“LOVe” 1巻

“LOVe” 1巻
全30巻完結 ポイント還元
作者
雑誌
価格
420pt/420円(税抜)

初回購入特典 210pt還元

▼PROLOGUE/遥かなるBONIN(前編)▼PROLOGUE/遥かなるBONIN(後編)▼"LOVE"INTRODUCTION▼第1話/おがさわら丸▼第2話/父さんに一番近い島▼第3話/変な子
●登場人物/鯨岡”ミリアム”洋平(小笠原諸島に入植した米国人の子孫。自称テニス天才少年)、高樹愛(島に引っ越してきた12才の少女)、デビッド・ミリアム(島の神父)、ジャック・スペンサー(デビッドの弟で世界的テニスプレーヤー)

初回購入限定! 50%ポイント還元

  • “LOVe” 21巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ついに全国大会が始まった。なつかしい再会をはたしたラブと洋平は、「あの日の続き」をお互いに誓う。それぞれの思惑を胸に、戦いの火ぶたが切られる!
  • “LOVe” 22巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ▼GAME185/団体戦開始!!▼GAME186/ダークホース▼GAME187/初戦敗退?▼GAME188/逆襲開始!!▼GAME189/底力▼GAME190/せめて一勝▼GAME191/ストップ アンド ゴー▼GAME192/モテモテ王国?▼GAME193/VSタコヤキ軍団▼GAME194/卑怯モン?
  • “LOVe” 23巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ▼第195話/人のため、自分のため▼第196話/虎の尾▼第197話/胸を張って▼第198話/大事にせェよ▼第199話/やばいぞ黒百合▼第200話/超能力!?▼第201話/念仏ブツブツ▼第202話/念仏返し?▼第203話/集中!!気迫!!勝利!!
  • “LOVe” 24巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ▼第204話/1-0、0-1、?-?▼第205話/大ピンチ!!▼第206話/道はひとつ▼第207話/うれしいんだ▼第208話/ナイスだぜリョーちん!!▼第209話/不吉な影▼第210話/せつない約束、大事な秘密▼第211話/堤防決壊▼第212話/正体
  • “LOVe” 25巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ▼第213話/答えはひとつ▼第214話/おまえはおまえ▼第215話/男気バリバリの準決勝▼第216話/ゴーゴー黒百合!!▼第217話/暗雲▼第218話/決勝の行方▼第219話/団体戦・決勝!!▼第220話/よく見てやがれ!!▼第221話/ちくしょう、ちくしょう、バカヤロォ!!
    ●主な登場人物/高樹愛(通称・ラブ。鯨岡洋平とテニスで勝負するために、性別と年齢をごまかして、テニスの強豪男子校・黒百合学園に入学した元気印少女。13歳)、鯨岡洋平(幼い頃、ラブにテニスを教えた天才テニスプレーヤー。今は東京のテニス強豪高校・蘭山に通う)
    ●あらすじ/ラブは、自分は女で、しかもまだ13歳の中学生だということを黒百合テニス部員たちの前で告白し、ひとり宿舎を後にする。一方、ラブの衝撃の告白に動揺を隠せないテニス部員たち。自分たちは“チビで女で13歳のガキンチョ”に振り回されていたのか、“チビで女で13歳のガキンチョ”に勝てなかったのか…。各々がラブへの思い、憤り、悔しさ、そして責任を口にし始める。そして…(第213話)。▼ラブを探しに外へ出た黒百合テニス部員。ひとりテニスコートで泣きじゃくるラブを見つけた彼らは、「何があってもおまえはおまえ。この夏が終わるまでは高樹クンだ」と、やさしく迎え入れる。さらに強い絆が、黒百合テニス部員たちの間に結ばれた…。さぁ、明日はインターハイ団体戦の準決勝だ!!(第214話)
    ●本巻の特徴/洋平と対戦したいがために、性別を偽り年齢をごまかしてまで黒百合学園に入ったラブ。しかし、ようやくこぎ着けた蘭山との試合。なんと洋平は、レギュラーを外されてしまっていた!
  • “LOVe” 26巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    自称・天才テニス少年・鯨岡洋平。彼が小笠原で出会った不思議な少女・高樹愛(通称・ラブ)は、恐るべきパワーを秘めていた…。ここに、ひとりの天才テニスプレーヤーが誕生する!!
  • “LOVe” 27巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ▼第232話/うごめく者ら▼第233話/宣戦布告?▼第234話/わたしのほうが何倍も▼第235話/そ、それは…▼第236話/秒読み▼第237話/伏兵▼第238話/3Mの魔術師▼第239話/その名は…!!▼第240話/無敵?の“うなぎボール▼巻末おたのしみ劇場
    ●登場人物/高樹愛(通称・ラブ。鯨岡洋平とテニスで勝負するために、性別と年齢をごまかして、テニスの強豪男子校・黒百合学園に入学した元気印少女。13歳)、鯨岡洋平(幼い頃、ラブにテニスを教えた天才テニスプレーヤー。今は東京のテニス強豪高校・蘭山に通う)
    ●あらすじ/インターハイ個人戦が開幕した。ラブは順調に勝ち進むが、その正体を探るゴシップライターが現れ、ラブの身辺を探り始める。一方、洋平は1回戦で大苦戦、まったくいつもの調子を取り戻せないまま、ズルズルと失点を重ねていく(第1話)。▼洋平は、スタンドから応援するラブの声援で、本来の自分を思いだし、集中力を高めていく。一方、森野くるみはラブを呼び出し、女同士の恋の決着をつけようとしていた。しかしラブはまだ13歳の女の子、恋はどんな感情なのかがわからず…(第2話)
    ●本巻の特徴/インターハイの個人戦、ラブは順調に勝ち進み、3回戦で韓国人の朴成民を迎える。その安定した巧みな戦術の前に、ラブは劣勢を強いられるが、ムーンボールを繰り出し、試合をイーブンに持ち込む。しかし、それはただの山なりのボールではなかった。
  • “LOVe” 28巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ▼第241話/逆襲▼第242話/最北の狼▼第243話/風に吹かれて▼第244話/究極の最終兵器▼第245話/イルカ∞(アンリミテッド)▼第246話/暴露▼第247話/出場停止?▼第248話/明日へ向かって▼第249話/呪縛▼第250話/最難関の準々決勝
    ●登場人物/高樹愛(通称・ラブ。鯨岡洋平とテニスで勝負するために、性別と年齢をごまかして、テニスの強豪男子校・黒百合学園に入学した元気印少女。13歳)、鯨岡洋平(幼い頃、ラブにテニスを教えた天才テニスプレーヤー。今は東京のテニス強豪校・蘭山高に通う)
    ●あらすじ/インターハイ個人戦が開幕。ラブは順調に4回戦まで進出していた。一方、洋平も、ラブが団体戦で当たって引き分けた十文字を相手に、今まさに勝ち上がりを決めた。ラブの正体を探るゴシップライターの執拗な魔の手が迫るなか、いよいよラブの4回戦、試合開始!!(第1話)。▼“最北の狼”利尻は、その名にたがわぬ素早い動きと、アンドロイドのようなポーカーフェイスで、淡々と冷静で的確に鋭い攻撃をオールラウンドに仕掛けてくる。だが、彼の本領はそれだけではなかった。そしてコートに激しい風が吹き始めると、その無表情な顔に、笑みが浮かびはじめる(第2話)
    ●本巻の特徴/究極の最終兵器“うなぎボール”を手に入れた愛は、インターハイ個人シングルス4回戦に進出!! 相手は漣もその実力を認める“最北の狼”利尻富士雄!! 強風の下、試合は…!?
  • “LOVe” 29巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ▼第251話/卑しい悪魔▼第252話/勝ち目なし?▼第253話/作戦▼第254話/信じ続けて▼第255話/本当に求めていたもの▼第256話/“その時”▼第257話/逆襲▼第258話/逃げんなよ▼第259話/好きなら…▼第260話/そして…
    ●登場人物/高樹愛(通称・ラブ。鯨岡洋平とテニスで勝負するために性別と年齢をごまかし、テニスの強豪男子校・黒百合学園に入学した元気印少女。13歳)、鯨岡洋平(幼い頃、ラブにテニスを教えた天才テニスプレーヤー。今は東京のテニス強豪校・蘭山高に通う)
    ●あらすじ/会場に姿を現わした山城は、なんとペインティングをしていた。そして会場の中に母親の姿を見ても、全く動じた様子を感じさせない。“卑しい悪魔”と呼ばれる自分を誇示するかのように今、コートに立つ。そして試合が開始される。直後から、ラブの“イルカ∞(アンリミテッド)”が炸裂。しかし最初の1ポイントを奪ったものの、次のリターンではジャストミートされてしまう(第1話)。▼ラブがいくら“イルカ∞”を打っても、山城はボールの回転や動きを見切って完璧にリターン。ラブはファーストゲームをブレイクされてしまう。そして山城のサービスゲームでは、“爆裂フラット”サーブを軸にした圧倒的パワーの前に手も足も出ない。それでもラブは通用しないはずの“イルカ∞”だけを打ち続けていた。これは作戦なのか?(第2話)。
    ●本巻の特徴/“正体”が公表されたものの、文部大臣の鶴の一声でインターハイ出場が認められた愛。洋平と“あの日の続き”を戦う前に、立ちはだかる最大の敵、山城剛! 準々決勝は激闘が繰り広げられる!!
  • “LOVe” 30巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ▼第261話/あの日の続き▼第262話/ハローアゲイン▼第263話/THAT'S TENNIS!!▼第264話/“あの日”から“明日”へ▼最終話/永遠の夏▼“LOVE”外伝1/ジョータとヒュー▼“LOVE”外伝2/ジョータとヒュー 2
    ●登場人物/高樹愛(通称・ラブ。鯨岡洋平とテニスで勝負するために性別と年齢をごまかし、テニスの強豪男子校・黒百合学園に入学した元気印少女。13歳)、鯨岡洋平(幼い頃、ラブにテニスを教えた天才テニスプレーヤー。今は東京のテニス強豪校・蘭山高に通う)
    ●あらすじ/インターハイ準々決勝。ラブは山城の棄権で勝ち上がり、準決勝進出!! ついに鯨岡洋平と対戦できるところまで来た。試合後、文部大臣がラブの元を訪れ、森山と加藤からの伝言を伝える。「オジサンたちはおとなしく試合を観てる、“父さん”と一緒に…」(第1話)。▼多くの仲間と、どこかで見守る父の暖かい視線を背に、洋平との“あの日の続き”ができる瞬間が今、訪れようとしていた。インターハイ個人シングルス準決勝、ラブはなんと“女の子”の姿で入場してくる(第2話)。
    ●本巻の特徴/インターハイ個人シングルス戦準決勝で、愛と洋平はついに“あの日の続き”を戦うことに!! コートに現れたラブの姿は… 外伝「ジョータとヒュー」も収録して、堂々完結の第30巻。

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。