ビッグコミックオリジナル

デジタル最新号 発売中!!!

おすすめの人気タイトル

ビッグコミックオリジナルの作品 160 件

  • 刑事ゆがみ

    井浦秀夫

    マンションから転落死を遂げた一人の男ーー
    彼は、かつて弓神(ゆがみ)が逮捕した事のある元泥棒だった。
    刑事課では、再び泥棒に戻った彼が、足を踏み外した転落死、
    との見立てをするが……!?
    現代社会の闇を知り、人の心の奥底を見透かす刑事・弓神!!
    第1集は、「働く悪人」全9話を完全収録!!

  • ビッグコミックオリジナル

    ビッグコミックオリジナル編集部

    最高に笑える、泣ける、癒やされる! 感動のコミック誌

  • 蒼ざめた馬 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖

    アガサ・クリスティー 星野泰視

    あの名探偵・エルキュール・ポアロが、昭和初期に甦る第2弾!
    昭和初期、雨夜、東京両国。
    一人の町医者が撲殺された!!
    遺品から見つかった一枚の書き付け。
    そこに名が記された人物達が不可解な死をとげていた――
    死が死をまねく“呪い殺人”に
    名探偵・英玖保嘉門はどう挑む――!?

  • 風の大地

    かざま鋭二 坂田信弘

    鹿沼CCにすごい男が現われた。沖田圭介24歳が、そのずばぬけた才能でプロゴルファーの道をめざす、サクセスストーリー。

  • 昭和天皇物語

    能條純一 半藤一利 永福一成 志波秀宇

    今世紀最大の話題作、ついに単行本化!!

    大元帥陛下して軍事を、大天皇陛下として政治を一身に背負い
    昭和という時代を生き抜いた巨人。

    波瀾万丈という言葉では表せないほどの濃密な生涯に
    半藤一利氏協力のもと、漫画界の巨人・能條純一氏が挑む−−
    「ビッグコミックオリジナル」誌で毎号にわたり衝撃を呼ぶ巨弾連載、
    待望の第1集は、その少年時代が
    大胆な解釈と圧倒的な画力で描かれる…!

  • 人間失格

    伊藤潤二 太宰治

    日本文学の不朽の名作『人間失格』をトップホラー漫画家の伊藤潤二氏が
    独自の表現で捌きます。

    隣人の幸福が理解できない。なのに、隣人の目が
    気になって仕方ない。そんな主人公・大葉葉蔵が必死で身につけたのが
    道化だった。上京した葉蔵は堀木に誘われ、非合法活動に参加する。
    活動に疲れた葉蔵はある女給と出会うが……

    「世間と折り合いがうまくつかない」そんな読者に長く愛されてきた
    名作を、伊藤潤二氏がホラーの要素を絶妙に取り入れ、構成した
    衝撃作です。是非手にとってください。宜しくお願いいたします。

  • ルーヴルの猫

    松本大洋

    猫 × 松本大洋 × ルーヴル美術館 !

    ルーヴル美術館の屋根裏に棲みついた猫達。人間から隠れて暮らしていたが、一匹の白猫がその掟を破り、冒険に出かける。絵画から聞こえる声に導かれて入った世界には…!?

  • あいの結婚相談所

    加藤山羊 矢樹純

    あなたが結婚相手に望むのは何でしょうか?顔ですか、お金ですか、地位や名声ですか、安定ややすらぎですか、将来の保証ですか…それとも愛ですか? 人間の奥底には本能があります、しかし人間には上っ面の言葉も持ち合わせています。本音を隠して建て前だけで行動することができるのです。あいの結婚相談所の藍野氏は、入会者であるあなたがお望みの結婚相手との出会いを100%叶えてくれます。しかし、あなたが包み隠したかった本能の欲望も顕わになってしまう覚悟をお持ちのうえ、ご来所ください。もう一度おたずねします。あなたが結婚相手に望むのは何でしょうか?顔ですか、お金ですか、地位や名声ですか、安定ややすらぎですか、将来の保証ですか…それとも愛ですか?

  • 深夜食堂

    安倍夜郎

    ネオンきらめく街の片隅でひっそり佇んでいる、深夜の胃袋と心を満たす癒し処『深夜食堂』。どこかなつかしい味が楽しめる話題作!!

  • たーたん

    西炯子

    15年前、全く冴えない28歳の童貞男だった上田敦は、
    友人から赤ん坊を預かる。その友人は殺人を犯し刑務所に入ったのだ。
    赤ん坊の名は鈴。敦は鈴を娘として懸命に育てた。
    鈴は父を「たーたん」と呼ぶ。
    父は出生について娘に何も話していない。鈴は何も知らない。
    ワケあり父娘の心ヒリヒリコメディ!
    西炯子初の青年漫画誌連載作にして意欲作、待望の単行本第1巻。
    ビッグコミックオリジナルにてシリーズ連載中。

  • 黄昏流星群

    弘兼憲史

    老人にだって恋心がある。人生の黄昏時にだって激しく輝く愛がある。弘兼憲史が、そんなコミックの未踏の領域に渾身の力で挑む。

  • 写真屋カフカ

    山川直人

    写真屋奇譚、全十四編収録!!

    公衆電話。紙芝居。銭湯……………
    時代にためされ、時代に負けたもの達。

    黒いハットに黒いマント。
    古いカメラをかまえては、
    時代の波にまにまに消えゆくものを
    フィルムに収める写真屋カフカ。

    その写真にはときどき、不思議なものが写る―――

  • メメント飛日常

    カラシユニコ

    日常から、しばし飛ぼう。
    心のいちばん気持ちいい場所に触れる、少しふしぎな
    オムニバス作品集!

    働くネコあり。宇宙からの少年あり。
    店長を務める犬あり。影の薄すぎるリーマンあり――

    現実以上SF未満、ヘンで優しい世界観の
    読切全9篇を収録。

    小学館新人コミック大賞出身の、
    俊英にして“輝”才の作者・カラシユニコ氏デビュー作!

  • ビッグコミックオリジナル増刊

    ビッグコミックオリジナル編集部

    最高に笑える、泣ける、癒やされる! 感動のコミック誌

  • 残照の帝國

    あまやゆうき 稲井雄人

    インカ帝國、読者諸兄はその名をもちろんご存じだろう。
    しかし、文字を持たない文化であったインカには帝國側の
    歴史書は存在しない。征服者であったスペイン側の記録が
    残るのみである。しかし落日のインカ帝國にあって最後の抵抗を
    続けた人物ティトゥ・クシがいる。彼がインカ側最後の文献を
    スペイン国王への陳述書の形で残した。(インカの反乱 岩波文庫)
    これは、落日のインカで最後に輝いた青年の物語である!

  • フルーツ宅配便

    鈴木良雄

    現代社会で行き場のない貧困女子が流れ着く場所、
    デリバリー・ヘルス――
    もし、離婚して養育費を受け取れなかったら…
    もし、親の介護で、今の仕事を辞めたら……
    誰もが陥るかもしれない人生の困難、
    誰の手も届かない絶望と孤独が、ここにある。

  • 阿鼻叫喚!!ゆるふわ地獄

    ほりのぶゆき

    現世の事情を忖度したら、
    地獄の責め苦も、こんなになっちゃった!!
    抱腹絶倒!阿鼻叫喚!!前代未聞の地獄ギャグ!!!

  • 釣りバカ日誌

    やまさき十三 北見けんいち

    悪魔の趣味"釣り"がもたらした激動の日々。サラリーマンの泣き笑いを活写し、満天下の共感を呼ぶ話題作。

  • テツぼん

    永松潔 高橋遠州

    オタクこそが世界を救う…!? 料亭よりも駅弁を、グリーン車よりも普通車を好む、金にも権力にも執着しない男・仙露鉄男が、その独特の知識と知恵で、ニッポンを変える!!

  • ナツカツ 職業・高校野球監督

    市田実 テリー山本

    汗と涙と感動と……!!
    高校野球のイメージといえば、やっぱコレ!!
    でも、それってあくまで高校野球の主役である球児達のお話。
    監督ともなると、地縁や血縁、OB会に父母会と、
    とかく”しがらみ”がついて回る。
    そんな、”高校野球の監督”を職業に選んだ男の、
    熱く、切なく、そしてとってもサラリーマンな、
    まったく新しい高校野球漫画が今、始まる!!

  • あかぼし俳句帖

    奥山直 有間しのぶ

    定年まであと5年。
    自動車メーカーの宣伝部で活躍したのも今や昔。閑職に追いやられ、何か趣味でも、と思い始めたシニアサラリーマン明星啓吾。
    行きつけの料理屋で俳人の水村翠と出会う。会いたい一心で、明星は翠に俳句の指導をお願いする。
    時代の波にも、出世の波にも乗り遅れた男の人生が、十七音に彩られはじめる!!!!!!!

  • 三分間のアニミズム

    サメマチオ

    ひな祭りのお雛様、子どもの日の鯉のぼりに、七夕の織姫と彦星。
    特別な日を彩るモノから、喫茶店の三点セットやホームベーカリー、
    夏休みの校舎に、ベランダの洗濯ばさみ……など、私たちの日常にあるモノまで。
    決して話はできないけど、彼らの言葉に耳を傾ければ、
    とても雄弁に語る―――かもしれない。


    そんな「もしかしたら」を描く、新感覚ショートストーリー集!

  • 七帝柔道記

    増田俊也 一丸

    「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」で世間の注目を集めた「このミステリーがすごい!」大賞出身の小説家・増田俊也氏の自伝的小説「七帝柔道記」(KADOKAWA刊)をコミック化。
    寝技中心の柔道=七帝柔道に憧れて、北海道大学へ進学した主人公・増田俊也。北大をはじめ、東北大・東大・名大・京大・阪大・九大の旧帝国大学七大学で脈々と受け継がれた七帝柔道という知られざる柔道が明らかになります。
    魅力あふれる先輩達に囲まれ、友人・ライバルと切磋琢磨して成長していく様子は読む者の心にアツい気持ちを呼び覚ますでしょう。

  • フイチン再見!

    村上もとか

    日本にはまだ「女の漫画家」はいなかった!漫画家・上田としこ。1917年(大正六)生まれ、2008年(平成二〇)没。これは、まだ誰も歩いたことがなかった「女流漫画家」という道を拓いた一人の実在した「女」を主人公とした物語である。上田としこという一人の素っ頓狂な少女が、戦前の満州ハルピンの高く広い空に、想像の絵を思いうかべた時から、日本の、女の、「漫画の歴史」ははじまったともいえる。

  • 生まれたときから下手くそ

    安倍夜郎

    生まれたときから不器用で、下手くそな生き方しか出来なかったマコト。その生き方は、マコトの父と同じだった。高知県四万十で育った『深夜食堂』の作者・安倍夜郎氏の自伝的、心温まるなんちゃあない(たわいもない)話

  • どうらく息子

    尾瀬あきら

    いま落語がアツい!落語家物語の幕が上がる『夏子の酒』『蔵人-クロード-』など、日本酒を扱った漫画作品を描き続けた尾瀬あきらが、新境地にチャレンジした意欲作です。「寿限無」など子供でもおなじみの楽しい噺から、「子別れ」「文七元結(ぶんしちもっとい)」など人情噺も落語を知っていても、知らなくても楽しめる内容となっています。この作品の生命線・落語の監修についているのは、落語愛好家にはもうおなじみ、柳家三三師匠です。当代きっての名人・柳家小三治師匠の弟子として修業を積み真打となり、落語界トップクラスの評価をされている実力者です。落語家の世界では30歳代はまだまだ若手なのですが、柳家三三師匠は人気・実力ともに「今おもしろい落語家」としてもっとも注目を集めている次代のホープです。落語って何? 古臭い江戸時代の話でしょ?という方でも落語の世界に引き込むコミックです。もちろん落語好きの方も、数十人の現役噺家から取材した修業逸話が随所にちりばめられているから楽しめます。「平成の落語ブーム」として注目度抜群の落語の世界を『どうらく息子』から覗いてみてください。

  • みずほ草紙

    花輪和一

    古くからこの国で語られ続けている昔話や御伽噺、民話……。それらの中に秘かに隠された真実や理を、鬼才・花輪和一氏が、その独特の世界観で描き切る!!

  • その女、ジルバ

    有間しのぶ

    伝説のママ・ジルバの店 BAR OLD JACK & ROSE―――終戦直後から夜の世界で生きてきたホステスたちの高齢BAR。ホステスの平均年齢は70歳以上。人生の酸いも甘いも知り尽くした女たちが最高のおもてなしで、常連客たちを迎える。そこへ飛び込んだ一人の新人・笛吹 新(うすい・あらた)、40歳。大手スーパーの倉庫で働く彼女は、恋人なし、貯金なし、老後の安心なしの崖っぷち人生。リストラで希望の職場も追われ、夢も、仕事も、結婚も、あきらめかけた彼女が、笑い、歌い、踊り、いつの日か忘れていた何かを取り戻していく。昼と夜、二足のワラジで働くことになった、見習いホステス・”アララ”。彼女のシングルライフに、どんな変化が訪れるのか!?

  • 大地の子みやり

    坂田信弘 かざま鋭二

    坂田ジュニアゴルフジュク始まって以来、
    一番の落ちこぼれ塾生・鈴木みやり。
    身体能力がずば抜けているわけでもない。
    ゴルフセンスがあるわけでもない。
    みやりは、ただ球を打ち続けるしかなかった。
    風の日も。雨の日も。雪の日も。
    高熱があっても骨折をしても練習場に通い続けた。

    しかし、どれだけ努力をしても
    努力と結果の繋がらない子だった。
    それでも、みやりは目を輝かせ、笑顔を絶やさずに
    「ゴルフは私の宝です!!目標はプロゴルファーになることです!!」
    と大きな声で答えるのだ。

    一途さだけでは生きていけないゴルフの途に
    少女みやりは人生の総てを捧げる。

  • 釣りバカ日誌番外編 新入社員 浜崎伝助

    やまさき十三 北見けんいち

    昭和40年代、ニッポンが高度経済成長でどんどん豊かになっていった時代。それは、ケイタイもパソコンもATMもない時代、営業サラリーマンはこんなにがむしゃらだった!ただ一名、新入社員ハマちゃんを除いて……『釣りバカ日誌』のハマちゃんといえば、仕事も出世も二の次で、釣りと愛妻みち子さんに首ったけのイメージが強いと思います。しかしハマちゃんの新入社員時代は、まだ釣りに興味を示さず、将来の伴侶・みち子さんとは出会っているもののまだ恋に発展する気配すらない時代だったのです。上司の佐々木係長に怒鳴られ、よく顔を合わせるが誰だか分からない老人(実は社長のスーさん)とのニアミス交流をしつつ、どのように釣りに、恋に目覚めるのでしょうか? そしてどんな永遠の平サラリーマンに成長するのでしょうか!?