オデッセイ 1巻

オデッセイ 1巻
全3巻完結
作者
雑誌
価格
550pt/550円(税抜)

●登場人物/新美(かつてオデッセイの主要メンバーだった元・警察官僚)、石津充明(防衛庁国際担当参事官。オデッセイの中心メンバー)、猪狩(“オデッセイ”を調査する警察庁公安部長) ●あらすじ/ある日、航空自衛隊のF−15戦闘機が原因不明の墜落事故を起こす。搭乗していたパイロットの香川良彦三佐は、実は警察庁公安局の協力者で、防衛庁の石津を始めとする若手官僚達が秘かに進めている計画を調査していたところだった。それは“ODYSSEY(オデッセイ)”というコードネームで呼ばれる計画で、21世紀の日本のあるべき姿、進むべき道を想定して考えられた国家のシナリオである。今は一人の民間人として暮らす新美も、この計画の作成に関わっていた元・警察官僚だった。しかし、次第にその方向性に疑問を感じ計画から離れていった経緯があった。新美は、今回の自衛隊機の墜落事故と“ODYSSEY”との関係を、かつての盟友・石津に問いただしに会いに行く。そこで、石津から驚くべき事実を知らされる………(第1話) ●本巻の特徴/戦後50年。平和に馴れ、国際関係の微妙な均衡の危うさにも気付かない日本と日本人。 ●その他の登場キャラクター/里子(新美の妻)(第1話)、稲垣(大蔵官僚で“ODYSSEY”のメンバー)(第1話)、背尾(外務官僚で“ODYSSEY”のメンバー)(第1話)、有馬(通産官僚で“ODYSSEY”のメンバー)(第1話)、中道三佐(自衛隊内の石津の腹心)(第1話)、神保(新美の親友)(第2話)、加倉(第三世界で荒稼ぎをしているブローカー)(第3話)、ウィリアム・クランプ(アメリカ合衆国大統領)(第5話)、島松悟一(首相)(第5話)、ファウロ(加倉の恋人)(第6話)、スレンジャー教授(クランプ大統領の大学時代の恩師)(第6話)、マヤカ大佐(西アフリカの国・バナンガの反政府ゲリラの指導者)(第9話)(第話)(第話) ●その他のデータ/世界情勢キーワード〜PKO(第1話)、ODA(第3話)、戦後補償(第7話)、中華人民共和国・中国(第8話)、韓国(第7話)ASEAN(第8話)

  • オデッセイ 1巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ●登場人物/新美(かつてオデッセイの主要メンバーだった元・警察官僚)、石津充明(防衛庁国際担当参事官。オデッセイの中心メンバー)、猪狩(“オデッセイ”を調査する警察庁公安部長) ●あらすじ/ある日、航空自衛隊のF−15戦闘機が原因不明の墜落事故を起こす。搭乗していたパイロットの香川良彦三佐は、実は警察庁公安局の協力者で、防衛庁の石津を始めとする若手官僚達が秘かに進めている計画を調査していたところだった。それは“ODYSSEY(オデッセイ)”というコードネームで呼ばれる計画で、21世紀の日本のあるべき姿、進むべき道を想定して考えられた国家のシナリオである。今は一人の民間人として暮らす新美も、この計画の作成に関わっていた元・警察官僚だった。しかし、次第にその方向性に疑問を感じ計画から離れていった経緯があった。新美は、今回の自衛隊機の墜落事故と“ODYSSEY”との関係を、かつての盟友・石津に問いただしに会いに行く。そこで、石津から驚くべき事実を知らされる………(第1話) ●本巻の特徴/戦後50年。平和に馴れ、国際関係の微妙な均衡の危うさにも気付かない日本と日本人。 ●その他の登場キャラクター/里子(新美の妻)(第1話)、稲垣(大蔵官僚で“ODYSSEY”のメンバー)(第1話)、背尾(外務官僚で“ODYSSEY”のメンバー)(第1話)、有馬(通産官僚で“ODYSSEY”のメンバー)(第1話)、中道三佐(自衛隊内の石津の腹心)(第1話)、神保(新美の親友)(第2話)、加倉(第三世界で荒稼ぎをしているブローカー)(第3話)、ウィリアム・クランプ(アメリカ合衆国大統領)(第5話)、島松悟一(首相)(第5話)、ファウロ(加倉の恋人)(第6話)、スレンジャー教授(クランプ大統領の大学時代の恩師)(第6話)、マヤカ大佐(西アフリカの国・バナンガの反政府ゲリラの指導者)(第9話)(第話)(第話) ●その他のデータ/世界情勢キーワード〜PKO(第1話)、ODA(第3話)、戦後補償(第7話)、中華人民共和国・中国(第8話)、韓国(第7話)ASEAN(第8話)
  • オデッセイ 2巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/解答▼第2話/生き物▼第3話/背後▼第4話/理▼第5話/先手▼第6話/崩壊▼第7話/愚かな王▼第8話/銃弾▼第9話/替わり ●登場人物/新美(かつてオデッセイの主要メンバーだった元・警察官僚)、石津充明(防衛庁国際担当参事官。オデッセイの中心メンバー) ●あらすじ/PKO活動のため西アフリカの小国・バナンガへ派遣されていた自衛隊が帰国し島松首相臨席のもと、観閲式が世論の激しい非難のなかで行なわれた。非難は、派遣先で自衛隊が武力を行使したことが原因だった。しかし、ロケットや戦車で装備された自衛隊の“力”によって、バナンガの反政府ゲリラの人質になっていた国連軍兵士を救出できたことも事実。この“実績”が、違憲であるはずの自衛隊の海外武力行使に対する論議を複雑にしていた。実は、これら自衛隊の一連の行動は石津らが描く“ODYSSEY(オデッセイ)”のシナリオの序章であった。そんな折、日本の動きを牽制するように、中国で地下核実験が行なわれた!(第1話) ●本巻の特徴/日本とアジア諸国との微妙な関係、中・米二大国の政策やアメリカの利益団体の思惑などで、21世紀の日本の国家的シナリオである“ODYSSEY(オデッセイ)”が変質していく過程がダイナミックに描かれる。 ●その他の登場キャラクター/ウォルター・シュミット会長(MIU・全米軍事産業界会長)(第3話)、リチャード・エリス副会長(MIU・全米軍事産業界副会長)(第3話)、倉重大観(日本の大物政商)(第4話)、川端代議士(タカ派で知られる元総理)(第4話)、グール(シュミット会長子飼いのヒットマン)(第5話) ●その他のデータ/天安門事件(第2話)、MIU/Military Industry Union(全米軍事産連合会)(第3話)
  • オデッセイ 3巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/決断▼第2話/干渉▼第3話/200ドル▼第4話/火種▼第5話/変革▼第6話/正論▼第7話/切札▼第8話/現実▼第9話/未来 ●登場人物/新美(かつてオデッセイの主要メンバーだった元・警察官僚)、石津充明(防衛庁国際担当参事官。オデッセイの中心メンバー) ●あらすじ/アメリカの政界に絶大な影響力を持つMIU(Military Industry Union=全米軍事産連合会)の会長、シュミットは、巨大な武器市場となる可能性がある中国への武器輸出を計画。そのためには、アメリカと中国とのより緊密な国交関係が必要なため、クランプ大統領に訪中するよう圧力をかける。しかし、これ以上、中国の軍事力が増強されれば、周辺のアジア諸国との緊張関係が高まることは必至。そこで、中国の超大国化を牽制するためにクランプ大統領は“もうひとつの中国”である台湾を訪れる。そこには、戦後補償問題で訪台中だった島松首相が待っていた。この意表を衝いたシナリオは“ODYSSEY(オデッセイ)”の中心人物・石津が書いたシナリオだったのだ。この日米両首脳会談の三日後、中国から台湾に向けて一発のミサイルが発射された!(第1話) ●本巻の特徴/「陰謀」「暗殺」「裏切り」………日・米・中それぞれの国が抱える政治的、経済的な状況に影響され、“ODYSSEY”のシナリオも変容を余儀なくされる。困難な状況に立たされた男達がそれぞれの理想に向かって全力を尽くす姿が描かれる。 ●その他の登場キャラクター/村椿代議士(元・首相の川端代議士の懐刀)(第5話)、ロバート・ライス駐日大使(第6話) ●その他のデータ/日米安保条約(第6話)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。