ガンバ! Fly high 1巻

ガンバ! Fly high 1巻
全34巻完結
作者
雑誌
価格
420pt/420円(税抜)

▼第1話/なぜだっ・・・?▼第2話/ぜんぜん・・・▼第3話/レントゲン▼第4話/ウソじゃない!▼第5話/脚前挙地獄!!▼第6話/体操部っていったって・・・▼第7話/麗子のヒント▼第8話/僕たちだって・・・

  • ガンバ! Fly high 31巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ●主な登場人物/藤巻駿(明鏡学院大学1年生。「楽しい体操」を目指し、それを見つけるため目指してきた五輪に出場が決定)、内田稔(平成学園高校時代から一緒の、駿の先輩。日本代表に繰り上げ昇格。鳳雛大学所属)、キャシー飛鳥(アメリカ国籍のフリージャーナリスト。駿に恋し、精力的な取材をする。かつては全米ジュニアチャンピオンだった)、徳丸大三郎(「オーダーの魔術師」の異名を持つ、全日本男子チームの名監督)●あらすじ/内田は五輪出場が果たせなくなって以来、練習に行かなくなってしまった。ある日、内田は合コンで時間を潰した後、ホロ酔い気分で体育館へ行き、そこで水谷に会う。彼女と交わした「一緒に五輪に行こう」という約束は果たせなかったが、内田は水谷に「五輪でがんばれ。がんばれる舞台があるなんて、最高じゃないか」と激励し、翌日から自分も練習再開することを誓った。ところが、深夜になって寮へ帰った内田に、全日本体操協会から何度も電話があったことが知らされる(第1話)。●本巻の特徴/日本のエース・杉原の腰痛が悪化し、五輪出場を辞退せざるを得なくなったため、内田が繰り上げで代表入りすることになった。駿、真田、東ら仲間たちは内田の代表入りを心から喜ぶが、マスコミは杉原が出場不可能となったことで、すっかり諦めムード。しかし、名将・徳丸監督は「団体優勝の可能性は何一つ変わっていない」と断言する。そして、決意を新たにした日本代表6人(駿、堀田、須童、斎藤、嵯峨、内田)は、いよいよシドニーへ乗り込んだ。そこで、駿たちはかつて自分たちを指導してくれたアンドレアノフが、よりによってライバルの強国・ベラルーシのコーチになっていると聞かされ、動揺する。●その他の登場人物/藤巻あかね(駿の妹)、水谷奈穂(水泳日本代表。鳳雛大学2年生で、内田の恋人)、須童忠信(日本代表チームの主将)、斎藤栄、嵯峨康則、堀田辰也(いずれも日本代表チームの一員)、杉原寛斗(日本のエースだったが、腰痛の悪化で五輪出場を断念)、真田俊彦(駿の平成学園高校時代の先輩。五輪出場は果たせなかった)、ドミトリー・チェレンコフ(ヨーロッパ選手権で個人総合優勝を果たした、ロシアの選手)
  • ガンバ! Fly high 32巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ●主な登場人物/藤巻駿(明鏡学院大学1年生。「楽しい体操」を目標に、それを見つけるため目指してきた五輪に出場が決定)、内田稔(平成学園高校時代から一緒の、駿の先輩。日本代表に繰り上げ昇格。鳳雛大学所属)、須童忠信(日本代表チームの主将)、斎藤栄、嵯峨康則、堀田辰也(いずれも日本代表チームの一員)、徳丸大三郎(「オーダーの魔術師」の異名を持つ、全日本男子チームの名監督)●あらすじ/シドニーオリンピックへ乗り込んだ、体操日本代表の駿たち6人。いよいよ参加12か国による団体予選が始まった。決勝戦に出場できるのはわずか6か国。徳丸監督の意外なオーダーで先鋒を任された内田は、伸身の二回宙返り一回ひねり(ムーンサルト)という難度の高い技を見事に決め、9.500 点を獲得する。続く嵯峨、堀田、斉藤も次々と高得点をあげ、日本代表チームのムードは最高潮。そんななか、遂に駿の出番がやってきた!(第1話)。●本巻の特徴/見事な演技を見せた日本だが、他の強国はそれ以上にすごく、結局予選は中国、ロシア、ベラルーシに次いでの4位で終了した。決勝進出は果たしたものの、チームの雰囲気は沈みがち。だが「楽しい体操」をテーマに再度一致団結した日本チームは、奇跡を起こすべく決意も新たに決勝に臨む!! ●その他の登場人物/藤巻あかね(駿の妹)、水谷奈穂(水泳日本代表。鳳雛大学2年生で、内田の恋人)、真田俊彦(駿の平成学園高校時代の先輩。五輪出場は果たせなかった)、アンドレアノフ(かつては駿たちを指導していたが、現在はライバル・ベラルーシのコーチ)、ドミトリー・チェレンコフ(ヨーロッパ選手権で個人総合優勝を果たした、ロシアの選手)、イゴーリ・チェレンコフ(同大会の種目別あん馬で金メダルに輝いた。ドミトリーの弟)、王景陽(ワン・ジンヤン。中国のエース)、キャシー飛鳥(アメリカ国籍のフリージャーナリスト。駿に恋し、精力的な取材をする。かつては全米ジュニアチャンピオンだった)
  • ガンバ! Fly high 33巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ●主な登場人物/藤巻駿(明鏡学院大学1年生。「楽しい体操」を目指し、それを見つけるため目指してきた五輪に出場。会心の演技を続ける)、内田稔(平成学園高校時代から一緒の、駿の先輩。日本代表に繰り上げ昇格。鳳雛大学所属)、須童忠信(日本代表チームの主将)、斎藤栄、嵯峨康則、堀田辰也(いずれも日本代表チームの一員)、徳丸大三郎(「オーダーの魔術師」の異名を持つ、全日本男子チームの名監督)●あらすじ/シドニーオリンピック、決勝当日。第一種目の床で、日本代表は駿、内田、嵯峨と相次いで高得点を出し勢いに乗る。ところが、ベテラン・須童が思わぬミス。最後の演技者・堀田はミスの許されない状況に追い込まれた。だが、重いプレッシャーがかかる中でも堀田はひるむことなく、難易度の高い技に次々と挑戦していく(第1話)。●本巻の特徴/床に続いて、第二種目のあん馬、第三種目のつり輪と、日本代表は大健闘。強豪・中国、ロシアと堂々と渡り合う。一方ベラルーシは、エース・アレクサンドルの不調で、やや後退していた。投げやりになるアレクサンドル。だが駿は、そんなアレクサンドルを笑顔で励まし、欠点のアドバイスまで贈る。そして向かえた第四種目の跳馬。ドミトリー・チェレンコフの素晴らしい演技で、ムードがロシアに傾くなか、いよいよ跳馬のスペシャリスト・内田が登場した! プロレスに転向した東や、かつて駿たちを指導したアンドレアノフの姿や、アレクサンドル、イゴーリ兄弟の心の動きなどを描いたシドニー五輪編。●その他の登場人物/真田俊彦(駿の平成学園高校時代の先輩。五輪出場は果たせなかった)、アンドレアノフ(かつては駿たちを指導していたが、現在はライバル・ベラルーシのコーチ)、アレクサンドル・グレンコ(大会最年少の16歳だが、ベラルーシ・チームのポイントゲッター)、ドミトリー・チェレンコフ(ヨーロッパ選手権で個人総合優勝を果たした、ロシアの選手)、イゴーリ・チェレンコフ(同大会の種目別あん馬で金メダルに輝いた。ドミトリーの弟)、王景陽(ワン・ジンヤン。中国のエース)
  • ガンバ! Fly high 34巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    ロス五輪、金メダリスト……あの10点満点男、森末慎二が原作初挑戦っ!! 将来金メダルを取る少年、藤巻駿の波乱万丈、ド素人体操ストーリー!!

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。