烈火の炎 1巻

烈火の炎 1巻
全33巻完結
作者
雑誌
価格
420pt/420円(税抜)

▼第1話/忍と姫君▼第2話/影法師▼第3話/土のち風▼第4話/霧沢風子▼第5話/風神▼第6話/狂風波浪注意報▼第7話/風のち炎▼第8話/COUNT DOWN▼第9話/死の無い女
●登場人物/花菱烈火(忍者に憧れを抱く花火屋の息子。発火能力の持ち主)、紗古下柳(烈火にとって守るべき君主。治癒能力の持ち主)、霧沢風子(烈火の幼なじみで風使い)、石島土門(怪力自慢の大男。風子のことが好き)

  • 烈火の炎 31巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    =最終戦=▼第300話/第七戦 水鏡VS巡狂座 3・真実▼第291話/4・復讐の終焉▼第292話/第八戦 紅麗VS煉華 1・オリジナルとクローン▼第293話/2・存在全否定▼第294話/第九戦 烈火VS葵 1・葛藤▼第295話/2・深海魚の世界▼第296話/3・トモダチ▼第297話/4・存在肯定▼第298話/最終決戦 天堂地獄 1・贄の少女の前に▼第299話/2・桜火に会いにゆけ●主な登場人物/花菱烈火(幼い頃400 年前からタイムスリップした、火影忍者の子孫。8匹の火竜を操る)、佐古下柳(烈火が主君と慕う女の子。治癒の能力を持つ)、霧沢風子(烈火の仲間。「風」の属性を操る元気な女子高生)、石島土門(烈火の仲間。「土」の属性を持つ)、水鏡凍季也(烈火の仲間。「水」の属性を操る。常に冷静)、小金井薫(紅麗の暗殺集団「麗」のメンバーで、今は烈火の仲間。「金」の属性を操る)、陽炎(烈火の母。火影忍軍。不死の呪いをかけられている)●あらすじ/師であり、もう一人の父親とさえ言える巡狂座と戦わなければならなくなった凍季也。苦悩しながらも彼は「氷成る蛇」で、巡狂座を倒す。既に自分の死期が近いことを悟っていた巡狂座は忌の際に、これまで隠されていた、自分と凍季也、姉・美冬を巡る真実を語る(第300 〜301話)。●本巻の特徴/同じ頃、紅麗は煉華と、烈火は葵と対決していた。それぞれが死闘を繰り広げた後、舞台はいよいよ最終決戦へ。森光蘭との最後の闘いが始まる!●その他の登場人物/巡狂座(めぐりきょうざ。麗十神衆、最強の剣士。水鏡の剣の師だが、今は相対することに)、森光蘭(紅麗の父。欲望のままに不死の魔道具「天堂地獄」と一体化する)●その他のデータ/巻末に「−BONUS TRACK − 殿、御無題な」を収録。
  • 烈火の炎 32巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    =最終戦=▼第310話/「最終決戦 天堂地獄」・もう一人の天堂地獄▼第311話/・地獄の覚醒▼第312話/・最後の敵▼第313話/・「誰か立って」▼第314話/・マジック▼第315話/・紡ぐ声▼第316話/・七竜召喚▼第317話/・放たれる光▼第318話/・絶望と希望の狭間で▼第319話/・声よ届け 心へ届け▼第320話/・この場所で―●主な登場人物/花菱烈火(幼い頃400 年前からタイムスリップした、火影忍者の子孫。8匹の火竜を操る)、佐古下柳(烈火が主君と慕う女の子。治癒の能力を持つ)、霧沢風子(烈火の仲間。「風」の属性を操る元気な女子高生)、石島土門(烈火の仲間。「土」の属性を持つ)、水鏡凍季也(烈火の仲間。「水」の属性を操る。常に冷静)、小金井薫(紅麗の暗殺集団「麗」のメンバーで、今は烈火の仲間。「金」の属性を操る)、陽炎(烈火の母。火影忍軍。不死の呪いをかけられている)●あらすじ/遂に森光蘭のもとへとたどり着いた、土門、風子、薫、陽炎ら。そして柳が生きていることを確認するが、彼女は人形のようで、表情一つ変えず、何一言喋らない。光蘭に意識をコントロールされ、仲間たちのことさえ全くわからないのだ。光蘭、そして魔道具を造ったもう一人の男・海魔と、柳を救おうとする火影軍団の最後の戦いが始まる(第311話)。●本巻の特徴/激闘の場に水鏡が、そしていよいよ烈火も合流。さらには葵、蛭湖も加わり、戦いはクライマックスを迎えようとしている。そんな中、仲間たちの祈りが通じ、柳の意識が戻るが…!?●その他の登場人物/森光蘭(紅麗の父。欲望のままに不死の魔道具「天堂地獄」と一体化する)●その他のデータ/巻末に「−BONUS TRACK− FINAL BONUS ACT.1/麗裏麗」「 ACT.2/酸味で吐き気」「 ACT.3/POKUENI 」を収録。
  • 烈火の炎 33巻

    価格:420pt/420円(税抜)

    =最終戦=▼第321話/「最終決戦 天堂地獄」14・堕天▼第322話/15・炎起つ▼第323話/「烈火の炎」1・炎の竜▼第324話/2・捌式―裂神▼第325話/3・FLAME OF RECCA▼第326話/滅びゆく火影▼第327話/昔日への旅立ち▼第328話/殉ずるは遥か彼方に▼最終話/烈火と柳●主な登場人物/花菱烈火(幼い頃400 年前からタイムスリップした、火影忍者の子孫。8匹の火竜を操る)、佐古下柳(烈火が主君と慕う女の子。治癒の能力を持つ)、霧沢風子(烈火の仲間。「風」の属性を操る元気な女子高生)、石島土門(烈火の仲間。「土」の属性を持つ)、水鏡凍季也(烈火の仲間。「水」の属性を操る。常に冷静)、小金井薫(紅麗の暗殺集団「麗」のメンバーで、今は烈火の仲間。「金」の属性を操る)、陽炎(烈火の母。火影忍軍。不死の呪いをかけられている)●あらすじ/天堂地獄を攻撃し、姫の精神操作を解くために、語り続けた烈火たち。そして火影全員の心の声が届き、遂に姫は覚醒。烈火たちのもとへ戻ってきたかに思えたが、そのまま烈火の胸の中で息を引き取ってしまう…(第321話)。●本巻の特徴/熾烈を極めた火影忍軍と森光蘭の戦いも、いよいよクライマックス。烈火は裂神を呼び、最後の戦いに挑む。多くの仲間たちと共に歩み、果てしなく続いた長き戦いに、遂に終止符が打たれる…!!●その他の登場人物/桜花(炎の源として存在する八匹の火竜の長・裂神であり、烈火の実の父)、森光蘭(紅麗の父。欲望のままに不死の魔道具「天堂地獄」と一体化する)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。