白兵武者 6巻

白兵武者 6巻

価格:550pt/550円(税抜)

▼第55話/頑固者▼第56話/雑賀衆▼第57話/一向宗の女▼第58話/難色▼第59話/新たな依頼▼第60話/輿入れ▼第61話/一向宗徒▼第62話/出迎え▼第63話/市、死す。▼第64話/勇気ある帰還▼第65話/折れぬ心●主な登場人物/鳳正之進(最強の“白兵武者”を目指す若者。蝶野から鳳[アゲハ]と改姓)●あらすじ/美濃の将・竹中半兵衛を織田方の軍師に迎える命令を受けた秀吉は、正之助を護衛に半兵衛の屋敷を訪れる。戦乱の世に嫌気がさしていた半兵衛は、鬼神の如き信長に従うことを良しとしなかったが、そこで正之助が「秀吉殿に直接仕えてはどうか」と意外な提案をする。人を殺さぬ戦を望む秀吉は、正之助にとっても魅力ある人物であり、そのことを力説する正之助にとうとう半兵衛も心動かされる(第55話)。●本巻の特徴/行方知れずだったさよが、なんと一向宗の門徒になっていた! 春吉を刺した自分を呪い、自害しようとしたところを雑賀衆の鈴木孫一に救われ、鉄砲隊の一人として正之助の前に現れるが…。後半では、正之進がお市の輿入れの護衛を任されるが、そこで痛ましい事件が起きて…!?●その他の登場人物/織田信長(尾張領主。自国に白兵戦闘集団を作るため、正之進の心を汚そうと企む)、木下藤吉郎秀吉(信長の家臣。戦場で出会った正之助の人柄と技を見込んでいる)、お市(信長の妹。近江・浅井長政のもとへ輿入れすることに)、さよ(正之進の幼なじみ。正之進を想うあまり、夫・春吉を斬って出奔してしまう)

この作品を見た人はコチラも見ています

作品メニュー

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスが未登録の場合はこちらから設定をおこないます。

コミックを探す