闇のイージス 1巻

闇のイージス 1巻
全26巻完結 ポイント還元
作者
雑誌
価格
550pt/605円(税込)

初回購入特典 275pt還元

▼第1話/イージスの楯▼第2話/ゼロの猟犬 I▼第3話/ゼロの猟犬 II▼第4話/ゼロの猟犬 III▼第5話/狙撃手のレクイエム I▼第6話/狙撃手のレクイエム II▼第7話/狙撃手のレクイエム III▼第8話/狙撃手のレクイエム IVr●主な登場人物/楯雁人(たて・かりと。闇の世界に生きるフリーランスのボディーガード)、アナ・リドル(ティールーム“SIREN”の主人であり、雁人のマネージャーを勤める、謎の少女。“セイレーンの魔女”と呼ばれる)●あらすじ/ティールーム“SIREN”に、滝沢美香という女性がやってきた。ストーカーに付きまとわれている彼女は、ある探偵社に身辺の護衛を頼んだが、そのスタッフ4人があっさりと殺されてしまったのである。美香は最後の頼みの綱として、“イージスの楯”と呼ばれるフリーランスの護り屋(まもりや)・楯雁人に、ボディーガードを依頼。雁人は見事に犯人をつきとめ、倒し、警察に引き渡す。だがその後、美香は担当の刑事から意外なことを聞いた。楯雁人なる人物は、5年前に死亡しているというのだ。哀しい目をした最強の護衛者(ボディーガード)・楯雁人。彼は一体何者なのか…!?(第1話)。●本巻の特徴/“イージスの楯”。それはギリシャ神話の女神・アテナが持っていた楯のことだ。勇者ペルセウスが退治した魔女メドゥーサの首が埋め込まれていて、いかなる敵の攻撃も阻んだという最強の楯である。その楯の名で呼ばれる男・楯雁人は、金さえ払えば犯罪者をも援護するという、闇の世界に生きるフリーランスのボディーガード。彼は決して敵を殺さず、パーフェクトに依頼者を守る。弾丸も軽く受け止める鋼鉄製の右手を武器に、多くの謎に包まれた雁人の活躍が始まる! 『ジーザス』以来の、原作/七月鏡一、作画/藤原芳秀コンビによる、ハードボイルドがスタート。●その他の登場人物/甲本洋二(銀行に勤めるシステムエンジニアだったが、不正融資のデータを見つけてしまったため、殺し屋から狙われる)、ゼロ(後ろ楯を持たない単独行動の始末屋。余りに冷酷で、血液ゼロ、体温ゼロといわれたのがその名の由来)、宮島良子(ハーバード大学で法律を学んだ、エリート弁護士。ゴミ処理場を巡る汚職を暴こうとするが、そのために命を狙われる)、榊草平(今は引退しているというが、かつては伝説的狙撃手だった人物。雁人に仕事を依頼するが、その真意は?)●その他のデータ/巻末に七月鏡

初回購入限定! 50%ポイント還元

  • 闇のイージス 11巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第96話/目撃者 I▼第97話/目撃者 II▼第98話/目撃者 III▼第99話/目撃者 IV▼第100話/炎の十字架 I▼第101話/炎の十字架 II▼第102話/炎の十字架 III▼第103話/炎の十字架 IV▼第104話/籠城 I▼第105話/籠城 II ●主な登場人物/楯雁人(たて・かりと。金さえもらえば犯罪者をも護衛する、闇の世界に生きるフリーランスのボディーガード。弾丸も防ぐ鋼鉄製の右手を武器に、パーフェクトに依頼者を護る。かつては警視庁の特殊急襲部隊 に所属する警部で、公式記録では5年前に死んでいる)●あらすじ/ボウリング場の跡地で、外国人の犯罪組織のメンバーが大量に殺された。そして、その現場をたまたま目撃してしまった高校生・原口香保が、何者かに狙われることに。香保の証言によると、現場には「背中に傾いた十字架のような傷を持った男」がいたという。陽子は香保を護るため、雁人に護衛を依頼。自身も「背中に十字の傷を持つ男」とは因縁がある雁人は、この依頼を引き受ける(第96話)。●本巻の特徴/背中に雁人と同じ傷を持つ男「ジーザス」が登場。彼の正体は!? また雁人の過去が初めて詳しく語られ、国際的テロリスト「蝶=バタフライ」との長い闘いが始まった理由や、なぜ雁人が今のような立場になったのかが明かされる。●その他の登場人物/アナ・リドル(ティールーム“SIREN ”の主人であり、雁人のマネージャーを務める謎の少女)、来島ちひろ(自ら希望して雁人の助手となった少女。暗殺技術<キリングスキル>を身につけている)、甲斐彰一(警察庁警務課首席監察官。雁人の義兄で、以前は雁人の同僚でありお互いが抱えている地獄を知る同士)、守渡陽子(南新宿署生活安全課巡査部長。26歳。雁人を信頼している女性刑事)、ゼロ(後ろ楯を持たない一匹狼の殺し屋。余りに冷酷で、血液ゼロ、体温ゼロといわれたのがその名の由来)、ジーザス(雁人と同じく背中に十字の傷を持つ男。「殺すことでしか止められないものがこの世にはある」と、巨悪に対し一人で挑む殺しのプロフェッショナル)、蝶(バタフライ。国際指名手配中のテロリスト。本名、年齢不詳。アジア系ということだけが分かっている)●その他のデータ/巻末には、「藤原先生によるキャラ・デザインノート」と、原作者・七月鏡一によるあとがき「ジーザスの帰還」を収録。
  • 闇のイージス 12巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第106話/静かなる夜の中で▼第107話/天使の羽音 I▼第108話/天使の羽音 II▼第109話/天使の羽音 III▼第110話/天使の羽音 IV▼第111話/天使の羽音 V▼第112話/天使の鳥籠 I▼第113話/天使の鳥籠 II▼第114話/天使の鳥籠 III▼第115話/天使の鳥籠 IV●主な登場人物/楯雁人(たて・かりと。金さえもらえば犯罪者をも護衛する、闇の世界に生きるフリーランスのボディーガード。弾丸も防ぐ鋼鉄製の右手を武器に、パーフェクトに依頼者を護る。かつては警視庁の特殊急襲部隊に所属する警部で、公式記録では5年前に死んでいる)●あらすじ/ある組織の依頼で、アナを誘拐した国際的テロリスト「蝶=バタフライ」。そこに娘の面影を見た彼女は、組織にアナを渡さず、雪の降りしきる山小屋に立てこもった。雁人はアナを救い出すため単身山小屋に向かうが、組織もまたそこに迫っていた。蝶は、アナを雁人に託し、自らをおとりにするべく山を下りるのだった(第106話)。●本巻の特徴/悪の種子の媒介者とされる“天使”と呼ばれる謎の女性を追う巨大組織。その組織に、彼女をおびき出すため、ちひろと亜紀を借りたいとの申し出を受けた雁人はこれを拒絶し、彼らに命を狙われることになる。一方、天使に贈られたオルゴールの音色を聞いて覚醒した亜紀は、迫り来る組織の手から逃れ、姉・ちひろの命を狙うが…。●その他の登場人物/アナ・リドル(ティールーム“SIREN ”の主人であり、雁人のマネージャーを務める謎の少女)、蝶(バタフライ。国際指名手配中のテロリスト。本名、年齢不詳。アジア系ということだけが分かっている)、来島ちひろ(自ら希望して雁人の助手となった少女。暗殺技術<キリングスキル>を身につけている)、野坂亜紀(来島ちひろの妹。天使に導かれて精神障害から覚醒した暗殺のプロ)、藤堂義明(藤堂ケミカル社長で組織の黒幕。大戦中は関東軍防疫給水部に所属。ベトナム戦争では米軍の化学兵器製造を担い財を築いた)●その他のデータ/巻末には、「藤原先生によるキャラ・デザインノート」と、原作者・七月鏡一によるあとがき「闇の天使と二人の少女(前)」を収録。
  • 闇のイージス 13巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第116話/天使の棺 I▼第117話/天使の棺 II▼第118話/天使の棺 III▼第119話/天使の棺 IV▼第120話/天使の棺 V▼第121話/天使の棺 VI▼第122話/さらば追憶 I▼第123話/さらば追憶 II▼第124話/さらば追憶 III▼第125話/さらば追憶 IV▼単行本描き下ろし特別読切:幕間/傷の宿命●主な登場人物/楯雁人(たて・かりと。金さえもらえば犯罪者をも護衛する、闇の世界に生きるフリーランスのボディーガード。弾丸も防ぐ鋼鉄製の右手を武器に、パーフェクトに依頼者を護る。かつては警視庁の特殊急襲部隊に所属する警部で、公式記録では5年前に死んでいる)●あらすじ/“天使”により覚醒し、殺人鬼と化してしまった亜紀と、樹海の中で対峙した雁人。斬りかかる亜紀の脳裏には、姉・ちひろとの思い出が蘇っていた。いっぽう雁人は、そんな亜紀の内面の変化に気付き、その行動を見守ることにするのだった…(第116話)。●本巻の特徴/前巻からの「天使」編が完結を迎え、それに続く「さらば追憶」編では、雁人の高校の恩師・加納が教え子を守って欲しいという依頼をもって現れる。さらに特別描き下ろしの「傷の宿命」では、“護り屋”雁人の前に“殺し屋”ジーザスが出現! 次巻の「蝶」編に続く予告編となっている。●その他の登場人物/アナ・リドル(ティールーム“SIREN ”の主人であり、雁人のマネージャーを務める謎の少女)、蝶(バタフライ。国際指名手配中のテロリスト。本名、年齢不詳。アジア系ということだけが分かっている)、来島ちひろ(自ら希望して雁人の助手となった少女。暗殺技術<キリングスキル>を身につけている)、野坂亜紀(来島ちひろの妹。天使に導かれて精神障害から覚醒した暗殺のプロ)、藤堂義明(藤堂ケミカル社長で組織の黒幕。大戦中は関東軍防疫給水部に所属。ベトナム戦争では米軍の化学兵器製造を担い財を築いた)加納(元教師。楯の高校時代の恩師。裏にもう一つの顔が…)●その他のデータ/巻末には、「藤原先生によるキャラ・デザインノート1・2」と、原作者・七月鏡一によるあとがき「闇の天使と二人の少女(後)」を収録。
  • 闇のイージス 14巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第126話/幽霊船(1)▼第127話/幽霊船(2)▼第128話/幽霊船(3)▼第129話/虚無への道標(1)▼第130話/虚無への道標(2)▼第131話/虚無への道標(3)▼第132話/黄昏時の罠(1)▼第133話/黄昏時の罠(2)▼第134話/黄昏時の罠(3)▼第135話/9・11(1)▼第136話/9・11(2)●主な登場人物/楯雁人(たて・かりと。金さえもらえば犯罪者をも護衛する、闇の世界に生きるフリーランスのボディーガード。弾丸も防ぐ鋼鉄製の右手を武器に、パーフェクトに依頼者を護る。かつては警視庁の特殊急襲部隊に所属する警部で、公式記録では5年前に死んでいる)●あらすじ/雁人が妻子を失った病院跡地に弔いの花束をささげている最中、謎の人物から“音響銃”という特殊武器で襲われた!! 義手を奪われ、古いフェリーの船中で目覚めた雁人が、船内を探索しているとスピーカーから憎き“蝶(バタフライ)”を彷彿させる口笛が聞こえてきた…!?(第126話)●本巻の特徴/“蝶”の影が近づき、ついに雁人の中で復讐鬼が覚醒する衝撃の本巻。また「黄昏時の罠」では、ある少年から真名という14歳の女性を護るよう依頼を受けたアナが、単独で調査を始めてしまい…?●その他の登場人物/アナ・リドル(ティールーム“SIREN ”の主人であり、雁人のマネージャーを務める謎の少女)、蝶(バタフライ。国際指名手配中のテロリスト。本名、年齢不詳。アジア系ということだけが分かっている)
  • 闇のイージス 15巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第137話/テロリストのゲーム(1)▼第138話/テロリストのゲーム(2)▼第139話/テロリストのゲーム(3)▼第140話/テロリストのゲーム(4)▼第141話/テロリストのゲーム(5)▼第142話/暗殺者たち▼第143話/バッドランド(1)▼第144話/バッドランド(2)▼第145話/バッドランド(3)▼第146話/バッドランド(4)▼第147話/バッドランド(5)●主な登場人物/楯雁人(たて・かりと。金さえもらえば犯罪者をも護衛する、闇の世界に生きるフリーランスのボディーガード。弾丸も防ぐ鋼鉄製の右手を武器に、パーフェクトに依頼者を護る。かつては警視庁の特殊急襲部隊に所属する警部で、公式記録では5年前に死んでいる)●あらすじ/今回の依頼人は、極左ゲリラ組織のリーダー・水原真紀。だが、約束場所の新宿御苑で待つ雁人の前に、マスコミを連れた首相がジョギングで通りかかり、何かを察知して付近のビルに上がった雁人が見たものは、ジョギングコースに向けられたライフルの照準…。国家の要人の命をいつでも狙えるというデモンストレーションを見せつけた後、ようやく姿を現した水原だが、その依頼からは、なんと雁人の宿敵“蝶”の名前が…(第137話)。●本巻の特徴/かつて雁人の妻と子供の命を奪った“蝶”がその牙をむき始めた!! 都内で頻発する爆破事件の陰に見え隠れする“蝶”を追い、雁人がたどり着いた場所とは…!?●その他の登場人物/アナ・リドル(ティールーム“SIREN ”の主人であり、雁人のマネージャーを務める謎の少女)、蝶(バタフライ。国際指名手配中のテロリスト。本名、年齢不詳。アジア系ということだけが分かっている)、水原真紀(極左ゲリラ“セクト”のリーダー)、火山律子(国際テロ専門部署、警視庁公安部外事第3課を仕切る理事官)
  • 闇のイージス 16巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第148話〜第151話/カオスの要塞(1〜4)▼第152話〜第155話/黄昏に飛べ(1〜4)▼Extra Defense/闇のイージス外伝 JESUS:兎の檻●主な登場人物/楯雁人(たて・かりと。金さえもらえば犯罪者をも護衛する、闇の世界に生きるフリーランスのボディーガード。弾丸も防ぐ鋼鉄製の右手を武器に、パーフェクトに依頼者を護る。かつては警視庁の特殊急襲部隊に所属する警部で、公式記録では5年前に死んでいる)●あらすじ/海ほたるを完全占拠した“蝶”が、雁人の前に姿を現した。煮えたぎる復讐心に我を忘れた雁人は、正面から蝶に攻撃をかける。だがその刹那、蝶の部下が放った対装甲車用の特殊ライフル弾が、雁人の鋼鉄製の義手を打ち砕き…(第148話)。●本巻の特徴/因縁の敵“蝶”との直接対決を描いた「海ほたる編」が、ついに完結。自分の中で抑えていた復讐鬼の顔と、不殺の護り屋の顔。二つの思いに揺さぶられた末に、雁人が出した答えとは…!? また、特別読み切りの外伝では、伝説の殺し屋ジーザス誕生にまつわる秘話を収録。●その他の登場人物/アナ・リドル(ティールーム“SIREN ”の主人であり、雁人のマネージャーを務める謎の少女)、蝶(バタフライ。国際指名手配中のテロリスト。本名、年齢不詳。アジア系ということだけが分かっている)、水原真紀(極左ゲリラ“セクト”のリーダー)、火山律子(国際テロ専門部署、警視庁公安部外事第3課を仕切る理事官)、甲斐彰一(警視庁公安2課管理官。警察官時代の雁人の上司であり、雁人の亡き妻・晴美の兄)、ジーザス(“蝶”の手で背中に十字の傷を刻まれた、伝説の殺し屋。“蝶”への復讐のため日本に滞在)、ゼロ(フリーの殺し屋。頭の中に残る弾丸のため、痛覚がない。その名は痛みゼロ、感情ゼロの意)、“蝶の軍団”(ミオドコーバ。一連の都内連続テロのため、“蝶”が世界中の傭兵を集めた戦闘集団。構成員数は不明)
  • 闇のイージス 17巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第156〜158話/闇の声(1〜3)▼第159〜164話/ジャガーノート(1〜6)▼第165話/残されしもの●主な登場人物/楯雁人(たて・かりと。金さえもらえば犯罪者をも護衛する、闇の世界に生きるフリーランスのボディーガード。弾丸も防ぐ鋼鉄製の右手を武器に、パーフェクトに依頼者を護る。かつては警視庁の特殊急襲部隊に所属する警部で、公式記録では5年前に死んでいる)●あらすじ/自殺志願の女子高生・杉野奈美が、ある日、同級生から耳にした"護り屋"の噂。彼女はイタズラ心から"護り屋"を嘘の依頼で呼び出し、知人の男たちに襲わせるが、あっさりと雁人に一蹴されてしまう。そのとき雁人に手首の切り傷を見られた彼女は、自殺未遂を繰り返して関心をひこうとする女に見られたのではと苛立ち、今度こそ死んでやると山奥に出かけるが…(第156〜157話)。●本巻の特徴/誘拐犯・ジャガーノートから、身の代金の運び役に指名された雁人が、元・FBI捜査官であるアーネスト・ロイドとの異色コンビで知能犯に挑む「ジャガーノート」。妻と息子が殺された廃病院の建物が取り壊されることになり、その地を訪れた雁人が甲斐から"蝶"にまつわる衝撃の事実を聞く「残されしもの」など、全3編10話を収録。●その他の登場人物/アナ・リドル(ティールーム"SIREN "の主人であり、雁人のマネージャーを務める謎の少女)、蝶(バタフライ。アジア系ということ以外、その他一切が不詳の国際テロリスト。"海ほたる事件"で死亡したとされているが…!?)、甲斐彰一(警視庁公安2課管理官。警察官時代の雁人の上司であり、雁人の亡き妻・晴美の兄)、北見修也(他人の"不始末"を処理する、プロの"始末屋")、ジャガーノート("ビジネス"として誘拐を実行する誘拐犯。以前、雁人に人質を奪還されたことがある)、アーネスト・ロイド(元・FBI捜査官。対テロ捜査のベテランであり、"テロリストハンター"の異名を取る)
  • 闇のイージス 18巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第166〜167話/裏切りの水面(1〜2)▼第168〜171話/堕ちる天使(1〜4)▼第172話/天使の眼(1〜5)●主な登場人物/楯雁人(たて・かりと。金さえもらえば犯罪者をも護衛する、闇の世界に生きるフリーランスのボディーガード。弾丸も防ぐ鋼鉄製の右手を武器に、パーフェクトに依頼者を護る。かつては警視庁の特殊急襲部隊に所属する警部で、公式記録では5年前に死んでいる)●あらすじ/とある暴力団の潜入捜査中に、会長の娘・加奈と恋仲になった町村刑事。だが彼女と駆け落ちしようとしたところ、若頭・一彦の妨害に遇い、彼を誤ってひき殺してしまった。それから5年後、町村はある約束を果たすため仮出所中に逃亡し、雁人に護衛を依頼するのだが…(第166〜167話)。●本巻の特徴/新たな"天使"事件を起こした犯人たちが卒業した聖セイレム学園に、雁人が教師として潜入する「堕ちる天使」。そして、聖セイレム学園の謎を追ったまま行方を消した、雁人とジーザスを捜す来島ちひろ、野坂亜紀姉妹の活躍を描いた「天使の眼」など、全3編11話を収録。●その他の登場人物/アナ・リドル(ティールーム"SIREN "の主人であり、雁人のマネージャーを務める謎の少女)、甲斐彰一(警視庁公安2課管理官。警察官時代の雁人の上司であり、雁人の亡き妻・晴美の兄)、ゼロ(後ろ楯を持たない単独行動の始末屋。頭の中に残る弾丸のため、痛覚がない。その名は痛みゼロ、感情ゼロの意)、ジーザス("蝶"の手で背中に十字の傷を刻まれた、伝説の殺し屋。"蝶"への復讐のため日本に滞在)、来島ちひろ(自ら希望して雁人の助手となった少女。暗殺技術<キリングスキル>を身につけている)、野坂亜紀(来島ちひろの妹。天使に導かれて精神障害から覚醒した暗殺のプロ)
  • 闇のイージス 19巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第177〜179話/闇の鎖(1〜3)▼第180〜182話/フゴーの日(1〜3)▼第183話/サイード▼第184〜188話/震える山(1〜5)●主な登場人物/楯雁人(たて・かりと。金さえもらえば犯罪者をも護衛する、闇の世界に生きるフリーランスのボディーガード。弾丸も防ぐ鋼鉄製の右手を武器に、パーフェクトに依頼者を護る。かつては警視庁の特殊急襲部隊に所属する警部で、公式記録では5年前に死んでいる)●あらすじ/遺産がらみで命を狙われているという女性、レイチェル・天宮・ハンターの護衛を引き受けた雁人。さっそく彼女の滞在するホテルに向かうが、部屋はすでに荒らされた状態。さらにレイチェルが黒ずくめの男達に拘束されるしまうが、実はこれらは全て彼女自身が仕掛けた"芝居"だった。レイチェルの正体は米国屈指の警備会社「HSE」のCEOであり、その目的は雁人をヘッドハンティングすることで…(第177話)。●本巻の特徴/雁人と同じく背中に"蝶"の傷が刻まれているという、隻眼のイラク人傭兵ムハマンド・サイードと雁人の対決を描いた「フゴーの日」。天然痘ウィルスを悪用した史上最悪のテロを目論むサイードの知られざる過去が語られる「サイード」など、全4編12話を収録。●その他の登場人物/アナ・リドル(ティールーム"SIREN "の主人であり、雁人のマネージャーを務める謎の少女)、甲斐彰一(警視庁公安2課管理官。警察官時代の雁人の上司であり、雁人の亡き妻・晴美の兄)、来島ちひろ(自ら希望して雁人の助手となった少女。暗殺技術<キリングスキル>を身につけている)
  • 闇のイージス 20巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第189〜191話/翼なき者たちの夜(1〜3)▼第192〜193話/午前2時に何かがくる(1〜2)▼第194〜199話/標的、ゼロ(1〜6)●主な登場人物/楯雁人(たて・かりと。金さえもらえば犯罪者をも護衛する、闇の世界に生きるフリーランスのボディーガード。弾丸も防ぐ鋼鉄製の右手を武器に、パーフェクトに依頼者を護る。かつては警視庁の特殊急襲部隊に所属する警部で、公式記録では5年前に死んでいる)●あらすじ/新宿区内で、“蝶”に感化された連続殺人犯・樋口宏明による新たな殺人事件が発生した。瀕死の被害者からの証言で、樋口の次なる目的地を銀座と断定した警察は現地に急行する。そのころ銀座には、入院している雁人の見舞い帰りのアナとちひろがショッピングに来ていたが、そのアナが一瞬の隙を突かれて樋口に誘拐されてしまい…(189話)。●本巻の特徴/“午前2時に、北東の窓から外を見るな”という他愛のない噂に惑わされ、いつの間にか事件に巻き込まれていく少年を雁人が守る「午前2時に何かがくる」。殺し屋・ゼロに深く刻まれた心のキズを知った雁人がゼロを守る「標的、ゼロ」など、全3編11話を収録。●その他の登場人物/アナ・リドル(ティールーム“SIREN ”の主人であり、雁人のマネージャーを務める謎の少女)、甲斐彰一(警視庁公安2課管理官。警察官時代の雁人の上司であり、雁人の亡き妻・晴美の兄)、来島ちひろ(自ら希望して雁人の助手となった少女。暗殺技術<キリングスキル>を身につけている)、ゼロ(後ろ楯を持たない単独行動の始末屋。頭の中に残る弾丸のため、痛覚がない。その名は痛みゼロ、感情ゼロの意)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。