ヴィルトゥス 1巻

ヴィルトゥス 1巻
全5巻完結
作者
雑誌
価格
500pt/500円(税抜)

▼第1話/召還▼第2話/開戦▼第3話/虐殺▼第4話/柔道▼第5話/地雷▼第6話/拳闘▼第7話/本能●

主な登場人物/鳴宮尊(柔道世界チャンピオンの日本人。父親殺しの罪で収監中、謎の光と共に古代ローマへとタイムスリップする。皇帝コンモドゥスを倒すためにローマ帝国へと召還される)●
あらすじ/西暦185年。古代ローマ帝国は、闘技に明け暮れる第17代皇帝・コンモドゥスの暴政により荒廃しつつあった。ローマの行く末を憂える帝の側室・マルキアは、時を操る秘術を用い、失われしローマ人の至高の魂「ヴィルトゥス」を抱く男を未来より召還することを決意。彼女がやって来たのは、西暦2008年の日本・府中島刑務所で…(第1話)。●
本巻の特徴/日本の監獄から、古代ローマ闘技場へとタイムスリップした鳴宮尊ら受刑者たち。ローマ人の至高の魂「ヴィルトゥス」を抱く男・鳴宮が負うこととなった運命とは? 古代ローマ格闘奇譚、待望の第1集!!●
その他の登場人物/コンモドゥス(ローマ帝国第17代皇帝。闘技に明け暮れ、人心を荒廃させる)、マルキア(ローマの未来を憂うコンモドゥスの側室。グルバの協力の下、鳴宮を召還した)、グルバ(マルキアが師事する謎の老婆。“遠視の者”として秘術を用いて鳴宮を召還する)、神尾(元引きこもり。フリースクールの講師を刺した罪で収監。看守達に虐待されていたところを鳴宮に助けられる)、灰島(囚人のひとり。鳴宮の過去を知っている)

  • ヴィルトゥス 1巻

    価格:500pt/500円(税抜)

    ▼第1話/召還▼第2話/開戦▼第3話/虐殺▼第4話/柔道▼第5話/地雷▼第6話/拳闘▼第7話/本能●

    主な登場人物/鳴宮尊(柔道世界チャンピオンの日本人。父親殺しの罪で収監中、謎の光と共に古代ローマへとタイムスリップする。皇帝コンモドゥスを倒すためにローマ帝国へと召還される)●
    あらすじ/西暦185年。古代ローマ帝国は、闘技に明け暮れる第17代皇帝・コンモドゥスの暴政により荒廃しつつあった。ローマの行く末を憂える帝の側室・マルキアは、時を操る秘術を用い、失われしローマ人の至高の魂「ヴィルトゥス」を抱く男を未来より召還することを決意。彼女がやって来たのは、西暦2008年の日本・府中島刑務所で…(第1話)。●
    本巻の特徴/日本の監獄から、古代ローマ闘技場へとタイムスリップした鳴宮尊ら受刑者たち。ローマ人の至高の魂「ヴィルトゥス」を抱く男・鳴宮が負うこととなった運命とは? 古代ローマ格闘奇譚、待望の第1集!!●
    その他の登場人物/コンモドゥス(ローマ帝国第17代皇帝。闘技に明け暮れ、人心を荒廃させる)、マルキア(ローマの未来を憂うコンモドゥスの側室。グルバの協力の下、鳴宮を召還した)、グルバ(マルキアが師事する謎の老婆。“遠視の者”として秘術を用いて鳴宮を召還する)、神尾(元引きこもり。フリースクールの講師を刺した罪で収監。看守達に虐待されていたところを鳴宮に助けられる)、灰島(囚人のひとり。鳴宮の過去を知っている)
  • ヴィルトゥス 2巻

    価格:500pt/500円(税抜)

    ▼第8話/過去▼第9話/覚悟▼第10話/覚醒▼第11話/終戦▼第12話/連行▼第13話/対面▼第14話/脱落▼第15話/狩人▼第16話/豹変▼第17話/後悔

    ●主な登場人物/鳴宮尊(柔道世界チャンピオンの日本人。父親殺しの罪で収監中、謎の光と共に古代ローマへとタイムスリップする。皇帝コンモドゥスを倒すためにローマ帝国へと召還される)
    ●あらすじ/捕虜奴隷集団“金熊団”の団長・ヴァルファズルとの一騎打ちを、得意の一本背負いで制した鳴宮。だが、故郷をローマに滅ぼされ、愛する妻とその赤子すらも奪われながら生き続けてきたヴァルファズルは、雄叫びと共に再び立ち上がる。その間、鳴宮はいつでもとどめを刺せる状態にありながら、なぜか立ち尽くしていて…(第8話)。
    ●本巻の特徴/西暦185年。古代ローマ帝国のコロッセウムへとタイムスリップした鳴宮たち現代日本の囚人たちは、迫る死の危機を団結して逃れる。だがそれも束の間、“死人飼い”の元へ預けられた彼らは、互いに殺し合うよう命じられ…!?
    ●その他の登場人物/コンモドゥス(ローマ帝国第17代皇帝。闘技に明け暮れ、人心を荒廃させる)、マルキア(ローマの未来を憂うコンモドゥスの側室。グルバの協力の下、鳴宮を召還した)、グルバ(マルキアが師事する謎の老婆。“遠視の者”として秘術を用いて鳴宮を召還する)、神尾(元引きこもり。フリースクールの講師を刺した罪で収監。看守達に虐待されていたところを鳴宮に助けられる)、灰島(囚人のひとり。鳴宮の過去を知っている)、 相沢(囚人の一人、気はいいが、何を考えているか知れない面あり)、ガムラ(“死人飼い”と仇名される興業主。ギリシャ・エーゲ海の孤島に訓練所を構える)、アキリア(ガムラの娘)
  • ヴィルトゥス 3巻

    価格:500pt/500円(税抜)

    ▼第18話/達人▼第19話/制裁▼第20話/仲間▼第21話/訓練▼第22話/現実▼第23話/贖罪▼第24話/襲撃▼第25話/秘策▼第26話/先制▼第27話/声援

    ●主な登場人物/鳴宮尊(柔道世界チャンピオンの日本人。父親殺しの罪で収監中、謎の光と共に古代ローマへとタイムスリップする。皇帝コンモドゥスを倒すためにローマ帝国へと召還される)
    ●あらすじ/奴隷格闘士となった鳴宮ら現代日本の囚人たちを待ち受けていたのは、仲間同士で殺し合う真剣勝負! 鳴宮は対戦相手となった神尾を絞め殺したように見せかけて難を逃れようとしたが、興行主のガムラにまだ息があることを見破られてしまう。ガムラとその娘アキリアを侮辱したとして鳴宮を処罰するため、“エーゲ海の美獣”と自らを称するパリスが名乗りをあげて…(第18話)。
    ●本巻の特徴/訓練所生活初日、仲間の日本人のひとり・神尾が、いきなり現地の格闘士に因縁をつけられて…? 生き延びるための“尊厳”を懸けた闘いが今、幕を切った!
    ●その他の登場人物/コンモドゥス(ローマ帝国第17代皇帝。闘技に明け暮れ、人心を荒廃させる)、マルキア(ローマの未来を憂うコンモドゥスの側室。グルバの協力の下、鳴宮を召還した)、グルバ(マルキアが師事する謎の老婆。“遠視の者”として秘術を用いて鳴宮を召還する)、神尾(元引きこもり。フリースクールの講師を刺した罪で収監。看守に虐待されていたところを鳴宮に助けられる)、灰島(囚人のひとり。鳴宮の過去を知っている)、 相沢(囚人の一人、気はいいが、何を考えているか知れない面あり)、ガムラ(“死人飼い”と仇名される興業主。エーゲ海の孤島に訓練所を構える)、アキリア(ガムラの娘)、パリス(ガムラの訓練所に所属する格闘士。“千の技を持つ男”の異名を持つ)
  • ヴィルトゥス 4巻

    価格:500pt/500円(税抜)

    ▼第28話/代償▼第29話/決意▼第30話/策動▼第31話/悪夢▼第32話/変貌▼第33話/疑念▼第34話/箴言▼第35話/潜入▼第36話/悪夢▼第37話/波紋▼第38話/決行

    ●主な登場人物/鳴宮尊(柔道世界チャンピオンの日本人。父親殺しの罪で収監されていたが、古代ローマの皇帝コンモドゥスを倒すため現代から召還された)
    ●あらすじ/リベンジを誓い挑んだクルキスとの再戦で、マウントを取られ一方的な打撃の餌食になった相沢だが、クルキスの小指を噛みちぎる本能の攻撃で、一気に形勢逆転! だが、これは明らかな反則行為であり、試合を見守っていた格闘士、日本人たち全員が場に割って入り、あわや乱闘という状況に。それを見た興行主ガムラは、場を収めるためどんな裁定を…?(第28話)
    ●本巻の特徴/タイムスリップしてから3か月。鳴宮らがガムラの島で奴隷格闘士としての訓練に明け暮れる頃、ローマでは皇帝コンモドゥス暗殺計画が…!? 新章突入、最新第4集!!
    ●その他の登場人物/神尾(元引きこもり。フリースクールの講師を刺した罪で収監。看守に虐待されていたところを鳴宮に助けられる)、相沢(囚人のひとり。やんちゃで極めて獰猛だが、憎めない性格)、灰島(囚人のひとり。鳴宮の過去を知っている模様。格闘技に異様に詳しいようだが経歴は不明)、宮口(囚人のひとり。喰えないタイプの老人)、ガムラ(“死人飼い”と仇名される興業主。エーゲ海の孤島に訓練所を構える)、アキリア(ガムラの娘)、パリス(ガムラの訓練所に所属する格闘士。“千の技を持つ男”の異名を持つ)、クルキス(ガムラの島の格闘士。パンクラチオンの遣い手)、コンモドゥス(ローマ帝国第17代皇帝。闘技に明け暮れ、人心を荒廃させる)、マルキア(ローマの未来を憂うコンモドゥスの側室。グルバの協力の下、鳴宮を召還した)、グルバ(マルキアが師事する謎の老婆。“遠視の者”として秘術を用いて鳴宮を召還する)
  • ヴィルトゥス 5巻

    価格:500pt/500円(税抜)

    ▼第39話/決壊▼第40話/野心▼第41話/再会▼第42話/死人▼第43話/非情▼第44話/整流▼第45話/抱擁▼第46話/父子▼第47話/本性▼第48話/非戦▼第49話/飛翔

    ●主な登場人物/鳴宮尊(柔道世界チャンピオンの日本人。父親殺しの罪で収監されていたが、古代ローマの皇帝コンモドゥスを倒すため現代から召還された)
    ●あらすじ/元老院議員マキウスらによる、暴虐帝コンモドゥス暗殺計画。リュミラはマキウスに夫の弱みを握られ、家族のために暗殺の実行犯となる。彼女が湯女のひとりになりすまし、コンモドゥスの浴場に紛れ込むと、その艶かしい体はすぐ彼の目に止まって“相手”に選ばれる。コンモドゥスの目が、指が、舌が、体中を這い回るのを耐えながら、彼を殺す機会を待つリュミラだったが…!?(第39話)
    ●本巻の特徴/コンモドゥス暗殺計画は、思いがけぬ裏切りにより潰された。そして、ローマを救う最後の希望となった鳴宮尊。ガルマの課した格闘士の最終試験で、仲間が“死人(しびと)”たちと闘う中、鳴宮はただ独り、自らのおぞましい過去と闘う。苦しみの末、彼が掴んだものは…? 堂々の第1部完!!
    ●その他の登場人物/コンモドゥス(ローマ帝国第17代皇帝。闘技に明け暮れ、人心を荒廃させる)、マキウス(元老院議員。皇帝暗殺計画の首謀者)、クインティス(元老院議員。マキウスの盟友)、リュミラ(元恋人のマキウスに夫の弱みを握られ、皇帝暗殺の実行犯に)、マルキア(ローマの未来を憂うコンモドゥスの側室。グルバの協力の下、鳴宮を召還した)、グルバ(マルキアが師事する謎の老婆。“遠視の者”として秘術を用いて鳴宮を召還する)、神尾(元引きこもり。フリースクールの講師を刺した罪で収監。看守に虐待されていたところを鳴宮に助けられる)、相沢(囚人のひとり。やんちゃで極めて獰猛だが、憎めない性格)、灰島(囚人のひとり。鳴宮の過去を知っている模様。格闘技に異様に詳しいようだが経歴は不明)、宮口(囚人のひとり。喰えないタイプの老人)、ガムラ(“死人飼い”と仇名される興業主。エーゲ海の孤島に訓練所を構える)、鳴宮凱(尊の父親。尊の手により殺された)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。