大棟梁 1巻

大棟梁 1巻
全3巻完結 ポイント還元
作者
雑誌
価格
420pt/420円(税抜)

初回購入特典 210pt還元

「男を立てる」というママとの約束のために、大工として生きることになった赤木寅一(とらいち)の奮闘努力の記録! 熱血大工浪漫、熱く強く激しく炸裂。

初回購入限定! 50%ポイント還元

  • 大棟梁 1巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    「男を立てる」というママとの約束のために、大工として生きることになった赤木寅一(とらいち)の奮闘努力の記録! 熱血大工浪漫、熱く強く激しく炸裂。
  • 大棟梁 2巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ●あらすじ/全国から腕利きの大工たちが集まる「日本大工技術・建築コンテスト」に出場することになった、千石組の若手3人、力王、万年、そして寅一。会場にやってきた千石組の面々だが、彼らに集まる他の出場者たちの視線が、どうも冷たい。その理由は、2年前にさかのぼる。その時、出場していた古葉は、見事優勝したのだが、その際に他の出場者をバカにするような発言をしたのだ。そのため、周囲は仙石組を目の敵にし、「あいつらにだけは負けない」というムードが充満していた。そんな逆境の中で、300人の大工たちが集結したコンテストが開幕する(第9話)。●本巻の特徴/コンテストの第1次審査の課題は「おもちゃ」。木材を加工し、子供のためのおもちゃを作るというものだ。実力者・有堂と同じ組に入ってしまった力王は健闘するが、「箱根細工」という難しい箱を短時間で仕上げた有堂にはかなわずに落選。しかし万年は木製のアメリカンクラッカーである「ジャパニーズクラッカー」を、寅一は「ファーストフードのままごとセット」を作り、それぞれ2次審査進出を決める。次の課題は「図面に従って、ミニチュアの家を建てる」というもの。しかしここで、寅一に大ピンチがおとずれた。大工になって間もない寅一は、まだ図面の読み方を教わっていないのだ。どうする、寅一!?●その他の登場人物/千石竜巳(千石組社長。39歳。普段は穏やかだが、いざという時にはすさまじいパワーと技術を見せる)、源田泰三(千石組の大工。28歳)、市松恵理(通称エリー。昼は千石組の事務を、夜はストリッパーをしている)
  • 大棟梁 3巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ●あらすじ/全国から腕利きの大工たちが集まる「日本大工技術・建築コンテスト」に出場中の寅一。2次審査の課題は「図面に従ってミニチュアの家を建てる」というものだ。だが図面上の設計に強度不足を感じた寅一は、独断で補強作業を開始した。大切なコンテストの大舞台で、図面に従う事よりも“住む人の幸せを考える”という大工としての信念を優先させた寅一。一方有堂は図面通りに造ることを重視し、あえて補強はせず素早くミニチュアを完成させた。会場は寅一に影響され補強を始める者と、有堂のように図面を優先する者とに別れて騒然となる。果して審査員はどんな判定を下すのか?(第18話)。●本巻の特徴/寅一の行動を巡り、審査員の評価も真っ二つ。図面通りに造った有堂には91点という高得点が与えられたが、寅一は47点とふるわなかった。コンテスト終了後、寅一は千石組を辞め、日本一の大工になるために全国武者修行の旅に出る。その旅の途中、寅一はコンテストで一緒だった偉典に出会い、彼から自分の両親と祖父の秘められた過去を聞いた。赤城建設会長の祖父・玄武は超ワンマンな男で、自分に歯向った実の息子で寅一の父である竜人を死に追いやった。そのことを知った寅一は玄武を倒すことを決意。二人の壮絶な対決が始まる! 『大棟梁』完結集。●その他の登場人物/千石竜巳(千石組社長。39歳。普段は穏やかだが、いざという時にはすさまじいパワーと技術を見せる)、源田泰三(千石組の大工。28歳)、古葉進(千石組の大工。21歳。抜群の技術を持つが、乱暴者)、関力王・多田川万年

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。