三丁目の夕日 夕焼けの詩 1巻

三丁目の夕日 夕焼けの詩 1巻
作者
雑誌
価格
550pt/550円(税抜)

ある場所に腕利きの大工がいた。その職人芸たるや、立てた柱に後光がさすといわれるほどのもの。だが、世の中は高層建築の時代に変わり、彼の腕を発揮する場所もどんどん無くなっていく。そんな彼の元に、ある依頼があった。なんと宇宙衛星を木造で作ってくれというのだ…。昭和30年代の世界に現代の心のふるさとを追う、珠玉のメルヘン!!

  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 31巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    東京タワーへの学校見学を楽しみにしている一平の姿を見て、鈴木さん夫婦は息子が幼い頃の日々を思い出した。幼かった頃の一平は神経質で食も細く、色々と心配させられることも多かった。加えて、生活もあまり余裕はなかったのだが、それはそれで楽しい日々であったと今では思う。そして、その頃ほんとうに幼かった一平にも、脳裏に深く残る思い出のメロディがあった…。
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 32巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    章太の家の食卓には、いつもおばあさん自慢の梅干しがあった。章太もよくこの梅干し作りを手伝ったものだった。そんな章太も成人して父親となるほどの長い月日が流れたある日。おばあさんは、数年分の梅干しと数々の思い出を章太に残して、天国へ旅発っていくのだった…。
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 33巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    鈴木一平の友人・ひろしは、寝る時には自分のふとんに入っていた湯たんぽが朝になると父親が持っていることに疑問を抱く。「それはね、湯たんぽが夜中に歩き出して、お父ちゃんの布団に入るからだよ」とおばあさんから教えられたひろしはさっそく友人の一平に話す…。
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 34巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    今日も紙芝居のおじさんは、病院にやって来た。様々な病気で入院している子供達に紙芝居を見せるためだ。紙芝居を終えたおじさんの所にマサルが、今日やった紙芝居の結末を尋ねに来る。1か月後に手術を控えているマサルは、自分と同じ名前を持つその紙芝居の主人公に励まされて病気と戦っているのだ…。
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 35巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    角さん夫婦はポチという犬を飼っている。世話は主に奥さんがしているのだが、どういう訳かポチはダンナさんの方に馴ついていた。そのダンナさんが九州へ出張に出かける前日、ポチの具合が悪くなる。奥さんは夫から「獣医に診せろ」と言われて驚く。というのも、ケチで普段はポチのことなど気にもかけていない様な夫が、そんなにもポチのことを思っていたなんて意外だったからだ…。
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 36巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    おばあちゃんが、猫のモモとおしゃべりしていたと言うのを聞いて驚いた進一郎は、母に話すが「おばあちゃんは年だからモウロクしたんだろう」と相手にしない。そして、ある日。進一郎は、おばあちゃんが倒れたのを知らせるために猫のモモがしゃべるのを確かに聞いた…。
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 37巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    鈴木さんの家が一家揃って、妻・トモエの本家へ遊びに行く。一人息子の一平は、栗ひろいが出来て大喜びだが、どうも両親の顔色が冴えない。実は、今回の鈴木一家の訪問の目的は、お金を借りることだったのだ…。胃潰瘍で入院している桜隼人は、病室にも仕事を持ち込んでしまうほどのモーレツ・サラリーマンだった。ある日、偶然自分の潰瘍が悪性のものだと知る…。
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 38巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    長女ということだけで、すぐにお母さんから家の手伝いをやらされるのを真美ちゃんは不満に思っていた。ある日、いつものようにお母さんを手伝って夕食の用意をしていると、突然お母さんから「自分がいなくなっても頼むわね」と言って抱きしめられる。何のことか分からず、戸惑う真美ちゃんだったが…。
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 39巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    浮田さんと岡田さんは、会社の帰りにバーで飲んでいた。なにやら浮田さんはニコニコしていて浮かれている。その理由を尋ねると、長男が結婚し、嫁と同居しているのだが、彼女とは気が合い毎日が楽しいという。彼女からプレゼントされたネクタイも自慢するほど。うらやましく思う岡田さん。岡田さんにも27歳になる息子がいるが、まだ結婚が決まらない…。
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 40巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    電話が一般に普及していなかった昭和30年代。電報配達員、宇奈田早男は、様々な事情を持つ人々の所へ、日夜電報を届けている。そんなある日、夜中まで配達してぐっすり寝ている宇奈田のもとに、一通の電報が…。木下慎太郎は、みんながあまり好きでない学校給食を、いつも残さず食べている。だが、給食費をためているため、クラスの会計委員に催促されている…。
  • 三丁目の夕日 「寒い夜」

  • 三丁目の夕日 「望郷」

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 三丁目の夕日 「冬将軍」

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 三丁目の夕日 「犬の恩返し」

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 三丁目の夕日 「新年会」

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 三丁目の夕日 「お年玉大作戦」

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 三丁目の夕日 「旅路」

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 三丁目の夕日 「冬桜」

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 三丁目の夕日 「冬の色」

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 三丁目の夕日 「節分」

    価格:40pt/40円(税抜)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。