龍-RON- 1巻

龍-RON- 1巻
全42巻完結 ポイント還元
作者
雑誌
価格
550pt/605円(税込)

初回購入特典 275pt還元

▼第1話/武専入学▼第2話/道の為来たれ▼第3話/都おどり▼第4話/女の手▼第5話/時計▼第6話/初難を憚るなかれ▼第7話/二人の逃亡者▼第8話/紙縒り占い▼第9話/加茂川慕情 ●登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。「京の龍」と呼ばれる天才剣士)、小鈴(龍の幼なじみ。祇園の芸妓)、田鶴てい(東北出身の下働きの娘)、 ●あらすじ/押小路龍は、この春から武道専門学校、"武専"に入学することになった。その登校初日の朝から、乱暴者たちとケンカをしている龍を見ている男がいた。部専で顔合わせを済ませた龍の前に、そのときの男が現われる。男は部専教授・内藤高治だった(第1話)。▼部専での稽古は凄まじいものだった。そのうえ龍は、昨日のケンカのために上級生の制裁を受ける。それでも龍は、内藤の「君の剣は卑怯千万」という言葉の意味を理解しようと、直接彼に会いに行く(第2話)。 ●本巻の特徴/1928年の京都を舞台にしたこの物語は、押小路男爵家の長男・龍が、武道専門学校校長・内藤の教えに感銘を受け、武道の道を追い求めるところから始まる。一方、龍の幼なじみで祇園の舞妓の小鈴との恋愛模様が、もう一つの軸として描かれる。 ●その他の登場キャラクター/内藤高治、石川雄大、黒川勇、高階寅夫(第1話)、押小路一磨(第3話)、百鬼、杉町、河上肇(第5話)、陳先生、木村崇(第7話)、吉蔵(第8話)

初回購入限定! 50%ポイント還元

  • 龍-RON- 21巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/見知らぬ友人▼第2話/春播(春の種まき)▼第3話/家族の光景▼第4話/仮面の告白▼第5話/映発▼第6話/幻灯▼第7話/強く儚い者▼第8話/龍の立つ所▼第9話/飛瀑●登場人物/押小路龍(押小路男爵の長男。押小路財閥の総帥代行)、田鶴てい(女優。龍の婚約者)、文龍(ウェンロン。淅江省のある村に生まれ育った少年。名付け親は、魯迅)、春蘭(文龍の姉。小さな飯店を切り盛りしながら文龍を育てる)●あらすじ/ある日、文龍は、雪の中、瀕死状態の龍を発見した。必死に看病する文龍だが、龍の意識を取り戻すことができるのか!?(第1話)▼、文龍の必死の看病のおかげで、すっかり回復した龍。しかし、自分の名前以外、過去の記憶を失っていた!! 自分が誰なのか分からない龍は、ボーッとしているかと思えば、突然“自分は前世では皇帝だった”と言い出したりして、世話をしている文龍は心配でたまらない……(第2話) 。●本巻の特徴/龍は、淅江省にやって来た理由やていのことなど、少しずつ記憶を取り戻していた。一方、ていは、龍のことを気遣いながらも女優を続けていた。
  • 龍-RON- 22巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/両龍に別る▼第2話/戦火の微笑▼第3話/河岸の町▼第4話/命の値▼第5話/掟▼第6話/上海行き▼第7話/銃殺刑に処す▼第8話/日本語▼第9話/慰問へ●登場人物/押小路龍(押小路男爵の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。一切の記憶を失って中国・浙江省の村で暮らしている)、田鶴てい(女優。龍の婚約者)、文龍(ウェンロン。浙江省のある村で生まれ育った少年。名付け親は、魯迅)、春蘭(文龍の姉。小さな飯店で切り盛りしながら文龍を育てる)●あらすじ/小説家を目指し、上海で学ぼうとする文龍は、記憶を取り戻そうとする龍とともに上海に行くことを決意する。しかし、姉の春蘭を一人置いていくことが気になり始める。そして、出発を遅らせようかと春蘭に言い出すが……。(第1話)▼上海への旅を始めた龍と文龍の二人は、まず杭州に向かった。杭州の村に着くと、一人の老女が中国兵に乱暴されていた。これを見た龍たちは、老女を助けようとするが……。(第2話)●本巻の特徴/龍と文龍が乗った上海行きの列車が爆発された。龍と文龍は、日本兵から爆発前に妙な行動を取ったということで、処刑されることになる!? 一方、龍の行方を捜すていは、兵士慰問のため、龍たちの目的地である上海に行くことになる。
  • 龍-RON- 23巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/上海の光▼第2話/鐘鳴▼第3話/同郷会▼第4話/幻像▼第5話/苛令▼第6話/阿桂姐▼第7話/女幇主▼第8話/三大大亭▼第9話/大世界
    ●登場人物/押小路龍(押小路男爵の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。一切の記憶を失って中国・淅江省の村で生まれ育った少年。名付け親は魯迅)
    ●あらすじ/龍を探していた田鶴ていが、日本兵の慰問団の一員として上海を訪れた。巨大な建築物が立ち並ぶ租界から一歩外へ出てみれば、激戦の爪痕も生々しい光景がどこまでも続いていた。慰問を終え、工藤少将の招きで、満映期待の新星・林香琴とともに上海一の繁華街、南京路へ向かう途中、日本軍による検問で香琴が通行証を求められ……。(第1話)
    ●本巻の特徴/田鶴ていとほぼ同時期、龍も文龍とともに上海に到着し、最下層の仕事現場で働くことになる。だが、上海の裏社会に通じる女ボス、阿桂姐に出会ったことから生活は一転。ギャングの世界に身を投じることに……。
  • 龍-RON- 24巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/訃報▼第2話/微笑みの残像▼第3話/硝煙の中に▼第4話/田舎の鼠▼第5話/或る計略▼第6話/青幇▼第7話/五方雑処▼第8話/蘋玉(ピンユー)▼第9話/女スパイ
    ●登場人物/押小路龍(押小路男爵の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。一切の記憶を失って中国・淅江省の村で生まれ育った少年。名付け親は魯迅)
    ●あらすじ/ギャングの世界に身を投じ、上海の“娯楽の殿堂”大世界の警備副主任の職を得た龍。ギャングが上まえをハネ、彼らも承知の上で行なわせていたスリやカッパライ…日常茶飯事となっていた悪事を、龍は許さなかった。大世界の治安をよくするため、小悪党たちを一掃しようとするが…。(第1話)▼ネオン管を多用したアール・デコの内装、客席数1953席……質・規模ともに上海随一を誇る映画館、上海グランドシアターで、ていは山名監督と過ごした日々を想い、涙していた。かたや、龍はスリやカッパライを一掃し、悪名高き大世界を「家族で遊べる」街へと変身させるための根回しに奔走していた。偶然にも、競馬場帰りに上海グランドシアターの前で車を停めた龍たちが目撃したのは!?
    ●本巻の特徴/上海ギャングの世界で次第に力が認められていく龍。ある日、ていそっくりの女、蘋玉(ピンユー)に出会う!!
  • 龍-RON- 25巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/テロ▼第2話/花招▼第3話/花恋▼第4話/退院▼第5話/決意▼第6話/天蟾舞台▼第7話/銃撃戦▼第8話/想いひとつに▼第9話/76号へ
    ●登場人物/押小路龍(押小路男爵の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。一切の記憶を失って中国・淅江省の村で生まれ育った少年。名付け親は魯迅)
    ●あらすじ/1939年の上海。そこでは、日増しに激化する抗日テロ活動と、対・抗日テロ機関との死闘が演じられていた。龍は、同じ上海ギャングの幹部・沈鷹(チェンイン)に、市民を巻き込むテロ活動には、反対の旨を告げる。と、その時、龍と沈鷹は路上で突然の襲撃を受ける……!!(第1話)▼久々に実家に戻った蘋玉(ピンユー)は、父親が浮気している証拠を母親に見せる。父親の浮気相手の暗殺を母親に提案するが猛烈に反対され、さらには「あなたは人を本当に愛するということが分かってない」と諭される。ある日、藍衣社のスパイとして日本人倶楽部のパーティに出席した蘋玉(ピンユー)は、会場で来客の一人からていと見間違われる……(第2話)。
    ●本巻の特徴/愛し合うも離れてしまった龍とていが、蘋玉(ピンユー)の手引きによって異国・上海の地にて遂に再会! しかしその裏には、多くの陰謀が……!!
  • 龍-RON- 26巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/同胞▼第2話/結婚▼第3話/連行▼第4話/助命▼第5話/処刑▼第6話/逆恨み▼第7話/奸計▼第8話/宝座▼第9話/旅立ち
    ●登場人物/押小路龍(押小路男爵の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。一切の記憶を失って、現在は李龍と名乗る)、てい(押小路家の元奉公人で、龍と恋に落ちる。現在は日本を代表する人気女優)
    ●あらすじ/1939年秋、上海の地で遂に再会した龍とてい。同時に、龍は失っていた記憶を取り戻すが、日本へ戻らず中国で生きていくことを心に決める。そんなある日、ていのもとへ、満州映画協会からスカウトの話が舞い込む。その話を固辞するていに向かって、龍は結婚しようと告げる…(第1話)。▼同じ年の12月、龍とていは結婚し、長きに渡った想いがようやく成就する。兄弟分の沈鷹(チェンイン)の協力もあって、結婚式は盛大に催された。その最中、龍のもとへある贈り物が届く。その送り主は、、血生臭い抗争の渦中にその身を置いていた蘋玉(ピンユー)だった…(第2話)。
    ●本巻の特徴/龍とていが上海の地で遂に結婚!! その想いがようやく結ばれる。また、謎だった龍の出生の秘密が、ついに明らかに!?
  • 龍-RON- 27巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/車中の暗闘▼第2話/謎の老人▼第3話/黄龍玉璧▼第4話/従弟▼第5話/同志▼第6話/志に殉ず▼第7話/交渉の原石▼第8話/葬列▼第9話/満映 ●登場人物/押小路龍(押小路男爵の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。一切の記憶を失って、現在は李龍と名乗る)、てい(押小路家の元奉公人で、龍と恋に落ちる。現在は日本を代表する人気女優) ●あらすじ/秘宝・黄龍玉璧を追って、ていとともに列車で北京へと向かう龍。北京で別れる予定のていと、しばしの幸福な時を過ごす龍だったが、同じ車中にはその命をねらう刺客が! 日本憲兵による荷物検査をかいくぐり、暗殺の機会をうかがう刺客に対し、龍は…(第1話)。▼同じ列車に乗り合わせた謎の老人の助けにより、刺客の手から逃れ、無事北京駅へと到着した龍。だが、同時に自分がいくつかの情報機関からマークされていることを知る。そんな龍の前に、ひとりの米国人ジャーナリストが現われ、取材を申し込むが…(第2話)。 ●本巻の特徴/秘宝・黄龍玉璧を巡って、北京で列強各国による争奪戦が展開! 満州に向かったていは、映画監督に挑戦する!?
  • 龍-RON- 28巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/甘粕理事長▼第2話/指揮▼第3話/対不起▼第4話/監督▼第5話/動機▼第6話/梁山泊▼第7話/地平線▼第8話/事件▼第9話/嫉妬●登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。しかし何とか一命を取りとめ、現在は李龍と名乗る)、田鶴てい(押小路家の元奉公人で、龍と恋に落ちる。日本を代表する人気女優となり、満州で龍と再会、結婚した)●あらすじ/満映の映画に疑問を感じたていは、現地の人間が集まる地元の映画館を見て回る。そこで目にしたのは、上海製の中国映画に熱狂し、涙する観客たちの姿だった。翌日、ていは満映の甘粕理事長の部屋へ呼びつけられる。満映の映画の問題点に気付いたていに、甘粕が命じたのは…(第1話)。▼戦時体制一色の日本では、映画を取り巻く状況は厳しいものになりつつあった。そのころ、甘粕理事長から満映について勉強するよう命じられたていは、甘粕の就任前後の満映の事情を調べていた。汚職でガタガタだった満映を立て直した、甘粕の底知れぬ力を知り、ていは彼と真剣に向かいあう意志を固める…(第2話)。●本巻の特徴/日本人初の女流映画監督を目指すてい。ていが撮ろうとしている映画とは…!?●その他の登場人物/甘粕正彦(満州映画協会理事長にして、満州国最高の実力者)
  • 龍-RON- 29巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/落とし子▼第2話/ロケ隊▼第3話/渡り鳥▼第4話/ペスト▼第5話/試写▼第6話/偽物の国▼第7話/満州国皇帝▼第8話/帰れない二人▼第9話/巡回上映 ●登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。しかし何とか一命を取りとめ、現在は李龍と名乗る)、田鶴てい(押小路家の元奉公人で、龍と恋に落ちる。日本を代表する人気女優となり、満州で龍と再会、結婚した) ●あらすじ/息子・冬馬のふとした表情に龍の面影を求めつつも、卓磨との親子3人の時間に幸せを感じる小鈴。一方、龍が生きていることを小鈴に言えなかったていは、龍に「どこかに自分の子どもはいないか」と尋ねる。日本から脱出した時の記憶を失っている龍は、はっきりと答えることができず……(第1話)。▼新京の郊外へロケに出たていの撮影隊は、長雨にたたられ撮影が遅れていた。だが、ケガをした俳優に代わり映画に出演することになった龍が、現場を明るくする。食料も尽き、さらに洪水の危険も出てきて撤退を覚悟したていだったが、龍は、セットをつぶして堤防を補強することを提案し……(第2話)。 ●本巻の特徴/ていの監督した映画がついに完成!! さらに、龍と甘粕が接触し、中国皇帝の秘宝・黄龍玉璧を巡って新たな展開へ……!? ●その他の登場人物/甘粕正彦(満州映画協会理事長にして、満州国最高の実力者)
  • 龍-RON- 30巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/南京虫▼第2話/生存の波紋▼第3話/寝物語▼第4話/夢の尻尾▼第5話/白頭の龍▼第6話/邂逅▼第7話/狼煙の向こう▼第8話/新たな舞台▼第9話/恩讐の彼方●登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。しかし何とか一命を取りとめ、現在は李龍と名乗る)、田鶴てい(押小路家の元奉公人で、龍と恋に落ちる。日本を代表する人気女優となり、満州で龍と再会、結婚した)●あらすじ/てい監督作品「狼争虎闘」の巡回上映班に加わった龍と曹徳豊は、満州国内を移動しながら秘宝を持ち去った鳳花の行方を追っていた。同じころ、満映の甘粕理事長は、龍の叔父・卓磨と財界の実力者・愛川を呼び出し、秘宝探しの資金援助を依頼する。甘粕は卓磨に、秘宝と押小路家の深い因縁を明かす……(第1話)。▼大連にある小鈴の料亭を訪れたてい。小鈴の息子・冬馬に龍の面影を見るていに「龍が生きていれば、ていの映画を目にするかもしれない」と言う小鈴。その時、ていは龍が生きていると素直に口に出すことができない。一方、甘粕理事長から龍が中国人・李龍として生きていることを聞かされた卓磨は……(第2話)。●本巻の特徴/龍と鳳花。双子が再会する時、新たな血が流される!? 一方、龍の生存が卓磨・小鈴の間に波紋を引き起こす……!?●その他の登場人物/甘粕正彦(満州映画教会理事長にして、満州国最高の実力者)、押小路卓磨(龍の叔父。押小路財閥の実権を握る)、小鈴(元・祇園の芸妓で現在は卓磨の妾)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。