おかみさん 1巻

おかみさん 1巻
全17巻完結
作者
雑誌
価格
550pt/550円(税抜)

▼第1話/春日部屋▼第2話/男の価値▼第3話/チャンコ▼第4話/青春▼第5話/おじいちゃん▼第6話/四股名▼第7話/故郷▼第8話/母▼第9話/留守番▼第10話/関取 ●登場人物/山咲はつ子(新興相撲部屋「春日部屋」のわかおかみ。ちょっと不器用で失敗も多いけれど、力士への愛情と思いやりは人一倍ある)、山崎一雄(元人気力士、山風。現在は引退し、「春日部屋」の親方である) ●あらすじ/甘い新婚生活も束の間、人気力士だった夫の引退で、新興相撲部屋「春日部屋」の新米おかみとなった山咲はつ子、20歳。朝寝坊はするし、チャンコも上手く作れない。前途多難だけれど、やる気だけは充分なはつ子なのでした…(第1話)。▼はつ子は短大の同窓会で、かつての恋人、石川と再会。車もお金もあって、おシャレな石川は、デブでダサい相撲取りを馬鹿にする。が、はつ子は、心配して迎えに来てくれた桜丸の背中で本当の“男の価値”がわかるのだった(第2話)。▼力士にとって食べることは大事な仕事。しかし、はつ子はケチャップ味のすき焼きや、アボガド入りの味噌煮込みうどんなど、不気味なチャンコを作ってしまう(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/石川(第2話)、夏木花嵐)(第4、6、10話)、高田(逆波)(第5話)、咸臨丸(第7、8話)

  • おかみさん 1巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/春日部屋▼第2話/男の価値▼第3話/チャンコ▼第4話/青春▼第5話/おじいちゃん▼第6話/四股名▼第7話/故郷▼第8話/母▼第9話/留守番▼第10話/関取 ●登場人物/山咲はつ子(新興相撲部屋「春日部屋」のわかおかみ。ちょっと不器用で失敗も多いけれど、力士への愛情と思いやりは人一倍ある)、山崎一雄(元人気力士、山風。現在は引退し、「春日部屋」の親方である) ●あらすじ/甘い新婚生活も束の間、人気力士だった夫の引退で、新興相撲部屋「春日部屋」の新米おかみとなった山咲はつ子、20歳。朝寝坊はするし、チャンコも上手く作れない。前途多難だけれど、やる気だけは充分なはつ子なのでした…(第1話)。▼はつ子は短大の同窓会で、かつての恋人、石川と再会。車もお金もあって、おシャレな石川は、デブでダサい相撲取りを馬鹿にする。が、はつ子は、心配して迎えに来てくれた桜丸の背中で本当の“男の価値”がわかるのだった(第2話)。▼力士にとって食べることは大事な仕事。しかし、はつ子はケチャップ味のすき焼きや、アボガド入りの味噌煮込みうどんなど、不気味なチャンコを作ってしまう(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/石川(第2話)、夏木花嵐)(第4、6、10話)、高田(逆波)(第5話)、咸臨丸(第7、8話)
  • おかみさん 2巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/ミスター床丸▼第2話/十七歳▼第3話/旅立ち▼第4話/花火▼第5話/カレーライス(前編)▼第6話/カレーライス(後編)▼第7話/決心▼第8話/求婚▼第9話/ファンレター▼第10話/返信▼第11話/カマボコ ●登場人物/山咲はつ子(新興相撲部屋「春日部屋」のわかおかみ。ちょっと不器用で失敗も多いけれど、力士への愛情と思いやりは人一倍ある)、山崎一雄(元人気力士、山風。現在は引退し、「春日部屋」の親方である) ●あらすじ/逆波は、十両昇進を果たした花嵐関の付け人になった。が、花嵐の逆波に対する態度はとても厳しい。「相撲は実力の世界。くやしかったら強くなること」という床丸さんの一言で、逆波の猛練習が始まる(第1話)。▼桜丸をいじめていた不良3人組が「春日部屋」を訪ねてきた。彼らは「相撲取りになるんだ」という夢を追い続ける桜丸を馬鹿にする。そんな彼らにはつ子は、「あんたたちに桜丸を笑えるの!」と怒鳴り付けるのだ(第2話)。▼父が亡くなり家業の酒屋を継ぐことになったため、引退することになった真弓。はつ子が立派な断髪式をあげようと準備している中、真弓は勝手に髪を切ってしまう(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/花嵐、床丸さん(第1話)、逆波(第9、10話)、桜丸(第2話)、真弓(第3話)、佐藤敏雄、大竹(第11話)
  • おかみさん 3巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/プライド▼第2話/チョンマゲ▼第3話/声援▼第4話/ライバル▼第5話/由利香▼第6話/初日前夜▼第7話/テレビ桟敷▼第8話/戦意▼第9話/千秋楽▼第10話/昇進▼第11話/大銀杏▼第12話/裸の出発 ●登場人物/山咲はつ子(新興相撲部屋「春日部屋」のわかおかみ。ちょっと不器用で失敗も多いけれど、力士への愛情と思いやりは人一倍ある)、山崎一雄(元人気力士、山風。現在は引退し、「春日部屋」の親方である) ●あらすじ/「春日部屋」に新弟子志願の大竹がやってきた。中学生選手権で全国三位の実績を持ち天狗になっている大竹は、カマボコ(稽古に消極的で羽目板から離れない者のこと)と呼ばれている佐藤と取り組むが…(第1話)。▼佐藤にコテンパンにやられてしまった大竹は、「春日部屋」には入らず、横綱や大関のいるもっと大きな部屋に行くと親方に告げる。が、兄弟子たちの真っ直ぐで温かな姿を見て、「ここでお世話になります!」と言うのだった(第2話)。▼年末恒例の保育園での餅つき大会の日、成績が振るわなかった高崎山が「相撲をやめる」と言い出す。そこに、高崎山の小さなファン(保育園児)が「サインちょうだい!」とやって来る(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/佐藤敏雄、大竹美男(第1、2。11話)、高崎山(第3話)、友永由利香(第4、5話)、逆波、咸臨丸(第6、7、8、9、10話)
  • おかみさん 4巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/再会▼第2話/春の嵐▼第3話/純愛▼第4話/大阪へ▼第5話/絆▼第6話/親友I▼第7話/親友II▼第8話/出稽古▼第9話/喜屋武▼第10話/秘密▼第11話/事情▼第12話/男気 ●登場人物/山咲はつ子(新興相撲部屋「春日部屋」のわかおかみ。ちょっと不器用で失敗も多いけれど、力士への愛情と思いやりは人一倍ある)、山崎一雄(元人気力士、山風。現在は引退し、「春日部屋」の親方である) ●あらすじ/花嵐は夜の街で、かつての恋人、幸子と再会した。変な男と一緒にいた彼女が心配で、はつ子に「様子を見てきてくるれ」と頼む花関。幸子を訪ねたはつ子は、彼女が彼にお金を貸すために夜も働いていることを知る(第1話)。▼彼氏に貢いでいる幸子が心配で、相手の男にあった花嵐は、「お前も幸子を利用していたんだろ」という言葉に激怒、殴り合いを始めてしまう。花嵐の関取としての立場を心配した幸子は、体をはって二人を止めるのだった(第2話)。▼幸子とよりを戻したい花嵐は、どうしてよいのかわからない。そんな時親方が、「男は言葉じゃない、行動だ」と助言する。それから花嵐は生まれ変わったように稽古に打ち込み始める。数日後、花嵐は彼女に大阪場所のチケットを送る(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/花嵐、今井幸子(第1、2、3、4、5話)、真弓、堂堂力(第6、7話)、喜屋武猛(第8、9、10、12話)、逆波(第11、12話)、喜屋武安奈(第12話)
  • おかみさん 5巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/軍配▼第2話/親父▼第3話/事始め▼第4話/早春▼第5話/卒業▼第6話/息子▼第7話/巣立ち▼第8話/情け▼第9話/付け人▼第10話/型▼第11話/開花▼第12話/笑顔 ●登場人物/山咲はつ子(新興相撲部屋「春日部屋」のわかおかみ。ちょっと不器用で失敗も多いけれど、力士への愛情と思いやりは人一倍ある)、山崎一雄(元人気力士、山風。現在は引退し、「春日部屋」の親方である) ●あらすじ/「春日部屋」のベテラン床山、床丸さんが突然引退を表明。孫の薫に跡を継がせるのだという。ところが薫は床山ではなく、行司になりたいのであった。(第1話)。▼初音が“若手注目株”として、新聞に取り上げられることになった。「新聞に載る程強くなるまでは、帰ってくるな」と勘当同然で家を追い出された初音にとっては、父と母に会える大切なチャンスなのだが…(第2話)。▼元旦の日、一雄とはつ子は、後援会への挨拶まわりに出かけた。日頃、忙しさにかまけてはつ子に何もしてやれなかった一雄は、「何か欲しいものはないか」とたずねる。そこではつ子が頼んだものは…(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/床丸さん(第1話)、初音(第2話)、逆波、喜屋武安奈(第4話)、高崎山(第5話)、大竹美男(第6、7話)、桜丸(第8、9、10、11、12話)
  • おかみさん 6巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/おたふく▼第2話/浴衣▼第3話/後援会▼第4話/ファン▼第5話/兄▼第6話/弟▼第7話/ゲンかつぎ▼第8話/ボンナカ▼第9話/先生▼第10話/老騏▼第11話/からみ酒 ●登場人物/山咲はつ子(新興相撲部屋「春日部屋」のわかおかみ。ちょっと不器用で失敗も多いけれど、力士への愛情と思いやりは人一倍ある)、山崎一雄(元人気力士、山風。現在は引退し、「春日部屋」の親方である) ●あらすじ/力士たちが「おかみさんがのほほんとしているから他の部屋になめられるんだ」と話をしているのを聞いてしまったはつ子は、スパルタおかみに変身することを決意するが…(第1話)。▼十両だった花嵐がついに入幕。力士仲間は、花嵐の名前入りの浴衣を仕立てることになった。道懽山は、母親にちょっと似ているおでんやの偏屈おばちゃんに仕立てを頼みに行く(第2話)。▼「春日部屋」力士たちと後援会の方々との草野球大会が、河川敷で行なわれた。力士たちが気づくと、目の前の病院の窓には大だかりの観客。みんな、「春日部屋」の大ファンだったのです(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/道懽山(第2話)、逆波、喜屋武安奈(第4話)、佐藤敏雄(第5、6話)、安室翔(第8、9話)、初音(第10話)、逆波(第11話)
  • おかみさん 7巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/スカウトI▼第2話/スカウトII▼第3話/サンタクロース▼第4話/新風▼第5話/赤ちゃん▼第6話/娘の父▼第7話/チャンコ屋▼第8話/新聞青年▼第9話/新弟子検査I▼第10話/新弟子検査II▼第11話/キューピッド ●登場人物/山咲はつ子(新興相撲部屋「春日部屋」のわかおかみ。ちょっと不器用で失敗も多いけれど、力士への愛情と思いやりは人一倍ある)、山崎一雄(元人気力士、山風。現在は引退し、「春日部屋」の親方である) ●あらすじ/はつ子とマネージャーの臼木は、大分県に新弟子をスカウトしに行った。そこで二人は、喧嘩好きの乱暴者、谷恵一に出会う(第1話)。▼谷が大勢の不良にからまれているところを、臼木が救った。その姿を見た谷は行方をくらましてしまう。二日ぶりに姿を現した谷は、はつ子と臼木に「もう馬鹿はやっちょれん」と言うのだった(第2話)▼サンタクロース=パパだと思っている祐太くん。彼は母子家庭なので、自分にはサンタクロースがこないと思っていた。そんな祐太くんを見た「春日部屋」の力士たちは、おっきなサンタになって祐太くんの家を訪ねる(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/臼木(第1、2、11話)、谷恵一(第1、2、4、9、10話)、祐太くん(第3、11話)、安室翔(第4、9、10話)
  • おかみさん 8巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/誓いI▼第2話/誓いII▼第3話/誓いIII▼第4話/“スカし”の安室▼第5話/心配性▼第6話/夏休み▼第7話/恩返しI▼第8話/恩返しII▼第9話/現役▼第10話/素質▼第11話/兄弟子 ●登場人物/山咲はつ子(新興相撲部屋「春日部屋」のわかおかみ。ちょっと不器用で失敗も多いけれど、力士への愛情と思いやりは人一倍ある)、山崎一雄(元人気力士、山風。現在は引退し、「春日部屋」の親方である) ●あらすじ/毎日欠かさず稽古を見に来てくれる清水のおじいちゃんが、今朝はこない。心配した逆波が様子を見に行くと、おじいちゃんは部屋で倒れていた(第1話)。▼病にむしばまれてもう永くはないおじいちゃんは、最後まで逆波の相撲を見続けたいと退院する。何も知らない逆波は、おじいちゃんが見守る中、次々と勝星を挙げていく(第2話)。▼おじいちゃんが再び倒れた。逆波は病床のおじいちゃんとともに、十両の全勝優勝を賭けた一番にのぞむ。逆波は見事優勝。それを見届けて、おじいちゃんは息をひきとった(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/逆波(第1、2、3、11話)、清水のおじいちゃん(第1、2、3話)、安室翔(第4話)、大竹美男(第5話)、喜屋武安奈(第6話)、初音(第7、8、9話)、桜丸(第11話)
  • おかみさん 9巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/ギブアップ▼第2話/ツキ▼第3話/初優勝!?▼第4話/脱走▼第5話/メリークリスマス▼第6話/雪ダルマ▼第7話/招かれざる客▼第8話/鉄人▼第9話/おかみさんの条件▼第10話/コンパチ▼第11話/男の甲斐性 ●登場人物/山咲はつ子(新興相撲部屋「春日部屋」のわかおかみ。ちょっと不器用で失敗も多いけれど、力士への愛情と思いやりは人一倍ある)、山崎一雄(元人気力士、山風。現在は引退し、「春日部屋」の親方である) ●あらすじ/春日部屋の関取、咸臨丸はが元気がない。大ケガをした後なので、再びケガをすることを恐れ、稽古に打ち込めないのだ。そんな時、親方とはつ子は、咸臨丸を彼のおじの店に連れて行く(第1話)。▼“場所中ははつ子の超まずいチャンコを残らず食べ、パンツは必ず左から履く”などなど、ジンクスをやたらとかつぐ花嵐。あれよあれよと勝ち進んだ彼は、なんと9連勝する(第2話)。▼花嵐が11連勝し、春日部屋始まって以来の優勝力士誕生の可能性が出てきた。おかみさんも親方も後援会の人々も、優勝へのプレッシャーでガチガチ。そんな中、花嵐は…(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/咸臨丸(第1話)、花嵐(第2、3話)、谷恵一(第4話)、逆波(第6話)、巌さん(第7話)、佐藤敏雄、菊千代(第8話)、大竹美男、床丸さん(第9話)
  • おかみさん 10巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/逆指名▼第2話/対決!はつ子VS由利香▼第3話/出世頭▼第4話/疫病神▼第5話/不肖の母子▼第6話/横綱相撲▼第7話/横綱の聖域▼第8話/最終就職▼第9話/厳しさの裏側▼第10話/おかえりなさい▼第11話/ドライな関取 ●登場人物/山咲はつ子(新興相撲部屋「春日部屋」のわかおかみ。ちょっと不器用で失敗も多いけれど、力士への愛情と思いやりは人一倍ある)、山崎一雄(元人気力士、山風。現在は引退し、「春日部屋」の親方である) ●あらすじ/全国大会を制覇した金の卵、金森が春日部屋の見学にきた。どこの部屋からもひっぱりだこの金森は、倉品部屋に行くことがほぼ確定していた。そんな彼に、一雄はまったくおべんちゃらを使わないのだった(第1話)。▼倉品部屋入りが決まっていた金森が、突然「春日部屋に入門したい!」といいだす。彼の心を射止めたのは、どうやらはつ子らしいのだが…(第2話)。▼関取になった初音は最近元気がない。幕下時代に親しかった仲間たちと、以前のように付き合えなくなったからだ。そんな彼に、マネージャーの臼木は「そんなに友だちが欲しけりゃ負けりゃいいじゃん」と言う(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/金森勝也(第1、2、5話)、友永由利香(第2話)、初音、臼木(第3話)、逆波(第4話)、谷恵一、錦里(第6、7話)、花嵐、今井幸子さん(第8話)、道灌山(第9、10、11話)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。