100億の男 1巻

100億の男 1巻
全12巻完結 ポイント還元
作者
雑誌
価格
550pt/550円(税抜)

初回購入特典 275pt還元

俺の人生・・・、100億で買ってください!平凡なサラリーマンであった富沢琢矢は母親の借金の保証人になったために100億の借金を背負う。100億の価値を持つ男となるべく、自身の人生を久我山天善に売るが…。大金と美女を手に入れてがけっぷちから這い上がれ!テレビドラマ化もされた人気作が登場。

初回購入限定! 50%ポイント還元

  • 100億の男 11巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/アジア食糧サミット▼第2話/それぞれの転機▼第3話/裏取り引き▼第4話/琢矢の秘策▼第5話/父娘の絆▼第6話/強行手段▼第7話/決別▼第8話/サミット開幕!▼第9話/誤算▼第10話/楊(ヤン)の覚悟▼第11話/驚愕(きょうがく) ●登場人物/富沢琢矢(打倒久我山天善を目指す若手実業家)、久我山天善(久我山グループ会長。財界の大物)、久我山沙貴(天善の娘。アメリカで失踪するが、香港でビジネスを成功させる)、楊美娟(中国人実力者。琢矢の婚約者) ●あらすじ/バイオの大麦の種を持ち香港へ渡った琢矢は、そこで沙貴や楊と再会する。これを使ってビジネスをしようとしている沙貴は、琢矢や楊から種を取り戻そうと、彼らをひき殺そうとした。幸いにも農士光党のメンバーに助けられ張のアジトに連れられた琢矢は、バイオの種を天善も狙っていることを知る(第1話)。▼楊が所属する中国の民主化運動組織「農士光党」のメンバー、張は、楊と琢矢の関係を快く思っておらず、楊への想いを募らせていた。そんな張に楊は、琢矢とビジネスの道を歩むと別れを切り出した。アジトを去ることを勧める楊に、沙貴はバイオの種を手に入れるとアジトに残った(第2話)。 ●本巻の特徴/第11巻では、バイオの種を巡る争いを中心に描いている。バイオの種を穀物メジャーに売り付けることを考えた琢矢は、偽情報を流し、20億ドルを手に入れた。一方、琢矢らと組んでビジネスをすることにした沙貴は、久我山天善と縁を切った。 ●その他の登場キャラクター/張(第1〜3話)、肖(第4、10、11話)
  • 100億の男 12巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/因縁▼第2話/精算▼第3話/和美▼第4話/横領▼第5話/不正融資▼第6話/住和のからくり▼第7話/取りつけ騒ぎ▼第8話/新頭取▼第9話/未来への投資▼第10話/人生の価値▼第11話/未来を買った男 ●登場人物/富沢琢矢(打倒久我山天善を目指す若手実業家)、久我山天善(久我山グループ会長。財界の大物)、久我山沙貴(天善の娘。アメリカで失踪するが、香港でビジネスを成功させる)、楊美娟(中国人実力者。琢矢の婚約者) ●あらすじ/沙貴が天善と手を切り、バイオの種を手に入れたことを知った琢矢は、全面的に沙貴を信じていなかったことを侘びた。一方、楊は沙貴が実は琢矢のことを愛していることを察知し、このことを沙貴に問い詰めた。沙貴は、かつての琢矢の婚約者、和美を死へ導き、琢矢に犯されたという事実を語った(第1話)。▼何気なくテレビを見ていた琢矢。そこには死んだはずの和美ニュースの街頭インタビューに和美の姿があった。驚きと共に、自分のせいで和美の人生を狂わせてしまったことを悔やみ、涙する琢矢。そんな琢矢の姿を見た楊は、過去の精算をするためにも、一度帰国することを勧めた(第2話)。 ●本巻の特徴/和美との過去を精算した琢矢は、和美が勤務する住和銀行の1000億にものぼる不正融資の隠蔽を知る。琢矢は、住和の不良債券を700億で買い、頭取に就任した。そして日本のビジネス界を変えるという強い意志のもと、天善が絡む不正を暴くために動きだした。 ●その他の登場キャラクター/広瀬和美(第1〜6、8話)、ショーケン(第3〜7、10、11話)、りさ子(第4話)、美村奈緒子(第5、6、8、10話)、野沢悦郎(第4〜8、9話)、前島マリエ(第6、10話)、真鍋(第10話)、森下圭(第10話)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。