結界師 1巻

結界師 1巻
全35巻完結 ポイント還元
作者
雑誌
価格
420pt/420円(税抜)

初回購入特典 210pt還元

▼第1話/良守と時音▼第2話/傷▼第3話/良守の野望▼第4話/人間霊▼第5話/養分▼第6話/危険な男▼第7話/情熱の花●主な登場人物/墨村良守(結界師・墨村家の22代目正統継承者。14歳。時音を守るために強くなろうと決意)、雪村時音(良守の隣家に住む結界師一族の娘。16歳。家同士は犬猿の仲)●あらすじ/妖[あやかし]の退治を使命とする結界師・良守は、9歳と幼いながら、眠い眼をこすりつつ今夜も間流[はざまりゅう]結界術を駆使して妖を追いかける。しかし本当は、厳格な祖父に言われいやいや修行と家業を行っているだけで、毎日ふて腐れ気味。幼なじみで同業の時音にも「いやなら辞めれば良いのに」と言われる始末。そんなある日、妖の退治中に良守のミスから時音が大ケガを負ってしまった!!(第1話)●本巻の特徴/その昔、霊感の強い烏森家の殿様が妖しげなものを呼びよせてしまったために、それを退治する結界師が生まれた。かつての城跡に建つ私立・烏森学園を舞台に、400年後の現在も跋扈[ばっこ]し続ける妖怪に立ち向かう墨村家と雪村家の若き後継者、良守と時音の活躍を描く妖バトルストーリーの第1集。●その他の登場人物/斑尾(開祖以来の墨村家付きの妖犬。約500歳。その嗅覚で妖の位置を探る)、墨村繁守(良守の祖父で、墨村家21代目当主の結界師。68歳)、白尾(開祖以来の雪村家付きの妖犬。約400歳。斑尾と仲が悪く、良守をバカにしている)、雪村時子(時音の祖母で、雪村家21代目当主の結界師。70歳)

初回購入限定! 50%ポイント還元

  • 結界師 21巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ▼第195話/降臨▼第196話/雨▼第197話/学校沈没▼第198話/決断▼第199話/汚名▼第200話/緋田郷▼第201話/供養▼第202話/狙い▼第203話/崩壊▼第204話/力の中心▼第205話/伝授●主な登場人物/墨村良守(結界師・墨村家の22代目正統継承者。14歳。時音を守るために強くなろうと決意)、雪村時音(良守の隣家に住む結界師一族の娘。16歳。家同士は犬猿の仲)●あらすじ/扇一族による神佑地狩りが相次ぐ中、いつものように夜の見回りに出た良守。影宮と秋津に校舎屋上で自作ケーキをふるまったりしていると、突如上空から地蔵のような姿をした土地神が現れる。地上にいた時音ともども成り行きを見守ってると、その土地神は凄まじい邪気を放ち、血の雨を降らせ始めて…(第195話)。●本巻の特徴/地蔵の姿をした他所の土地神が、突然烏森にやってきて暴れ出した! 土地神相手に下手な手出しは出来ないのだが、校舎を沈めようと暴走する地蔵に対して、ついに…!?●その他の登場人物/墨村正守(良守の兄。裏会の幹部組織・十二人会のメンバーであり、夜行の頭領)、影宮閃(裏会・実行部隊「夜行」の一員。 能力は妖混じり)、秋津秀(裏会・実行部隊「夜行」の一員。コウモリの羽を持ち、空を飛ぶことができる)、奥久尼(裏会の幹部。十二人会第九客)、豆蔵(無色沼にいる土地神・ウロ様の側近)、雪村時子(時音の祖母。雪村家21代目当主の結界師)
  • 結界師 22巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ▼第206話/特捜班▼第207話/断頭島▼第208話/詰問▼第209話/逃走▼第210話/島狩り▼第211話/着火▼第212話/抜け道▼第213話/判断▼第214話/本性▼第215話/抵抗●

    主な登場人物/墨村良守(結界師・墨村家の22代目正統継承者。14歳。時音を守るために強くなろうと決意)、雪村時音(良守の隣家に住む結界師一族の娘。16歳。家同士は犬猿の仲)●
    あらすじ/烏森を守るためとはいえ、重罪とされる「土地神殺し」をした時音のもとに、裏会検察室の2人組が身柄拘束にやってきた。事情を聞くだけと言いながら、かなり強引な形で「断頭島」と呼ばれる湖上の隔離島に連行された時音。一方それを聞いた良守はいてもたってもいられず、影宮に検察室へ行く方法を調べてくれと頼み込み…(第206話)。●
    本巻の特徴/神殺しの容疑で、時音が連れて行かれた「断頭島」。密室の島で待ち受ける過酷な取り調べとは? そして影宮や羽鳥と共に断頭島へ乗り込んだ良守は、時音を助けられるのか…!?●
    その他の登場人物/影宮閃(裏会・実行部隊「夜行」の一員。 能力は妖混じり)、秋津秀(裏会・実行部隊「夜行」の一員。コウモリの羽を持ち、空を飛ぶことができる)、刃鳥美希(夜行の副長。正守の右腕)、夕上(裏会検察室特捜班員。自らの実家が神佑地狩りに遭っている)、夜城(裏会検察室特捜班員。時音を連行した2人組のひとり)、炎上寺彩子・炎上寺彩覚(断頭島の受付をしている姉弟)
  • 結界師 23巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ▼第216話/夜城▼第217話/変革▼第218話/わがまま▼第219話/包容力▼第220話/邪念▼第221話/地割れ▼第222話/助っ人▼第223話/氷浦蒼士▼第224話/小一宮▼第225話/幻影●主な登場人物/墨村良守(結界師・墨村家の22代目正統継承者。14歳。時音を守るために強くなろうと決意)、雪村時音(良守の隣家に住む結界師一族の娘。16歳。家同士は犬猿の仲)●あらすじ/断頭島を脱出しようとする時音と夕上は、炎上寺彩子の追跡を受けるも、そこに良守が現れて危機を救い、合流を果たす。行く手には新たな敵・夜城が立ちはだかり、背後からの彩子と挟み撃ちに遭う状況だが、逆上している彩子は単独で攻撃しようとする。しかし、味方であるはずの夜城から見えない攻撃を受けた彩子は、突然バタリと倒れてしまう。どうやら夜城は、相手の脳を直接攻撃できる「精神系の異能者」らしく…(第216話)。●本巻の特徴/断頭島編完結! 囚われの身から救われた時音と良守の仲は進展するのか? 一方、烏森に原因不明の地割れが発生し、裏会総本部から氷浦蒼士という男が助っ人で派遣されてくるが…!?●その他の登場人物/影宮閃(裏会・実行部隊「夜行」の一員。 能力は妖混じり)、秋津秀(裏会・実行部隊「夜行」の一員。コウモリの羽を持ち、空を飛ぶことができる)、刃鳥美希(夜行の副長。正守の右腕)、夕上(裏会検察室特捜班員。自らの実家が神佑地狩りに遭っている)、夜城(裏会検察室特捜班員。時音を連行した2人組のひとり)、炎上寺彩子・炎上寺彩覚(断頭島の受付をしている姉弟)、巻緒慎也(夜行戦闘班主任)、轟大吾(夜行戦闘班)、武光喜朗(夜行戦闘班)、氷浦蒼士(裏会総本部から派遣された15歳。任務は烏森の警護及び結界師補佐役)
  • 結界師 24巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ▼第226話/実力▼第227話/侵入者▼第228話/方針転換▼第229話/命令中心▼第230話/貧乏くじ▼第231話/氷浦と志々尾▼第232話/無想箱▼第233話/まじない班▼第234話/悲鳴▼第235話/吸血

    ●主な登場人物/墨村良守(結界師・墨村家の22代目正統継承者。14歳。時音を守るために強くなろうと決意)、雪村時音(良守の隣家に住む結界師一族の娘。16歳。家同士は犬猿の仲)
    ●あらすじ/裏界総本部より派遣された氷浦のことを、いまだ信じられずにいた良守。そんな中、烏森に2体の妖が出現、良守は氷浦の腕を試すため、妖1体を任せることに。一方それを見ていた影宮は、妖に違和感を感じ、裏がないか探っていたところ煙の中に2つの人影を見つけて…!?(第226話)
    ●本巻の特徴/ついに烏森が神佑地狩りの標的に? 烏森の「悲鳴」を聞いた良守が、結界師の神髄に迫るべく新たな修行を開始する!!
    ●その他の登場人物/影宮閃(裏会・実行部隊「夜行」の一員。 能力は妖混じり)、秋津秀(裏会・実行部隊「夜行」の一員。コウモリの羽を持ち、空を飛ぶことができる)、巻緒慎也(夜行戦闘班主任)、轟大吾(夜行戦闘班)、武光喜朗(夜行戦闘班)、氷浦蒼士(裏会総本部から派遣された15歳。任務は烏森の警護及び結界師補佐役)、染木文弥(夜行まじない班主任)、織原絲(夜行まじない班)、墨村繁守(良守の祖父。墨村家21代目当主の結界師)
  • 結界師 25巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ▼第236話/周りの人間▼第237話/心の状態▼第238話/無想部屋▼第239話/壱号▼第240話/縞野▼第241話/見せしめ▼第242話/戦争▼第243話/正義▼第244話/突入▼第245話/蛇の目

    ●主な登場人物/墨村良守(結界師・墨村家の22代目正統継承者。14歳。時音を守るために強くなろうと決意)、雪村時音(良守の隣家に住む結界師一族の娘。16歳。家同士は犬猿の仲)
    ●あらすじ/暴走した烏森の力の影響で、吸血鬼に変化して暴れ出した秀。氷浦は良守との約束を守り、秀を傷つけず押さえつけることに成功する。そして事態が落ち着いたあと、良守は烏森の主と直接会話したことをみんなに話す。それは「この土地に飽きたから外に出たい」と言う烏森を、「もっと面白い場所を用意するから待ってろ」と言ってなだめたという内容で…?(第236話)
    ●本巻の特徴/闇の中、暴走する烏森をなだめた良守は、力を得るため「無想箱」での修行を決意! 一方、正守は利害の一致する奥久尼と組み、因縁ある扇一族との対決に臨むが…!?
    ●その他の登場人物/墨村繁守(良守の祖父。墨村家21代目当主の結界師)、墨村正守(良守の兄。裏会の幹部組織・十二人会のメンバーであり、夜行の頭領)、影宮閃(裏会・実行部隊「夜行」の一員。 能力は妖混じり)、秋津秀(夜行の一員。コウモリの羽で空を飛べる)、氷浦蒼士(裏会総本部から派遣された15歳。任務は烏森の警護及び結界師補佐役)、縞野(無想部屋の番人)、奥久尼(裏会の幹部。十二人会第九客)、扇一郎(風使い・扇一族の長男。裏会幹部で十二人会第八客)
  • 結界師 26巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ▼第246話/残酷な未来▼第247話/ある人物▼第248話/完成形▼第249話/死神▼第250話/共通点▼第251話/過剰な力▼第252話/特別な人間▼第253話/任務と約束▼第254話/条件▼第255話/ピエロ

    ●主な登場人物/墨村良守(結界師・墨村家の22代目正統継承者。14歳。時音を守るために強くなろうと決意)、雪村時音(良守の隣家に住む結界師一族の娘。16歳。家同士は犬猿の仲)
    ●あらすじ/以前に烏森へやってきた予言者の巫女が、再び良守たちの前に現れた。彼女の名は、裏会の極秘組織“蛇の目”に所属するサキ。彼女は“裏会の残酷な未来”を変えようとした主人の指示で全国の神佑地を回っていたが、組織に戻ったサキを待っていたのは主人の死。さらに組織や己の身に危険が迫ったことを察した彼女は“蛇の目”を抜けだし、この先烏森で一連の流れを左右する重大事が起きるとの予知を伝えて…(第246話)。
    ●本巻の特徴/神佑地狩りに続く、裏会幹部を狙った連続殺人。全てを壊そうとする恐るべき敵、果たしてその首謀者とは? そして、修行の最終段階に入った良守は「極限無想」の会得なるか…!?
    ●その他の登場人物/墨村繁守(良守の祖父。墨村家21代目当主の結界師)、墨村正守(良守の兄。裏会の幹部組織・十二人会のメンバーであり、夜行の頭領)、影宮閃(裏会・実行部隊「夜行」の一員。 能力は妖混じり)、秋津秀(夜行の一員。コウモリの羽で空を飛べる)、氷浦蒼士(裏会総本部から派遣された15歳。任務は烏森の警護及び結界師補佐役)、縞野(無想部屋の番人)、扇七郎(扇一族七男、次期当主。17歳。裏の通り名は“死神”)、逢海日永(裏会総帥)
  • 結界師 27巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ▼第256話/回転▼第257話/神童▼第258話/動力源▼第259話/参号▼第260話/戦闘員▼第261話/力▼第262話/10割▼第263話/敵味方▼第264話/嘘▼第265話/零
    ●主な登場人物/墨村良守(結界師・墨村家の22代目正統継承者。14歳。時音を守るために強くなろうと決意)、雪村時音(良守の隣家に住む結界師一族の娘。16歳。家同士は犬猿の仲)
    ●あらすじ/再び烏森を襲撃してきた2人組の女術者。その1人・カケルの術により、学校が敷地ごと宙に浮かび上げられた! 宙に浮いた校庭で、良守と時音がカケルと対峙していると、壱号と呼ばれる男と氷浦が相次いで駆けつけてくる。しかもカケルたちは、氷浦のことを「参号」と呼び、この間まで自分たちの仲間だったと言い出して…?(第256話)
    ●本巻の特徴/ついに始まった烏森狩り。カケルの恐るべき術で、街全体を人質にとられてしまった良守たちは? 一方、正守は裏会を襲う陰謀の真相を突き止めるべく幹部・夢路のもとへ。そこで明かされる真実とは…!?
    ●その他の登場人物/墨村繁守(良守の祖父。墨村家21代目当主の結界師)、墨村正守(良守の兄。裏会の幹部組織・十二人会のメンバーであり、夜行の頭領)、影宮閃(裏会・実行部隊「夜行」の一員。 能力は妖混じり)、秋津秀(夜行の一員。コウモリの羽で空を飛べる)、氷浦蒼士(裏会総本部から派遣された15歳。任務は烏森の警護及び結界師補佐役)、染木文弥(夜行まじない班主任)、カケル・ミチル(天才まじない師。氷浦の元・仲間らしい)、壱号・弐号(カケル達と共に現れた謎の男。氷浦の元・仲間らしい)、夢路久臣(裏会の幹部。十二人会第一客)、奥久尼(裏会の幹部。十二人会第九客。何者かに殺害された)、逢海日永(裏会総帥)
  • 結界師 28巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ▼第266話/極限無想▼第267話/まじない破り▼第268話/まじない殺し▼第269話/一対一(サシ)▼第270話/契約成立▼第271話/拒絶▼第272話/同等の覚悟▼第273話/烏森▼第274話/本当の終わり▼第275話/災いの神

    ●主な登場人物/墨村良守(結界師・墨村家の22代目正統継承者。14歳。時音を守るために強くなろうと決意)、雪村時音(良守の隣家に住む結界師一族の娘。16歳。家同士は犬猿の仲)
    ●あらすじ/突如現れた日永の刺客・零により、烏森襲撃の黒幕が夢路だと知った正守。一方、烏森では、近隣の街ごと破壊しようとするミチルとカケルの術を止めるべく、夜行まじない班が奮闘中。対して、良守たちの前には壱号と弐号が立ちはだかり苦戦をしいられていたが、なぜか良守は動じず瞑想状態。そして、ついに無想の完成形「極限無想」を発動させ…!!(第266話)
    ●本巻の特徴/「極限無想」完成、その恐るべきパワーとは? そして烏森破壊を狙う歯車を止めることはできるのか…!? さらに正守と夢路との直接対決を経て、奥久尼から烏森の驚愕の真実が明かされて…!?
    ●その他の登場人物/墨村正守(良守の兄。裏会の幹部組織・十二人会のメンバーであり、夜行の頭領)、影宮閃(裏会・実行部隊「夜行」の一員。 能力は妖混じり)、秋津秀(夜行の一員。コウモリの羽で空を飛べる)、氷浦蒼士(裏会総本部から派遣された15歳。任務は烏森の警護及び結界師補佐役)、染木文弥(夜行まじない班主任)、カケル・ミチル(天才まじない師。氷浦の元・仲間らしい)、壱号・弐号(カケル達と共に現れた謎の男。氷浦の元・仲間らしい)、夢路久臣(本名・逢海月久。日永の弟。裏会の幹部で十二人会第一客)、零(総帥直属の戦闘員)、奥久尼(裏会の幹部。十二人会第九客。零に殺害された)、扇七郎(扇一族七男、次期当主。17歳。裏の通り名は“死神”)、逢海日永(裏会の創設者にして裏会総帥)
  • 結界師 29巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    蒼士が扇七郎に斬られた!
    逆上した良守に烏森が助力を囁き、
    異常に膨れ上がった力は暴走状態へ。
    黒芒楼の火黒と戦った時をも
    はるかに超える制御不能な力…
    このまま良守は烏森の力に
    まれてしまうのか!?
    一方、幹部が次々に殺られた
    裏会十二人会の中で
    正守は己が権限を拡大。
    総帥に対する反攻の糸口を
    探し始める…
  • 結界師 30巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    “400年間封じ込められている烏森のお殿様を迎えに行く”
    地下より現れし漆黒の天守閣内へ母・守美子と共に潜入した良守達。
    異形の者達が闊歩する城の内部で殿の居場所を求めて彷徨う一行だが、
    気配はすれど肝心な姿が見当たらない…
    そんな時、何かに気付いた良守のとった意外な行動とは!?
    そして、物語の歯車は激しく動き出し、結界師達の運命にも大きな変化が起ころうとしていた…

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。