うごかし屋 1巻

うごかし屋 1巻
全4巻完結
作者
雑誌
価格
550pt/550円(税抜)

▼第1話/錫色の国▼第2話/瑠璃(るり)色の家(前編)▼第3話/瑠璃(るり)色の家(後編)▼第4話/山吹色の箱▼第5話/赤紅色の車▼第6話/若苗色の風呂敷▼第7話/浅葱色の風景▼第8話/胡粉(ごふん)色の嘘▼おまけ

●主な登場人物/蘇芳鉄(「うごかし屋」の二代目社長。読書が好き)
●あらすじ/とある町の鉄工所が、不景気のため規模を縮小して、地方へ移るという。引っ越しを担当するのは「うごかし屋」という名前の業者。うごかし屋はさっそく工場から取り掛かろうと準備を始めるが、鉄工所の社長・山田が、急遽工場の移転は中止し、廃業すると言い出した。それを聞いた、うごかし屋の社長・蘇芳鉄は、工場を見せて欲しいと言い出して…(第1話)。
●本巻の特徴/新居購入、就職、転勤、進学、結婚、別居、独立、開業、転地療養、夜逃げ……様々なカタチの「ひっこし」がある。物だけでなく大切な何かを「うごかす」、ちょっと変わった引っ越し屋物語、開幕!!
●その他の登場人物/花田(「うごかし屋」の従業員で運転手。女好き)、東雲(=しののめ。「うごかし屋」の従業員。道路に詳しい)、真朱(=まそほ。「うごかし屋」の女子高生従業員。力持ち)

  • うごかし屋 1巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/錫色の国▼第2話/瑠璃(るり)色の家(前編)▼第3話/瑠璃(るり)色の家(後編)▼第4話/山吹色の箱▼第5話/赤紅色の車▼第6話/若苗色の風呂敷▼第7話/浅葱色の風景▼第8話/胡粉(ごふん)色の嘘▼おまけ

    ●主な登場人物/蘇芳鉄(「うごかし屋」の二代目社長。読書が好き)
    ●あらすじ/とある町の鉄工所が、不景気のため規模を縮小して、地方へ移るという。引っ越しを担当するのは「うごかし屋」という名前の業者。うごかし屋はさっそく工場から取り掛かろうと準備を始めるが、鉄工所の社長・山田が、急遽工場の移転は中止し、廃業すると言い出した。それを聞いた、うごかし屋の社長・蘇芳鉄は、工場を見せて欲しいと言い出して…(第1話)。
    ●本巻の特徴/新居購入、就職、転勤、進学、結婚、別居、独立、開業、転地療養、夜逃げ……様々なカタチの「ひっこし」がある。物だけでなく大切な何かを「うごかす」、ちょっと変わった引っ越し屋物語、開幕!!
    ●その他の登場人物/花田(「うごかし屋」の従業員で運転手。女好き)、東雲(=しののめ。「うごかし屋」の従業員。道路に詳しい)、真朱(=まそほ。「うごかし屋」の女子高生従業員。力持ち)
  • うごかし屋 2巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第9話/香染色(こうぞめいろ)の仏▼第10話/柿渋色の傷▼第11話/朽葉色の川▼第12話/薄紫色の魚▼第13話/真朱(しんしゅ)色の列車(前編)▼第14話/真朱(しんしゅ)色の列車(後編)▼第15話/勿忘草(わすれなぐさ)色の炎▼第16話/橡(つるばみ)色の狼

    ●主な登場人物/蘇芳鉄(「うごかし屋」の二代目社長。読書が好き)
    ●あらすじ/家の仏像を病室に持ってきて欲しいという母の頼みを叶えてあげるため、息子の新橋は仏像の配送を「うごかし屋」へ依頼する。だが、いよいよ配送するというときになって、母の容態が急変。その日のうちに「うごかし」たいと頼むが、社長以外の従業員が出払っているという。そこで、社長・蘇芳鉄はある提案を…(第1話)。
    ●本巻の特徴/新築マンションの柱につけられた横傷に込められた想いと、左腕で見事に傷を消し去る補修屋・木賊(とくさ)の、その左腕に刻まれた苦悩を描いた「柿渋色の傷」、列車トラブルに巻き込まれた真朱の活躍を描いた「真朱色の列車」前後編など、全8話を収録。
    ●その他の登場人物/花田(「うごかし屋」の従業員で運転手。女好き)、東雲(=しののめ。「うごかし屋」の従業員。道路に詳しい)、真朱(=まそほ。「うごかし屋」の女子高生従業員。力持ち)
  • うごかし屋 3巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    『金魚屋古書店』(IKKI COMIX)で人気の芳崎せいむがお送りする、 心優しいひっこし屋物語、待望の第3集がいよいよ登場! 転勤や独立、離婚に気分転換…… 人はみな、それぞれわけがあってひっこしをする。 だから、そのときうごかすモノには、うごかす意味が……想いがある。 そんな想いもすべてひっくるめてお届けするのが「うごかし屋」! 個性豊かな面々が、個性豊かな依頼を受けて、心を込めてうごかします!
  • うごかし屋 4巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    就職、転勤、結婚、別居…… 「引っ越し」とは、その人の人生の転換期、岐路にあたる。 ただ荷物を右から左へと運ぶだけでなく、 荷物に込められた想いを優しく運ぶ「うごかし屋」。 ビッグコミックオリジナル本誌上にて 大人気の内に連載を終了した『うごかし屋』の 完結第4集が、待望の単行本化! 「うごかし屋」二代目社長、蘇芳鉄が、 なぜ常磐津銀行を辞めて「うごかし屋」を継ぐことになったのか!? すべての謎が明らかになる!!

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。