龍-RON- 1巻

龍-RON- 1巻
全42巻完結 ポイント還元
作者
雑誌
価格
550pt/605円(税込)

初回購入特典 275pt還元

▼第1話/武専入学▼第2話/道の為来たれ▼第3話/都おどり▼第4話/女の手▼第5話/時計▼第6話/初難を憚るなかれ▼第7話/二人の逃亡者▼第8話/紙縒り占い▼第9話/加茂川慕情 ●登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。「京の龍」と呼ばれる天才剣士)、小鈴(龍の幼なじみ。祇園の芸妓)、田鶴てい(東北出身の下働きの娘)、 ●あらすじ/押小路龍は、この春から武道専門学校、"武専"に入学することになった。その登校初日の朝から、乱暴者たちとケンカをしている龍を見ている男がいた。部専で顔合わせを済ませた龍の前に、そのときの男が現われる。男は部専教授・内藤高治だった(第1話)。▼部専での稽古は凄まじいものだった。そのうえ龍は、昨日のケンカのために上級生の制裁を受ける。それでも龍は、内藤の「君の剣は卑怯千万」という言葉の意味を理解しようと、直接彼に会いに行く(第2話)。 ●本巻の特徴/1928年の京都を舞台にしたこの物語は、押小路男爵家の長男・龍が、武道専門学校校長・内藤の教えに感銘を受け、武道の道を追い求めるところから始まる。一方、龍の幼なじみで祇園の舞妓の小鈴との恋愛模様が、もう一つの軸として描かれる。 ●その他の登場キャラクター/内藤高治、石川雄大、黒川勇、高階寅夫(第1話)、押小路一磨(第3話)、百鬼、杉町、河上肇(第5話)、陳先生、木村崇(第7話)、吉蔵(第8話)

初回購入限定! 50%ポイント還元

  • 龍-RON- 11巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/四国山中▼第2話/嵐の中の賭け▼第3話/夢で見た光景▼第4話/会いたい!!▼第5話/スタアの宿命▼第6話/問題の箇所▼第7話/器の大きさ▼第8話/選択▼第9話/意外な配役 ●登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。武道専門学校を退学し、山寺の道場で師範代をしている)、田鶴てい(押小路家の下働きをしていた。その後、映画女優になる)、 ●あらすじ/溝田の映画で娼婦の役を演じているていは、悩んでいたシーンで完璧な演技を見せ、監督の絶賛を浴びた。女優の仕事に今までにない充実感を得るてい。一方、四国に向かった龍は、砂金採りは果たしたものの、依然、金鉱を見つけ出せずにいた(第1話)。▼溝田の映画は無事にクランク・アップし、打ち上げのパーティーが開かれる。一方、四国で龍たちは河の増水に巻き込まれ、同行した曹が濁流に飲み込まれる。これを助けた龍だったが、今度は自分が崖から落ちてしまう。果たして龍は助かるのか?(第2話)。 ●本巻の特徴/龍は押小路グループ総帥代行に推される。一方、ていの映画は大入りで、人気もうなぎ登り。とうとう東京へ撮影に旅立つことになる。 ●その他の登場キャラクター/入沢たき子、溝田監督、曹徳豊、小鈴(第1話)、押小路卓磨(第3話)、日恵先生(第6話)、岡山時彦(第9話)
  • 龍-RON- 12巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/役作り▼第2話/壁▼第3話/籠の鳥▼第4話/ただ人の為に▼第5話/直談判▼第6話/矛盾▼第7話/別の自分▼第8話/闇の果てに・・・ ●登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。武道専門学校を退学し、山寺の道場で師範代をしていたが、押小路グループ総帥代行になる)、田鶴てい(押小路家の下働きをしていた。その後、映画女優になる)、 ●あらすじ/今度の役、華族令嬢の役作りのため、入沢と東京の高級店で買物をして歩くてい。華族の出の入沢は逆に役作りのために新聞の売り子をはじめる。入沢の付き人・関根はそれを快く思わず、レストランにていを残したまま、財布を持って店を出てしまう。困ったていは・・・(第1話)。▼新聞の売り子をしている入沢はやる気に満ち溢れている。一方、ていはホテルのクローク係をすることで、華族を観察していた。ちょうどていが席を外したところへ龍が現われる。龍は大満州航空会社設立のため、石原莞爾大佐に会おうとしていたが・・・(第2話)。 ●本巻の特徴/押小路グループ総帥代行になった龍は、大満州航空会社を立ち上げる。そのころていは映画女優として大きな飛躍を遂げようとしていた。 ●その他の登場キャラクター/入沢たき子、岡山時彦(第1話)、曹徳豊、愛川義介(第2話)呉学平(第4話)、石原莞爾(第5話)
  • 龍-RON- 13巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/約束▼第2話/撮影再開▼第3話/世界の違い▼第4話/美しいその手▼第5話/男の決意▼第6話/風の色▼第7話/汚れなき手▼第8話/再会 ●登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。武道専門学校を退学し、山寺の道場で師範代をしていたが、押小路グループ総帥代行になる)、田鶴てい(押小路家の下働きをしていた。その後、映画女優になる)、 ●あらすじ/映画の撮影中にも関わらず、ていは岡山時彦といっしょに温泉に行ってしまう。新聞は恋の逃避行と書きたてる。ていは岡山の体を気遣ってついて来てしまっただけなのだ(第1話)。▼撮影が再開された。ていはそこでも見事な演技を見せることで、スキャンダルをささやく周囲を黙らせてしまう。ていの調子がのっていると見た溝田監督は、この映画の見せ場の撮影に入ろうとする。そんなとき撮影所に龍が現われて・・・(第2話)。 ●本巻の特徴/映画女優という職業に魅せられたていは龍に別れを切り出す。それを納得することができない龍だったが・・・ ●その他の登場キャラクター/岡山時彦、入沢たき子、溝田監督(第1話)、曹徳豊(第5話)、蒲郡、大薮、愛川義介(第6話)、小鈴、押小路一磨(第8話)
  • 龍-RON- 14巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/かんざし▼第2話/サムライの男▼第3話/若親分▼第4話/野心ある男▼第5話/才能を買う▼第6話/大空への夢▼第7話/燃えた機体▼第8話/見て見られて ●登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。ていと別れ、押小路グループ総帥代行になる)、田鶴てい(押小路家の下働きから映画スタアに。一時は大人気だったが・・・)、 ●あらすじ/押小路の銅山が住田財閥に売れることになった。しかし龍は、住田の本店支配人・大薮に賄賂を送っていた蒲郡を辞めさせてしまう。「あなたに切られたわけじゃない」と捨て台詞を残し去っていく蒲郡。小鈴の家で、叔父の卓磨に会った龍は、この収賄事件をリークしたのが父の一磨である事を知らされる(第1話)。▼住田支配人・大薮の解任に父・一磨がかんでいたことを知った龍は、父に会いに行く。商売は戦いで、裏から手を回してでも勝たねばならんと言う父に、龍は反論することができない。そして反対に信頼の持てる部下を何人持っているかと問われ、龍は辞表を提出した蒲郡の元に飛ぶ(第2話)。 ●本巻の特徴/龍は大満州航空会社を本格的に立ち上げるため、各方面から人材を集めはじめる。一方、ていは大部屋女優に身を落とし、約2年が経っていた。 ●その他の登場キャラクター/蒲郡、小鈴、押小路卓磨(第1話)、押小路一磨、曹徳豊(第2話)、轟徹太(第3話)、荻野祐介(第4話)、本間俊吉(第6話)
  • 龍-RON- 15巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/チチ キトク▼第2話/ある提案▼第3話/粘土の足▼第4話/ねじれた心▼第5話/恨みの傷▼第6話/命ある者たち▼第7話/死ぬことは生きること▼第8話/離れていても ●登場人物/押小路龍(押小路財閥の総帥としての道を歩み始める)田嶋てい(一時は主役をはる映画スタアだったが、今は大部屋女優に) ●あらすじ/思わぬスキャンダルに見舞われて大部屋の女優に戻っても、けなげに生きるてい。そんな彼女の元へ、一通の電報が届いた。そこには「チチ キトク」の文字が…。故郷へ帰るため、会社の経理に給料の前借りを頼むていだったが、あっさり断られてしまう。そこに以前、ていを交通人の役で使ったことのある小田監督が現れ、次回作の出演料だといって200円を差し出すのだった。そしてていは7年ぶりに故郷の土を踏む(第1話)。▼冷害に襲われる村を見て、ていは以前よりも悲惨な村の状況に心傷める。そんななかで同級生たちに再会したていは、村に活気を取り戻そうとして、村芝居をやろうと持ちかける(第2話)。 ●本巻の特徴/父危篤の報を受け故郷へと帰ったていは、村芝居を成功させ、村を顧みないと思い込む父の誤解も解いて東京へ戻る。そして小田監督の抜擢を受け、久々に大きな役を与えられたていは、映画の撮影に入っていくのだった。 ●その他の登場キャラクター/小田監督(第1・4・8話)
  • 龍-RON- 16巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/“無”の心▼第2話/中国人の面子(メンツ)▼第3話/仲裁役▼第4話/奪った魂▼第5話/ある依頼▼第6話/危機一髪!?▼第7話/北京休日 その1▼第8話/北京休日 その2 ●登場人物/押小路龍(押小路男爵の息子。剣の道を極めるため、武専に入学するも中退。現在は押小路財閥の総師代行)、田鶴てい(元押小路家の使用人。龍の婚約者だが、今は女優の道へ)、曹徳豊(中国からの留学生。龍の部下)、鳳花(フォンホア。京劇の女形。龍に興味を持ち、近づく) ●あらすじ/小田安次郎監督の映画『息子よ』の杉子役をもらったてい。ていは、2年ぶりの主演となるこの映画に、全身全霊を傾けていた。だが監督は、何度も何度もテストをくりかえし、なかなかOKを出さない。「監督がテストを繰り返すのは、自分がヘタだからだ」と思うていに、監督は「演技を工夫してしまうからだ」と言う。そして、自分を無にして演じることをアドバイスした(第1話)。▼龍が満州(※)を訪問して2週間が経ち、中国人の対日感情が気になり始めていた。このことを部下の曹に尋ねたところ、曹は、「国家主権を日本が握っていることに関しては良い感情を持っていない」と正直に答えた。この言葉を聞いた龍は、中国人たちの街、城内を見て回ることにした(第2話)。 ●本巻の特徴/第16巻では、龍は京劇の女形・鳳花(フォンホア)に出会う。初めて会ったはずであるのに、不思議な胸騒ぎを覚える龍。そして鳳花は、龍に興味を持ち、何かと親切にするのであるが…… ●その他の登場キャラクター/甘粕正彦(第5、6話)、溥儀(第5、6話) ※満州とは現在の中国東北部で、かつて日本が一方的にとり決めた傀儡国家の呼称。
  • 龍-RON- 17巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/切れる剣▼第2話/過去と秘密▼第3話/パンドラの匣▼第4話/危険分子!?▼第5話/帰京の夜▼第6話/父、息子▼第7話/時代の壁▼第8話/タイアップ ●登場人物/押小路龍(押小路男爵の長男。押小路財閥の総師代行)、鳳花(京劇の花形役者)、押小路一磨(龍の父。押小路財閥当主)、田鶴てい(女優。龍の婚約者)、曹徳豊(中国からの留学生。龍の弟子)、轟徹太(元轟組跡取り。龍の弟子) ●あらすじ/鳳花のいた京劇の稽古場、科班(コオパン)を鳳花と共に見学に来た龍。その苛酷な稽古ぶりに、龍は思わず息を飲む。鳳花は、一座の花形役者、世芳に剣の立ち回りの相手を申し出る(第1話)。▼鳳花は世芳との立ち回りの中で、自身の過去を思い出していた。鳳花の冷酷なまでに鋭い剣さばきに怯え切ってしまった世芳に、鳳花は役者の道を優しく諭す。そんな鳳花を見て、龍はある決意を固める(第2話)。▼龍は墓守りの張の手引きで、龍の母・高瀬紅子(趙紅華)に関係あると思われる人物の邸宅に出向く。菊齢、蓮齢、蘭齢の3人の老女により、紅子の過去が明らかになる……(第3話。) ●本巻の特徴/龍は、日中友好のために中国の京劇団の訪日公演を実現させるべく、孤軍奮闘する。その一方で、龍は母・紅子に何か重大な秘密が隠されているのではないかと感じ始める。
  • 龍-RON- 18巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/成功目前!?▼第2話/或る決意▼第3話/呼び出し ▼第4話/秘法伝説▼第5話/忍び寄る足音▼第6話/氷のごとく冷たき手▼第7話/蹶起前夜▼第8話/曹徳豊の魂▼第9話/白い襲撃
    ●登場人物/押小路龍(押小路男爵の長男。押小路財閥の総師代行)、鳳花(京劇の花形役者)、押小路一磨(龍の父。押小路財閥 当主)、押小路卓磨(龍の叔父。押小路財閥の実権を握る)、田鶴てい(女優。龍の婚約者)、曹徳豊(中国からの留学生。龍の弟子)、轟徹太(元轟組跡取り。龍の弟子)
    ●あらすじ/京劇役者鳳花と知り合い、京劇の魅力にとりつかれた龍は、日中友好のために京劇招聘に動く。ていを起用したポスターを貼ったり、飛行機を使ってビラを配ったりと派手な宣伝活動をした。この龍の行動を見た卓磨は、龍を呼び出す。龍は、押小路グループの幹部会議で決まったことを伝えられるが…(第1話)。
    ▼ていの心配をよそに龍は、ボートに乗ったり、酒を飲んだりと遊びまくる。その後、龍は武専時代の同級生高階を訪ね、稽古場へ向かう。高階と剣を交わしふっ切れた龍は、ある決意をする(第2話)。
    ●本巻の特徴/一磨は、龍と卓磨を呼び出した。この席で一磨は、30代で軍人を引退した理由を話した。この理由を龍の弟子である曹徳豊が聞いてしまったため、事件が起こってしまう。
  • 龍-RON- 19巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/龍と鳳凰▼第2話/一刻の猶予(ゆうよ)▼第3話/それぞれの誓い▼第4話/龍の決意▼第5話/ある罠▼第6話/風の声▼第7話/嵐来たる▼第8話/月光(がっこう)▼第9話/冥加(みょうが)と知る
    ●登場人物/押小路龍(押小路男爵の長男。押小路財閥の総帥代行)、鳳花(京劇の花形役者)、押小路一磨(龍の父。押小路財閥当主)、押小路卓磨(龍の叔父。押小路財閥の実権を握る)、田鶴てい(女優。龍の婚約者)、曹徳豊(中国からの留学生。龍の弟子)、轟徹太(元轟組跡取り。龍の弟子)
    ●あらすじ/中国皇帝の秘宝が、各国の争いの種になってしまうと恐れた龍と鳳花の母・高瀬紅子こと趙紅華(チャオホンホア)は、その秘宝を隠してもらうため一磨に手渡した。一磨が秘宝の在りかを知っていると聞いた鳳花は、押小路家を襲撃する。しかし、一磨の答えは「すべて燃やしてしまった」だった。そこで、鳳花はせめて母を偲べる想い出の品を見せるよう一磨に頼む。一磨は写真と遺髪を鳳花に見せる。鳳花は、その遺髪に何か秘密が隠されていると考えるが…(第1話)▼一磨が銃で撃たれたことを知ったをていは、押小路家に向かう。しかし、2・26事件による通行止めで、なかなか屋敷にたどり着けない。やっとの思いで屋敷に到着したていの前には、昏睡状態の一磨がいた。一刻も早く病院に連れていかなければならない状態だが、屋敷は封鎖されて身動きがとれない。そこで、ていのとった行動は…(第2話)。
    ●本巻の特徴/鳳花の出生の秘密が明かされ、鳳花と一磨、そして龍との関係も明らかになる。
  • 龍-RON- 20巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ▼第1話/出帆▼第2話/遥かなる黄土▼第3話/消息▼第4話/文龍(ウェンロン)という少年▼第5話/迎春▼第6話/忍び寄る事件▼第7話/元宵節(ユアンシィアオチィエ)▼第8話/発見●登場人物/押小路龍(押小路男爵の長男。押小路財閥の総帥代行)、鳳花(京劇の花形役者)、押小路一磨(龍の叔父。押小路財閥の実権を握る)、田鶴てい(女優。龍の婚約者)●あらすじ/脱獄した龍をかくまった後、家に戻ってきた小鈴の元に卓磨から電話が入り、突然、神戸の別荘に来るように言われる。龍と一夜を過ごした後すぐに卓磨と会う気にはならなかった小鈴ではあったが、卓磨が龍の逃亡先を知っていることを知り、神戸の別荘に向かうことにするが…(第1話)▼小鈴たちの助けで、神戸港から出る上海行きの船に乗ることができた龍とスンヨン。しかし、上海を目の前にし、船が転覆してしまう。二人は無事、上海にたどり着くことができるのか?(第2話)●本巻の特徴/龍の行方がわからなくなってから2年経っても、ていは龍が生きていると信じてずっと待ち続ける。はたして二人は再会できるのか、それとも…●その他の登場人物/小鈴(元祇園の芸妓。卓磨の妾。龍とは幼なじみ)、スンヨン(龍の友人である在日朝鮮人)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。