人間交差点 14巻 全27巻完結

人間交差点 14巻

価格:550pt/550円(税抜)

▼第1話/一枚の絵▼第2話/その時から▼第3話/帰国▼第4話/昼に近い午後▼第5話/日酒▼第6話/廃線▼第7話/傷▼第8話/過去を持つ愛情 ●あらすじ/大劇団の主宰・朝川は、金と権力に汚れた男だ。彼は外国ものの人気作品や、小劇団があてた演目を金の力で横取りし、自分のライバルとなりそうな劇団をことごとくつぶして今の地位にのしあがった。今度も小劇団が上演して人気を呼んでいる芝居の上演権を、姑息な手段で手に入れようとしている。だが、その小劇団の主宰は、学生時代、演劇部で同期だった男だった(第1話)。▼たびたびウソの危篤電報を打ち、甥の浩一をを呼びつける叔父は、かつて一族のホ−プだった人物。だが、ある日を境に突然、海辺の街に引っ込んでしまい、それ以来まったくの隠遁者となっている。今度もまた危篤電報で呼びつけられた浩一は、もう二度と叔父のところに訪れることはないだろうと思うのだが、日を経ずして再び届いた危篤電報を前に、また叔父のもとに駆けつけてしまう。そしてそこには、病床に伏す叔父・太の姿があった(第2話)。▼中国残留孤児の一家が、日本から、再び中国に帰ろうとしている。彼らを日本に呼ぶきっかけを作った新聞記者の原は、彼らに別れを告げるため空港にやってきた。だが原は、中国で医師をしていた男・佐藤に「あなたは残留孤児だ」と教えてしまったことが果たしてよかったのか、と自責の念にかられていた(第3話)。

この作品を見た人はコチラも見ています

作品メニュー

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスが未登録の場合はこちらから設定をおこないます。

コミックを探す