築地魚河岸三代目 1巻

▼第1話/築地へようこそ▼第2話/初めてのお客さん▼第3話/お馴染みさん(1)▼第4話/お馴染みさん(2)▼第5話/煮ても焼いても▼第6話/思い出の香り▼第7話/プロのプライド(前編)▼第8話/プロのプライド(後編)
●登場人物/赤木旬太郎(元・銀行マン。妻の実家、築地魚河岸の仲卸『魚辰』の三代目を継ぐことに…)、拓也(『魚辰』に入って3年目。素人の三代目をいろいろ助けてくれる)、英二(『魚辰』を実質的に仕切る男。魚の目利きはとくにスゴ腕)、雅(『魚辰』6年目。仕事がおもしろく、素人の三代目がおもしろくない?)、エリ(お帳場さんと呼ばれる経理担当)
●あらすじ/銀行から築地魚河岸へと職場が変わった旬太郎。だが、初日から遅刻! 果敢に仕事にチャレンジしようとするが、魚に関してはまったくのド素人。そこで旬太郎は「わかったふりしてお客さんにはすすめられない」と、カツオを手に店を飛び出して……(第2話)。
●その他の登場人物/明日香(旬太郎の妻で、『魚辰』のひとり娘。料理がヘタで、魚にも触れない)、大旦那(旬太郎を三代目にした張本人。店にはあまり顔を出さないが、その影響力は大きい)

  • 築地魚河岸三代目 21巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1〜3話/ノルウェーのアプローチ(前・中・後編)▼第4〜5話/年寄りのナメタ(前・後編)▼第6〜7話/ウツボの想い(前・後編)

    ●主な登場人物/赤木旬太郎(元・銀行マン。妻の実家、築地魚河岸の仲卸『魚辰』の三代目を継ぐことに)、明日香(旬太郎の妻で、『魚辰』のひとり娘。料理が下手で、魚にも触れない)、英二(『魚辰』を実質的に仕切る男。魚の目利きは超一流)、拓也(『魚辰』の若手従業員。実家は漁師。無口な勉強家)、雅(『魚辰』の中堅。イキはいいが根が単純。直情径行型)、エリ(お帳場さんと呼ばれる経理担当。フグが好き)、若(閉店した塩干物の老舗『干青』の元・跡取り。『魚辰』の新戦力だが…!?)
    ●あらすじ/嫁の父でもある大旦那に呼び出され、はるばるノルウェーへと赴いた三代目。漁業先進国といわれるこの北欧の国では、日本とは全く違うアプローチで漁業が行なわれていた。水産関係の施設を案内してもらううち、三代目はあの有名なノルウェーサーモンに関する驚くべき事実を耳にする…!!(第1話)
    ●本巻の特徴/映画化決定!! 三代目がノルウェーで漁業の未来を問う表題作の他、「ナメタ」「ウツボ」の話、そして書き下ろしクッキングコミックも収録!
    ●その他の登場人物/『新宮』三代目(老舗の三代目で、築地のサラブレッドと呼ばれる男。魚の目利きでは五本の指に入る)、千秋(英二の妻。築地場外にある小料理屋『ちあき』を営む)
  • 築地魚河岸三代目 22巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1〜2話/ホッケの顔(前・後編)▼第3〜5話/海を守るロゴマーク(前・中・後編)▼第6〜7話/サザエのエ(前・後編)

    ●主な登場人物/赤木旬太郎(元・銀行マン。妻の実家、築地魚河岸の仲卸『魚辰』の三代目を継ぐことに)、明日香(旬太郎の妻で、『魚辰』のひとり娘。料理が下手で、魚にも触れない)、英二(『魚辰』を実質的に仕切る男。魚の目利きは超一流)、拓也(『魚辰』の若手従業員。実家は漁師。無口な勉強家)、雅(『魚辰』の中堅。イキはいいが根が単純。直情径行型)、エリ(お帳場さんと呼ばれる経理担当。フグが好き)、若(閉店した塩干物の老舗『干青』の元・跡取り。『魚辰』の新戦力だが…!?)
    ●あらすじ/塩干物の仲卸の名店『干青』の復興を目指しつつ『魚辰』で働く若くん。復活のためには当時の看板商品“青星マーク”の復活を…と意気込むが、気合いが空回り。目利きや客あしらいの成長ぶりは周囲も認めるのだが、ホッケの干物をめぐって仲のいい拓也とも対立して…!?(第1話)
    ●本巻の特徴/仲卸は魚を絶滅させる手助けをしていると批判する小学生。しかし、あるマークが魚の未来を守ると聞き、三代目とともにその正体を探ることに…表題作「海を守るロゴマーク」他、全3編7話を収録。レシピコミックつき!!
    ●その他の登場人物/『新宮』三代目(老舗の三代目で、築地のサラブレッドと呼ばれる男。魚の目利きでは五本の指に入る)、千秋(英二の妻。築地場外にある小料理屋『ちあき』を営む)
  • 築地魚河岸三代目 23巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1〜2話/色めいた魚(前・後編)▼第3〜4話/アヤカリタイ(前・後編)▼第5〜6話/能登はやさしや(前・後編)▼第7話/魚の数え方

    ●主な登場人物/赤木旬太郎(元・銀行マン。妻の実家、築地魚河岸の仲卸『魚辰』の三代目を継ぐことに)、明日香(旬太郎の妻で、『魚辰』のひとり娘。料理が下手で、魚にも触れない)、英二(『魚辰』を実質的に仕切る男。魚の目利きは超一流)、拓也(『魚辰』の若手従業員。実家は漁師。無口な勉強家)、雅(『魚辰』の中堅。イキはいいが根が単純。直情径行型)、エリ(お帳場さんと呼ばれる経理担当。フグが好き)、若(閉店した塩干物の老舗『干青』の元・跡取り。『魚辰』の新戦力だが…!?)
    ●あらすじ/大阪から来ていた仲卸の仙波。帰ったはずが「心残りがある」と築地に戻ってきてしまった。それはタカベという、塩焼きが絶品で刺身には向かないとされる魚だった。さっそく食べてみた三代目たちだが、最高に旨いタカベの刺身を食べたことがあると三代目が言いだして…!?(第1話)
    ●本巻の特徴/「ホントの能登はさらに旨いがや」という謎のチラシとともに、魚の詰め合わせが築地へ送られてきた。勇躍、能登に向かった三代目が感じたものとは…? 表題作「能登はやさしや」他、全4編7話を収録。レシピコミックつき!!
    ●その他の登場人物/『新宮』三代目(老舗の三代目で、築地のサラブレッドと呼ばれる男。魚の目利きでは五本の指に入る)、千秋(英二の妻。築地場外にある小料理屋『ちあき』を営む)
  • 築地魚河岸三代目 24巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1〜2話/スルメと呼ばれて…(前・後編)▼第3〜4話/嫁に食わすな(前・後編)▼第5話/人気のないオスダコ▼第6〜7話/勇気のイトヨリ(前・後編)

    ●主な登場人物/赤木旬太郎(元・銀行マン。妻の実家、築地魚河岸の仲卸『魚辰』の三代目を継ぐことに)、明日香(旬太郎の妻で、『魚辰』のひとり娘。料理が下手で、魚にも触れない)、英二(『魚辰』を実質的に仕切る男。魚の目利きは超一流)、拓也(『魚辰』の若手従業員。実家は漁師。無口な勉強家)、雅(『魚辰』の中堅。イキはいいが根が単純。直情径行型)、エリ(お帳場さんと呼ばれる経理担当。フグが好き)、若(閉店した塩干物の老舗『干青』の元・跡取り。『魚辰』の新戦力だが…!?)
    ●あらすじ/演技の参考にするため築地にやってきた、存在感のない役者・大井川。彼は尊敬する役者に「お前はスルメイカのような役者だ」と言われて落ち込んでいた。なんとか力になれないかと会食する三代目たちだが、どうもスルメイカはタイやマグロなどに比べて高級なイメージがなく…(第1話)。
    ●本巻の特徴/関西から引っ越してきて築地になじめないひとり息子のため、過保護な父親がイトヨリで元気づけようとする表題作「勇気のイトヨリ」他、全4編7話を収録。恒例のレシピコミックには、映画化記念スペシャルゲスト・森口瑤子さんが登場!!
    ●その他の登場人物/『新宮』三代目(老舗の三代目で、築地のサラブレッドと呼ばれる男。魚の目利きでは五本の指に入る)、千秋(英二の妻。築地場外にある小料理屋『ちあき』を営む)
  • 築地魚河岸三代目 25巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1〜2話/コノワタの約束(前・後編)▼第3〜4話/ブリの誓い(前・後編)▼第5〜6話/カサゴでウッカリ(前・後編)▼第7話/銀のシイラ

    ●主な登場人物/赤木旬太郎(元・銀行マン。妻の実家、築地魚河岸の仲卸『魚辰』の三代目を継ぐことに)、英二(『魚辰』を実質的に仕切る男。魚の目利きは超一流)、拓也(『魚辰』の若手従業員。実家は漁師。無口な勉強家)、雅(『魚辰』の中堅。イキはいいが根が単純。直情径行型。エリと結婚)、エリ(お帳場さんと呼ばれる経理担当。フグが好き。雅と結婚)、若(閉店した塩干物の老舗『干青』の元・跡取り。『魚辰』の新戦力だが…!?)
    ●あらすじ/「魚辰」のみんなのはからいで、正月に新婚旅行へ行けることになった雅とエリ。行き先は能登。だが、雅の母親や魚河岸の古株たちは、能登と聞いてニヤニヤするばかり。伝説の魚料理を出すという能登の宿に、いったい何が待ち受けているというのか…!?(第1話)
    ●本巻の特徴/エリと結婚し、雅は「魚辰」からの独立を考えるが、三代目に言い出せずにいた…。思い悩む雅の成長に注目の最新刊。幸福と人情と旨い魚が満載の4編7話&恒例のレシピコミックも収録!!
    ●その他の登場人物/明日香(旬太郎の妻で、『魚辰』のひとり娘。料理が下手で、魚にも触れない)、千秋(英二の妻。築地場外にある小料理屋『ちあき』を営む)
  • 築地魚河岸三代目 26巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1〜2話/安くて旨い魚(前・後編)▼第3〜4話/巣立ちのガザミ(前・後編)▼第5〜7話/海からの贈り物(前・中・後編)●主な登場人物/赤木旬太郎(元・銀行マン。妻の実家、築地魚河岸の仲卸『魚辰』の三代目を継ぐことに)、英二(『魚辰』を実質的に仕切る男。魚の目利きは超一流)、拓也(『魚辰』の若手従業員。実家は漁師。無口な勉強家)、雅(『魚辰』の中堅。イキはいいが根が単純。直情径行型。エリと結婚)、エリ(お帳場さんと呼ばれる経理担当。フグが好き。雅と結婚)、若(閉店した塩干物の老舗『干青』の元・跡取り。『魚辰』の新戦力だが…!?)●あらすじ/1年後の独立を目指し、魚辰の得意先を2倍にすると宣言した雅。着実に進んではいるものの、やはり大口の取引先をつかまえたい。そこで、「安くて旨い魚」には自信のある雅は、大衆居酒屋に飛び込み営業をかける。出だしこそいい感触だったが、店の親方はひとクセありそうで…(第1話)。●本巻の特徴/若きイタリアンシェフが結婚を認めてもらおうと、彼女の父親に最高のガザミ(ワタリガニ)のパスタを作るが、父親は「まずい…」と一言。その理由を探す表題作「巣立ちのガザミ」他、食のありがたさが身にしみる圧巻の26集。恒例のレシピコミックにも注目!!●その他の登場人物/明日香(旬太郎の妻で、『魚辰』のひとり娘。料理が下手で、魚にも触れない)、千秋(英二の妻。築地場外にある小料理屋『ちあき』を営む)
  • 築地魚河岸三代目 27巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1〜2話/約束のヒラマサ(前・後編)▼第3〜4話/コチの空似(前・後編)▼第5〜6話/あの日のイクラの味(前・後編)▼第7話/キンメの目

    ●主な登場人物/赤木旬太郎(元・銀行マン。妻の実家、築地魚河岸の仲卸『魚辰』の三代目を継ぐことに)、英二(『魚辰』を実質的に仕切る男。魚の目利きは超一流)、拓也(『魚辰』の若手従業員。実家は漁師。無口な勉強家)、雅(『魚辰』の中堅。イキはいいが根が単純。直情径行型。エリと結婚)、エリ(お帳場さんと呼ばれる経理担当。フグが好き。雅と結婚)、若(閉店した塩干物の老舗『干青』の元・跡取り。『魚辰』の新戦力だが…!?)
    ●あらすじ/初夏から夏にかけて抜群に美味しくなる、ブリとそっくりな魚「ヒラマサ」。そのヒラマサを釣り上げるべく、研究のために築地を訪れたという珍しい客(?)が魚辰にやってきた。食べてみたいと言い出した彼に、やっぱり三代目は「自分も食べたい!」と首を突っ込んで…(第1話)。
    ●本巻の特徴/雅と結婚したものの、ケンカばかりの毎日を送るエリ。どうしたら理想の夫婦になれるんだろうと悩む彼女だったが…?(表題作「コチの空似」) 他、ヒラマサ・イクラ・キンメダイなどが登場。美味満載の27集、恒例のレシピコミックも!!
    ●その他の登場人物/明日香(旬太郎の妻で、『魚辰』のひとり娘。料理が下手で、魚にも触れない)、千秋(英二の妻。築地場外にある小料理屋『ちあき』を営む)
  • 築地魚河岸三代目 28巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1〜2話/ハッカク食えば(前・後編)▼第3〜4話/イチバンのカマボコ(前・後編)▼第5〜6話/素晴らしき父子鯛(前・後編)▼第7話/築きあげたもの

    ●主な登場人物/赤木旬太郎(元・銀行マン。妻の実家、築地魚河岸の仲卸『魚辰』の三代目を継ぐことに)、英二(『魚辰』を実質的に仕切る男。魚の目利きは超一流)、拓也(『魚辰』の若手従業員。実家は漁師。無口な勉強家)、雅(『魚辰』の中堅。イキはいいが根が単純。直情径行型。エリと結婚)、エリ(お帳場さんと呼ばれる経理担当。フグが好き。雅と結婚)、若(閉店した塩干物の老舗『干青』の元・跡取り。『魚辰』の新戦力だが…!?)
    ●あらすじ/雅が新規開拓した納入先の大衆居酒屋。その厳しいオーナーが、雅と同じく独立を目指す料理長のために「ハッカク」という魚を食べさせてほしい、と魚辰に言ってきた。同席してハッカクの味を楽しむ一同だったが、「ハッカクは料理長に似ている」という親方の言葉がひっかかる雅は…?(第1話)
    ●本巻の特徴/祝い魚を専門に扱う仲卸「赤善」の主人と、その息子の新たな旅立ちを描いた表題作「素晴らしき父子鯛」他、珍しい魚ハッカクに、おせちのカマボコ…美味しさ満点・充実の28集!! レシピコミックつき!!
    ●その他の登場人物/明日香(旬太郎の妻で、『魚辰』のひとり娘。料理が下手で、魚にも触れない)、千秋(英二の妻。築地場外にある小料理屋『ちあき』を営む)
  • 築地魚河岸三代目 29巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    元・銀行マンの赤木旬太郎は、妻の実家である築地魚河岸の仲卸『魚辰』の三代目を継ぐことに。ド素人三代目だからこその新発見がある!?

    ●主な登場人物/赤木旬太郎(元・銀行マン。妻の実家、築地魚河岸の仲卸『魚辰』の三代目を継ぐ)、英二(『魚辰』を支える。魚の目利きは超一流)、拓也(『魚辰』の若手従業員。漁師の息子。無口な勉強家)、雅(『魚辰』の中堅。イキはいいが根が単純。エリと結婚)、エリ(お帳場さんと呼ばれる経理担当。フグが好き。雅と結婚)、若(閉店した塩干物の老舗『干青』の元・跡取り)
    ●あらすじ/女子柔道の有名選手が『ちあき』にやって来た。成績が振るわなかった彼女を励ますために旨いものを、というコーチの計らいなのだ。『魚辰』の面々と旨い魚に囲まれ上機嫌の彼女だったが、拓也の一言で気まずい雰囲気に。名誉挽回のために拓也が選んだ魚とは…?(第1話)
    ●本巻の特徴/毛ガニの内子を食べてみたいと息巻く旬太郎。その時季、毛ガニのメスは禁漁だからと、別のカニを探して青森県の陸奥湾まで行ってみると、そこには…!? 表題作「そこにしか咲かないカニ」他、日本各地の美味が見つかります!!
  • 築地魚河岸三代目 30巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    元・銀行マンの赤木旬太郎は、妻の実家である築地魚河岸の仲卸『魚辰』の三代目を継ぐことに。ド素人三代目だからこその新発見がある!?

    ●主な登場人物/赤木旬太郎(元・銀行マン。妻の実家、築地魚河岸の仲卸『魚辰』の三代目を継ぐ)、英二(『魚辰』を支える。魚の目利きは超一流)、拓也(『魚辰』の若手従業員。漁師の息子で無口な勉強家)、雅(『魚辰』の中堅。イキはいいが根が単純。エリと結婚)、エリ(お帳場さんと呼ばれる経理担当。フグが好き。雅と結婚)、若(閉店した塩干物の老舗『干青』の元・跡取り)
    ●あらすじ/接待やらなんやらで飲み過ぎだった旬太郎。家族で遊園地に出かける日も、前夜の深酒がたたり寝坊してしまう。夏休みにアルバイトをしてくれる事になっている乙女ちゃんも、そんな旬太郎に不満気味。そんな時、大旦那が『魚辰』の面々に出した宿題は…?(第1話)
    ●本巻の特徴/仕事はできるが女に奥手の40歳過ぎの営業マン・相馬は、研修中の後輩社員・優香にひそかな恋心を抱いている。しかし、彼はさえない自分の姿を地味なクロムツにダブらせ…?表題作の「クロムツの教え」他、旨い魚てんこ盛りの記念すべき30集!!
  • 築地魚河岸三代目 第1集1

  • 築地魚河岸三代目 第1集2

  • 築地魚河岸三代目 第1集3

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 築地魚河岸三代目 第1集4

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 築地魚河岸三代目 第1集5

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 築地魚河岸三代目 第1集6

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 築地魚河岸三代目 第1集7

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 築地魚河岸三代目 第1集8

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 築地魚河岸三代目 第1集9

    価格:40pt/40円(税抜)

  • 築地魚河岸三代目 第1集10

    価格:40pt/40円(税抜)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。