封殺鬼 鵺子ドリ鳴イタ1

封殺鬼 鵺子ドリ鳴イタ1
ラノベ
作者
雑誌
価格
490pt/490円(税抜)

陰陽師の系譜を継ぐ「鬼使い」桐子の運命!

人気の封殺鬼シリーズが、イラストレーターを変更して装いも新たに復活! 舞台は昭和初期。妖しいまでに美しい、陰陽師の系譜を継ぐ「鬼使い」神島桐子の運命を描く新章開始。東京と京都の本家同士の対立いかに?

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

  • 封殺鬼 鵺子ドリ鳴イタ1
    ラノベ

    価格:490pt/490円(税抜)

    陰陽師の系譜を継ぐ「鬼使い」桐子の運命!

    人気の封殺鬼シリーズが、イラストレーターを変更して装いも新たに復活! 舞台は昭和初期。妖しいまでに美しい、陰陽師の系譜を継ぐ「鬼使い」神島桐子の運命を描く新章開始。東京と京都の本家同士の対立いかに?

    ※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。
  • 封殺鬼 鵺子ドリ鳴イタ2
    ラノベ

    価格:470pt/470円(税抜)

    孤高の鬼使い桐子に、思わぬ心の動きが…!

    孤高の鬼使いで14歳の桐子は、魔物の襲撃を前に家人達に家を出るよう命じる。が、彼らは桐子の身を守ろうとし、桐子は少しずつその心を開く。不思議な青年・武見志郎も、いじっぱりな桐子の頑な心を飄々と包み…。

    ※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。
  • 封殺鬼 鵺子ドリ鳴イタ3
    ラノベ

    価格:470pt/470円(税抜)

    鬼使い・神島桐子の活躍を描くミステリー

    安倍晴明の系譜を継ぐ陰陽師・神島桐子は東京にいた。関東大震災以降、出没している妖怪を調伏するため。その中に鵺と呼ばれる怪鳥がいた。鵺は他の妖怪とは違っていた。探るうちに軍部とのつながりが見えてきて…?

    ※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。
  • 封殺鬼 鵺子ドリ鳴イタ4
    ラノベ

    価格:470pt/470円(税抜)

    陰陽師桐子の活躍を描く人気シリーズ第4弾

    安倍晴明の流れくむ陰陽道本家当主・神島桐子は、魔人・乙夜の策略に進んで乗り、自分の心の中へと入っていった。そこで、自らの過去の忌まわしい出来事に立ち向かった。そんな時に…? 大人気シリーズ第4弾!!

    ※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。
  • 封殺鬼 鵺子ドリ鳴イタ5
    ラノベ

    価格:510pt/510円(税抜)

    稀代の陰陽師・桐子が活躍! シリーズ完結編。

    魔人の真の目的が軍と結び、『人喰い兵士』を作ることだと知った桐子は最後の決戦に向かう! シリーズ完結編。

    ※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。
  • 封殺鬼 帝都万葉
    ラノベ

    価格:530pt/530円(税抜)

    待望の新章!霊障と簪をつなげる因縁とは?

    武見志郎が手にした曰くありげな簪には、黒い蛇のような影が絡みついていた。一方、神島桐子はに二人の鬼・戸倉聖と志島弓生を連れて東京に入り、悪夢騒ぎを追っていた。二つの出来事をつなげる鍵は、簪に覚えがあると語る記憶喪失の「しゃべる達磨」で……? 大人気シリーズ、待望の新作が登場! 周囲から結婚を迫られつつある桐子と、彼女を憎からず思う志郎の関係にも進展が!?

    ※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。
  • 封殺鬼 クダンノ如シ(上)
    ラノベ

    価格:550pt/550円(税抜)

    闇の陰陽師少女と千年を生きる鬼達の物語!

    時は昭和初期。陰陽道の影の部分を受け継ぐ神島家の当主桐子は、見合い話から逃げるため東京の女学院に通うことに。しかし軍が絡んでいると見られるそこには、精神に変調を来す生徒が出るという穏やかでない噂が流れていた。自らが使役する二人の鬼、聖と弓生の協力を得ながら噂の真相を探る桐子。どうやら学院の敷地内の塔に潜む何者かが鍵を握っているようだった――。そして桐子の恋に進展!?全三巻の第一弾、配信開始!

    ※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。
  • 封殺鬼 クダンノ如シ(中)
    ラノベ

    価格:550pt/550円(税抜)

    鬼を使役する少女が女学院の怪異に迫る!

    帝華女学院に潜む闇。その鍵を握ると思われる穂積妙子が、ついに桐子たちの前に姿を現した。しかし普通の少女にしか見えない彼女は、自分がなぜ魔性と呼ばれるのかを知らないという。桐子と清香が学院内で調査を続ける一方で、学院の外では弓生と聖が動いていた。それぞれが得た情報を重ねあわせた時、隠れていた真実が見えてくる――。桐子と清香、そして妙子の恋心にも要注目な第二弾!

    ※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。
  • 封殺鬼 クダンノ如シ(下)
    ラノベ

    価格:570pt/570円(税抜)

    闇の陰陽師・桐子編完結! 志郎との恋は?

    聖や弓生とともに怪異の根源である穂積関係の周辺事情を探る桐子。やがて彼女は穂積妙子に「寄生」しているものの正体が祟り神であり、このままでは妙子の生命力が喰らい尽くされるということを知る。桐子は祟り神を祓い落とすため、穂積逸人によって閉じ込められている塔から彼女を連れ出すことにした! ついにクライマックスを迎える神島桐子編。桐子と 志郎の恋にもようやく決着が!?

    ※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。
  • 封殺鬼 数え唄うたうもの
    ラノベ

    価格:610pt/610円(税抜)

    大人気シリーズ、新イラストで新作登場!!

    『本家』の二人の鬼・聖と弓生が使役の任から解放されて半年。相変わらず新宿で拝み屋をやっている野坂三吾のもとにある日、仕事の依頼が舞い込む。依頼主は女子大生、高階結衣。大学の探検サークルに所属している学生がつぎつぎに不審な死を遂げているので、助けてほしいという。三吾は二人とともに、調査を開始した。
     事の起こりはサークルのメンバー九人が、『埋蔵金探し』と称して瀬戸内海にある恵比子(えびす)島の禁忌を破ったことだった。島の岬には七体の地蔵が並んでいて、その場所に近づいた者は、祟りを受け島に伝わる唄の通りの死を迎えるという。この島は潮の流れの関係で昔から水死体が流れ着くことが多く、地蔵はそれを供養するためのもの――だがなぜ、それが祟るのか。
     謎を解明する過程で、三吾と二人の鬼は、島のもうひとつの言い伝えを知るが…!?

     『薄桜鬼』などで大人気のカズキヨネを新イラストレーターに迎え、大人気シリーズの現代編新作がいよいよ登場!!

    ※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。