公務員、中田忍の悪徳 3

公務員、中田忍の悪徳 3
ポイント還元 ラノベ
作者
雑誌
価格
730pt/803円(税込)

初回購入特典 365pt還元

俺は二人目の異世界エルフを見殺しにする。

年の瀬も押し迫るころ――。
壁、電柱、道路、市内のそこここに魔法陣のような謎の紋様が落書きされる奇妙な事件が頻発していた。
そしてその落書きは、アリエルが忍たちに描いてみせた紋様と酷似していた。
SNSによって伝播していく魔法陣の画像の出現時期と、アリエルの来訪時期がほぼ一致することから、忍たちは“二人目の異世界エルフ”の存在を推測。
だが、我らが中田忍は、

「俺は、二人目の異世界エルフを保護するつもりはない」

と、二人目の異世界エルフを見殺しにすることを宣言する。
自分たちがこの件に深入りし目立った行動を起こすことで、アリエルの存在までもが脅かされる可能性を危惧したのだが……。

――12月30日。
落書き騒動がついに全国ニュースへ取り上げられてしまったため、行政の手抜きを糾弾されないよう、市長の一声で区民の防犯パトロールに区役所職員も参加することになる。
私人でなく公務員として“魔法陣事件”に干渉する権利を得た忍は、真相を探るべく動き始める。

“二人目の異世界エルフ”が巻き起こす、新たな騒動。激情と勝負の第三幕!

※「ガ報」付き!
※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

初回購入限定! 50%ポイント還元

  • 公務員、中田忍の悪徳
    ポイント還元 ラノベ

    価格:660pt/726円(税込)

    未知との遭遇ーー地方公務員×異世界エルフ。

    区役所福祉生活課支援第一係長、中田忍(32歳独身)。
    トレードマークは仏頂面、責任感が強く冷酷で誠実、他人に厳しいが、自分自身にはもっと厳しい男である。
    無感動、無愛想、無慈悲の三拍子揃った生き様は、他の職員に“魔王” “爬虫類” “機械生命体“などと評され陰口を叩かれているが、忍はどこ吹く風であった。

    ある日の深夜。
    仕事から帰宅した忍は、リビングに横たわるエルフの少女を発見した。
    濡れタオルで鼻と口を押さえつつ、知恵の歯車を回し始める忍。
    仕方あるまい。
    忍は、地球の危機を悟ったのだ。

    異世界からの来訪者と遭遇した際、まず警戒すべきは“異世界の常在菌”である。
    仮に異世界エルフの常在菌が、人類絶滅系の毒素を放出していた場合、焼却処理では間に合わない。ダイオキシンの如く、半端な焼却処理が土壌を侵し、その灰が風に乗り雲になり、毒の雨となって大地に降り注ぐ可能性も否めないのだ。
    ならばエルフを即座に、極低温で凍結し、最善で宇宙、あるいは南極、最悪でも知床岬からオホーツクの海底へ廃棄するしかない。

    必死に足掻く忍の前で、エルフの両瞼がゆっくりと開きーー

    第15回小学館ライトノベル大賞優秀賞を受賞した、紛うことなき問題作。

    ※「ガ報」付き!

    ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。
  • 公務員、中田忍の悪徳 2
    ポイント還元 ラノベ

    価格:690pt/759円(税込)

    異世界エルフとの衝撃の邂逅からその先へ。

     区役所福祉生活課支援第一係長中田忍は、ある一つの悪徳を犯している。
     穏和な生態と柔和な笑顔がかわいい、言葉の通じぬ異世界エルフ“アリエル”を秘密裏に保護し、生かし続けていることだ。




    「オカエリナサイ、シノブ!」

     アリエルと過ごす、慎ましくも穏やかな日々は、むしろ忍の罪悪感を苛み。

    「変わらないでください。忍センパイ」

    「僕は忍に、変わって欲しいと思う」


     支えてくれる理解者たちは、それぞれの思惑から、忍の信義を惑わせる。

     折しも季節は冬、十二月。

     クリスマスの足音が、アクアリウムの外側へ響き始めている。

     そんなある日、区役所福祉生活課支援第一係を訪れた、謎の幼女。

    「はじめまして、ぱぱ!!」

     元気いっぱいに抱き付いてきた見知らぬ幼女を、忍は迷わず警察へ突き出すが――


     衝撃の邂逅からその先へ、コメディ? シリアス? よもや……ラブ? 分類不能の話題作、待望の第二幕!

    ※「ガ報」付き!

    ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。
  • 公務員、中田忍の悪徳 3
    ポイント還元 ラノベ

    価格:730pt/803円(税込)

    俺は二人目の異世界エルフを見殺しにする。

    年の瀬も押し迫るころ――。
    壁、電柱、道路、市内のそこここに魔法陣のような謎の紋様が落書きされる奇妙な事件が頻発していた。
    そしてその落書きは、アリエルが忍たちに描いてみせた紋様と酷似していた。
    SNSによって伝播していく魔法陣の画像の出現時期と、アリエルの来訪時期がほぼ一致することから、忍たちは“二人目の異世界エルフ”の存在を推測。
    だが、我らが中田忍は、

    「俺は、二人目の異世界エルフを保護するつもりはない」

    と、二人目の異世界エルフを見殺しにすることを宣言する。
    自分たちがこの件に深入りし目立った行動を起こすことで、アリエルの存在までもが脅かされる可能性を危惧したのだが……。

    ――12月30日。
    落書き騒動がついに全国ニュースへ取り上げられてしまったため、行政の手抜きを糾弾されないよう、市長の一声で区民の防犯パトロールに区役所職員も参加することになる。
    私人でなく公務員として“魔法陣事件”に干渉する権利を得た忍は、真相を探るべく動き始める。

    “二人目の異世界エルフ”が巻き起こす、新たな騒動。激情と勝負の第三幕!

    ※「ガ報」付き!
    ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。