のたり松太郎 1巻

角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!

▼第1話/鞭声粛々(べんせいしゅくしゅく)▼第2話/暴走トラック▼第3話/酒乱色乱馬鹿二人▼第4話/円満中退▼第5話/就職行脚▼第6話/オランウータン復讐鬼▼第7話/のたり奮戦す▼第8話/“松”獲得大作戦▼第9話/のたりのたりと東京へ▼第10話/“可愛がられる”タイプの新弟子 ●登場人物/坂口松太郎(現在19歳の中学3年生。近所の鼻つまみ者で、石炭運びで鍛えた怪力が唯一の取り柄)、南令子(松太郎が通う中学校の教師。松太郎のマドンナ)、島田先生(松太郎の担任)、西尾留次(廃坑の石炭掘りで生計を立てる変わり者) ●あらすじ/落第を繰り返し、19歳ながら中学校に通う松太郎。担任・島田の小言もまさに馬耳東風で、職員室に呼び出されても、マドンナの南先生に目を奪われる始末。今日も学校を早退しては、のたりのたりと家路をたどる(第1話)。▼早退した松太郎は、いつものとおり廃坑へ行き、小遣い稼ぎに西尾の石炭運びを手伝うことに。ところが、松太郎のリヤカーが道をふさいでいたため、うしろから来た運送会社のトラックとさっそく一悶着。荒くれ運転手相手に、松太郎は怪力ぶりを発揮し……(第2話)。 ●本巻のハイライト/結局、学校を中退することになった松太郎。だが、長崎で巡業中の関取を相手に大暴れしたことから、その怪力ぶりが親方衆の目にとまり、ついには東京・両国の雷神部屋へ入門することになる(第8話)。

【期間限定】4/2 23:59まで 3巻無料

  • のたり松太郎 21巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!

    ▼第1話/田中の苦戦▼第2話/九日目…▼第3話/カイナのカエシカタ?▼第4話/思いでのクソ力▼第5話/激突▼第6話/血、ヤーヨ!▼第7話/必殺!腕返し▼第8話/試運転▼第9話/暁の特訓▼第10話/失セ物、見ツカラズ▼第11話/その気の松太郎▼第12話/あ~あ、怒らしちゃった! ●登場人物/坂口松太郎(伊勢駒部屋の力士。入幕後は、懸賞金と恋の力(?)で大奮闘中)。田中清(幕内力士。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)。西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)。伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)。倉橋綾子(松太郎の中学時代の同級生。現在は文英出版「ミスノン」の記者) ●あらすじ/入幕後初の東京場所で8連勝と、松太郎はあいかわらずの絶好調。参謀役の田中の協力のもと、今日も対戦相手の研究に余念がない。これも、人気の取り組みには懸賞金がつくおかげ? あるいは、綾子からプレゼントされたマスコット人形が原因か?(第1話)▼迎えた9日目、相手は関脇・大ノ海。連勝を続ける松太郎の取り組みは、いまや全国的な注目の的で、故郷・長崎でもある計画が立てられていた。みんなが見守るなか、松太郎の快進撃はどこまで続くのか?(第2話) ●本巻のハイライト/これ以後「お約束」となった、松太郎が勝った日に打ち上げられる故郷での花火は、本巻第2話より始まったもの。なお、10日目の大関・朝風との激戦を経て快進撃を続ける松太郎は、12日目、ついに横綱・千代の國(ちよのくに)との対戦を迎えることになる(第12話)。
  • のたり松太郎 22巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!

    ▼第1話/軍師田中のマル秘作戦は…▼第2話/両雄、並び立たず▼第3話/頭の差▼第4話/また、勝っちゃった▼第5話/協会からの電話▼第6話/ついに千秋楽…▼第7話/しいたけ一年分▼第8話/因縁の対決▼第9話/軍配かえる!▼第10話/えーっ、またー!?▼第11話/優勝賜盃!▼第12話/賞金の遣い途(つかいみち) ●登場人物/坂口松太郎(伊勢駒部屋の力士。入幕後初の東京場所で快進撃を演じ、ただいま11連勝中)。田中清(幕内力士。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)。西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)。伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方) ●あらすじ/明日にひかえた12日目は、今場所11勝無敗同士の対・千代の國(ちよのくに)戦。これに勝てば、幕内優勝の可能性も。気合充分な松太郎は、軍師・田中に作戦をさずけられ、夜を徹して稽古に打ち込む(第1話)。▼松太郎と横綱・千代の國は、お互いに挑発しあい、対戦前から一触即発の状態に。気合の入った松太郎は、支度部屋のテッポウ(テッポウなどの練習用の太い柱)をへし折るほどの破壊力をみせる。優勝の行方を占う大事な一戦の結果はいかに?(第2話) ●本巻のハイライト/対・松太郎戦には勝ったものの、その後、痛恨の一敗を喫した横綱・千代の國。そして、優勝決定戦を松太郎と争うことになる。一方、実力だけは横綱級とうたわれてきた松太郎。いま、注目の一戦が始まる!(第8話)。
  • のたり松太郎 23巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!

    ▼第1話/荒駒関ってば!!▼第2話/いっただきま~す▼第3話/令子しゃんっ!!▼第4話/心技体万全!?▼第5話/誰がために勝つ??▼第6話/しゅ、酒ら場▼第7話/綱が怖くて……▼第8話/本命はどっち? ●登場人物/坂口松太郎(四股名・荒駒。伊勢駒部屋の前頭。入幕後初の優勝を果たし、念願の賜杯を手にする)。田中清(四股名・駒田中。前頭。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)。西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)。伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)。南令子(元・中学校の教師。松太郎の憧れの女性) ●あらすじ/記念すべき蔵前国技館での最後の場所で、みごと横綱を破り優勝した松太郎。田中とともに、それぞれ荒駒、駒田中と四股名(しこな)を名乗るようになる。しかし、例のマイペースぶりはあいかわらずで、夏場所の千秋楽も、4勝10敗と負け越した状態で迎える(第1話)。▼千秋楽での対戦相手は、角界の若きプリンス・貴華田。しかし、いくら相手が上り調子であろうと、懸賞金が12本(36万円)もついた取り組みを松太郎が落とすはずもなく、勝負はあっさりカタがつく。そして、上機嫌で部屋へ戻る途中、松太郎はなんと初恋の女性・南令子と再会するが……(第2話)。 ●本巻のハイライト/憧れの南先生と再会した松太郎。一度は恋に破れたものの、いまだ令子が結婚していないことを知り、がぜんやる気に。そして迎えた名古屋場所では、万全の体制で取り組みにのぞむ。一方、同じく令子に恋する田中は……?(第4話)
  • のたり松太郎 24巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!

    ▼第1話/あのバラを再び▼第2話/荒駒屋ーっ!!▼第3話/強さの秘密▼第4話/二重の祝い?▼第5話/年の差なんて▼第6話/優勝へ最接近▼第7話/優勝前夜祭▼第8話/生徒と先生!? ●登場人物/坂口松太郎(四股名・荒駒。伊勢駒部屋の前頭。憧れの南先生と再会し、がぜんやる気に!?)。田中清(四股名・駒田中。前頭。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)。西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)。伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)。南令子(元・中学校の教師。松太郎の憧れの女性) ●あらすじ/初日は気負って「勇み足」で負けたものの、その後7連勝と破竹の勢いで夏場所9日目を迎えた松太郎。憧れの南先生にいいところを見せようと、ますます気合も充実中。一方、テレビの前で松太郎を応援する南先生も、何やらまんざらでもない様子だが!?(第1話)▼勝ち越しのかかった一番は、巨漢大関・錦山が対戦相手。パワーが自慢の大関相手に、なんと松太郎は力ワザで応戦してみせる。この松太郎の並々ならぬ気迫に、故郷の母親たちもただならぬものを感じるが……(第2話)。 ●本巻のハイライト/ついに迎えた名古屋場所の千秋楽。この一戦に勝てば優勝確定となる松太郎は、賜杯を片手に南先生へプロポーズするつもりだが!? 桟敷席へは、故郷の母親と南先生を招き、用意は万端。だが、肝心の南先生の心中は?(第8話)
  • のたり松太郎 25巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!

    ▼第1話/秘技鳥追い▼第2話/そりゃないよ!!▼第3話/ダメ押しなるか?▼第4話/ボー然ヒョウ然ガ然▼第5話/つかめ栄光!!▼第6話/土俵のオニ!!▼第7話/高砂や~ ●登場人物/坂口松太郎(四股名・荒駒。伊勢駒部屋の前頭。憧れの南先生と再会し、がぜんやる気に!?)。田中清(四股名・駒田中。前頭。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)。西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)。伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)。南令子(元・中学校の教師。松太郎の憧れの女性) ●あらすじ/優勝と、南先生へのプロポーズをかけた、名古屋場所の千秋楽。対戦相手は、松太郎が苦手とするワザ師の小兵・前ノ海。だが、松太郎は前夜、親方より小兵相手の秘策「鳥追い」をさずけられていた。さあ、いよいよ待ったなし!(第1話)▼秘策「鳥追い」を持つ松太郎に対し、ワザ師・前ノ海はなんと「猫だまし」で奇襲攻撃! 松太郎は痛恨の2敗目を喫してしまう。現在、同じく2敗中の横綱・北斗湖(ほくとうみ)が結びの一番で勝てば、優勝の行方は決定戦へと持ち越されるが……(第2話)。 ●本巻のハイライト/横綱・北斗湖との決勝戦を前に、「もし優勝できたら結婚してほしい」と、松太郎はついに南先生へプロポーズする。しかし、南先生の答えは「悪いけど、お断りします……」というもの。はたして、その真意はどこに? そして優勝決定戦の行方は?(第3話)
  • のたり松太郎 26巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!

    ▼第1話/のたり亭主▼第2話/のたり稽古▼第3話/キヨスの純情▼第4話/バカヅキ松▼第5話/松、ID相撲す!?▼第6話/のたり神経戦?▼第7話/中日(なかび)の宴 ●登場人物/坂口松太郎(四股名・荒駒、35歳。伊勢駒部屋の小結。憧れの南先生と結婚したものの、「のたり」な性格はあいかわらず)。田中清(四股名・駒田中、32歳。前頭。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)。西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)。伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)。阿久津五郎(四股名・駒ケ嶽、25歳。前頭。伊勢駒部屋のホープ)。辻(伊勢駒部屋の新弟子。松太郎の付け人)。南令子(元・中学校の教師。松太郎と結婚し、一児をもうける) ●あらすじ/前巻から数年後、憧れの南先生と結婚した松太郎も、いまや35歳。相撲協会の幹部たちからは「百歳すぎても現役だろう」とカゲ口をたたかれながら、いまだ現役を続行している。しかし、結婚しようが、年をとろうが、例のマイペースぶりはあいかわらずのまま。さて、つぎなる「のたり」の活躍は!?(第1話)▼田中や阿久津をはじめ、稽古に精を出す伊勢駒部屋の面々。一方、松太郎はといえば、ゲームセンターで時間をつぶしている始末。しかし、ひとたび土俵にあがれば、まだまだ田中たちがかなう相手ではない。百年に一人の逸材を大関にすることすらできない……と、伊勢駒親方はなげくことしきりだが!?(第2話) ●本巻のハイライト/競馬でアブク銭を稼いだとたん、手抜きの無気力相撲を続ける松太郎。しかし、その怪力ぶりは健在で、角界一の腕力の持ち主とされる魁王(かいおう)を相手に腕相撲をして一歩も引けをとらない。そして、まんまと掛け金をせしめた松太郎は、またしても無気力な相撲を繰り返すが……(第4話)。なお、松太郎の実弟・竹志が第7話にて久しぶりに登場。3年前に雷神部屋へ入門し、現在、幕下九枚目であることが描かれる。
  • のたり松太郎 27巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!

    ▼第1話/宴の始末▼第2話/逃避行!?▼第3話/ケーキとパチンコ▼第4話/松の恩返し?▼第5話/大金相撲▼第6話/松、里帰りす▼第7話/のたり見舞い▼番外編/コロ ●登場人物/坂口松太郎(四股名・荒駒、35歳。伊勢駒部屋の小結。憧れの南先生と結婚したものの、「のたり」な性格はあいかわらず)。田中清(四股名・駒田中、32歳。前頭。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)。西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)。伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)。阿久津五郎(四股名・駒ケ嶽、25歳。前頭。伊勢駒部屋のホープ)。辻(伊勢駒部屋の新弟子。松太郎の付け人)。南令子(元・中学校の教師。松太郎と結婚し、一児をもうける)。島田先生(松太郎の中学時代の恩師) ●あらすじ/アブク銭も底をつき、ようやく調子を持ち直してきた松太郎。本場所中日の息抜きは、伊勢駒部屋の面々がそろっておなじみ「樽久」(令子の叔父の店)へ。しかし「西尾のじいさん」が、松太郎の競馬の掛け金を「飲んで」しまったことから、なごやかな宴会は一転、荒れ模様になる(第1話)。▼松太郎の怒りが納まるまで、伊勢駒部屋の床山・青木の家へ身を寄せることにした「西尾のじいさん」。青木の家では、青木の妻・トシ子が子供の面倒をみるでもなく、はた目には自堕落な生活を送っていた。そこで西尾は、青木家の子供・三男(みつお)を散歩に連れて出ることに(第2話)。 ●本巻のハイライト/出だしでつまずいたものの、この東京場所をなんとか8勝7敗で勝ち越した松太郎。妻・令子の提案で、久しぶりに長崎へ里帰りすることに。しかし、そこで松太郎たちを待っていたのは、恩師・島田がガンで入院したという知らせだった……(第6話)。なお本巻には、1987年のビッグコミック4月25日号に掲載された番外編「コロ」が収録されている。
  • のたり松太郎 28巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!

    ▼第1話/地方巡業の夜▼第2話/“あちょお~っ”▼第3話/のたりのヤル気?▼第4話/給金相撲▼第5話/恩師の消息▼第6話/勝ち越しの後で▼第7話/松包囲網▼番外編/将棋 ●登場人物/坂口松太郎(四股名・荒駒、35歳。伊勢駒部屋の小結。憧れの南先生と結婚したものの、「のたり」な性格はあいかわらず)。田中清(四股名・駒田中、32歳。前頭。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)。西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)。伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)。阿久津五郎(四股名・駒ケ嶽、25歳。前頭。伊勢駒部屋のホープ)。辻(伊勢駒部屋の新弟子。松太郎の付け人)。南令子(元・中学校の教師。松太郎と結婚し、一児をもうける)。島田先生(松太郎の中学時代の恩師) ●あらすじ/来る本場所へむけての貴重な稽古場でもある「地方巡業」。しかし、懸賞金も付かない取り組みは、松太郎にとってはたんなるストレスの元でしかない。そこでウサ晴らしにと、付け人の辻をひきつれ、金もないのに街へと繰り出す松太郎。「5千円で飲み放題」という言葉につられて、なにやら怪しげなバーへ足を踏み入れるが……(第1話)。▼怪しげなバーの正体は、やはり地元でも悪名高いぼったくりの店だった! だが、よりにもよって松太郎に因縁をつけてしまうとは……。店の用心棒たちを相手に、テコンドー出身の辻がヤンチャぶりを発揮。松太郎と二人でバーをめちゃくちゃにしてしまう(第2話)。 ●本巻のハイライト/恩師・島田先生の入院を機に、いつになく本気で相撲に取り組む松太郎。目下11戦全勝の松太郎と並ぶのは、横綱・貴ノ華ただひとり。恩師のためにも、この場所を優勝で飾りたい松太郎だが、そうはさせじと双子山一門の力士たちは「反則も辞さず」の構えで、横綱の援護射撃に打って出る(第7話)。なお本巻には、1987年のビッグコミック1月10日号に掲載された番外編「将棋」が掲載されている。
  • のたり松太郎 29巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!

    ▼第1話/ゲンコと褌(まわし)▼第2話/決戦前夜▼第3話/勝負の朝▼第4話/秘策アリ▼第5話/松のバカ力(ぢから)▼第6話/軍配は…?▼第7話/松の骨折り損?▼番外編/帰郷 ●あらすじ/恩師・島田のために連勝街道を突っ走る松太郎。今日の対戦相手は横綱と同じ部屋の貴討力だ。前回の取り組みで、貴討力の張り手攻勢にたまりかねた松太郎はゲンコツで相手を殴ってしまい反則負けを喫している。そして今回も強力な張り手が怒涛のごとく松太郎に襲いかかり……(第1話)。▼貴討力との対戦を終えた松太郎は、いよいよ明日に迫った横綱・貴ノ華との対戦に備え、ビデオで横綱研究に余念が無い。しかし全くスキのない横綱の相撲に松太郎は感心するばかり。どう考えても横綱有利の状況の中、田中はたったひとつだけ松太郎にもチャンスがあると言う……(第2話)。
  • のたり松太郎 30巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!

    ▼第1話/怪我の結松▼第2話/将棋見舞▼第3話/川の流れのように▼第4話/チャンコの味▼第5話/オケラの二人▼第6話/清(キヨス)、交際発覚! ?▼第7話/ただいま休業中▼番外編/お見合い
    ●主な登場人物/坂口松太郎(四股名・荒駒。伊勢駒部屋の小結。憧れの南先生と結婚したものの、「のたり」な性格は相変わらず)、田中清(四股名・駒田中。伊勢駒部屋の前頭。普段は寡黙だが、酒が入ると別人に)、西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)、伊勢駒親方(元幕内九枚目。心配性な性格)、阿久津五郎(四股名・駒ヶ嶽。前頭。伊勢駒部屋のホープ)、辻(松太郎の付け人)、令子(松太郎の中学時代の先生。今は松太郎と結婚し一児をもうける)
    ●あらすじ/横綱・貴ノ華との大一番で骨折してしまったため、残りの2試合に出ることが出来ず、それまで全勝だったものの通算成績14勝1敗の貴ノ華に優勝をさらわれてしまった松太郎。入院した病院でも、やれ「優勝賞金をよこせ!」だ「メシがまずい!」などと傍若無人な振る舞いをみせる。そんなある日、やくざの幹部をしている阿久津のお兄さんが、お酒と“旨い料理”を持ってお見舞いにやって来た(第1話)。▼退院後、令子の実家で静養している松太郎。「たばこの量が多い」「お酒は控えて」と令子や令子の母親は口やかましいが、ギプスが取れない松太郎は、縁側で大人しく将棋を指すぐらいしか出来ない。今日も無理矢理清と辻を呼び寄せて、文句ばかりをつけながら将棋の相手をさせている…(第2話)。
    ●本巻の特徴/怪我とほとんど縁のなかった松太郎が久方ぶりの入院、退院後も“療養”という名目のもと、練習もせず西尾のじっちゃんとギャンブル&酒の日々を続ける。
    ●その他の登場キャラクター/松太郎の中学時代の恩師・島田先生(第3話)
    ●その他のデータ/ビッグコミック1989年11月10日号掲載の番外編「お見合い」収録
  • のたり松太郎 第1集1

  • のたり松太郎 第1集2

    価格:40pt/40円(税抜)

  • のたり松太郎 第1集3

    価格:40pt/40円(税抜)

  • のたり松太郎 第1集4

    価格:40pt/40円(税抜)

  • のたり松太郎 第1集5

    価格:40pt/40円(税抜)

  • のたり松太郎 第1集6

    価格:40pt/40円(税抜)

  • のたり松太郎 第1集7

    価格:40pt/40円(税抜)

  • のたり松太郎 第1集8

    価格:40pt/40円(税抜)

  • のたり松太郎 第1集9

    価格:40pt/40円(税抜)

  • のたり松太郎 第1集10

    価格:40pt/40円(税抜)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。