理(操に想いを寄せる同級生。お嬢様育ちだが芯の強い性格)●あらすじ/2003年、福岡市博多区。宗方操と恵理が住むアパートに、内閣総理大臣政務担当秘書官である恵理の兄・惇史がやって来た。その目的は、まだ高校生であるにも関わらず、操と二人でボロアパートに暮らす恵理を親元へ返すこと。そして、人材復興を支援する“ロックウェル・プラン”に操を参加させることにあり…(第38話)。●本巻の特徴/恋人・恵理と離れ、アメリカ留学を決意した操。10年後、復興省長官ロックウェルの片腕として帰国した操は、秘めたる野望の実現に向けて動き始める。その鍵を握るのは、海峡に眠る「M資源」。彼が目指す“新しい国家”の姿とは…!?●その他の登場人物/夏木惇史(内閣総理大臣・政務担当秘書官。恵理の兄)、エドワード・ロックウェル(南日本の傀儡政権化を目論む米国の特別省庁「日本復興支援機構」副長官)、星川宿海(新興宗教「既望の会」代表理事)
  • 太陽の黙示録 7巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第45話/十六夜▼第46話/海峡危機▼第47話/南北不可侵領域▼第48話/二つの国▼第49話/恵理と舷一郎▼第50話/密航者▼第51話/心の傷●主な登場人物/柳舷一郎(政界の名門・柳家の跡取り。震災時に消息を絶ち、台湾人の義父母に育てられる。台湾名・舷[シャン])、宗方操(震災により未来が拓けた男。その能力を買われ米国に留学、帰国後は南日本の要職に就く)、夏木恵理(操の恋人。現場での被災者支援に目覚め、操と離れる)、張(台湾マフィア・六海幇の荒くれ者だったが、舷一郎に出会い、義に目覚める)、羽田遼太郎(台湾警察の元・刑事。震災時、日本国籍を捨てた棄国者を親に持つ。台湾名・羽[ユイ])●あらすじ/新興宗教「既望の会」と、北日本側との繋がりが判明。教団のアジトへ突入が始まろうとした矢先、建物の屋上に教祖・十六夜と思われる女性が姿を現す。その様子をモニターで見た操は、十六夜が、かつての恋人・恵理であることを確信。自らアジトへ赴き、脱出しようとしていた教団理事の星川と十六夜に相対する…(第45話)。●本巻の特徴/新国家建設の野望を抱く操、「既望の会」教祖となった恵理。結ばれぬ恋人たちの前に、"あの男"が現れる…!!●その他の登場人物/夏木惇史(恵理の兄。荒廃した山陽道の知事に左遷された)、エドワード・ロックウェル(南日本の傀儡政権化を目論む米国主導の中央省庁「南日本・復興省」初代長官)、星川宿海(新興宗教「既望の会」代表理事)
  • 太陽の黙示録 8巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第52話/海峡同盟▼第53話/目標(ターゲット)▼第54話/国連日本視察団▼第55話/罠の部屋▼第56話/操と舷一郎▼第57話/約束▼第58話/雲井竜児●主な登場人物/柳舷一郎(政界の名門・柳家の跡取り。震災時に消息を絶ち、台湾人の義父母に育てられる。台湾名・舷[シャン])、宗方操(震災により未来が拓けた男。その能力を買われ米国に留学、帰国後は南日本の要職に就く)、夏木恵理(操の恋人。現場での被災者支援に目覚め、操と離れる)、張(台湾マフィア・六海幇の荒くれ者だったが、舷一郎に出会い、義に目覚める)、羽田遼太郎(台湾警察の元・刑事。震災時、日本国籍を捨てた棄国者を親に持つ。台湾名・羽[ユイ])●あらすじ/既望の会を脱会した恵理を守ることを決意し、一路北へと向かう舷一郎たち。途中立ち寄った吉祥寺の宿で、警察局公安部に追われる「海峡同盟」と名乗る2人組と出会う。恵理奪回を目論む既望の会信者と公安部、二重の包囲を受けた舷一郎たちは、「海峡同盟」と協力して宿からの脱出を試みる…(第52話)。●本巻の特徴/操を売国奴として暗殺を企む反政府組織「海峡同盟」に反発した舷一郎は、恵理とともに操に会い、操の真意を探ろうとする。様々な思惑を背負い、2人の男が遂に出会う!!●その他の登場人物/夏木惇史(恵理の兄。荒廃した山陽道の知事に左遷された)、雲井竜児(反政府同盟「海峡同盟」関東支部の責任者)
  • 太陽の黙示録 9巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第59話/雲井竜児の選択▼第60話/父の遺志▼第61話/公文讃(くもんたすく)の島▼第62話/愛憎の森▼第63話/北の覇者▼第64話/異邦人▼第65話/疑惑の街●主な登場人物/柳舷一郎(政界の名門・柳家の跡取り。震災時に消息を絶ち、台湾人の義父母に育てられる。台湾名・舷[シャン])、宗方操(震災により未来が拓けた男。その能力を買われ米国に留学、帰国後は南日本の要職に就く)、夏木恵理(操の恋人。現場での被災者支援に目覚め、操と離れる)、張(台湾マフィア・六海幇の荒くれ者だったが、舷一郎に出会い、義に目覚める)、羽田遼太郎(台湾警察の元・刑事。震災時、日本国籍を捨てた棄国者を親に持つ。台湾名・羽[ユイ])●あらすじ/震災から4年後の2006年。若き雲井竜児は、北日本のキャンプで父を手伝い、懸命に医療活動を行なっていた。だが、復興が進む南日本に対し、極端な物資不足が続く北日本では充分な治療もできず、度重なる支援要請も政府の耳に届かない。そこには、北日本政府を牛耳る“北日本統治グループ”の存在があって…(第59話)。●本巻の特徴/反政府組織「海峡同盟」の雲井に連れられてやって来た無人島で、同盟のリーダーである公文讃から、行動を共にするか、死かの選択を迫られた舷一郎。一触即発の状態で彼が下した決断は…!?●その他の登場人物/雲井竜児(反政府同盟「海峡同盟」関東支部の責任者)
  • 太陽の黙示録 10巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第66話/血の絆▼第67話/柳拓磨の密約▼第68話/偽りの叛乱▼第69話/クーデター▼第70話/北日本動乱▼第71話/野望の構図▼第72話/交渉人 薫藤卓也●主な登場人物/柳舷一郎(政界の名門・柳家の跡取り。震災時に消息を絶ち、台湾人の義父母に育てられる。台湾名・舷[シャン])、宗方操(震災により未来が拓けた男。その能力を買われ米国に留学、帰国後は南日本の要職に就く)、夏木恵理(操の恋人。現場での被災者支援に目覚め、操と離れる)、張(台湾マフィア・六海幇の荒くれ者だったが、舷一郎に出会い、義に目覚める)、羽田遼太郎(台湾警察の元・刑事。震災時、日本国籍を捨てた棄国者を親に持つ。台湾名・羽[ユイ])、薫堂卓也(北日本エリア政府の衆議院議長。華永烈の死に伴い、新たに復興委員会委員長に就任する)●あらすじ/舷一郎は、生き別れの祖父であり、民自党の元幹事長でもある柳拓磨に会うべく札幌へやって来た。だがそこで突然拉致され、北日本復興委員会委員長・董堂卓也の待つホテルの一室に連行されてしまう。拓磨の持つ中国政府とのパイプを手中に収めんとする薫堂…彼は舷一郎を人質に拓磨を脅迫しようと目論んでいて…(第66話)。●本巻の特徴/舷一郎の祖父にして、政界の傑物・柳拓磨の後継者になることにより、中国の最高実力者・周主席の後ろ盾を得ようと画策する董堂。そんな中、自衛隊謀反軍によるクーデターが勃発するが、それはすべて董堂が仕組んだ偽りのクーデターで…!?●その他の登場人物/雲井竜児(反政府同盟「海峡同盟」関東支部の責任者)
  • 太陽の黙示録 第3集1

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 太陽の黙示録 第3集2

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 太陽の黙示録 第3集3

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 太陽の黙示録 第3集4

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 太陽の黙示録 第3集5

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 太陽の黙示録 第3集6

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 太陽の黙示録 第3集7

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 太陽の黙示録 第3集8

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 太陽の黙示録 第3集9

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 太陽の黙示録 第3集10

    価格:40pt/40円(税抜)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。