ホテル ビッグコミック版 1巻

ホテル ビッグコミック版 1巻
全37巻完結 ポイント還元
作者
雑誌
価格
400pt/400円(税抜)

初回購入特典 200pt還元

大型ホテルを舞台に繰り広げられる人間模様を描いた人気作!

▼第1話/オープニングストーリー▼第2話/ネバーチェックアウト▼第3話/大安吉日▼第4話/須田の婆さん▼第5話/女優▼第6話/オーバーブッキング▼第7話/モンスターズ・クリスマス▼第8話/109(テンク)の鐘▼第9話/雪螢 ●登場人物/東堂克生(プラトン・マネージャー)、松田利春(プラトン・フロントマン)、山崎(プラトン・ベテラン・スタッフ) ●あらすじ/田舎から出てきた老夫婦、人気アイドルの斎東かおる、政界に打って出ようと意欲満々の横山たかし……、大型ホテル・プラトンには、今日も様々な人が訪れる。しかし、なかには怪しげな人もいて…(第1話)。▼プラトンには、何年も前から封印されたままの部屋・908号室がある。若いスタッフはその空き部屋をチェックしようとするのだが、先輩・水野は例外だからそのままにしておけという。実はその部屋には以前、老人が8年も暮らしていたいたのだが…(第2話)。 ●その他の登場キャラクター/プラトン契約医師・神保(第3、6話)

初回購入限定! 50%ポイント還元

  • ホテル ビッグコミック版 11巻

    価格:400pt/400円(税抜)

    大型ホテルを舞台に繰り広げられる人間模様を描いた人気作!

    ▼第90話/サンセット▼第91話/フェイス▼第92話/アメニティグッズ▼第93話/サンクス・マインド▼第94話/ルーム・サービス▼第95話/メモリー▼第96話/ハーモニー▼第97話/トラブル▼第98話/フォトグラフ▼第99話/外人さん(フォーリナー) ●登場人物/赤川一平(プラトン・フロントマン)、東堂克生(プラトン・マネージャー)、松田利春(プラトン・フロントマン)、倉田裕美(プラトン・フロント係) ●あらすじ/プラトンのベテランドアマン・平野は、6000人もの客の顔を覚えている。後輩たちにも見習うよう指導するが、新人の佐山はそんなに覚える必要があるのかと懐疑的だ(第91話)。▼プラトンでは、ホテルで挙式をあげたカップルを、5年後のディナーに招待する「メモリアル・ディナー」という企画を行なっている。しかし最近は訪れる夫婦も少なく、企画を中止しようという声がスタッフの中から上がっている(第95話)。 ●その他の登場人物/プラトン・ベテランドアマン・平野(第91、97話)、プラトン警備担当スタッフ・吉田(第92話)、プラトン・バンケット部マドンナ・村井淳子(第96話)、プラトン苦情処理係・小林(第97話)、プラトン常連客・クロード(第99話)、プラトン常連客・中島(第99話)
  • ホテル ビッグコミック版 12巻

    価格:400pt/400円(税抜)

    大型ホテルを舞台に繰り広げられる人間模様を描いた人気作!

    ▼第100話/ワン・ハンドレッド・ストーリー▼第101話/テーブル・ウォッチング▼第102話/メリー・クリスマスと言わないで▼第103話/ロスト&ファウンド▼第104話/カートン・ウォーク▼第105話/リフレッシュ▼第106話/メリッツ京都▼第107話/ミッション ●登場人物/赤川一平(プラトン・フロントマン)、東堂克生(プラトン・マネージャー)、松田利春(プラトン・フロントマン)、倉田裕美(プラトン・フロント係) ●あらすじ/多種多様の人々が集まるホテル。今日もプラトンには、裏取引をする会社員、両親が来るのを待つ子供、ホテルに内緒でAV撮影をする者…と、様々な客が訪れています(第100話)。▼街中がうかれているクリスマスの夜。しかしなかには、「クリスマスなんて大嫌い」という若い女性もいるようで…(第102話)。 ●その他の登場人物/プラトン契約医師・神保(第100、102話)、プラトン常連客・クロード(第106話)、プラトン常連客・中島(第106話)、ホテル・メリッツ・オーナーの息子・ルネ・メリッツ(第106話)
  • ホテル ビッグコミック版 13巻

    価格:400pt/400円(税抜)

    大型ホテルを舞台に繰り広げられる人間模様を描いた人気作!

    ▼第108話/プライバシー▼第109話/割り算(ディヴィジョン)▼第110話/UG(アンデザイアラブルゲスト)▼第111話/バスボーイ▼第112話/シェフの聞き耳▼第113話/バッシング▼第114話/ノー・コール・プリーズ▼第115話/プラトンマン▼第116話/事実判明(ファクト) ●登場人物/赤川一平(プラトン・フロントマン)、東堂克生(プラトン・マネージャー)、松田利春(プラトン・フロントマン)、倉田裕美(プラトン・フロント係) ●あらすじ/プラトンの常連客で四角商事ニューヨーク支社長の田沼は、24時間体制で忙しく働いている。ある日プラトンを訪れた彼は、ゆっくり眠りたいので自分への電話を一切取り次がないうえに、泊まっていることも内緒にしてほしいとスタッフにお願いする。しかし赤川たちの予想をはるかに上回る数の電話が田沼あてにかかってきて…(第114話)。▼赤川の後輩・富田が、より待遇のよいフィルモア・ホテルに移るためプラトンを辞めると言い出した。そんな彼を少しも引き留めようとしない東堂に腹を立てた赤川は、思わず自分も辞めると宣言してしまう!(第115話) ●その他の登場人物/富井銀行からの出向でプラトン経理担当常務・矢野(第114話)
  • ホテル ビッグコミック版 14巻

    価格:400pt/400円(税抜)

    大型ホテルを舞台に繰り広げられる人間模様を描いた人気作!

    ▼第117話/Pスマイル▼第118話/プライド▼第119話/金額(プライス)▼第120話/NEXT TIME▼第121話/ホテル・ウォーズ▼第122話/レインボー・ブライダル▼第123話/感謝(グラティテュード)▼第124話/レジデンシャル▼第125話/報告 ●登場人物/赤川一平(プラトン・フロントマン)、東堂克生(プラトン・マネージャー)、松田利春(プラトン・フロントマン)、倉田裕美(プラトン・フロント係) ●あらすじ/観光学を学んでいる男子学生2人がプラトンにやってきた。ホテルに就職希望の彼らは、何度も石けんを部屋に運ばせてホテルマンの反応をうかがう、といういたずらを試みるが…(第117話)。▼プラトンでは、得意客や取引業者、そして従業員を含めたホテルに関わるすべての人を招いての「感謝の夕べ」というパーティーが毎年開催されている。今年もスタッフとゲストがお互いに感謝を示しながら仲良く盛大にパーティーが開かれるのが、会議場の視察に訪れたミスター・ウエヴスターは、「スタッフと客が一緒に酒を飲むなんてけしからん!」と怒り出す(第123話)。 ●その他の登場キャラクター/ホテル・メリッツ・オーナーの息子・ルネ・メリッツ(第119話)、プラトン・オーナー秘書・佐伯真理(第121、122、123話)、プラトン・バンケット部マドンナ・村井淳子(第122話)、プラトン契約医師・神保(第122、123話)、プラトン常連客・クロード(第123話)、プラトン常連客・中島(第123話)、富井銀行からの出向でプラトン経理担当常務・矢野(第123、125話)
  • ホテル ビッグコミック版 15巻

    価格:400pt/400円(税抜)

    大型ホテルを舞台に繰り広げられる人間模様を描いた人気作!

    ▼第126話/ザ・キング▼第127話/コレクション▼第128話/ランキングIII▼第129話/合格袋▼第130話/シグナル▼第131話/パーマネント・フリー▼第132話/資産家▼第133話/スター▼第134話/リフレイン ●登場人物/赤川一平(プラトン・フロントマン)、東堂克生(プラトン・マネージャー)、松田利春(プラトン・フロントマン)、倉田裕美(プラトン・フロント担当) ●あらすじ/プラトンに、11年前に王制から共和制に移行したばかりの小国・クルアド共和国からのお客さんがやってきた。威風堂々とした佇まいのプラトンをいたく気に入った彼らは、プラトンを買い取りたいと東堂に申し出る(第126話)。▼サービスのひとつとして、ホテルの各部屋に備え付けてある石鹸やシャンプーなどのアメニティグッズの品質に力を入れ始めたプラトン。ある日、社明党の女性党首から、その新しいアメニティグッズ一式を売って欲しいと申し入れがあるが、「売ることはもちろん、無料で差し上げることもできない」と東堂は断わってしまう…(第127話)。 ●その他の登場キャラクター/プラトン・オーナー秘書・佐伯真理(第126、128、130、132話)、プラトン・ベテランドアマン・平野(第126、130、133話)、ホテル・メリッツ代表・ルネ・メリッツ(第128話)、ルネの秘書・アリス(第128話)、「ザ・ホテル」編集部・三木(第128話)、プラトン契約医師・神保(第131話)、プラトン常連客・クロード(第134話)、プラトン常連客・中島(第134話)
  • ホテル ビッグコミック版 16巻

    価格:400pt/400円(税抜)

    大型ホテルを舞台に繰り広げられる人間模様を描いた人気作!

    ▼第135話/ムーン・プラトン▼第136話/キャディー▼第137話/LOTTERY(宝クジ)▼第138話/あまのじゃく▼第139話/アイスマン▼第140話/光と影▼第141話/古時計▼第142話/ライフガード▼第143/ホテルカード ●登場人物/赤川一平(プラトン・フロントマン)、東堂克生(プラトン・マネージャー)、松田利春(プラトン・フロントマン)、倉田裕美(プラトン・フロント係) ●あらすじ/「2020年には月に都市を建設する」という壮大な計画を発表したムーン・シティ建設委員会。同時に、その都市に建設予定のホテルで働く“ロボットのホテルマン”が紹介され、赤川たちは度肝を抜く。しかも、ムーン・シティ建設委員会は、その実験中のロボットをなんとプラトンのカウンターに立たせるというのだ!!(第135話)。▼プロゴルファーの川島と彼のキャディー・山下がプラトンに訪れた。学生時代にゴルフをやっていた若いベルボーイは張り切って仕事をするが、どうも山下の様子がおかしい…(第136話)。 ●その他の登場キャラクター/「ザ・ホテル」編集者・三木(第135話)、プラトン・ベテランドアマン・平野(第137、139、140話)、ホテル・メリッツ代表・ルネ・メリッツ(第139話)、ルネの秘書・アリス(第139話)、プラトン契約医師・神保(第139話)、沖縄プラトン嘱託スタッフ・平野(第141話)
  • ホテル ビッグコミック版 17巻

    価格:400pt/400円(税抜)

    大型ホテルを舞台に繰り広げられる人間模様を描いた人気作!

    ▼第144話/きらわれ者▼第145話/エア・コンディショニング▼第146話/歌舞伎役者▼第147話/予言者(前編・後編)▼第148話/葡萄畑▼第149話/クリスマスキャンドル▼第150話フォークロア▼第151話/9分30秒 ●登場人物/赤川一平(プラトン・フロントマン)、東堂克生(プラトン・マネージャー)、松田利春(プラトン・フロントマン)、倉田裕美(プラトン・フロント係) ●あらすじ/大手メーカー・ミコンを定年となる吉村は、退職後、子会社である東京ミコン販売へ行く予定だ。しかし本社の部長時代、彼らのためにとはいえ東京ミコン販売の社員を叱ってばかりいた彼は、今や社内ナンバーワンの嫌われ者。それでも子会社に行かねばならないものかと悩む吉村は、プラトンの部屋で一晩考えることにする(第144話)。▼シアター・プラトンの専属プロデューサー・伊藤は、今年こそは学生時代から好きだった亜矢子に告白しようと、クリスマス公演に向けて大はりきり。しかしニューヨークに行ったままだった亜矢子の恋人が突然帰国して…(第149話)。 ●その他の登場キャラクター/プラトン契約医師・神保(第145話)、プラトン常連客・クロード(第145,146話)、プラトン常連客・中島(第145,146話)、プラトン常務・矢野(147話)、プラトン・オーナー秘書・佐伯真理(第147話)
  • ホテル ビッグコミック版 18巻

    価格:400pt/400円(税抜)

    大型ホテルを舞台に繰り広げられる人間模様を描いた人気作!

    ▼第152話/キャンセル▼第153話/クラシフィカドール▼第154話/ハート語▼第155話/3K▼第156話/心の窓▼第157話/UG情報▼第158話/ランドリー▼第159話/和敬静寂▼第160話/ベビールーム ●登場人物/赤川一平(プラトン・フロントマン)、東堂克生(プラトン・マネージャー)、松田利春(プラトン・フロントマン)、倉田裕美(プラトン・フロント係) ●あらすじ/ホテルにキャンセルはつきものとはいえ、ホテル側にとってはあまり喜ばしいことではない。どうにかならないものかと倉田は東堂に相談するが、宿泊キャンセルの裏側には、お客様の様々な人生のキャンセルが隠されているので仕方がないと東堂は言う(第152話)。▼各客室を春用のインテリアに模様替えするため、大忙しのプラトン。そこへホテルに飾られているリトグラフの制作者が、作品を返して欲しいと乗り込んできた(第156話)。▼プラトンの常連客・中島がひいきにしている喫茶店のマスターが亡くなり、代わりに息子が跡を継いでいる。しかし、なかなか父親の味に追いつけない彼は、すっかり自信をなくしている。そこで中島は、彼をプラトンにつれて行くのだが…(第153話)。 ●その他の登場キャラクター/プラトン常連客・中島(第153話)、プラトンカフェ・池田(第153話)、プラトン契約医師・神保(第160話)
  • ホテル ビッグコミック版 19巻

    価格:400pt/400円(税抜)

    大型ホテルを舞台に繰り広げられる人間模様を描いた人気作!

    ▼第161話/メイル▼第162話/50%&50%(フィフティフィフティ)▼第163話/課長ステイ▼第164話/土俵際▼第165話/タイフーン・リザーブ▼第166話/スーザンの夏▼第167話/コメントカード▼第168話/アカウンティング▼第169話/ミスヒヤリング ●登場人物/赤川一平(プラトン・フロントマン)、東堂克生(プラトン・マネージャー)、松田利春(プラトン・フロントマン)、倉田裕美(プラトン・フロント係) ●あらすじ/プラトンの若いメイル係・井上。仕事も覚え大きなミスもない彼は、自分ではすっかり一人前に成長したと思い込んでいる。ある日そんな彼のもとに、「井上はサシミだ。テンプラをめざせ」という意味不明の葉書が届いた(第161話)。▼セクレタリーの真理は10年前アメリカのホテルで働いていた。そのとき同僚だったホテルマンの娘が、東京のプラトンにやってきた。彼女は日本文学を学ぶために来日したはずなのだが、なぜか夏休みの間中プラトンでアルバイトがしたいと言い出す…(第166話)。 ●その他の登場キャラクター/プラトン・メイル係・井上(第161話)、プラトン常務・矢野(第163話)、プラトン京懐石「桂屋」女将(第163話)、沖縄プラトン嘱託スタッフ・山崎(第165話)、プラトン・オーナー秘書・佐伯真理(第166話)、プラトン契約医師・神保(第167話)、プラトンバンケット担当・村井淳子(第167話)
  • ホテル ビッグコミック版 20巻

    価格:400pt/400円(税抜)

    大型ホテルを舞台に繰り広げられる人間模様を描いた人気作!

    ▼第170話/横浜オープン▼第171話/フードディレクター▼第172話/ファースト・ゲスト▼第173話/45分パーティー▼第174話/ファースト・サンライズ▼第175話/コンディション▼第176話/宿泊料金▼第177話/バレンタイン▼第178話/裸足になる ●登場人物/赤川一平(プラトン・フロントマン)、東堂克生(プラトン・マネージャー)、松田利春(プラトン・フロントマン)、倉田裕美(プラトン・フロント係) ●あらすじ/横浜ベイ・エリアに新しくオープンするプラトンの宿泊責任者に渡辺が選ばれた。仕事ぶりからいって彼の抜てきは妥当なのだが、オープンを目前に控え、渡辺は気弱になっている。見かねた東堂は、彼に東京プラトン最後の仕事として、ベルボーイをお願いするが…(第170話)。▼大晦日、プラトンの宿泊パックに老夫婦が訪れた。孫たちから宿泊チケットをプレゼントされたようなのだが、下町育ちにおじいちゃんは「ホテルなんかで正月を迎えられるか」と不満の様子(第174話)。 ●その他の登場人物/横浜プラトン・レジデンシャル・マネージャー・渡辺(第170話)プラトン契約医師・神保(第174,176,178話)、タクシー運転手・丸山(第176話)、プラトン常務・矢野(第177話)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。