お〜い!竜馬 1巻

お〜い!竜馬 1巻
全23巻完結 ポイント還元
作者
雑誌
価格
550pt/605円(税込)

初回購入特典 275pt還元

●登場人物/坂本竜馬(土佐の郷士の末っ子。弱虫だが優しくて母思い。)坂本乙女 (竜馬の姉。男勝りで勝ち気な性格。)坂本幸(竜馬の母。結核をわずらっている。) ●あらすじ/弱虫な竜馬は、近所でもいじめっ子の的で、姉の乙女に助けられる毎日 。そんな竜馬の7つになり学問は楠山塾、剣道は日根野道場にはいるが、塾でも道場 でも落ちこぼれ。とうとう塾を退塾となる。しかし母、幸は病の床でも竜馬を優しく 見守ってくれる。そんな幸と花見に出かけた竜馬を見つけたいじめっ子達だが、幸の 親切心に心を打たれた彼らは、幸のために捨てられた傘で日傘を作ってくれた。そこ に通りかかった上士。土佐では禁止されている郷土の日傘を目撃された竜馬達は…。▼第1話/竜馬誕生▼第2話/竜馬の姉達▼第3話/弱虫竜馬▼第4話/乙女、逆上▼第5話/修業の日々▼第6話/剣士の魂▼第7話/塾生失格▼第8話/・海・といふ字▼第9話/上士と郷士
●登場人物/坂本竜馬(武士の子でありながら泣き虫で勉強嫌い)坂本乙女(竜馬の姉。竜馬に剣術を仕込もうとする)以蔵(貧乏なために武士を憎むが、竜馬には好感を持つ)

初回購入限定! 50%ポイント還元

  • お〜い!竜馬 11巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ●登場人物/坂本竜馬(江戸末期、日本変革期に奔走した熱い青年。)武市半平太( 竜馬の幼なじみ。土佐勤王党の党首。)お竜(竜馬が借金取りから救った娘。) ●あらすじ/京では幕府側の浪士団、新撰組が勤王党の刺殺していた。一方、竜馬は 借金取りに狙われた姉妹を救った。彼女たちの父は勤王の医者で、牢内で死んでしま い、今は自分たちの生活もままならないとの事だった。竜馬は、彼女達の生活を面倒 見ると約束した。勝の所に戻った竜馬は、神戸海軍塾の金策のために即、福井の松平 春嶽の屋敷まで馬を走らせ春嶽を説得、五千両を福井から引き出した。京に戻り、姉 妹の姉、お竜の事を寺田屋に頼みに行くと、そこに陸奥陽之助という男が竜馬を待っ ていた。陸奥は海軍塾にはいる前に竜馬に会いに来たのだ。勤王優勢の世になり、武 市は土佐藩の中で昇進し竜馬と和解を果たしたのも束の間、長州の勢力が衰退し世が 公武合体となると、今度は土佐帰国を命ぜられた。武市や以蔵の命を案じる竜馬は新 撰組に情報を仕入れに行くが、逆に目を付けられてしまう。土佐では武市が牢入りを 命ぜられ、京の土佐郷士達は武市奪還のため、幕府を攻めに行った。▼第108話/菊一文字▼第109話/誠・新撰組▼第110話/飼い犬▼第111話/お竜との出会い▼第112話/金策▼第113話/陸奥陽之助▼第114話/武市との和解▼第115話/京の政変▼第116話/心配▼第117話/土方VS.竜馬▼第118話/土佐勤皇党の悲劇
    ●登場人物/坂本竜馬(世界に出て活躍する夢を持つ青年)沖田総司(尊王攘夷に燃える新撰組の隊員)岡田以蔵(竜馬の幼なじみだが、今は人斬りになった)勝海舟(竜馬と意気投合した幕府役人)
  • お〜い!竜馬 12巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ●登場人物/坂本竜馬(江戸末期、日本変革期に奔走した熱い青年。)勝海舟(幕府 役人で海軍を率いる。竜馬の師匠。)千葉佐那子(江戸、千葉道場の娘。密かに竜馬 に思いを寄せる。) ●あらすじ/幕府に戦いを挑んだ土佐郷士達を気にかけつつ、竜馬は神戸海軍塾の設 立に励んでいた。この郷士達の戦死と武市の投獄が竜馬の耳に届くと、勝は気を利か し、竜馬を京に使いに出した。竜馬は京で、以蔵探しをするが消息はつかめず断念。 大坂で勝と竜馬は江戸から着いた軍艦に乗り、勝は竜馬に14代将軍家茂と会わせた。 将軍は、子供のようにはしゃぐ竜馬をとても気に入るのだった。その頃土佐では、武 市や他の勤王党の郷士が牢生活をし、特に武智以外の郷士に対する拷問は悲惨であっ た。神戸海軍塾にいる土佐郷士も捕らえたい土佐藩は、武市の斬首と引き替えに彼ら の帰国を命じるが、竜馬達は土佐まで黒船で行き上士らを脅すことを計画、見事成功 する。竜馬はまだ京に潜んでいる勤王の志士達を救うため北海道開拓を考え、幕府へ の金策に江戸へ向かった。江戸の千葉道場で世話になると、道場では娘の佐那子と竜 馬を一緒にさせようという気運が高まるが、それに気づいた竜馬は何も言わず千葉道 場を後にする。そして佐那子は晩年まで独身で、自分を竜馬の婚約者だったと言い続 けてしまうのである。一方土佐では、武市を釈放しない藩に業を煮やした郷士23名 が、獄舎に入り裁きの場で勤王を主張しようとしたが、藩はこの23名を斬首したの だった。▼第119話/天誅組散華▼第120話/以蔵潜伏▼第121話/壬生の群狼▼第122話/以蔵対沖田▼第123話/将軍・家茂▼第124話/勤王党弾圧▼第125話/逆襲 浦戸湾▼第126話/江戸の時雨▼第127話/夢一夜▼第128話/二十三烈士
    ●登場人物/坂本竜馬(世界に出て活躍する夢を持つ青年)沖田総司(体を壊しながらも新撰組で活躍する剣の達人)岡田以蔵(人斬り以蔵と呼ばれ新選組に狙われている)勝海舟(竜馬と意気投合した幕府役人)
  • お〜い!竜馬 13巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ●登場人物/坂本竜馬(江戸末期、日本変革期に奔走した熱い青年。)桂小五郎(長 州倒幕派の中心人物。倒幕過激派をなだめようとする。) ●あらすじ/神戸海軍塾に長州の桂が訪ねてきた。過激になりすぎた長州の志士達に 海軍塾を見せなだめるつもりなのだ。しかし長州志士らは天皇奪回計画を遂行する意 志を変えず、桂を残し京へ向かった。この計画を止めるため、桂と竜馬も京へ急いだ。 志士の集合場所と思われる2カ所、四国屋に竜馬、池田屋に桂が行くと、四国屋には 土佐郷士、中岡慎太郎のみ現れ、真の集合場所は池田屋であった。しかし桂は新撰組 の池田屋襲撃に間に合わず、多くの志士が命を落としてしまった。そして長州軍は禁 門の変で、会津軍、薩摩軍と天皇を奪い合い大敗。京は3日間、燃え続けた。一方、 池田屋の騒動に神戸海軍塾の者も加わっていたため、幕府の怒りをかった勝は京都所 司代に連行され、海軍塾は閉鎖されてしまった。 ▼第129話/蜂起の兆し▼第130話/新撰組出動!!▼第131話/池田屋襲撃▼第132話/祭の終わり▼第133話/無念の埋葬▼第134話/象山暗殺▼第135話/禁門の変▼第136話/西郷吉之助▼第137話/京都炎上!!▼第138話/八方ふさがり
    ●登場人物/坂本竜馬(世界に出て活躍する夢を持つ青年)沖田総司(体を壊しながらも新撰組で活躍する剣の達人)佐久間象山(数々の弟子を持つ知識人)
  • お〜い!竜馬 14巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ●登場人物/坂本竜馬(江戸末期、日本変革期に奔走した熱い青年。)武市半平太( 竜馬の幼なじみ。藩に抵抗した疑いで牢で生活。)岡田以蔵(竜馬の幼なじみ。土佐 藩から逃亡中。) ●あらすじ/海軍塾が閉鎖して、竜馬達は勝の手回しで薩摩藩に保護された。そこで 逃亡中の以蔵は竜馬に会えた途端、土佐藩に捕まり入獄してしまった。以蔵が真実を 吐いてしまう事を恐れた武市達は、以蔵への差し入れに毒を盛るが失敗。それでも竜 馬の助けが来る事を信じて口を割らない以蔵であったが、竜馬が薩摩藩に保護され投 獄されることがないと分かると以蔵は全てを話してしまった。武市の切腹は三文切り と呼ばれる壮絶なもので、彼はこれで誇りを貫いてみせた。一方、以蔵は斬首のため 河原に連れて来られるが、そこで竜馬の姉の乙女が止めに入り以蔵を救おうとするが 、乙女は押さえられ、以蔵は立ち回りの末斬られてしまうのだった。▼第139話/別離▼第140話/以蔵捕縛▼第141話/竜馬が来るまで!!▼第142話/児祭▼第143話/一人ぼっち▼第144話/容堂の裏切り▼第145話/三文字の切腹▼第146話/剣士の誇り▼第147話/以蔵の最期
    ●登場人物/坂本竜馬(世界に出て活躍する夢を持つ青年)岡田以蔵(土佐藩にとらえられたかつての人斬り)武市半平太(竜馬の幼なじみだが囚人になっている)
  • お〜い!竜馬 15巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ●登場人物/坂本竜馬(江戸末期、日本変革期に奔走した熱い青年。)西郷隆盛(薩 摩軍の総大将。何事にもどっしり構えている。) ●あらすじ/神戸海軍塾が閉鎖され、勝には江戸での蟄居(一室での謹慎)が命ぜら れた。勝を見送った竜馬のもとに、姉の乙女から武市と以蔵の死の知らせが届いた。 怒り悲しむ竜馬を寺田屋のお竜が体を張って慰めるのだった。そして竜馬達元海軍塾 生は、薩摩藩の後ろ盾のもとで貿易をする企てをもって、西郷達と薩摩へ向かった。 薩摩藩の出資で貿易会社を作り、異国からの武器を薩摩に流すという竜馬の案は、西 郷の幼なじみ、大久保一蔵から藩主、島津久光に伝えられ許しを得た。また薩摩は竜 馬の説得により、幕府からの第2次長州征伐令を拒否することと決めた。そして竜馬 は西郷に、犬猿の仲の長州と薩摩が同盟を結ぶことを提案するのだった。カンパニー の本拠地を長崎とした竜馬は、仲間を連れて長崎に。そこには神戸海軍塾廃止以来消 息不明だった陸奥陽之助がどうにか生きつないでいた。▼第148話/西郷の計らい▼第149話/薩摩芋▼第150話/武市さん…以蔵さん…▼第151話/激情▼第152話/火の国へ!!▼第153話/鍵を握る男▼第154話/カンパニー起動▼第155話/朋友ふたたび▼第156話/陸奥の一計
    ●登場人物/坂本竜馬(世界に出て活躍する夢を持つ青年)西郷吉之助(竜馬に魅力を感じている薩摩藩士)陸奥陽之助(竜馬の昔なじみで仲間になりたがっている)
  • お〜い!竜馬 16巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ●登場人物/坂本竜馬(江戸末期、日本変革期に奔走した熱い青年。)中岡慎太郎( 竜馬と同じ志で行動。出身も竜馬と同じ土佐郷士。) ●あらすじ/長崎に設立したカンパニー亀山社中を陸奥らに任せて、竜馬は薩長同盟 実現のため長州に向かった。薩摩に対する恨みがつのる桂、高杉をどうにか説得した 竜馬は、また中岡が同じ考えを持ち、西郷を長州に連れてくることを知った。竜馬と 桂、高杉は下関で西郷と中岡を待っていたが、約束の日に現れたのは中岡だけであっ た。西郷は他の重臣達の反対に会い、独断できなかったのだ。西郷にすっぽかされ怒 る長州側。竜馬は京の薩摩藩邸で西郷を説得、薩摩名義で長州の武器を買うことを承 諾させた。しかし長州では憎き薩摩に助けを借りたという反感が広がり、その矛先が 桂に向けられていた。竜馬は米不足の薩摩に長州が兵糧米を安く売って恩返しをする ことを提案、桂もこれを受け入れた。一方、京に戻った竜馬は長州に武器を流したこ とを幕府に知られ、新撰組に囲まれてしまう。 ▼第157話/竜馬の右腕▼第158話/火薬庫長州▼第159話/説得▼第160話/余命▼第161話/不測の事態▼第162話/雪隠詰▼第163話/大久保受難▼第164話/富さん▼第165話/泣きべそ桂▼第166話/包囲網
    ●登場人物/坂本竜馬(世界に出て活躍する夢を持つ青年)高杉晋作(薩摩を目の敵にする長州の武士)陸奥陽之助(竜馬の昔なじみで仲間になりたがっている)
  • お〜い!竜馬 17巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ●登場人物/坂本竜馬(江戸末期、日本変革期に奔走した熱い青年。)西郷隆盛(薩 長同盟、薩長側代表。)桂小五郎(同じく長州側代表。) ●あらすじ/竜馬は薩長同盟実現のため、再度、西郷を説得しその約束を得た。長州 ではいまだ薩摩への反感があったが倒幕戦争に勝つには薩長同盟が必要だと説得、桂 もとうとう同盟のための京行きを決めた。一方、竜馬はかつが長州征伐の海軍大将に 命ぜられるという噂を確かめに、大阪の将軍顧問、大久保一翁を訪ね、それが将軍家 茂の願いであることを知った。次の日、一翁の計らいで家茂に会った竜馬は、勝への 海軍大将任命を取り下げてもらうよう懇願し、国内の戦を悲しんでいる家茂は、竜馬 の頼みを聞き入れた。そして薩長同盟成立を楽しみに京の寺田屋に着いた竜馬は、死 んでいった土佐郷士と祝杯を上げるのだった。しかし肝心の薩長同盟は互いの藩が話 を切り出さず、全く進んでいなかった。▼第166話/血風示現流▼第167話/蔵六登場▼第168話/桂と高杉▼第169話/大阪潜入▼第170話/敵陣まっただ中▼第171話/海舟の想い▼第172話/敵の総大将▼第173話/祝宴▼第174話/同盟の行方
    ●登場人物/坂本竜馬(世界に出て活躍する夢を持つ青年)一橋慶喜(幕府再建に燃える若き大名)徳川家茂(竜馬に好意を示す病弱な将軍)
  • お〜い!竜馬 18巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ●登場人物/坂本竜馬(江戸末期、日本変革のため薩長同盟実現に奔走した熱い青年 。)お竜(竜馬の京での拠点、寺田屋で働く娘。竜馬が世話をしている。) ●あらすじ/両藩の意地の張り合いで進展しない薩長同盟だったが、竜馬の立ち会い によってやっと成立した。大仕事を終え、竜馬は寺田屋のお竜のもとへ忍びに行くが、 幕府からの追われの身である竜馬はここで、伏見奉行に見つかり襲撃を受けてしまっ た。この襲撃で手に重傷を受けたものの、西郷や長州の三吉らのおかげで捕らわれる ことなく、京の西郷の宿舎で養生する事となった。そしてお竜の親身な看病のため回 復した竜馬は、この事件でお竜を手配者にしてしまったこともあり、彼女を長崎に連 れていく事を決めた。そして長崎に着くと、カンパニーの名前を亀山社中から海援隊 に改名。次は薩摩に向かい、お竜との旅を楽しむのだった。 ▼第176話/なんのために▼第177話/寺田屋二階▼第178話/四面楚歌▼第179話/血まみれ▼第180話/星空の下▼第181話/京の梅▼第182話/ずっと▼第183話/長次郎無念▼第184話/不死身の男
    ●登場人物/坂本竜馬(世界に出て活躍する夢を持つ青年)おりょう(竜馬と愛し合っている女性)池内蔵太(竜馬を尊敬している若き志士)
  • お〜い!竜馬 19巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ●登場人物/坂本竜馬(江戸末期、日本変革のために奔走した熱い青年。)中岡慎太 郎(竜馬と同じ志を持つ青年。出身も竜馬と同じ土佐郷士。) ●あらすじ/竜馬は長州からの米を薩摩に運ぶが、薩摩藩はただ長州と幕府の戦を見 守っているだけであると米を受け取らず、今度、その米を長州に返しに行くと、桂は 一度進呈した米を戻す事は出来ないと言う。そこで竜馬は、航海術にたけた海援隊と 米を商売しようと提案、桂も快くこれを引き受けた。一方、とうとう幕府から海軍大 将を命ぜられた勝だったが、危篤状態の将軍家茂が勝を側から離さず竜馬との約束を 果たすのだった。また、中岡は土佐に戻り、薩長同盟に土佐も加えようと奔走してい た。土佐上士、乾退助は中岡に協力的だったが、後藤象二郎はまだ郷士を見下してい た。しかし長崎に視察に来た後藤は、そこでの竜馬の大きな功績を目の当たりにした。▼第185話/海援隊出帆▼第186話/名誉の負傷▼第187話/将軍の死▼第189話/でかした竜馬…!?▼第190話/腐った土佐藩▼第191話/遊女の警護▼第192話/二枚の写真▼第193話/花月にて▼第194話/西郷の土佐入り
    ●登場人物/坂本竜馬(世界に出て活躍する夢を持つ青年)大村益次郎(対幕府戦の長州参謀長)高杉晋作(長州藩を指揮する志士)
  • お〜い!竜馬 20巻

    価格:550pt/605円(税込)

    ●登場人物/坂本竜馬(薩長同盟の裏の主役。長崎海援隊の中心。)後藤象二郎(土 佐の上士。竜馬とは幼い時から憎みあっていた。) ●あらすじ/薩・長・土連合の話を中岡から聞いていた竜馬は後藤との会談を承諾し た。お互い恨みのつのった者同士の会談は、一触即発の雰囲気だったが、竜馬が後藤 に握手を求め成功に終わった。そして後藤は、土佐の長崎での交易のために、竜馬に 付いて海援隊の商売の場に参加するが、他の上士達は郷士と親しくする事に反発し、 海援隊の郷士も同じく、後藤と親しくする竜馬に反発するのだった。そんな状態の中、 土佐の上士の息子達が航海術を教わりにやって来たが、船の上でいさかいが起こり後 藤が郷士に向けて剣を抜いた。その後藤を殴ってしまった竜馬。しかし後藤は、船の 上では船を操れる者が偉いと上士の子供達に諭すのであった。そして、土佐では竜馬 と中岡の脱藩罪赦免が決まった。 ▼第195話/刀▼第196話/諍い▼第197話/岩崎のたくらみ▼第198話/上座と下座▼第199話/命がけの勝負▼第200話/握手▼第201話/ほんとうの敵討ち▼第202話/船上の諍い▼第203話/後藤の度量
    ●登場人物/坂本竜馬(世界に出て活躍する夢を持つ青年)西郷吉之助(竜馬に魅力を感じている薩摩藩士) 後藤象二郎(かつてのライバル竜馬と手を組もうとしている土佐藩士)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。