バッテリー 1巻

バッテリー 1巻

価格:550pt/550円(税抜)

▼第1話/ドラフト▼第2話/紅白戦▼第3話/海部一樹、デビュー戦▼第4話/武藤洋介の意地▼第5話/初対決▼第6話/五輪プロ派遣選手▼第7話/プロとアマ●主な登場人物/海部一樹(国分寺南高校から小倉メッツに入団した豪腕投手。自分の投げる試合では1点も与えないと大胆な宣言をし、それを実行している)、武藤洋介(高校時代の海部の女房役。強肩、好打、そのうえインサイドワークにも優れた、優秀なキャッチャー。東京イーグルスに入団し、海部と対戦する)●あらすじ/夏の甲子園大会、決勝戦。西東京代表の国分寺南高校は9回裏に逆転サヨナラ負けを喫したものの、春のセンバツ優勝に続き、夏も準優勝という成績を収めた。その原動力になったのが、海部一樹と武藤洋介という超高校級のバッテリーだ。ドラフトを前にし、二人のもとに名門・東京イーグルスのスカウトがやって来た。イーグルスが憧れの球団の武藤は即決したが、海部は自分の力で弱いチームを優勝させたいと、毎年Bクラスの弱小チーム・小倉メッツを希望する(第1話)。●本巻の特徴/両者の希望通り、海部はメッツに、武藤はイーグルスに入団。海部は入団早々「自分が投げる試合では自責点は1点も与えない」という、とてつもない宣言をした。そしてその言葉通り、最速160Kmの豪速球を武器に、初登板以来無傷の15連勝、131イニング連続無失点というとてつもないピッチングを続ける。一方武藤はプロの高いレベルに戸惑い、最初は2軍からのスタート。試行錯誤を繰り返しながら徐々に力をつけて1軍に昇格し、海部との初対決を迎える。その後二人はオリンピック日本代表チームに派遣され、再び同じユニホームを着ることに…。かわぐちかいじとしては珍しい野球コミックの第1集。●その他の登場人物/梅宮和彦(イーグルスの4番を打つ怪物バッター)、藤巻(イーグルス2軍のベテラン捕手)、飯塚(神宮アルバトロスの選手。2軍の盗塁王)、ブレッド・ウォーカー Jr.(神戸マリナーズの強打者。オールスターで打ち取られた海部とオリンピックで対決するため、マリナーズを退団し、アメリカ・ナショナルチームへ)、穴巻(オリンピック日本代表チームの主将。ポジションは捕手)

  • バッテリー 第1集1
  • バッテリー 第1集2
    価格:40pt/40円(税抜)
  • バッテリー 第1集3
    価格:40pt/40円(税抜)
  • バッテリー 第1集4
    価格:40pt/40円(税抜)
  • バッテリー 第1集5
    価格:40pt/40円(税抜)
  • バッテリー 第1集6
    価格:40pt/40円(税抜)
  • バッテリー 第1集7
    価格:40pt/40円(税抜)
  • バッテリー 第1集8
    価格:40pt/40円(税抜)
  • バッテリー 第1集9
    価格:40pt/40円(税抜)
  • バッテリー 第1集10
    価格:40pt/40円(税抜)

この作品を見た人はコチラも見ています

作品メニュー

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスが未登録の場合はこちらから設定をおこないます。

コミックを探す