東京大学物語 1巻

東京大学物語 1巻
全34巻完結
作者
雑誌
価格
550pt/550円(税抜)

▼第1話/始まりは突然に▼第2話/初恋の行方▼第3話/忍ぶ恋▼第4話/長い夜▼第5話/受話器の向こう▼第6話/世界で一番キミが好き▼第7話/仮性包茎▼第8話/嬉しい誤解▼第9話/危機一髪▼第10話/きみの朝 ●登場人物/村上直樹(函館向陽高校3年生・東大を目指す学年トップの秀才)、水野遥(函館向陽高校3年生・村上のガールフレンド)、 ●あらすじ/村上直樹は、東京大学を目指し、猛勉強中の秀才だ。ある日、悪友の佐野に連れられ、テニスの試合を見に行く。そこで、試合にでていた、同学年の水野遥に一目惚れしてしまう。(第1話)▼水野遥に一目惚れしてから一週間。村上は毎朝、遥を待ち伏せしていた。ある日、遥に挨拶をされ、狼狽した村上が返した言葉は、「オレと、つきあってください」だった! 突然の告白に、遥は…?(第2話) ●本巻の特徴/第1巻では、佐野と村上との遥の奪い合いと、遥と村上が付き合い始めるまでを中心に描いている。 ●その他の主な登場キャラクター/佐野(第1話)、数学教師・矢野哲郎(第2話)

  • 東京大学物語 11巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第109話/いく▼第110話/オレは東大生▼第111話/夢いっぱい▼第112話/青い春▼第113話/捨て台詞▼第114話/雪解け▼第115話/胸騒ぎ▼第116話/精算▼第117話/情愛▼第118話/視線▼第119話/自由研究 ●登場人物/村上直樹(東京大学文科・類1年生)、水野遥(東京大学文科・類2年生) ●あらすじ/東大後期試験当日、真紀は、試験にでかけるという村上を、「水野さんのいるところには行かないで」と涙ながらに引き止めるが…(第109回)。▼晴れて東大生となった村上。充実感と勝利感に酔いしれるなか、入学式前に行なわれるオリエンテーション合宿に参加する。しかし、合宿所に向かうバスの中で、現役生だと反射的に嘘をついてしまい、悪いことに、箱根で卓球勝負をした、武田賢太郎に偶然出会う。早稲田の仮面浪人生であったことがばれるのを恐れた村上は…(第110話)。 ●本巻の特徴/第11巻では、遥と真紀の間で揺れる村上の気持ちを中心に描いていると共に、遥の気持が村上よりも、河野の方へ映っていく様子も描かれている。 ●その他の主な登場キャラクター/小泉真紀(第109回)、武田賢太郎(第110回)、河野(111回)、池之幡由貴(第118回)、鈴木英里(第118回)、佐野(第118回)
  • 東京大学物語 12巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第120話/火照る▼第121話/馬鹿▼第123話/距離▼第124話/縁▼第125話/保身▼第126話/交わり▼第127話/家族計画▼第128話/親心▼第129話/後悔先に立たず▼第130話/下衆の勘繰り ●登場人物/村上直樹(東京大学文科・類1年生)、水野遙(東京大学文科・類2年生) ●あらすじ/公園で絵を描いていた遙は、河野に偶然会い、短いが楽しいひとときを過ごした。河野が去った後、遙は犬を撮影している男・山崎に出会う。(第120話)由貴は、自宅のマンションで、いらいらしながらある男を待っていた。その男は、妻子持ちだった。由貴は、理論的で、家庭は家庭、恋愛は恋愛と割り切り、思い通りにならないその男を見返してやりたいと思いつつ、のめり込んでもいる(第121話)。 ●本巻の特徴/第12巻では、由貴の恋愛や、遥と山崎の出会い、村上と真紀の別れを中心に描いている。また、この巻で遥は河野につきあってくれと告白されている。さらに、由貴の不倫相手の家で、家庭教師のアルバイトを始める。 ●その他の主な登場キャラクタ−/河野(第120回)、山崎(第120回)、池之幡由貴(第121回)、ひろし&まどかの父(第121回)、野中瞳(第122回)、山崎の祖父(第124回)、小泉真紀(第125回)、鈴木英里(第130回)
  • 東京大学物語 13巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第131話/未来予想図▼第132話/路傍の石▼第133話/遠い日▼第134話/拝読▼第135話/濃い女▼第136話/錯綜▼第137話/復縁▼第138話/妄想男は3度チャイムを鳴らす▼第139話/電話▼第140話/肥大妄想▼第141話/一瞬▼第142話/妄想の果て ●登場人物/村上直樹(東京大学文科・類1年生)、水野遙(東京大学文科・類2年生) ●あらすじ/河野に「つきあってくれ」と告白された遙。だが彼女は河野に好意を持っているものの、申し出を断ってしまう。河野の幼なじみで、河野に想いを寄せている瞳のことや、村上との様々な出来事を考えてのことだった。一方、嫉妬にかられた村上は、遥の部屋のそばで、二人の様子を必死に覗こうとしていた(第131話)。▼遥の部屋を覗こうとしていた村上は、河野を見送った遥に見つかりそうになった。こんな所にいる存在理由を必死に考える村上だが、遥は気付きもしなかった。遥の目には自分が映っていないことにショックを受けた村上は、あらぬ妄想を繰り広げていた(第132話)。 ●本巻の特徴/第13巻は、遥とやり直したいという強い気持ちが村上の妄想を膨らませ、現実との区別がつかなくなるほどひどくなり、とうとう遥を強姦してしまうまでを中心に描いている。また、遥の村上への気持ちが薄れ、「思い出」にまで格下げされていることも描かれている。 ●その他の主な登場キャラクタ−/山崎(第131話)、小泉真紀(第131話)
  • 東京大学物語 14巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第143話/変質者▼第144話/絶望▼第145話/どっちもどっち▼第146話/外道▼第147話/迷い▼第148話/漂流▼第149話/理屈オヤジ▼第150話/説教▼第151話/きらめき▼第152話/転進▼第153話/差別 ●登場人物/村上直樹(東京大学文科・類1年生)、水野遙(東京大学文科・類2年生) ●あらすじ/一人、部屋でぼんやりしている遙は、河野と、公園で出会った男・山崎のことを考えていた。深夜に出かけなくてはならない遙は、最終電車に乗り遅れそうなことに気付き、夜道を急ぐ。そこで何者かに追いかけられ…(第143話)。▼夜道を急ぐ遥は、いきなり背後から襲われてしまう。恐怖でなすすべもなく、男のなすがままに……。そこに偶然通りかかった山崎に遥は助けられ、自分を襲ったのが村上だったことに気がつく(第144話)。▼山崎に殴られ、正気を取り戻した村上は、自分が遥を襲っていたことに気が付く。ショックで放心状態の村上に、「彼氏ではない」という遥の一言が追い討ちをかける(第145話)。 ●本巻の特徴/第14巻では、山崎のことを強く想いながらも、村上や河野にも魅かれている遙の気持ちに重点を置いて描かれている。また、自分の生き方を一人で見つける決心をした村上が、初のバイトを始める。 ●その他の主な登場キャラクタ−/山崎(第143話)、河野(第143話)、小泉真紀(第146話)、ひろし&まどかの父(第147話)、池之幡由貴(第148話)
  • 東京大学物語 15巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第154話/勘違い▼第155話/片想い▼第156話/落とし物▼第157話/友情▼第158話/密告▼第159話/裁き▼第160話/憐憫▼第161話/共感▼第162話/熱情▼第163話/躊躇▼第164話/濡れ場 ●登場人物/村上直樹(東京大学文科・類1年生)、水野遙(東京大学文科・類2年生) ●あらすじ/村上は、自分のプライドの殻から抜け出し成長する、という理由で、佐野と合コンに参加した。しかし、女の子たちにちやほやされ、このままでは偉そうなダメ人間になってしまうと焦る。焦りの中で村上は、高飛車な女を見つける。自分に冷淡な人間に近づくことで一歩前へる進めると思った村上は、その女となんとか仲よくなろうとアタックを開始するが…(第154話)。河野のことで頭がいっぱいの瞳は、長年の想いを河野に伝える決心をする。しかし、瞳は、遙への強い想いと、遥に告白をして断られたことを河野に伝えられる。今まで見たことがない切ない表情で、遥の話をする河野をまのあたりにした瞳は、遥への怒りを覚える(第155話)。 ●本巻の特徴/第14巻では、遙の山崎への想いが決定的になり、山崎も遙に魅かれていく様子を中心に、描かれていく。また、徐々にではあるが、謎が多い山崎の性格が明らかにされていく。 ●その他の主な登場キャラクタ−/佐野(第154話)、河野(第155話)、野中瞳(第155話)、山崎(第156話)、ひろし&まどかの父(第158話)、山崎の祖父(第160話)、桂木南(第160話)
  • 東京大学物語 16巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第165話/抱擁▼第166話/処女▼第167話/三角関係(但し村上は除く)▼第168話/過去▼第169話/友達以上恋人未満▼第170話/吐露▼第171話/柵(しがらみ)▼第172話/捨て鉢▼第173話/誘惑▼第174話/愛撫▼第175話/豹変 ●登場人物/村上直樹(東京大学文科・類1年生)、水野遥(東京大学文科・類2年生) ●あらすじ/山崎への熱い想いを確かにした遥。山崎と一緒にいたいという強い思いから、思わずホテルへ引っ張ってしまう。遥は話やカラオケをして、楽しく過ごしたいだけであったが、ただ楽しく過ごすだけ、という雰囲気ではなくなってしまう(第165回)。▼最後までいってしまいそうな雰囲気であったが、キスをしただけでそのまま眠ってしまった遥と山崎。遥は、山崎のそばで目覚める幸福感に浸っていたが、だんだんと興奮してしまい…(第166話)。 ●本巻の特徴/第16巻では、遥と山崎が急接近する様子を軸に、山崎の昔の恋人・桂木南と、遥を諦めきれない河野、村上のそれぞれの思いを絡めて描いている。また、山崎に振られた南は、その腹いせから、村上に接近する。 ●その他の登場キャラクター/山崎(第165回)、桂木南(第167回)、山崎の祖父(第167回)、河野(第169回)
  • 東京大学物語 17巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第176話/奪回▼第177話/拘束▼第178話/裸の大様▼第179話/我慢▼第180話/甘い記憶▼第181話/変人▼第182話/羞恥▼第183話/客観▼第184話/生理▼第185話/惨敗▼第186話/権謀術数 ●登場人物/村上直樹(東京大学文科・類1年生)、水野遥(東京大学文科・類2年生。山崎のガールフレンド) ●あらすじ/山崎の元恋人・桂木南は。、山崎への想いをなかなか断つことができず、その寂しさを埋め合わせるかのように次々と男を変えていく女である。そんな南に弄ばれた村上は、遥も南のような女になってしまうと思い込み、遥を取り戻そうと決心、山崎のもとへ向かう(第176話)。▼山崎のもとへ向かい、遥への想いの丈を吐き出した村上だが、山崎は突然、遥と村上を手錠で繋いでしまう。遥が好きなら、このチャンスをモノにしろと言い、遥の自分への揺るぎない気持ちを確かめた後、2人を残して立ち去ってしまった。そして残された遥と村上は…(第177話)。 ●本巻の特徴/第17巻は、手錠に繋がれ、遥と2人きりになれるチャンスを得た村上が、遥を取り戻そうと悪戦苦闘を繰り返す様子を中心に描いている。しかし、当の遥は、あの頃へは戻れないという言葉を繰り返すだけだった。 ●その他の登場キャラクター/山崎(第176話)、山崎の祖父(第176話)、桂木南(第176話)、河野(第185話)、ひろし&まどかの父(第186話)、池之幡由貴(第186話)
  • 東京大学物語 18巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第187話/幼児▼第188話/激震▼第189話/愛情▼第190話/メモリー▼第191話/拒絶▼第192話/接触▼第193話/乱入▼第194話/隙間(すきま)▼第195話/隣姦▼第196話/責め苦▼第197話/覚醒 ●登場人物/村上直樹(東京大学文科・類1年生。プライドが高い秀才)、水野遥(東京大学文科・類2年生。山崎のガールフレンド)、山崎守(実体が謎だらけの青年) ●あらすじ/山崎によって手錠で繋がれてしまった村上と遥。遥の部屋を訪れた河野に怒鳴られた村上はお漏らしをしてしまう。ショックに打ちひしがれる村上に遥は優しく声をかけ、汚れた服を洗濯した。何となく沈んだ雰囲気の中、空腹の村上のために、何か食事を作るという遥に対し、妙なプライドからその申し出を拒絶するが……(第187話)。▼村上に対してどことなく冷たい態度をとる遥だったが、突然村上にキスをしてきた。村上は予想だにしない遥の突然の行動に戸惑う。遂に理性を押さえ切れずに遥の服を脱がせてしまう……(第189話)。 ●本巻の特徴/第18巻では、村上と遥はセックス直前までいってしまう。ここまでの関係になっても、遥の山崎への気持ちは強まるばかりだった。そんな二人の様子をモニターでチェックする山崎、それぞれの行動と考えが錯綜しながら物語は続いていくのだが・・・ ●その他の登場キャラクター/桂木南(第189〜197話)
  • 東京大学物語 19巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第198話/変態▼第199話/旅立ち▼第200話/片想い▼第201話/流浪▼第202話/食いぶち▼第203話/野▼第204話/渚▼第205話/変質者逮捕護送中▼第206話/幸福感▼第207話/プライド▼第208話/東大生 ●登場人物/村上直樹(東京大学文科I類1年生。プライドが高い秀才)、水野遙(東京大学文科I類2年生。山崎のガールフレンド)、山崎守(実態が謎だらけの青年) ●あらすじ/桂木南に連れられ、山崎のもとへ向かった遙と村上。そこにはたくさんのテレビ画面とそこに映った山崎の姿があった。手錠を外してもらうように画面の山崎に言う二人であったが、山崎はそっけなく「嫌だ」と答えるだけだった(第198話)。▼東京から遠く離れたところにいる山崎を求め、旅に出ることになった遙と村上。電車の中で、村上に寄り添って眠る遙は、村上の名を連呼するのだった……(第199話)。 ●本巻の特徴/第19巻では、山崎をめぐる遙と村上の珍道中を中心に話が進む。またしても山崎の策略にかかった二人は、無一文になってしまう。そんな切羽詰まった状況を楽しむことができない村上は、自分一人では何もできない事を見せ付けられていた。 ●その他の登場キャラクター/桂木南(第198、199話)、郁雄(第208話)
  • 東京大学物語 20巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第209話/権威▼第210話/社会▼第211話/凡夫日本一▼第212話/抱擁▼第213話/生活力▼第214話/立場▼第215話/虚偽▼第216話/家庭教師▼第217話/学校▼第218話/孤立▼第219話/童心 ●登場人物/村上直樹(東京大学文科・類1年生。遥と手錠でつながれてしまい、現在、山崎を探す旅をしている)、水野遥(東京大学文科・類2年生。現在は山崎のガールフレンド。村上とともに山崎を探す旅をしている)、郁雄(村上と遥が出会ったいじめられっ子の少年) ●あらすじ/とある町で、いじめられっ子の郁雄を助けた遥と村上。だが、いじめっ子たちの母親に囲まれてしまう。困った村上は、すかさず東大の学生証を出した。果たして、その“印篭”は功を奏し、村上は、羨望のまなざしで見つめられる。遥も大学を尋ねられたが、かたくなに東大生であることを言わなかった。「大学名だけで自分を決められたくはない」という遥に村上は……(第209話)。▼学生証のおかげで、住み込みで郁雄の家庭教師をすることになった村上と遥。遥は、「東大生」というだけで特別視されている村上を軽べつしていた。「東大生というだけで尊敬できる人間かどうかはわからない」という遥。だが、そんな遥の気持ちはまだ誰にも理解されないでいた(第210話) ●本巻の特徴/村上に家庭教師をしてもらってから、郁雄の成績はみるみる上がっていった。このため、二人は町のほとんどの子供たちの家庭教師をすることになってしまう。しかし、これがきっかけで、遥は“自分の学校”を体験することができた。

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。