ナツカツ 職業・高校野球監督 1巻

ナツカツ 職業・高校野球監督 1巻
全7巻完結
作者
雑誌
価格
550pt/550円(税抜)

汗と涙と感動と……!!
高校野球のイメージといえば、やっぱコレ!!
でも、それってあくまで高校野球の主役である球児達のお話。
監督ともなると、地縁や血縁、OB会に父母会と、
とかく”しがらみ”がついて回る。
そんな、”高校野球の監督”を職業に選んだ男の、
熱く、切なく、そしてとってもサラリーマンな、
まったく新しい高校野球漫画が今、始まる!!

  • ナツカツ 職業・高校野球監督 1巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    汗と涙と感動と……!!
    高校野球のイメージといえば、やっぱコレ!!
    でも、それってあくまで高校野球の主役である球児達のお話。
    監督ともなると、地縁や血縁、OB会に父母会と、
    とかく”しがらみ”がついて回る。
    そんな、”高校野球の監督”を職業に選んだ男の、
    熱く、切なく、そしてとってもサラリーマンな、
    まったく新しい高校野球漫画が今、始まる!!
  • ナツカツ 職業・高校野球監督 2巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    野球を完全に切り捨てた矢城の元に、
    ある日、一人の男が訪ねてきた。
    その男・藪下は、地元で建設会社を営む
    有力者で、かつ、
    宇都宮関東大学高校野球部のOBだった。
    彼が訪れたワケとは……!?
    そして、矢城はどう動く!?
  • ナツカツ 職業・高校野球監督 3巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    藪下の苦肉の策が功を奏し、
    自ら突然、監督の職を辞した萩原。
    彼に替わって監督に任命されたのは
    部長の中里だった!!
    中里監督、矢城コーチによる新たな
    ウツカン野球部が発足!!
    そして迎えた春、
    新体制の下で初となる練習試合が始まる!!
  • ナツカツ 職業・高校野球監督 4巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    先輩からの一言が引き金となって
    イップスになってしまった戸崎に対し、
    コーチ・矢城は荒療治に打って出る!!
    一方、3月いっぱいの約束で
    臨時の監督を引き受けていた中里は、
    正式な監督として矢城を推し……!?
  • ナツカツ 職業・高校野球監督 5巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    甲子園の常連校――栃木県内No.1の
    実力を誇る強豪・宇都宮学院を相手に
    一歩も引けを取らない熱戦を続ける
    我らが宇都宮関東大学高校!!
    果たして勝利の女神は、
    どちらの野球部に微笑む……!?
  • ナツカツ 職業・高校野球監督 6巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    甘さのあった野球部に明らかな変化が…!

    県内王者との戦いを通じて
    自らの置かれた立ち位置を知り、
    さらなる結束を固めてゆきたいウツカンナイン。

    しかし、部活動である以上
    急激なチーム方針の変更に反発する者や
    脱落して疎外感を感じる選手が出てしまうのも
    避けられない面があり…!?

    夏までの限られた時間の中、監督・矢城は野球部をどうまとめ上げるのか!?
  • ナツカツ 職業・高校野球監督 7巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    最大目標の夏!ウツカンナインかく戦えり!

    いよいよ夏がやって来た。部員達の意識も劇的に変わり始め、
    急激な上昇カーブを描くウツカン野球部。

    転任後、教え子達と迎える初めての夏。
    前任校では「ほどほど」で満足していた監督・矢城が
    初めて「本気で」作り上げてきたチームは
    どこまで通用するのだろうか…。
    自信と不安が交錯する中、夏の大会は開幕する。

    大本命校であり目標でもある「ウツガク」との再戦、そして勝利へ。
    甲子園を懸けた明日なき戦い、その果てに何が待つ!?
    興奮、最高潮の最終巻!!

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。