いぬまみれ

デジタル最新号

  • いぬまみれ Vol.5

    いぬまみれ編集部

    デジタル版でしか読めない「いぬ」をテーマにした全編描き下ろしコミックマガジン『いぬまみれ』。5号目は実在した福島からの被災犬アランをめぐる飼い主さんと被災犬受け入れファミリーとの不思議な絆を描いた連載作、いよいよ最終回!そしてTwitterを中心に人気沸騰中の若手漫画家・吉谷光平氏の自身初のストーリー漫画連載『さくらンボ』を一挙2話掲載!このほか愛犬家として知られている国樹由香氏、麻乃真純氏、今井康絵氏のシリーズ連載や、エッセイ劇場でお馴染みの水谷緑氏の創作コメディ『ワンジェーシー』など盛りだくさんのラインナップ。集え、犬バカの犬バカによる犬バカのための描き下ろしコミックマガジン『いぬまみれ』5号!!

いぬまみれのタイトル 5 件

  • アラン 〜いつか帰る日を夢見て〜 完結

    あやせりう

    彼の名前はアラン。2011年の震災で、飼い主さんと一緒に住むことが許されず被災犬として受け入れ先を探していた11歳のラブラドールレトリバー。ずっと一緒に暮らしていた飼い主さんの元を離れ、本当に彼は東京暮らしができるのか?先住猫たちと仲良くできるのか?この先、再び飼い主さんのところへ戻れるのか?受け入れ側の不安はいっぱい、そしてアランも不安いっぱい。アランの運命はいかに?

  • 犬と一緒に乗る舟 完結

    国樹由香

    おかあさん、なんで泣いてるの?泣かないで。いい子にするから、泣かないで。ここは寒いよぅ。でもいい子にしてたら、きっとお迎えに来て、またおかあさんが撫でてくれる。私の名前を呼びながら。雪降る夜にシェルターの前に置き去りにされたワンコ。サンタと名付けられたものの笑うことを忘れてしまったワンコ。再び、優しい家族に巡り会える日を夢見ていたが……。自身も身寄りのないワンコを引き取り育てる国樹由香が描く「命」の重さを問う新連載。

  • いぬまみれ

    いぬまみれ編集部

    〜いつでも、どこでも、デジタルで〜をキーワードにテーマ別描き下ろしコミック雑誌「いぬまみれ」では「犬」にまつわる7編の描き下ろしストーリーを1冊にまとめて配信。捨てられたワンコ、タレント犬、被災犬、老犬介護、ペットロス、うちの子自慢など犬バカを称する作家たちが同じ犬バカ読者のために描き下ろした犬への愛にまみれた「犬バカの犬バカによる犬バカのための」1冊です!

  • オルガとこじらせ親父 完結

    小野寺浩二

    とある事情筋によると、漫画家・小野寺浩二の父君が極度のペットロスに陥ったという。小野寺氏の妹夫婦が飼っていたヨークシャーテリア「オルガ」、妹夫妻の海外転勤により快く「オルガ」との同居を引き受けた父君であったが、やがて妹家族が帰国することになり……「オルガ」との別れを受け入れられない父君、ドラマはこのあと急転直下!幾度となく訪れる「オルガ」との別れの危機、そしてオルガロスをどう乗り越えていくのか?これは実話に基づく小野寺浩二渾身の愛犬と家族再生の物語!

  • かっちゃく 完結

    ひきの真二

    振り返れば人生のどこかに「犬」がいた。「犬」を取り巻く環境は時代と共に変化してはいったが、変わらないものがある。「犬を飼う」ということは、犬を「家族の一員として暮らす」ということ。漫画家・ひきの真二が20年もの間、ともに暮らした相棒「かっちゃく」の一生を通して、その苦楽とともに愛すべきかっちゃくへ、今、鎮魂と感謝を込めて贈る成長と介護の日々を綴る。