「虹、甘えてよ。」完結!青木琴美フェア

開催期間:11/20〜12/3

虹、甘えてよ。

青木琴美

3巻無料!

まるごと試し読み 購入する
キミは僕の、親友の彼女。 「お前、虹のこと好きなんだろ?」 アイツにそう言われた時、素直に「うん」と言えば良かった。 「好きだ」 「絶対、俺の方が好きだ」 もしも、あの時そう言ってたら、神様は僕らにもっと違う運命をくれたのかな…? 高3の春、“あの放課後”が僕らの恋を狂わせた…! ラブストーリーの名手・青木琴美が描く恋と秘密と…危険。

カノジョは嘘を愛しすぎてる

青木琴美

4巻無料!

まるごと試し読み 購入する
「小笠原さんって何してる人なんですか?」 「何って…えっと…ニート?」 「ニートぉ?」 「え?え?ニートって何?」 「や…ニートっていうか…(めんどくせー)」 「何歳なんですか?」 「25。」 「25!?25で無職なんですか?それ男としてどうなんですか?」 「…あ、そうだよね。労働は国民の義務だよね」 「あ!じゃあウチの八百屋で働けばいいよ」 「リコは黙ってろ!!」 「えー!?」 「えーっと…あの…ニートだけど収入はあるんで…ご心配なく」 「親のスネかじってんですか?金持ちのボンボンってことですか?」 「え?あれ?そっか…そうなるのか」 「ていうか小笠原さん、カノジョいない歴何年ですか?」 「え?ええっと…カノジョは…いたこと…ない…かな」

僕の初恋をキミに捧ぐ

青木琴美

3巻無料!

まるごと試し読み 購入する
僕は幸せだった 繭が好きで好きで 毎日毎日どんどん好きになってく だって知らなかったんだ… 好きになっちゃいけないって 好きになっても無駄だって… 8歳の夏 僕は最低な約束をした。

僕は妹に恋をする

青木琴美

3巻無料!

まるごと試し読み 購入する
妹の郁(いく)と兄の頼(より)。幼いころはとっても仲のよい双子だったのに、15歳の今、なんでもできる頼と、なんにもできない郁は似てない双子。そんなとき、頼が郁に突然キスを! 「子供のころからずっと、一番大切な女の子だった」と言う頼は、「オレを選ぶなら郁からキスして」と郁に迫るが…!?

朝も、昼も、夜も。

青木琴美

1巻無料!

まるごと試し読み 購入する
●収録作品 朝も、昼も、夜も。/バックステージで待ってる

イジワルしないで!

青木琴美

1巻無料!

まるごと試し読み 購入する
●収録作品/イジワルしないで!1/コイビト宣言

おすすめ