バシリスの娘 1巻

バシリスの娘 1巻
全4巻完結
作者
雑誌
価格
420pt/420円(税抜)

1925年。翠川子爵の駿馬・バシリスは気難しく、子爵の使用人の娘・もみじしか乗りこなせない。もみじは、いつしか子爵の甥・淡と愛し合うように・・・。だが、子爵は、もみじを妾にしようとする。阻止するため、バシリスを駆る炎。だが途中で落馬し、命を落とす。そして時は流れ・・・。愛のネオ・ロマネスク、第1巻。

  • バシリスの娘 1巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    1925年。翠川子爵の駿馬・バシリスは気難しく、子爵の使用人の娘・もみじしか乗りこなせない。もみじは、いつしか子爵の甥・淡と愛し合うように・・・。だが、子爵は、もみじを妾にしようとする。阻止するため、バシリスを駆る炎。だが途中で落馬し、命を落とす。そして時は流れ・・・。愛のネオ・ロマネスク、第1巻。
  • バシリスの娘 2巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    流都に惹かれ始めた朱夏。だが、志方と過ごしてきた8年間のことを流都に知られたくないと、朱夏は思い悩む。そんなある日、彼女は流都の呼び出しで、ホテル・バシリスに向かう。そこで流都から見せられたものは、朱夏が志方と愛人関係だったという暴露記事で・・・。愛のネオ・ロマネスク、第2巻。
  • バシリスの娘 3巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    流都の冷酷さに恐怖を覚えた朱夏は、彼のもとを離れ、酒に溺れる志方の所へ、介護のために戻る。そんな彼女の前に、志方を師とあおぐ流都の甥・一馬が現れた。翠川家の人間である一馬に対して警戒心を抱く朱夏。だが、純粋で積極的な彼に、突然同居を申し込まれて・・・。愛のネオ・ロマネスク、第3巻。
  • バシリスの娘 4巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    反対意見が出たにもかかわらず、流都によるホテル・バシリスのパリ出店計画が強引に決定する。一方、事故により右手に障害をもつようになってしまった一馬と朱夏が共同で手がける、ネオ・バシリス像がついに完成した。シンボル像の選者が2人に及ぼす影響は・・・。愛のネオ・ロマネスク、完結巻。

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。