イーグル 1巻

イーグル 1巻
全11巻完結
作者
雑誌
価格
550pt/550円(税抜)

▼第1話/母の微笑▼第2話/候補者ケネス・ヤマオカ▼第3話/レセプション▼第4話/信ずべきもの▼第5話/ハンプトンファミリー▼第6話/父の贈り物▼第7話/スキャンダル▼第8話/父と子
●主な登場人物/城鷹志(毎朝新聞記者。たったひとりの肉親である母親を事故で亡くす。父親の顔は知らない)、ケネス・ヤマオカ(日系三世の民主党上院議員で、アメリカ大統領候補。鷹志の父親だと名乗る)
●あらすじ/城鷹志は、故郷・沖縄の病院にいた。たったひとりの肉親である母親の富子が、事故で死んだという知らせを受けたからだ。鷹志は父親を知らない。ヴェトナム戦争のとき、アメリカ海兵隊員として沖縄に駐留していたというだけで、名前はおろか顔さえも知らない…。天涯孤独の身となってしまった鷹志は、突然ワシントン総支局への転勤を命じられる。初の日系アメリカ大統領候補を密着取材してほしいというのだ。「何故オレが…」と訳が分からぬまま鷹志はアメリカへと旅立つ…(第1話)。▼ワシントンに着いた鷹志は、早速取材相手であるケネス・ヤマオカのもとへと向かう。ヤマオカ陣営は色めきだっていた。スケジュールの調整ミスで、昼食会をダブルブッキングしてしまっていたのだ。どちらかを断わろうというスタッフの意見を退けて、両方の昼食会に出席するヤマオカ。イタリア料理と中華料理のフルコースを、平然と何事もなかったように平らげ、そして熱いスピーチをする。そんなバイタリティーあふれる若き大統領候補に、鷹志は次第に興味を募らせていった(第2話)。
●本巻の特徴/圧倒的な存在感を持つケネス・ヤマオカから、「私は君の父親だ」と告げられる鷹志。あまりに突然のことにとても信じられないが、真実を見極めるため、鷹志はヤマオカの密着取材を続ける。

  • イーグル 1巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/母の微笑▼第2話/候補者ケネス・ヤマオカ▼第3話/レセプション▼第4話/信ずべきもの▼第5話/ハンプトンファミリー▼第6話/父の贈り物▼第7話/スキャンダル▼第8話/父と子
    ●主な登場人物/城鷹志(毎朝新聞記者。たったひとりの肉親である母親を事故で亡くす。父親の顔は知らない)、ケネス・ヤマオカ(日系三世の民主党上院議員で、アメリカ大統領候補。鷹志の父親だと名乗る)
    ●あらすじ/城鷹志は、故郷・沖縄の病院にいた。たったひとりの肉親である母親の富子が、事故で死んだという知らせを受けたからだ。鷹志は父親を知らない。ヴェトナム戦争のとき、アメリカ海兵隊員として沖縄に駐留していたというだけで、名前はおろか顔さえも知らない…。天涯孤独の身となってしまった鷹志は、突然ワシントン総支局への転勤を命じられる。初の日系アメリカ大統領候補を密着取材してほしいというのだ。「何故オレが…」と訳が分からぬまま鷹志はアメリカへと旅立つ…(第1話)。▼ワシントンに着いた鷹志は、早速取材相手であるケネス・ヤマオカのもとへと向かう。ヤマオカ陣営は色めきだっていた。スケジュールの調整ミスで、昼食会をダブルブッキングしてしまっていたのだ。どちらかを断わろうというスタッフの意見を退けて、両方の昼食会に出席するヤマオカ。イタリア料理と中華料理のフルコースを、平然と何事もなかったように平らげ、そして熱いスピーチをする。そんなバイタリティーあふれる若き大統領候補に、鷹志は次第に興味を募らせていった(第2話)。
    ●本巻の特徴/圧倒的な存在感を持つケネス・ヤマオカから、「私は君の父親だ」と告げられる鷹志。あまりに突然のことにとても信じられないが、真実を見極めるため、鷹志はヤマオカの密着取材を続ける。
  • イーグル 2巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第9話/ダスト・オフ▼第10話/副大統領アルバート・ノア▼第11話/スティル・メイト▼第12話/スピン▼第13話/イニシアチブ・テイキング▼第14話/ブリザード▼第15話/開票▼第16話/ディフェンダー/オフェンダー
    ●主な登場人物/城鷹志(毎朝新聞の若手記者。ヤマオカの密着取材を命じられ渡米。彼から「お前は私の息子だ」と告げられる)、ケネス・ヤマオカ(元・弁護士、現在民主党上院議員。合衆国大統領候補)、アルバート・ノア(合衆国副大統領。次期大統領の最有力候補)
    ●あらすじ/1週間の密着取材から、ケネスの大統領への情熱を知った鷹志は、その情熱のルーツを探ろうとベトナム戦争からケネスを知るアーサーにインタビューを試みる。ケネスとアーサーが初めて出会ったのは、サイゴン陥落の3年前。当時“ダスト・オフ”と呼ばれる負傷兵の護送任務についていたアーサーは、腹部に銃弾を受け、重体の状態に陥っていた海兵隊員、ケネスを救助ヘリで搬送することになる。もう助からないだろうと思われていたケネスは、混濁した意識の中で必死に誰かに呼びかけていた。「……コ…すまない…お、俺は…戻れない。俺は……大統領…に……なる!」(第1話)。
    ●その他の登場人物/アーサー・マッコイ(ケネスの選挙対策本部長)、ジョージ・タクト(全米一の敏腕選挙コンサルタント)、アンドリュー・ウォルシュ(副大統領首席補佐官。ノアの右腕)、デイヴィッド・ローゼンバーグ(副大統領経済担当補佐官)、レイチェル・ヤマオカ(ケネスの養女。選挙対策本部のプレス担当)、アレックス・ヤマオカ(ケネスの息子)、パトリシア・ハンプトン・ヤマオカ(ケネスの妻。全米屈指の銀行家の娘であり弁護士)
  • イーグル 3巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第17話/二人だけの聖域▼第18話/約束▼第19話/ニューヨークの夜▼第20話/戦場▼第21話/泥沼の中で▼第22話/市長・ブラックバーン▼第23話/犬と尾▼第24話/最終交渉●登場人物/城 鷹志(毎朝新聞の若手記者。ヤマオカの密着取材を命じられ渡米)、ケネス・ヤマオカ(日系3世の民主党上院議員。現在、合衆国大統領候補)、エリザベス・マクラウド(ケネスの姉)、ジョセフ・ヤマオカ(ケネスの兄。ベトナム戦争で戦死)●あらすじ/ケネスに同行して1か月。鷹志は、アーサーや、ケネスの義理の兄・チャールズから聞かされていた理想に燃えていた大学・ベトナム時代のケネスと、勝利のためなら手段を選ばぬ冷徹な現在のケネスに、ギャップを感じていた。そのギャップを埋めるため、鷹志はケネスの実姉、エリザベス・マクラウドを訪ねる。そこで鷹志は、ケネスにとって憧れであったジョセフのことを聞かされるのであった(第17話)。●その他の登場人物/ ブラックバーン(ニューヨーク市長)、アルバート・ノア(現・合衆国副大統領。次期大統領候補の筆頭)、レイチェル・ヤマオカ(ケネスの養女。選挙対策本部のプレス担当)、アレックス・ヤマオカ(ケネスの息子)、アーサー・マッコイ(ケネスの選挙対策本部長)
  • イーグル 4巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第25話/封印された訴訟▼第26話/キングの報酬▼第27話/パンドラの筐▼第28話/パトリシアの恋▼第29話/プロポーズ▼第30話/ジグソーパズル▼第31話/家族の肖像▼第32話/TV討論会●登場人物/城鷹司(毎朝新聞の若手記者。ヤマオカの密着取材を命じられ渡米)、ケネス・ヤマオカ(日系3世の民主党上院議員。現在、合衆国大統領候補)、レイチェル・ヤマオカ(ケネスの養女。選挙対策本部のプレス担当)、パトリシア・ヤマオカ(ケネスの妻。鷹司がケネスの息子であることを知っている)●あらすじ/ニューヨーク市長のブラックバーンに支援を求めたケネス。しかし、ブラックバーンは高笑いして、10数年前の行政訴訟の話をはじめた。それは、ケネスがニューヨーク市に対して起こしたもので、当時市長2期目のブラックバーンにとってはじめての屈辱となった出来事だった(第25話)。▼ケネスヘの協力を拒否するブラックバーン。だが、そんな彼に対してケネスは、次の市長選で企業や団体に力を借りることなく当選するための、具体的な支援策があると告げる。そのうえ、その支援策は明朝の記者会見で発表すると言い残して、去っていった。次の日、自らも記者会見に望んだブラックバーンだが、ケネスの演説が気になって仕方がない……(第26話)。
  • イーグル 5巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第33話/TV討論会(2)▼第34話/熱情▼第35話/侵入者▼第36話/蜃気楼▼第37話/テキサス・スピリット▼第38話/スター・カフェ▼第40話/レイト・ショー
    ●登場人物/城鷹志(毎朝新聞の若手記者。ヤマオカの密着取材を命じられ渡米)、ケネス・ヤマオカ(日系3世の民主党上院議員。現在、合衆国大統領候補)、レイチェル・ヤマオカ(ケネスの養女。選挙対策本部のプレス担当)、パトリシア・ヤマオカ(ケネスの妻。鷹志がケネスの息子であることを知っている)
    ●あらすじ/ヤマオカは大統領予備選挙立候補者によるテレビ討論会で、現副大統領であり、現在最も支持を集めているノアに発言の矛盾を指摘され、窮地に陥る。ノア側は、ヤマオカが言い訳すれば、更に追い撃ちをかける質問まで用意して、ヤマオカを追い詰めたのだ。しかし、ヤマオカは反論するどころか、自らの非を認めてしまった…(第33話)。
    ●その他の登場人物/アルバーロ・ノア(元副大統領にして、最も有力な大統領候補)、ジョージ・タクト(全米一の敏腕選挙コンサルタント。ヤマオカの選挙活動を請け負う)、城富子(アメリカ海兵隊員との子ども、鷹志を生んだ。鷹志が渡米する直前、事故で死亡)
  • イーグル 6巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第41話/ワイルド・ホース▼第42話/ラスト・ナイト▼第43話/スーパー・チューズデイ▼第44話/LAの風▼第45話/マリアという女▼第46話/疑惑▼第47話/苦境▼第48話/追跡
    ●登場人物/城鷹志(毎朝新聞の若手記者。ヤマオカの密着取材を命じられ渡米)、ケネス・ヤマオカ(日系3世の民主党上院議員。現在、合衆国大統領候補)、レイチェル・ヤマオカ(ヤマオカの養女。選挙対策本部のプレス担当)、パトリシア・ヤマオカ(ヤマオカの妻。鷹志がヤマオカの息子であることを知っている)
    ●あらすじ/南部諸州同日選挙(スーパーチューズデイ)の前日。ヤマオカの選挙対策本部長、アーサーは3日前から南部財界の大物テイラーとの面会を求めて、ロビーに詰めていた。が、彼は会おうともしない。午後、他の仕事をキャンセルして牧場へ出かけたテイラーは、牧童たちがスターカフェに出入りしているヤマオカの話に夢中になっているのを目撃。それが気にくわないテイラーは…(第1話)。▼ヤマオカと対抗候補であり、現副大統領ノアとの勝負の行方はカリフォルニア州の選挙に持ち越された。無名候補であるヤマオカを突き放せないことに焦りを感じていた ノア陣営は、ヤマオカの養女・レイチェルの実母マリアの身柄を確保する。マリアから得た、ヤマオカとレイチェル、マリアに関する重大な証言で、ヤマオカの政治生命を絶とうというのだ(第44話)。
    ●その他の登場人物/アルバート・ノア(元副大統領にして、最も有力な大統領候補)、ジョージ・タクト(全米一の敏腕選挙コンサルタント。ヤマオカの選挙活動を請け負う)、城富子(アメリカ海兵隊員との子ども、鷹志を生んだ。鷹志が渡米する直前、事故で死亡)、マリア(レイチェルの実母)
  • イーグル 7巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第49話/拉致▼第50話/母と女▼第51話/告白▼第52話/館の主▼第53話/大統領ビル・クライトン▼第54話/権力の館▼第55話/ノアの選択▼第56話/ビリーゴート
    ●登場人物/城鷹志(毎朝新聞の若手記者。ヤマオカの密着取材を命じられ渡米)、ケネス・ヤマオカ(日系3世の民主党上院議員。現在、合衆国大統領候補)、レイチェル・ヤマオカ(ヤマオカ の養女。選挙対策本部のプレス担当)、パトリシア・ヤマオカ(ヤマオカの妻。鷹志がヤマオカの息子であることを知っている)
    ●あらすじ/マリアの記者会見会場にやって来た鷹司。ヤマオカの養女レイチェルが、その実の娘だというパトリシアの発言が真実かどうかをレイチェル本人に確かめようとする。だが、当然マリアとふたりっきりで話をすることなどできない。どうしようかと、会場の地下駐車場で考えていた鷹司の目の前にガードマンに連れられたマリアがやってきた。が、そのマリアの背中には銃が突きつけられていた!(第1話)。
    ●その他の登場人物/アルバート・ノア(元副大統領にして、最も有力な大統領候補)、ジョージ・タクト(全米一の敏腕選挙コンサルタント。ヤマオカの選挙活動を請け負う)、城富子(鷹志の母。鷹志が渡米する直前、事故で死亡)、マリア(レイチェルの実母) 、ビル・クライトン(アメリカ大統領)、エラリー・クライトン(現ファーストレディ)
  • イーグル 8巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第57話/ロール・コール▼第58話/決着▼第59話/説得▼第60話/ランニング・メイト▼第61話/神に選ばれし男▼第62話/将軍(ジェネラル)▼第63話/ケリガン中隊長▼第64話/ケリガン中隊長(2)
    ●登場人物/城鷹志(毎朝新聞の若手記者。ヤマオカの密着取材を命じられ渡米)、ケネス・ヤマオカ(日系3世の民主党上院議員。現在、合衆国大統領候補)、レイチェル・ヤマオカ(ヤマオカの養女。選挙対策本部のプレス担当)、パトリシア・ヤマオカ(ヤマオカの妻。鷹志がヤマオカの息子であることを知っている)
    ●あらすじ/現大統領ビル・クライトンの妻エラリーを副大統領候補に指名することを内諾したヤマオカ。しかし彼らこそ打ち砕くべきものの象徴だったはず……。敵とはいえ同じ志を感じていたヤマオカに失望したノアは彼を責める。ノアの問いかけに対し、ヤマオカの答えは……?(第2話)
    ●本巻の特徴/アメリカ大統領選挙は、ついに民主党全国党大会の開票日を迎えた。ヤマオカvs.ノア……勝つのはどっちだ!? そして決着とともにヤマオカが打ち明けた衝撃の真意とは?
    ●その他の登場人物/アルバート・ノア(現副大統領にして、最も有力な大統領候補)、ジョージ・タクト(全米一の敏腕選挙コンサルタント。ヤマオカの選挙活動を請け負う)、城富子(鷹志の母。鷹志が渡米する直前、事故で死亡)、マリア(レイチェルの実母) 、ビル・クライトン(アメリカ大統領)、エラリー・クライトン(現ファーストレディ)
  • イーグル 9巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第65話/激震▼第66話/激震(2)▼第67話/新たなる戦場▼第68話/帰郷▼第69話/策謀▼第70話/マイケル・コズリョフ労組委員長▼第71話/コズリョフとザマル▼第72話/仕掛けられた地獄
    ●登場人物/城鷹志(毎朝新聞の若手記者。ヤマオカの密着取材を命じられ渡米)、ケネス・ヤマオカ(日系三世の上院議員。現在、民主党大統領候補)、アーサー・マッコイ(ケネスとはヴェトナム戦争時代からの親友。選挙対策本部長を務める)、リチャード・グラント(共和党大統領候補。航空・宇宙産業界や軍部からの圧倒的な支持を誇る保守派の重鎮)
    ●あらすじ/日系人として初めてアメリカ大統領候補となったヤマオカは、ヴェトナム戦争を「歴史的蛮行」と言い切り、「在外米軍基地の完全撤退」「自国防衛以外の戦争放棄」「国連軍の増強」を提案する。だが、この発言は軍関係者の猛反発を招き、彼の所属する民主党内部にも混乱を巻き起こした。彼の狙いはどこに……?(第1話)
    ●その他の登場人物/レイチェル・ヤマオカ(ヤマオカの養女。選挙対策本部のプレス担当で、鷹志とは恋愛関係にある)、パトリシア・ヤマオカ(ヤマオカの妻。鷹志がヤマオカの息子であることを知っている)、アルバート・ノア(ヤマオカと民主党大統領候補の座を争い敗れた後、次期副大統領候補としてヤマオカ陣営に参画)、ジョージ・タクト(全米一の敏腕選挙コンサルタント。ヤマオカの選挙活動を請け負う)、城富子(鷹志の母。鷹志が渡米する直前、事故で死亡)
  • イーグル 10巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第73話/コズリョフの国▼第74話/人種の壁▼第75話/燎原の火▼第76話/ケネスとクルーニー▼第77話/狙撃▼第78話/狙撃(2)▼第79話/政治記者・ニコルズ▼第80話/託し得る者 ▼第81話/母の悲しみ
    ●登場人物/城鷹志(毎朝新聞の若手記者。ヤマオカの密着取材を命じられ渡米)、ケネス・ヤマオカ(日系三世の上院議員。現在、民主党大統領候補)、アーサー・マッコイ(ケネスとはヴェトナム戦争時代からの親友。選挙対策本部長を務める)、リチャード・グラント(共和党大統領候補。航空・宇宙産業界や軍部からの圧倒的な支持を誇る保守派の重鎮)
    ●あらすじ/“一般的”なアメリカ国民の心の奥底に潜む人種差別感情。その芽を摘むために、ヤマオカは有色人種排斥運動を煽り立てるという危険な賭けに出た。だが、ジョージア州での演説中、ついに凶弾が放たれた! ヤマオカの命運は、ここで尽きるのか……?(第5話)
    ●その他の登場人物/レイチェル・ヤマオカ(ヤマオカの養女。選挙対策本部のプレス担当で、鷹志とは恋愛関係にある)、パトリシア・ヤマオカ(ヤマオカの妻。鷹志がヤマオカの息子であることを知っている)、城富子(鷹志の母。鷹志が渡米する直前、謎の事故死を遂げる)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。