都立水商! 6巻 全22巻完結

都立水商! 6巻

価格:550pt/550円(税抜)

▼第55話/どうしますか?▼第56話/あっぶね〜!▼第57話/やっぱり!▼第58話/断固戦う!▼第59話/どうなってんスか?▼第60話/きっといつか!▼第61話/名案でしょ?▼第62話/譲れません!▼第63話/どうすれば…?▼第64話/気持ちいい!▼第65話/本当なの?●主な登場人物/田辺圭介(24歳の水商社会科教師。1年E組・フーゾク科担任を務める熱血派)●あらすじ/杉林の兄が経営する居酒屋「Temple」の再建に協力することになった小田と長沢。だが、それを知った"歌舞伎町三丁目商店連合組合"が、高校生を働かせていることを問題視して水商へ抗議にやってきた。小田たちの行動を黙認していた田辺は、歌舞伎町最強と噂される組合のドン・綾バァから「サッサと誠意を見せろ」と言われ、事態を重く見た校長はさっそく「Temple」を訪れることに…(第55話)。●本巻の特徴/校長の鶴の一声によって、居酒屋「Temple」の経営再建が水商の校外実習に! 公権力にもコネを持つ綾バァの嫌がらせをくぐり抜け、田辺たちは見事「Temple」を再生させられるのか!? 後半では、生徒にそっぽを向かれた音楽教師・矢沢道子の苦悩が描かれる。●その他の登場人物/ 小田真理(フーゾク科の生徒。田辺に想いを寄せる)、長沢大地(マネージャー科の生徒。小田に片想い中)、杉林佐和(マネージャー科唯一の女子生徒。兄が営む居酒屋「Temple」の再建を手伝う)、矢倉茂夫(水商校長。教職者には見えない貫禄の持ち主)、矢沢道子(水商の音楽教師。音楽一家に育ち、プライドが高い)、綾バァ(歌舞伎町にある酒問屋の女主人)

【期間限定】 11/21 23:59 まで

・5巻無料

この作品を見た人はコチラも見ています

作品メニュー

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスが未登録の場合はこちらから設定をおこないます。

コミックを探す