龍-RON- 1巻

龍-RON- 1巻
全42巻完結 ポイント還元
作者
雑誌
価格
550pt/605円(税込)

初回購入特典 275pt還元

▼第1話/武専入学▼第2話/道の為来たれ▼第3話/都おどり▼第4話/女の手▼第5話/時計▼第6話/初難を憚るなかれ▼第7話/二人の逃亡者▼第8話/紙縒り占い▼第9話/加茂川慕情 ●登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。「京の龍」と呼ばれる天才剣士)、小鈴(龍の幼なじみ。祇園の芸妓)、田鶴てい(東北出身の下働きの娘)、 ●あらすじ/押小路龍は、この春から武道専門学校、"武専"に入学することになった。その登校初日の朝から、乱暴者たちとケンカをしている龍を見ている男がいた。部専で顔合わせを済ませた龍の前に、そのときの男が現われる。男は部専教授・内藤高治だった(第1話)。▼部専での稽古は凄まじいものだった。そのうえ龍は、昨日のケンカのために上級生の制裁を受ける。それでも龍は、内藤の「君の剣は卑怯千万」という言葉の意味を理解しようと、直接彼に会いに行く(第2話)。 ●本巻の特徴/1928年の京都を舞台にしたこの物語は、押小路男爵家の長男・龍が、武道専門学校校長・内藤の教えに感銘を受け、武道の道を追い求めるところから始まる。一方、龍の幼なじみで祇園の舞妓の小鈴との恋愛模様が、もう一つの軸として描かれる。 ●その他の登場キャラクター/内藤高治、石川雄大、黒川勇、高階寅夫(第1話)、押小路一磨(第3話)、百鬼、杉町、河上肇(第5話)、陳先生、木村崇(第7話)、吉蔵(第8話)

初回購入限定! 50%ポイント還元

  • 龍-RON- 41巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/最後の一枚▼第2話/クレムリン▼第3話/鉛の荷▼第4話/秘密の撮影▼第5話/壁の向こう側▼第6話/8月6日▼第7話/二つの太陽▼第8話/飛来▼第9話/硝子の国境

    ●主な登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。なんとか一命を取り留め、現在は中国で李龍と名乗る)、田鶴てい(押小路家の元・奉公人で、龍と恋に落ちる。日本を代表する人気女優となり、満州で龍との再会を経て結婚。長女・和華を出産)、文龍(龍を兄のように慕う青年。小説家志望)、雲龍(映画の主役として抜擢された孤児。ていが養子として引き取った)、甘粕正彦(満州映画協会理事長にして満州国最高の実力者)
    ●あらすじ/険しい旅路の果て、龍が甘粕正彦のもとへ持ち帰った皇帝の秘宝“黄龍玉壁”。甘粕は玉壁に秘められた情報と交換に、ソ連から満州国存続の確約を得ようと目論んでいたが、玉壁が納められているはずの箱の中には何も入っていなかった。空となった鉛の匣(はこ)を前にして、甘粕が龍を問い詰めると…!?(第1話)▼“皇帝の秘宝”の在りかを話さない龍を、新京(長春)の大陸科学院内部に監禁した甘粕。彼はさらに、秘宝を手に入れないままソ連との交渉を開始するという賭けに出た。一方、甘粕の態度に違和感を感じ、彼が龍の消息を知りながら隠していることを直感的に見抜いたていは、ある男の助けを借りるべく満州国首都警察へと向かうが…(第2話)。
    ●本巻の特徴/いよいよ第二次世界大戦も終戦へ! 混沌とした世界情勢の中、満州国を存続させるために動く甘粕と、真の世界平和を願う龍が袂を分かつ! 壮大な大河ロマン、いよいよクライマックスへ!!
  • 龍-RON- 42巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/眼下の灯▼第2話/青酸カリ▼第3話/最終便の鍵▼第4話/終戦の音▼第5話/使命の命▼第6話/延命▼第7話/再会▼第8話/死命▼第9話/龍の時代●主な登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。なんとか一命を取り留め、現在は中国で李龍と名乗る)、田鶴てい(押小路家の元・奉公人で、龍と恋に落ちる。日本を代表する人気女優となり、満州で龍との再会を経て結婚。長女・和華を出産)、文龍(龍を兄のように慕う青年。小説家志望)、雲龍(映画の主役として抜擢された孤児。ていが養子として引き取った)、甘粕正彦(満州映画協会理事長にして満州国最高の実力者)●あらすじ/ソ連軍の満州侵攻が間近に迫った1945年8月8日。龍は、退避勧告が届いていない遠隔地の開拓村の住民を救うため、飛行機によるピストン輸送を請け負っていた。だが、日没で周囲が暗闇に包まれていく中、定員以上の乗客を抱え、投光器すらない滑走路への着陸を強行することになり…(第1話)。▼8月9日未明。ついに対日宣戦布告をしてきたソ連軍が、満州への侵攻を開始した。そんな中、龍の搭乗した飛行機がハルピン経由で首都・新京に到着したのは、2発目の原爆が長崎に投下される3時間前の午前8時。ソ連軍本隊の侵攻も間もない状況の中、新京空港内の大満州航空支社に降り立った龍が、ついに皇帝の秘宝を運ぶ最終目的地を明かす(第2話)。●本巻の特徴/1945年8月15日。それは日本の敗戦と同時に、満州国が地上から消滅した日でもあった。核兵器に繋がる中国皇帝の秘宝「黄龍玉壁」を譲り受けた龍は、てい・和華と共に、チベットへの命懸けの脱出を試みる。果たして彼は日本人を、そして世界を救うことが出来るのか? 長編大河ロマン、ついに完結!!

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。