家栽の人 6巻

家栽の人 6巻
全15巻完結
作者
雑誌
価格
550pt/550円(税抜)

以前、桑田がいた緑山家庭裁判所から桐島宏美が特例判事補として春河に転任してくる。彼女が最初に担当したのはある夫婦の離婚調停だった。妻からの離婚の申し立ては決定的な理由に欠けるものだったが、桐島は離婚に賛成して…。

  • 家栽の人 1巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    植物を愛するように人を育てる異色の家庭裁判所判事・桑田義雄。父親が高裁の長官であり、自身も将来を嘱望される身であるにも関わらず、「家裁」にこだわり栄転を拒否したことのある桑田。そして、暇さえあれば裁判所の周囲の植物に会いに出かけたり、世話をしたりする彼を変人と言う者もいるが…。現代の人々の愛と孤独を優しく描く都会派森林浴ドラマ!!
  • 家栽の人 2巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    桑田の元に1組の夫婦の離婚問題が持ち込まれてきた。それは彼の既知の刑事、細川右近夫婦の件であり、仕事熱心のあまり妻の心を思いやることができなかった細川に問題があって…。
  • 家栽の人 3巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    緑山家庭裁判所にひとりの司法修習生、加藤が研修にやってくる。検事を目指す彼は、桑田とともにひとつの少年事件に関わることで裁判官の仕事の魅力を感じ始める。
  • 家栽の人 4巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    新しい勤務地の春河で、着任早々、桑田はある少年の窃盗事件に関わることになる。担当の調査官の渋谷は熱血漢だが、事務的に仕事をしがちな裁判官に不信感を持つ男で…。
  • 家栽の人 5巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    年末の御用納めの忘年会準備に忙しい春河地家裁。その最中に、調査官の今西は、桑田が扱ったある兄弟の相続問題を思い出す。それは父親が死んで、3人の兄弟に残されたたった1軒の家をめぐる問題だった。
  • 家栽の人 6巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    以前、桑田がいた緑山家庭裁判所から桐島宏美が特例判事補として春河に転任してくる。彼女が最初に担当したのはある夫婦の離婚調停だった。妻からの離婚の申し立ては決定的な理由に欠けるものだったが、桐島は離婚に賛成して…。
  • 家栽の人 7巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    桑田の元にある一家の相続問題が持ち込まれてきた。病死した父親の遺言書が3人兄弟の長男に多く遺産を与えるものだったため、次男が不服を申し立てていたもので…。
  • 家栽の人 8巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    母親の遺産をめぐって丸1年、調停がまったく進まない家族があった。2人の兄弟とそれぞれの妻を含めた4人の欲が渦巻くなかで、長男の娘である少女がただひとり祖母の死を悲しみ、心を傷めていた。
  • 家栽の人 9巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    仕事の合間をぬって今日も散歩に出かける桑田。「今日は何かいい予感がするんです」と答えて出かける桑田だったが、その散歩中、顕微鏡で昆虫を一心に見つめる風変わりな男と出会って…。
  • 家栽の人 10巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ある1組の夫婦が離婚調停をしている。夫婦には娘がひとりいるが、父親と母親のどちらにも彼女を引き取る意志がない。そんな両親を見て、やけになりかけた少女だったが…。

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。