三丁目の夕日 夕焼けの詩 43巻

三丁目の夕日 夕焼けの詩 43巻
作者
雑誌
価格
550pt/550円(税抜)

▼第1話/息子▼第2話/赤いセーター▼第3話/最高のプレゼント▼第4話/犬の恩返し▼第5話/男は中味▼第6話/電灯▼第7話/近道▼第8話/恐妻家▼第9話/葬式▼第10話/嘘は罪▼第11話/写真館の美女▼第12話/過ぎし日の町角▼第13話/夢の超特急▼第14話/冒険小説▼第15話/虎になった猫▼第16話/ぬかみそ▼第17話/七夕怪談<sub> </sub>
●登場人物/鈴木則文(鈴木オートの社長で働き者。子供には少々甘い)、鈴木トモエ(優しくてしっかり者のお母さん。でも怒ると怖い)、鈴木一平(鈴木オートの一人息子。ワンパクだが、気は優しい)<sub> </sub>
●あらすじ/毎朝新聞社政治部記者の石上三年の息子・勇気は、大学受験を来年に控えながら、いじめを理由にまた学校をさぼってしまった。名前とはかけ離れ、勇気のかけらも感じられない息子を心配する石上。しかし、ある日陶芸家のインタビューに行ったことがきっかけで、長所も短所もひっくるめ、息子の“個性”であることに気付く。(第1話/息子)▼鈴木家のお母さん・トモエは、セールで買いだめした赤い毛糸で、息子・一平のセーターを編んだ。当時は、赤系統は「女色」、青系統は「男色」という変な決まり事のあった時代だったので、「女色はいやだ」「恥ずかしくて着られない!」と一平にいやがられてしまう。案の定、学校へ着ていった一平は「女みたい」とひやかされるが、なかには褒めてくれる人もいて……。(第2話/赤いセーター)<sub> </sub>
●その他のDATA/昭和30年代風物詩〜三輪自動車(第2話)、火鉢(第5話)、火消し壷、お釜(第6話)、駄菓子屋、メンコ(第12話)

  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 1巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ある場所に腕利きの大工がいた。その職人芸たるや、立てた柱に後光がさすといわれるほどのもの。だが、世の中は高層建築の時代に変わり、彼の腕を発揮する場所もどんどん無くなっていく。そんな彼の元に、ある依頼があった。なんと宇宙衛星を木造で作ってくれというのだ…。昭和30年代の世界に現代の心のふるさとを追う、珠玉のメルヘン!!
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 2巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    夢野平四郎は人気マンガ家。とはいってもそれは昔の話で、現在はアパートの経営者として悠悠自適の毎日である。だが、初老となった今も、マンガへの意欲は決して失ってはいない。そんな彼の元に、ある出版社から単行本発行の依頼がある。喜びいさんで新作の原稿を持っていった夢野だが、それは昔のヒット作の復刻版の発行依頼だった。その晩、複雑な思いで酒を飲む彼の前に、学生時代の親友が現れた…。
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 3巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    時は昭和30年代の夏。ここは路地で子供たちがベーゴマの腕を競っているようなどこにでもある町・夕日町三丁目。そんな町に鈴木さん一家が引っ越してきた。お父さんは社長。だけど、苦労の末にお店を開いた、立派な一国一城の主だ。一方、息子の一平は近所のガキ大将に早速ベーゴマの挑戦を受ける。ベーゴマは苦手な一平だったが…。
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 4巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    三丁目の「白雲館」はスッカラカンの苦学生ばかりの下宿。ここに住む細野と品川は、ひとつのコッペパンを争い、生のキャベツにに塩をかけて食べるような毎日を送っている。だが、そんな2人にも夢だけはある。細野は一流商社への就職を目指し、品川は芥川賞をとるべく小説修行に励んでいたが…。
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 5巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    時は昭和21年。終戦で三丁目に復員してきた新一は「森テーラー」のひとり息子。店が焼けたショックでやる気をなくした父に代わり、1人で店を建て直し、きりもりしていた。そんなある日、父の友人・中野が家にやって来た。銀座の一流テーラーの店主だった彼は、空襲で店を失い、行方不明となった婚約者を探しているという…。
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 6巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    今日も相変わらず「鈴木オート」は大忙し。昭和30年代に入り、国産車も様々な新型が登場しはじめ、町の修理工場も不勉強ではやっていけない。そんなある時、メーカー主催の研修会の誘いがやって来た。社長は、「鈴木オート」代表として従業員の六さんに参加してもらうことにしたが…。
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 7巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    独身の若手サラリーマン・五郎はある週末、バーのホステス・ヨー子と一夜を共にする。翌朝、五郎の部屋でくつろいでいた彼女は、自分が「いつでも空に虹を出す力」を持っていることを明かす。それは子供の頃にひとりの黒マントの怪人に授けられた能力だという。実は五郎も子供の頃にその怪人に出会っていたが、彼はそのことを忘れていた…。
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 8巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    単調な毎日に不満を感じている女子事務員の広美は、ゴーゴー喫茶で不良がかった若者・敬一郎と知り合う。堪え性がなく、職を転々とする敬一郎は「太く短く生きる」が身上。妙に意気投合した二人はやがて同棲を始める。給料が入れば毎晩二人で遊びまわり、金が無くなるとパンの耳をかじる。そんな自堕落な生活も、二人にとっては楽しい日々だったが…
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 9巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    お父さんと2人暮らしのミッちゃんは、実はまだ一度も海へ行ったことがない。だが、今年の夏は海水浴に連れて行ってくれるという。大喜びのミッちゃんは水着や浮袋を買い、お弁当のおにぎりもたくさん作って用意万端。そして翌日、初めて見た海は歌のとおりにとても大きかった。熱い砂、海の家で飲むラムネ、砂で作ったお城…初めての海水浴はあまりに楽しく、そしてあっと言う間に時間は過ぎてゆく…。
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 10巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ガリレオこと大原さんは、一平のクラスの級長。真面目で熱心すぎて、みんなの反感をかうが、なぜかいつも級長に選ばれる。今日も一平たち悪ガキは、先生の目を盗んではいたずらに励み、大原さんに言いつけられる。いわば、一平たちの天敵である彼女だが、ある日から大原さんが学校に来なくなった。聞けば結核で入院してしまったという…
  • 三丁目の夕日 「寒い夜」

  • 三丁目の夕日 「望郷」

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 三丁目の夕日 「冬将軍」

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 三丁目の夕日 「犬の恩返し」

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 三丁目の夕日 「新年会」

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 三丁目の夕日 「お年玉大作戦」

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 三丁目の夕日 「旅路」

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 三丁目の夕日 「冬桜」

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 三丁目の夕日 「冬の色」

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 三丁目の夕日 「節分」

    価格:40pt/40円(税抜)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。