青の花 器の森 7巻

青の花 器の森 7巻
作者
雑誌
価格
420pt/462円(税込)

初回購入特典 210pt還元

30代のリアルラブ、器と恋の物語。

波佐見の窯元で絵付の仕事をする青子は、後輩の龍生と器の共作を重ねる。
互いの才能を認めて、惹かれてゆき、二人は付き合うことに。彼の家が、青子の新しい居場所になる。青子の後輩・功と一緒にマグカップ製作を進める二人。仕事が順調な中、青子は龍生が波佐見にいるのは1年だけと言っていたのを思い出し…!?器と恋の物語、心乱れる第7巻。

初回購入限定! 50%ポイント還元

  • 青の花 器の森 1巻

    価格:420pt/462円(税込)

    長崎・波佐見を舞台に始まる、器と恋の物語

    波佐見焼きの窯で絵付けの仕事をしている青子。その窯に、海外で作陶していたという龍生がやってきた。無愛想で人を寄せ付けない龍生に「絵付けされた器に興味ない」と言われ、自分の生き方まで否定された気持ちの青子だが、反発しながらも龍生の器に惹かれていき…?
    器に魅せられた男女が出会ったことで、大人の恋が動き出す−−!
  • 青の花 器の森 2巻

    価格:420pt/462円(税込)

    器づくりを通じて近づく青子と龍生は!?

    「坂道のアポロン」「月影ベイベ」の小玉ユキ最新作!

    波佐見焼の窯元で絵付けの仕事をしている青子。

    美しい形を作るが、絵付けに否定的な新人・龍生とは対立しがちだったけれど、互いの持ち味を生かした一輪挿しを共作したことから、少しずつ認め合うように。

    そんなある日、無愛想な龍生の過去につながる秘密を偶然知ってしまった青子。それをきっかけに、2人の距離は急速に近づいて…!?

    やきものの街、長崎・波佐見を舞台に贈る器と恋のものがたり。
  • 青の花 器の森【電子版限定特典付き】 3巻

    価格:420pt/462円(税込)

    青子を訪ねてきた謎の男。それは・・・!?

    波佐見の窯で働く青子と龍生。
    龍生が作った形に、青子が絵付をする
    量産用のお皿が完成に近づいていく。
    共同作業の中で、さらにうち解けていく2人だけど、
    ある日、謎の男が青子を訪ねて
    波佐見へやって来る。
    彼の存在が青子、さらに龍生の心をも乱して・・・!?

    器と恋の物語、急展開の第3巻!

    電子版限定描き下ろし特典ペーパー付き!
  • 青の花 器の森 4巻

    価格:420pt/462円(税込)

    長崎・波佐見を舞台に描く器と恋の物語

    青子と龍生は長崎・波佐見の窯で働く職人。青子は絵柄、龍生は形…と器への強いこだわりを持つ二人。反発を経て、次第に感性を認め合うようになる。毎年恒例の社員キャンプを楽しみにしていた青子。だけどそこへ、彼女の元彼・熊平らが参加し、青子と龍生に過去を語り…!?波乱の第4巻!
  • 青の花 器の森 5巻

    価格:420pt/462円(税込)

    後輩男子と急接近!器と恋の物語

    青子は長崎・波佐見の窯で働く絵付師。後輩として同じ窯で働き始めた龍生と、
    器の共作を通じて、心の距離を近づける。けれど青子は、元彼・熊平との恋に傷ついて以来3年間、恋愛することを遠ざけてきた。龍生に、陶磁器の美術館に誘われ、喜んで出かけるが、デートのような距離感に戸惑いが隠せず…!?恋が動き出す、第5巻。
  • 青の花 器の森 6巻

    価格:420pt/462円(税込)

    年下男子と大接近!器と恋の物語。

    波佐見の窯元で働く青子と龍生。絵付と成形、お互いの得意分野を発揮して二人は次々と器を共作する。心打ち解けた龍生に告白されて、とっさに振ってしまう青子。その後も仕事のパートナーとして、変わらずにいてくれる龍生の隣は居心地がよくて…。入れ子の器の完成打ち上げで、龍生の家を訪れた青子は…!?
    器と恋の物語、胸高鳴る第6巻。
  • 青の花 器の森 7巻

    価格:420pt/462円(税込)

    30代のリアルラブ、器と恋の物語。

    波佐見の窯元で絵付の仕事をする青子は、後輩の龍生と器の共作を重ねる。
    互いの才能を認めて、惹かれてゆき、二人は付き合うことに。彼の家が、青子の新しい居場所になる。青子の後輩・功と一緒にマグカップ製作を進める二人。仕事が順調な中、青子は龍生が波佐見にいるのは1年だけと言っていたのを思い出し…!?器と恋の物語、心乱れる第7巻。
  • 青の花 器の森 8巻

    価格:420pt/462円(税込)

    陶芸に魅せられて…恋の決断と仕事の決断

    波佐見焼の窯元で働く青子と龍生。つきあい始めた二人は、恋も仕事も順風満帆。ところが、龍生が陶芸の展示会に誘われ、フィンランドへ行くことに。青子は、かつて北海道へ行ったまま、帰らなかった元彼・熊平を思い出してしまう。龍生は青子を苦しませないために、北欧行きを断念する。龍生の優しさに、胸が締め付けられる想いを抱える青子は…?

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。