華中華 3巻

華中華 3巻
全19巻完結
作者
雑誌
価格
550pt/550円(税抜)

▼第1話/幽霊と食育▼第2話/幽霊と嫌がらせ▼第3話/幽霊と老婆の友情▼第4話/幽霊と寒がり屋▼第5話/幽霊と基本▼第6話/幽霊と若い味▼第7話/幽霊と味噌▼コラム/楊貴妃直伝!! 星の数ほど チャーハンレシピ物語●主な登場人物/中村華子(通称ハナちゃん。中華街の名店「満点大飯店」で働く見習い料理人。昼休みには「上海亭」でひそかに修業中)、楊貴妃(中国唐代の皇妃だが、幽霊となって現代まで旨いものを求め続けてきた…!?)●あらすじ/臨時で接客係をやることになった華子は、満点大飯店を訪れた小学生のなかに、浮かない顔をしている少年を見つける。航海の無事を願うという横浜媽祖廟の話を聞いた彼は、夜中に媽祖廟で必死に祈っていた。事情ありげでハラペコの少年に、華子が作ってあげたチャーハンとは…?(第1話)●本巻の特徴/満点大飯店オーナーの妻・富永奈可子が登場! 世界各国で経営を学んできたという彼女が、オーナーそっちのけで辣腕をふるう…!? 美味なる7皿、レシピも収録!!●その他の登場人物/上海亭夫婦(店主が鍋をふれなくなり、華子に厨房を貸している)、富永計太郎(満点大飯店の現オーナー。足もとを見ず、夢ばかり見ている?)、中村竹三郎(華子の寮の管理人だが、実は満点大飯店の前オーナーにして華子の大叔父)、富永奈可子(竹三郎の娘で、満点大飯店オーナー富永計太郎の妻。数年間に及ぶ世界旅行から帰国)、楊玉環(楊貴妃の血を引くという、上海の財閥のお嬢様)、陳(満点大飯店の料理長。腕は確かだが、富永に振り回されっぱなし)、吉田(満点大飯店のフロア長。風見鶏)

  • 華中華 1巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/熱烈娘と幽霊▼第2話/芋娘と幽霊▼第3話/幽霊と消えた鍋▼第4話/幽霊と親切娘▼第5話/幽霊と寂しん坊▼第6話/幽霊と姉妹愛▼第7話/幽霊と姑娘(クーニャン)▼巻末付録/楊貴妃直伝!! 星の数ほど チャーハンレシピ物語●主な登場人物/中村華子(通称ハナちゃん。中華街の名店「満点大飯店」で働く見習い料理人。世界一の料理人目指して修業中)、楊貴妃(中国唐代の皇妃だが、幽霊となって現代まで旨いものを求め続けてきた…!?)●あらすじ/親類がオーナーを務める横浜中華街の名店「満点大飯店」で働く見習い料理人・ハナちゃんこと中村華子。ある日、彼女が関帝廟を訪れたところ、楊貴妃と名乗る幽霊が現れた。ハナちゃんの手助けをすると言ってきた楊貴妃に手を引かれるままやってきたのは、「上海亭」という中華料理店で…(第1話)。●本巻の特徴/食いしん坊、世にはばかる!? 満腹志向歴1300年の楊貴妃&駆け出し熱烈娘が美味探求!! 読者の空腹を満たす、待望の第1集!!●その他の登場人物/富永(満点大飯店のオーナー。足もとを見ず、夢ばかり見ている?)、上海亭夫婦(店主が鍋をふれなくなり、華子に厨房を貸している)
  • 華中華 2巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/幽霊と火事場の馬鹿力▼第2話/お嬢様!?と幽霊▼第3話/幽霊と娘の欲望▼第4話/幽霊と秋の王様▼第5話/幽霊と黄金▼第6話/幽霊と大叔父さん▼第7話/幽霊と白猫▼コラム/楊貴妃直伝!! 星の数ほど チャーハンレシピ物語●主な登場人物/中村華子(通称ハナちゃん。中華街の名店「満点大飯店」で働く見習い料理人。世界一の料理人目指して修業中)、楊貴妃(中国唐代の皇妃だが、幽霊となって現代まで旨いものを求め続けてきた…!?)●あらすじ/乾燥する冬の横浜中華街で、改装間もない料理店が火事に遭ってしまった。気の毒に思い、店の片付けを手伝うことにしたハナちゃん。だがその頃、満点大飯店オーナー・富永が、落ち込む店主につけ込んで店を安く買い取ろうとしていた。食器も失ってしまった店を、すぐ営業できるようにする方法はないだろうか。このピンチを救うためにハナちゃんが考え出したチャーハンとは…!?(第1話)●本巻の特徴/熱烈駆け出し料理人・ハナちゃんは楊貴妃の幽霊に導かれ、修業に励む日々。休憩時間に厨房を借り、ひそかにチャーハンを作っている「上海亭」は、いつしかウワサの日替わりチャーハン専門店として人気を呼んで…!? 読めば必ずチャーハンが食べたくなる、待望の最新刊!! 魅惑の7皿をレシピ付きで収録!! ●その他の登場人物/富永(満点大飯店の現オーナー。足もとを見ず、夢ばかり見ている?)、楊玉環(楊貴妃の血を引くという、上海の財閥のお嬢様)、陳(満点大飯店の料理長。腕は確かだが、富永に振り回されっぱなし)、吉田(満点大飯店のフロア長。風見鶏)、中村竹三郎(華子の寮の管理人だが、実は満点大飯店の前オーナーにして華子の大叔父)、上海亭夫婦(店主が鍋をふれなくなり、華子に厨房を貸している)
  • 華中華 3巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/幽霊と食育▼第2話/幽霊と嫌がらせ▼第3話/幽霊と老婆の友情▼第4話/幽霊と寒がり屋▼第5話/幽霊と基本▼第6話/幽霊と若い味▼第7話/幽霊と味噌▼コラム/楊貴妃直伝!! 星の数ほど チャーハンレシピ物語●主な登場人物/中村華子(通称ハナちゃん。中華街の名店「満点大飯店」で働く見習い料理人。昼休みには「上海亭」でひそかに修業中)、楊貴妃(中国唐代の皇妃だが、幽霊となって現代まで旨いものを求め続けてきた…!?)●あらすじ/臨時で接客係をやることになった華子は、満点大飯店を訪れた小学生のなかに、浮かない顔をしている少年を見つける。航海の無事を願うという横浜媽祖廟の話を聞いた彼は、夜中に媽祖廟で必死に祈っていた。事情ありげでハラペコの少年に、華子が作ってあげたチャーハンとは…?(第1話)●本巻の特徴/満点大飯店オーナーの妻・富永奈可子が登場! 世界各国で経営を学んできたという彼女が、オーナーそっちのけで辣腕をふるう…!? 美味なる7皿、レシピも収録!!●その他の登場人物/上海亭夫婦(店主が鍋をふれなくなり、華子に厨房を貸している)、富永計太郎(満点大飯店の現オーナー。足もとを見ず、夢ばかり見ている?)、中村竹三郎(華子の寮の管理人だが、実は満点大飯店の前オーナーにして華子の大叔父)、富永奈可子(竹三郎の娘で、満点大飯店オーナー富永計太郎の妻。数年間に及ぶ世界旅行から帰国)、楊玉環(楊貴妃の血を引くという、上海の財閥のお嬢様)、陳(満点大飯店の料理長。腕は確かだが、富永に振り回されっぱなし)、吉田(満点大飯店のフロア長。風見鶏)
  • 華中華 4巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/幽霊と元気のない料理長▼第2話/幽霊と夜店▼第3話/幽霊と湘南名物▼第4話/幽霊と砂娘▼第5話/幽霊と苦い味▼第6話/幽霊と泣ける味▼第7話/幽霊と親思い娘▼コラム/楊貴妃直伝!! 星の数ほど チャーハンレシピ物語●主な登場人物/中村華子(通称ハナちゃん。中華街の名店「満点大飯店」で働く見習い料理人。昼休みには「上海亭」でひそかに修業中)、楊貴妃(中国唐代の皇妃だが、幽霊となって現代まで旨いものを求め続けてきた…!?)●あらすじ/マダム奈可子の処断により、新メニューを考案するまで減給にされてしまった陳料理長。もうすぐふたり目の子供が産まれるというのに、メニューのみならずお金のせいで悩んでしまっては…。気の毒に思った華子が、料理長のために考案したチャーハンとは…!?(第1話)●本巻の特徴/ハナちゃんが海の家でビーチバレー選手と出会う「湘南海岸編」を一挙収録。ハナちゃん考案の7皿、詳細レシピつき!!●その他の登場人物/上海亭夫婦(店主が鍋をふれなくなり、華子に厨房を貸している)、富永計太郎(満点大飯店の現オーナー。足もとを見ず、夢ばかり見ている?)、中村竹三郎(華子の寮の管理人だが、実は満点大飯店の前オーナーにして華子の大叔父)、富永奈可子(竹三郎の娘で、満点大飯店オーナー富永計太郎の妻。数年間に及ぶ世界旅行から帰国)、楊玉環(楊貴妃の血を引くという、上海の財閥のお嬢様)、陳(満点大飯店の料理長。腕は確かだが、富永に振り回されっぱなし)、吉田(満点大飯店のフロア長。風見鶏)
  • 華中華 5巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/幽霊と寝耳に水▼第2話/幽霊と大安吉日▼第3話/幽霊ときのこ狩り▼第4話/幽霊と置いてきぼり▼第5話/幽霊とクリスマス▼第6話/幽霊と正月の涙▼第7話/幽霊と成人の日▼レシピ/楊貴妃直伝!! 星の数ほど チャーハンレシピ物語●主な登場人物/中村華子(通称ハナちゃん。中華街の名店「満点大飯店」で働く見習い料理人。昼休みには「上海亭」でひそかに修業中)、楊貴妃(中国唐代の皇妃だが、幽霊となって現代まで旨いものを求め続けてきた…!?)●あらすじ/ずっと上海亭に野菜を納めていた、三浦半島の農家・斉藤さん。久々に上海亭を訪ねてみたところ、鍋をふっているのはハナちゃんだった。持ってきた野菜を使ってチャーハンを作ってくれたハナちゃんに、斉藤さんは…?(第1話)●本巻の特徴/料理一筋のハナちゃんに、見合い話が舞い込んで…!? 笑いと涙も加わったチャーハン7皿を、わかりやすいレシピつきでご紹介!!●その他の登場人物/上海亭夫婦(店主が鍋をふれなくなり、華子に厨房を貸している)、富永計太郎(満点大飯店の現オーナー。足もとを見ず、夢ばかり見ている?)、中村竹三郎(華子の寮の管理人だが、実は満点大飯店の前オーナーにして華子の大叔父)、富永奈可子(竹三郎の娘で、満点大飯店オーナー富永計太郎の妻。数年間に及ぶ世界旅行から帰国)、陳(満点大飯店の料理長。腕は確かだが、富永に振り回されっぱなし)、吉田(満点大飯店のフロア長。風見鶏)、斉藤康彦(三浦半島の農家の息子。お見合いをして以来、華子のことが忘れられず…)
  • 華中華 6巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/幽霊と春節▼第2話/幽霊と燃える◎▼第3話/幽霊とわかれ▼第4話/幽霊と春爛漫▼第5話/幽霊と弁当▼第6話/幽霊と吉報▼第7話/幽霊とパフォーマンス▼第8話/幽霊と初キス▼レシピ/楊貴妃直伝!! 星の数ほど チャーハンレシピ物語●主な登場人物/中村華子(通称ハナちゃん。中華街の名店「満点大飯店」で働く見習い料理人。昼休みには「上海亭」でひそかに修業中)、楊貴妃(中国唐代の皇妃だが、幽霊となって現代まで旨いものを求め続けてきた…!?)●あらすじ/旧暦の正月を祝う春節。横浜中華街が一年でもっとも賑わう時期だが、そこで働く華子たちは大忙し。そんななか、中華街の有名料理人だった王珍化という人物が上海亭を訪れ、「チャーハンなどという残飯で商売をするとは何事か」と怒りだしたという。その言葉を聞いた華子は…!?(第1話)●本巻の特徴/農家の息子・康彦がハナちゃんに熱烈プロポーズ!! どうするハナちゃん…!? 作中のチャーハンは、作り方を詳しくご紹介!!●その他の登場人物/上海亭夫婦(店主が鍋をふれなくなり、華子に厨房を貸している)、富永計太郎(満点大飯店の現オーナー。足もとを見ず、夢ばかり見ている?)、中村竹三郎(華子の寮の管理人だが、実は満点大飯店の前オーナーにして華子の大叔父)、富永奈可子(竹三郎の娘で、満点大飯店オーナー富永計太郎の妻。数年間に及ぶ世界旅行から帰国)、陳(満点大飯店の料理長。腕は確かだが、富永に振り回されっぱなし)、吉田(満点大飯店のフロア長。風見鶏)、斉藤康彦(三浦半島の農家の息子。お見合いをして以来、華子のことが忘れられず…)
  • 華中華 7巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/幽霊と不機嫌な姑▼第2話/幽霊と秘密▼第3話/幽霊と熱っちっち▼第4話/幽霊と婚約指輪▼第5話/幽霊と西瓜▼第6話/幽霊と台風の夜▼第7話/幽霊と目出鯛▼レシピ/楊貴妃直伝!! 星の数ほど チャーハンレシピ物語●主な登場人物/中村華子(通称ハナちゃん。中華街の名店「満点大飯店」で働く見習い料理人。昼休みには「上海亭」でひそかに修業中)、楊貴妃(中国唐代の皇妃だが、幽霊となって現代まで旨いものを求め続けてきた…!?)●あらすじ/結婚しても今までどおり中華街で働き、週末だけ三浦半島に帰るという“休日婚”を、康彦の両親に提案した華子。だが康彦の母親は猛反対し、気まずい雰囲気になってしまう。そこで華子がバッグから取りだしたのは…エプロン!?(第1話)●本巻の特徴/三浦半島の農家の息子・康彦との結婚を決意したハナちゃん。結婚式の会場は、なんと上海亭!! やっぱりチャーハンを作るのか…!? 作中のチャーハン6皿のレシピつき!!●その他の登場人物/上海亭夫婦(店主が鍋をふれなくなり、華子に厨房を貸している)、富永計太郎(満点大飯店の現オーナー。足もとを見ず、夢ばかり見ている?)、中村竹三郎(華子の寮の管理人だが、実は満点大飯店の前オーナーにして華子の大叔父)、富永奈可子(竹三郎の娘で、満点大飯店オーナー富永計太郎の妻。数年間に及ぶ世界旅行から帰国)、陳(満点大飯店の料理長。腕は確かだが、富永に振り回されっぱなし)、吉田(満点大飯店のフロア長。風見鶏)、斉藤康彦(三浦半島の農家の息子。華子と結婚する)
  • 華中華 8巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/幽霊と初めての夜▼第2話/幽霊と祝宴の結末▼第3話/幽霊と戻ってきた女▼第4話/幽霊とチャーハンの素▼第5話/幽霊と変なやつ▼第6話/幽霊と汚名▼第7話/幽霊とリベンジ▼第8話/幽霊と大根女房▼レシピ/楊貴妃直伝!! 星の数ほど チャーハンレシピ物語●主な登場人物/中村華子(通称ハナちゃん。中華街の名店「満点大飯店」で働く見習い料理人。昼休みには「上海亭」でひそかに修業中)、楊貴妃(中国唐代の皇妃だが、幽霊となって現代まで旨いものを求め続けてきた…!?)●あらすじ/無事に結婚式を終えたハナちゃんと康彦は新婚旅行へ。上海亭のはからいで用意されていたのは豪華な旅館の、露天風呂付きの部屋だった。新婚夫婦ふたりで過ごす初めての夜、そして朝。もしかしてハナちゃんは、そんな時でもチャーハンを…?(第1話)●本巻の特徴/康彦と結婚し、絶好調のハナちゃんの前に、謎の料理人・島野敏郎が登場。ちょっと怪しい風貌の島野は、実は凄腕の料理人。ハナちゃんのつくったチャーハンにダメ出しをしたことで、上海亭はピンチに…!?●その他の登場人物/上海亭夫婦(店主が鍋をふれなくなり、華子に厨房を貸している)、斉藤康彦(三浦半島の農家の息子。華子と結婚)、中村竹三郎(華子の寮の管理人だが、実は満点大飯店の前オーナーにして華子の大叔父)、富永計太郎(満点大飯店の現オーナー。足もとを見ず、夢ばかり見ている?)、富永奈可子(竹三郎の娘で、満点大飯店オーナー富永計太郎の妻。数年間に及ぶ世界旅行から帰国)、陳(満点大飯店の料理長。腕は確かだが、富永に振り回されっぱなし)、吉田(満点大飯店のフロア長。風見鶏)
  • 華中華 9巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/幽霊と影の料理人▼第2話/幽霊と大寒波▼第3話/幽霊と嫁自慢▼第4話/幽霊とテレビ▼第5話/幽霊と沢庵▼第6話/幽霊と夜の訪問者▼第7話/幽霊と家庭の味▼第8話/幽霊と海辺の休日▼レシピ/楊貴妃直伝!! 星の数ほど チャーハンレシピ物語 ●主な登場人物/中村華子(通称ハナちゃん。中華街の名店「満点大飯店」で働く見習い料理人。昼休みには「上海亭」でひそかに修業中)、楊貴妃(中国唐代の皇妃だが、幽霊となって現代まで旨いものを求め続けてきた…!?) ●あらすじ/日替わりチャーハンで評判の上海亭も、300円という価格で毎日続けるわけにはいかない。とはいえ、通常価格の500円だった今日は、300円チャーハンを期待して来店した少年客をがっかりさせてしまっていた。そんな上海亭が気になる凄腕料理人・島野は、“影の料理人”の存在を暴こうと、その少年客を利用して、チャーハンのリクエストをする。そのレシピと作戦とは…?(第1話) ●本巻の特徴/経済不況で中華街があえぐ中、300円チャーハンが大人気の上海亭。魚肉ソーセージに軟骨、苺まで……ハナちゃんの超絶アイディアが冴える!! ●その他の登場人物/上海亭夫婦(店主が鍋をふれなくなり、華子に厨房を貸している)、斉藤康彦(三浦半島の農家の息子。華子と結婚)、中村竹三郎(華子の寮の管理人だが、実は満点大飯店の前オーナーにして華子の大叔父)、島野敏郎(数々の一流店を経て満点大飯店にやって来た凄腕の料理人)、富永計太郎(満点大飯店の現オーナー。足もとを見ず、夢ばかり見ている?)、富永奈可子(竹三郎の娘で、満点大飯店オーナー富永計太郎の妻。数年間に及ぶ世界旅行から帰国)、陳(満点大飯店の料理長。腕は確かだが、富永に振り回されっぱなし)、吉田(満点大飯店のフロア長。風見鶏)
  • 華中華 10巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/幽霊とCM▼第2話/幽霊と誤解▼第3話/幽霊とお手伝いさん▼第4話/幽霊と客の心▼第5話/幽霊と大叔父の笑顔▼第6話/幽霊と老夫婦の夏休み▼第7話/幽霊と羨ましい料理▼第8話/幽霊と知らぬが仏▼レシピ/楊貴妃直伝!! 星の数ほど チャーハンレシピ物語 ●主な登場人物/中村華子(通称ハナちゃん。中華街の名店「満点大飯店」で働く見習い料理人。昼休みには「上海亭」でひそかに修業中)、楊貴妃(中国唐代の皇妃だが、幽霊となって現代まで旨いものを求め続けてきた…!?) ●あらすじ/ひょんなことから、ハナちゃんが出演してしまったテレビCMが話題になっている。彼女の実家でも、康彦の家でも、そして横浜中華街でも…。噂を聞きつけたオーナー夫妻に呼び出されたハナちゃんは…?(第1話) ●本巻の特徴/ハナちゃんが新作チャーハン作りに勤しむ上海亭に、満点大飯店のオーナー夫妻がやってきた。ハナちゃんの秘密がバレちゃう!? そして彼らの目的とは…!? ●その他の登場人物/上海亭夫婦(店主が鍋をふれなくなり、華子に厨房を貸している)、斉藤康彦(三浦半島の農家の息子。華子と結婚)、中村竹三郎(華子の寮の管理人だが、実は満点大飯店の前オーナーにして華子の大叔父)、島野敏郎(数々の一流店を経て満点大飯店にやって来た凄腕の料理人)、富永計太郎(満点大飯店の現オーナー。足もとを見ず、夢ばかり見ている?)、富永奈可子(竹三郎の娘で、満点大飯店オーナー富永計太郎の妻。数年間に及ぶ世界旅行から帰国)、陳(満点大飯店の料理長。腕は確かだが、富永に振り回されっぱなし)、吉田(満点大飯店のフロア長。風見鶏)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。