浮浪雲(はぐれぐも) 1巻

浮浪雲(はぐれぐも) 1巻
全112巻完結 ポイント還元
作者
雑誌
価格
550pt/605円(税込)

初回購入特典 275pt還元

激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

▼第1話/宿場女郎▼第2話/戸塚ッ原の対決▼第3話/木曽路から来た男▼第4話/品川慕情▼第5話/街道工事不正事件▼第6話/くりからもんもん▼第7話/幽霊駕篭▼第8話/黒の舟唄▼第9話/風流トンヤレ節 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/「3年経ったら迎えに来る」と言い残し、京へ発った男を信じて待つ遊女。約束当日に現われた男には追っ手が……。けなげな遊女のために浮浪雲が一肌脱ぐ!(第1話)。▼街道一の親分、清水次郎長とその一家が品川宿にやってきた。やりたい放題の次郎長に品川一の春秋親分は、このままでは面目が立たないと、次郎長に喧嘩状を送りつける。それを知った雲は……(第2話)。▼客の女をてごめにした問屋場の新入り、鮫造。それを苦にした女は自殺。しかし反省の色もない鮫造に雲は……。雲の妻カメ、息子の新之助登場!!(第3話)。▼借金を返すために旅籠で働くお美代。問屋場の文次は、お美代と一緒になろうと仕事に精を出す。しかし、お美代に関しての良くない噂を聞かされた純情な文次は……(第4話)。 ●その他の登場キャラクター/清水次郎長(第2話)

初回購入限定! 50%ポイント還元

  • 浮浪雲(はぐれぐも) 41巻

    価格:550pt/605円(税込)

    激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

    ▼第1話/お散歩▼第2話/中年探偵団▼第3話/間男▼第4話/おんな日和▼第5話/垣根ごし▼第6話/わがまま仁義▼第7話/諸法無我▼第8話/おしの▼第9話/あぶない女 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/お花が腹痛で寝ているというのでみてあげた渋沢先生。お花のお腹を触っただけで、お花はよくなってしまう。腹痛の間、ずっと神様にお願いしていたというお花は、渋沢先生に神様はいるのかという質問をする(第1話)。▼お奉行から十手を預かった浮浪雲。難解な事件をまかされたようだが、てんで動こうとしない。お奉行は、それならもっと簡単な事件をということで盗みの調査をまかせるが、雲が捕まえてきたのは被害者の男だった(第2話)。▼玉の輿にのるためには手段を選ばないお仙という女。女を武器に、色々な策略をめぐらし、思い通りに行ったかのように見えたお仙だったが……(第3話)。
  • 浮浪雲(はぐれぐも) 42巻

    価格:550pt/605円(税込)

    激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

    ▼第1話/さつき女▼第2話/優しい風▼第3話/初夏の人▼第4話/穏やかな日々▼第5話/日々是幸日▼第6話/すいません▼第7話/風のせい▼第8話/その気にさせて▼第9話/てっぽうだま ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/伊賀に伝わる男女交合の秘伝とやらを修得するため、一生懸命になる奉行、三九、浮浪雲の三人。一方、天下に通じると言われる、玉宮を持った女を探す野心家の満月屋。その玉宮の持ち主であるらしい女に誘われている浮浪雲だが……(第1話)。▼七年ぶりに島から戻った伊之介。伊之介を出迎えた周囲の人間は、昔とはだいぶ変わっていたが、片腕を伊之介に切り落とされた熊八という極道者の男は? なにやらひと波乱ありそうなのだが……(第2話)。▼親のいないお琴という少女は、落ち込んでいる時に雲から、ひとりでも立派に生きていけると励まされる。自分は自分が育てるものだという雲の言葉を信じ、元気を取り戻していくお琴。そんなある日、夜道を行かなくてはならなくなったお琴は、雲の言葉を思いだす(第3話)。
  • 浮浪雲(はぐれぐも) 43巻

    価格:550pt/605円(税込)

    激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

    ▼第1話/こころも、とめず▼第2話/幸福の道▼第3話/振り飛車女房▼第4話/そろそろ▼第5話/ようち説法▼第6話/なぞの初笑い▼第7話/二人羽織▼第8話/春の道▼第9話/父子酒 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/自分の性欲は度が過ぎているのではないかと悩む青田師範は、さっそく渋沢先生に相談する。渋沢先生は、性欲を超越しているという友人の“たくわん”という人を紹介してくれた(第1話)。▼人間、あくせくしないでも生きていけるという浮浪雲の意見を鵜呑みにして、勉強をやらなくなってしまった新之助。それを見たカメは激怒、教育方針の違いから、カメと浮浪雲の間で揺れる新之助であったが……(第二話)。▼結婚して二年目の夫婦。将棋を毎日勉強している夫に、ある日妻が挑戦するが簡単に負けてしまう。しばらくたって、再び夫に挑戦した妻は、夫より格段に強くなっていた……(第3話)。
  • 浮浪雲(はぐれぐも) 44巻

    価格:550pt/605円(税込)

    激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

    ▼第1話/未練の花▼第2話/七人の妻▼第3話/おしゃれ川柳▼第4話/開好記▼第5話/成りがたし▼第6話/つくし誰の子▼第7話/やさぐれ街道▼第8話/親子丼▼第9話/馬の耳 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/とっつあんの古い友人が、嫁に出た三人の娘に会いに品川へやってきた。長女から順番に訪ねたのだが冷たい対応に友人は、歳は取りたくないものだと悲しむ。見かねたとっつあんは、三人の娘の所へ乗り込むが……(第1話)。▼大工の長七の妻、お馬は、なまけもので洗濯もやろうとしない、それでいて強気ないわゆる悪妻だ。カメが注意しても耳を貸すどころか、逆に怒られてしまう。仕方なく、渋沢先生がお馬に説教をすることにした……(第2話)。▼あくどい商売で近所では有名などくだみ屋。父親に似ず若くて美しいどくだみ屋の娘、美絵にある日、お見合いの話が舞い込んだのだが……(第4話)。
  • 浮浪雲(はぐれぐも) 45巻

    価格:550pt/605円(税込)

    激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

    ▼第1話/おんな坂▼第2話/たいばつ▼第3話/不思議の国のあちき▼第4話/晩秋の夢▼第5話/第三の心▼第6話/秋の夜は▼第7話/親子舟▼第8話/千年待て▼第9話/もぐら ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/仕事の時間が別々で、いつもすれちがいの夫婦。仕事にいそがしい妻は、「夫が料理なんか作らなくていいと言ったから」と、主婦の仕事を何もしない。そんな妻にとっつあんは、そんな男はいないと説教をするのだが……(第1話)。▼なぜか体罰に凝り始めた浮浪雲。勉強をしないからと新之助を殴るわ、雲に注意をしたカメを叩くわ……。一方、青田の友人の教師は、罰則があるから社会は成り立っているのだと言い、遅刻した生徒に容赦なく体罰を振るう……(第2話)。▼ベル提督というアメリカ人が雲を訪ねてやってきた。話を聞けば、日本人研究のために、日本一の遊び人である雲に会いたいのだという(第3話)。
  • 浮浪雲(はぐれぐも) 46巻

    価格:550pt/605円(税込)

    激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

    ▼第1話/もてもて▼第2話/如是我聞▼第3話/愛人▼第4話/てきれいき▼第5話/へそくり▼第6話/ちゃんばら▼第7話/十杯のかけそば▼第8話/梅のはつ花▼第9話/お花見裁判▼第10話/犬も食わぬ▼第11話/わんがん戦争 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/ある日、カメの所へお昌という若い女が訪ねてきた。5年も浮浪雲と関係が続いているというその女は、雲を私にくれと言ってきた。そして、情熱的なその女は雲をむりやり……(第1話)。雲が3日に1度は泊まりにこないと、雲の家に乗り込んでくるようになってしまったお昌。そして、たまたま道で会った雲に昼ごはんに誘われた新之助だが、雲が連れていったところは、お昌の家だった……(第2話)。雲にもうひとり愛人ができたという噂を聞き付けたお昌は、雲にしつこく食い下がる。噂の相手は灘屋の娘。しかし噂は本当で、しかも灘屋の主人が雲に頼んで娘の愛人になってもらったという……(第3話)。
  • 浮浪雲(はぐれぐも) 47巻

    価格:550pt/605円(税込)

    激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

    ▼第1話/さがしもの▼第2話/かぜにおう▼第3話/一幕芝居▼第4話/休火山▼第5話/御中元▼第6話/天までとどけ▼第7話/気配り商人▼第8話/恋慕其の壱▼第9話/恋慕其の弐▼第10話/恋慕其の参▼第11話/恋慕其の四 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/机の上に置いておいたはずの筆箱が無いと大騒ぎの新之助は、ムシャクシャするからと物に当たったり妹を泣かしたり……。筆箱のことを浮浪雲に話すと、雲はその筆箱はあんたの心の中にあると言う。なんのことやらわからなかった新之助であったが……(第1話)。▼青田師範に、お前は人の短所ばかり見るからだめなんだと言われた新之助。しかし雲は、あんまり人の長所を探さないほうがいいんじゃないかと言う(第2話)。▼店の者や近所の人から人格者として尊敬されている番頭さん。店員がねこばばをしても、妻が掃除をしなくても、決して怒ることなく優しく笑顔でいたのだが、ある日とうとう……(第4話)。
  • 浮浪雲(はぐれぐも) 48巻

    価格:550pt/605円(税込)

    激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

    ▼第1話/ずるやすみ▼第2話/天子▼第3話/そのまんま▼第4話/かんかんのう▼第5話/おせち噺▼第6話/かすがい▼第7話/今日の空▼第8話/玉の輿▼第9話/おにばば▼第10話/穀潰(ごくつぶ)し▼第11話/夢枕 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/いつも軽い調子の浮浪雲にとっつあんは、もっと問屋場の頭らしく睨みのきいた存在になって欲しいという。しかし「人の指導者というものは、あらゆるものに対して低い位置にあるものだ」という故事の教えを勉強した新之助は、雲を見て……(第1話)。▼優しいばかりで不器用な鶴次郎をよそに、妻のおカネは夜も帰らずに遊び歩いている。子供でもできればおカネも変わるだろうと思いたった鶴次郎は……(第2話)。▼禅の修業に出た青田師範。禅の真髄を知ろうと意気込んでいたが、「ごはんを食べたら茶碗を洗え」とだけ言われて帰ってきた(第3話)。
  • 浮浪雲(はぐれぐも) 49巻

    価格:550pt/605円(税込)

    激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

    ▼第1話/春うらら▼第2話/趣味の園芸▼第3話/宵待ち枕▼第4話/なぞなぞ▼第5話/桶いっぱいの涙▼第6話/▼第7話/ごはんですよ▼第8話/離縁ですよ▼第9話/泥棒ですよ▼第10話/男の飾り▼第11話/ともだち ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/家は火事に遭う、息子は死ぬ、妻は男と逃げる……。悪いことが度重なって降りかかる男。しかし新しい妻をもらってから、明るく楽しい生活を送ることができるようになった。だが、再び良くないことが……(第1話)。▼庭中に花の種をまき、夢中で育てる浮浪雲。趣味を持たないと、人間に面白みがでないという青田師範も、長唄や囲碁を習っているという(第2話)。▼新婚ホヤホヤの桜から相談を受けたカメ。結婚してから半年の間、亭主が彼女に指一本触れようとしないのだという。亭主がホモではないかという疑いをもちはじめた桜は、押入れに隠れて亭主を見張ることにした。桜がそこで見たものは……!?(第3話)。
  • 浮浪雲(はぐれぐも) 50巻

    価格:550pt/605円(税込)

    激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

    ▼第1話/秋の夜長▼第2話/娘っ子▼第3話/不動智神妙録(ふどうちしんみょうろく)▼第4話/不退転▼第5話/疑惑ですよ▼第6話/世間ばなし▼第7話/春だから▼第8話/箪笥にコン▼第9話/女の坂道▼第10話/縦恋慕▼第11話/聖(バイブル)の崩壊 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/妻に着物も買ってやれない程貧乏な梅吉。泥棒でもして……と思っていた丁度その時、病気で倒れていた大店の主人を助けることになる。そこから梅吉の人生は大きく変わっていった……(第1話)。▼仕事を始めたという浮浪雲。どんな仕事かを聞いても答えてくれない。本人は、塾のようなものだと言っているのだが、若い娘たちに雲が裸で教える「女の学校」の授業とは……!?(第2話)。▼精神修業のつもりで滝に打たれていたら風邪をひいてしまった青田師範。新之助も精神修業がしたいと言い出すが、雲は、毎日毎日の生活が一番の修業になるのだという……(第4話)。

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。