人間交差点 6巻

人間交差点 6巻
全27巻完結 ポイント還元
作者
雑誌
価格
550pt/550円(税抜)

初回購入特典 275pt還元

▼第1話/踏切り▼第2話/熱い砂▼第3話/あだしの(前編)▼第4話/あだしの(後編)▼第5話/挽歌▼第6話/真昼の漂流▼第7話/紺碧の宴 ●あらすじ/朝のラッシュ時に踏切事故が起きた。当分、電車は動かない。朝の会議にサラリ−マン人生がかかっている吉沢は、何とか会社に辿りつこうと右往左往するが、やることなすことすべてが裏目に出て、なかなか会社に行くことができない。時間は虚しく過ぎていくばかり。事情を説明すべく会社に電話を入れるが、会議に遅れた吉沢に対して、上司はその理由も聞かず、頭ごなしに怒鳴り付ける(第1話)。▼町長選挙のまっただ中、候補者の大村はなりふり構わず票集めに奔走している。そのためには、体の調子が悪い叔父でさえも、外に駆り出すことを辞さない。彼をここまで追い立てるもの…それは、この町と叔父に対する復讐心だった(第2話)。▼サラリ−マン石原の役職は課長だ。だが、自分が支持してきた役員が派閥争いに敗れたため、そのとばっちりを受け、課が縮小されることになった。縮小のためには、課員を一人子会社に出向させなければならない。ひとりの男性課員が標的となるが、彼は一週間、家庭の事情で欠勤をする。だがその間、石原はずっと不審な男につけまわされる(第6話)。

初回購入限定! 50%ポイント還元

  • 人間交差点 1巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/ガラスの靴ははかない▼第2話/海の時間▼第3話/教官の雨▼第4話/ひび割れた土▼第5話/砂上の設計▼第6話/谷口五郎の退官 ●あらすじ/殺した男の子供を、刑務所で出産した受刑囚・松沢良子。だがそれは、殺してもなお、消しがたい恨みをぶつけるためだけに産んだ子供だった。その心をいち早く見抜いた所内医・早川は、子供を松沢の手の届かないところへ隔離する。月日が流れ、松沢の出所日が間近に迫ったある日、退官していた早川が松沢のところを訪れる(第1話)。▼海辺の宿で働く一人の女。そこで、初めて客と夜をともにする。だが、その客はただの客ではなかった。彼は、彼女が昔愛した男。この男を忘れるために、彼女はこの町に来たのだった。女を思い出さない男に、翌朝、女は男との細い絆をたどり、男に問いかける(第2話)。▼女子少年院の教官・野崎洋平には、気がかりな少女がいる。その少女の名前は菊島あけみ。彼に、月に一度は手紙を出すと約束して、1年前に仮退院した少女だ。だが、その便りも途絶えて、すでに3か月。また、元の生活に戻ってしまっているのではと危惧しつつ、野崎は歓楽街を訪ねてまわる(第3話)。
  • 人間交差点 2巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/黒の牧歌▼第2話/暗い傾斜▼第3話/遠い抱擁▼第4話/従順なる復讐▼第5話/あの日川を渡って▼第6話/象牙の罠▼第7話/消えた国 ●あらすじ/仮出所日直前になると、何故か脱獄を繰り返し、刑務所に居続ける服役囚・鈴木。自分の女を殺した罪で捕えられたのだが、彼を捕まえた高橋刑事は、誰かをかばっているのではないかと、疑いの目を向ける。そして、殺人事件の時効を迎える15年の歳月が過ぎ、鈴木は「今度の出所日は脱走をしない」と明言。やはり他人の罪をかぶるために脱獄をし続けたのだ、と高橋は確信するのだった。そして、鈴木はたんたんと、自分と、殺された女・文子についてを語り出す(第1話)。▼「人間は金のために動く」という信念を持つ男、塩見。だが今、彼は家を出た妻・夏子に会うために、山に登っている。借金のカタに手に入れた、年の離れた妻との間に愛情があろうはずもない。だが彼は「愛していない、愛されていない」はずの女を迎えに、今、険しい山を登る。この不可解な自分の行動に自問自答しながら…(第2話)。▼終電近い電車の中にガソリンが撒かれ、放火される事件が起きた。だが、警察は犯人どころか、手がかりさえつかむことができない。焦る捜査員の中で、片田刑事は、この事件で唯ひとり生き残った男「マンジュウ爺さん」に注目する。しかしその男は、何が目の前で起きようと、何も見ていない廃人同様の人物で、目撃証言は得られない。だが片田は、彼が「マンジュウ爺さん」と呼ばれるに至った理由を探り、そこから事件の真相を解きほぐしていく(第7話)。
  • 人間交差点 3巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/流された記憶(前編)▼第2話/流された記憶(後編)▼第3話/白い返事▼第4話/午後のフットワ−ク▼第5話/海のある風景▼第6話/老木の舞▼第7話/春の惑い▼第8話/片隅 ●あらすじ/少年はじめは、飲んだくれの父親に、学校へも行かせてもらえず、働いている。ある日、新任の女教師が、はじめを学校へ来させるように、父親に直談判にやってきた。だが、激怒した父は暴力に訴え、はじめは頭部に怪我を負ってしまう。そして、もうろうとする意識の中で、彼は手に斧を握りしめるのだった。意識を取り戻した時、父は頭を割られて死んでいた。だが、やってきた伊勢湾台風によって、家も、父の死体も、何もかもが押し流されていく。歳月が過ぎ、はじめは、女教師の保護のもと成長し、医者となっていた。だが、ある日、工事中に発見された白骨遺体が、父のものであることに気づく(第1話)。▼頭蓋骨の傷が生前についたものか、死後についたものかを確認するため、はじめのもとに父の遺体が運ばれた。23年ぶりの父との対面。確かに、頭蓋骨には、あの時彼がつけた傷が額に刻まれていた。死後の損傷によるものと警察に報告し、それですべてが終わったかのように思えたその時、女教師が衝撃的な告白をはじめる(第2話)。▼女性新米刑務官の田村と、収容者の村上優子は、何かにつけて衝突する間柄。優子は、幸せな結婚生活を送っていたのに、ふとしたことから知り合った男と関係を持ち、横領事件に関わってしまった女だった。そして、彼女は離婚した夫や子供に、許してくれるのなら、12月1日の午後1時に、紙ヒコ−キを投げ入れてほしいと手紙を書き続けているのだと、ある日、田村に打ち明ける。だが、その時間は、優子は作業に従事していて部屋の外に出られる時間ではなかった(第3話)。
  • 人間交差点 4巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/腐葉の森▼第2話/埋火▼第3話/左遷▼第4話/さかな▼第5話/空想地図▼第6話/夏の跡▼第7話/遠い唸り▼第8話/八月の空 ●あらすじ/麻薬常習者だったという過去を背負った女・由起。だが、それを一時の過ちと理解してくれた男と結婚、夫とともに郊外に転居してきた。だが由起は、牛乳配達人と話しているところを、噂好きの警察官の妻に見られてしまう。何もやましいことはないのだが、妙な噂を流されているのでは…とどんどん妄想が広がる。そんな時、警官の妻が、彼女をジョギングに誘った。だがジョギングの途中、さらに妄想に取り付かれた由起は、警官の妻を突き飛ばし、彼女を殺してしまった(第1話)。▼娘の結婚を控え、刑事の父娘が旅行をすることになった。だが娘は、妻子あるほかの男を愛していた。仕事、仕事でいつも家庭のことなど何も知らなかった父。今の娘の状態についても何も気づいていないだろう。だが、旅先の旅館で娘は、父が昔ここで、悲しい恋を終えていたことを知る。その時父は「実らせることができない愛なら、辛くても諦めるべきだ」と語っていたことを旅館の女将から聞かされる。その言葉に、父が何故この旅館に自分を連れてきたのか、娘は痛いほど理解するのだった(第2話)。▼新聞社社会部きっての記者だった前田は、突然田舎の支社に左遷された。くさった前田は、仕事をする気も起きない。そんなある日、一件の火災が発生。両親が死に、娘がひとり生き残った。だが、そこに前田は事件の匂いを嗅ぎとり、火災が病身の両親の看病に疲れた娘が起こした放火だったことを突き止める。スク−プに成功した前田。だが、その記事が、娘を自殺に追い込んでしまう(第3話)。
  • 人間交差点 5巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/動機▼第2話/掌の影▼第3話/腐敗(前編)▼第4話/腐敗(後編)▼第5話/空白の走行▼第6話/砂時計▼第7話/顔のない群れ(前編)▼第8話/顔のない群れ(後編) ●あらすじ/台風がくると発生する女子大生連続殺人事件。その捜査にあたっていた片山刑事は、ある週刊誌の連載記事に載った大学と、殺された女子大生の通う大学が一致していることに気づく。そして、次の台風がやってきた日、片山をはじめとする捜査員は、次の標的となる女子大学周辺に張り込み、犯人を待つのだった(第1話)。▼北国の町で、銀行の支店長と女性行員の心中事件が起きた。だが、検事の森脇は、心中ではなく、銀行の贈収賄に関連した他殺と判断。自ら調査に乗り出すが、その途端、彼は命を狙われる(第3話)。▼銀行の幹部を全員、贈賄容疑で逮捕した森脇。だが本当の目的は、支店長らを殺害した犯人を、この拘留期間に見つけるための別件逮捕だった。しかし逮捕者全員に、事件当日のアリバイがあることが判明。捜査は手詰まりとなったかに見えた。森脇はそこで、自分を轢き殺そうとした犯人を、車のナンバ−からわりだし、逮捕する。だがその人物は、彼の恩師だった。そして恩師の口から、事件の全貌も明らかにされる(第4話)。
  • 人間交差点 6巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/踏切り▼第2話/熱い砂▼第3話/あだしの(前編)▼第4話/あだしの(後編)▼第5話/挽歌▼第6話/真昼の漂流▼第7話/紺碧の宴 ●あらすじ/朝のラッシュ時に踏切事故が起きた。当分、電車は動かない。朝の会議にサラリ−マン人生がかかっている吉沢は、何とか会社に辿りつこうと右往左往するが、やることなすことすべてが裏目に出て、なかなか会社に行くことができない。時間は虚しく過ぎていくばかり。事情を説明すべく会社に電話を入れるが、会議に遅れた吉沢に対して、上司はその理由も聞かず、頭ごなしに怒鳴り付ける(第1話)。▼町長選挙のまっただ中、候補者の大村はなりふり構わず票集めに奔走している。そのためには、体の調子が悪い叔父でさえも、外に駆り出すことを辞さない。彼をここまで追い立てるもの…それは、この町と叔父に対する復讐心だった(第2話)。▼サラリ−マン石原の役職は課長だ。だが、自分が支持してきた役員が派閥争いに敗れたため、そのとばっちりを受け、課が縮小されることになった。縮小のためには、課員を一人子会社に出向させなければならない。ひとりの男性課員が標的となるが、彼は一週間、家庭の事情で欠勤をする。だがその間、石原はずっと不審な男につけまわされる(第6話)。
  • 人間交差点 7巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/冬の蝉▼第2話/聖橋▼第3話/初雪25時▼第4話/面影花▼第5話/銃声▼第6話/窓▼第7話/蜃気楼 ●あらすじ/緑川道夫は売れっ子の俳優だ。次々と大量の仕事を引き受け、初めての出産を迎える妻が難産だと聞いても、病院へ行こうともしない。彼は仕事がなくなるかもしれないという恐怖感から、仕事の量を減らすことができないのだった。やっと重い腰を上げて妻のもとにやってきた緑川は、子供が産まれてすぐに死んだことを告げられる(第1話)。▼母親との確執から家を飛び出していた麗子は、父の葬式のために11年ぶりに里帰りをすることになった。だが、彼女は焼香をすませると、またすぐに家を出ていく。母親は喪主であるにもかかわらず、葬儀をほっぽり出し麗子を追いかけるのだった(第2話)。▼鶴橋は新宿のゴ−ルデン街に事務所を構える、うだつの上がらない弁護士。せっかく企業から請け負った訴訟も、企業を弁護する立場にも関わらず、正義感から訴訟した側を援護することになってしまった。おかげで顧問弁護士の座はフイ。恩師にも「娘はやらん!」と見切りをつけられてしまう。そんな彼のもとに、ゴ−ルデン街で生活する、馴染みの喫茶店従業員・みどりが相談にやってきた(第4話)。
  • 人間交差点 8巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/砂の絵▼第2話/原色の河▼第3話/渦▼第4話/黒の培養▼第5話/回送車(前編)▼第6話/回送車(後編)▼第7話/遙かなる▼第8話/分水嶺 ●あらすじ/元・私立探偵、白鳥英悟は「過去を消す」商売をする女・白鳥さゆりの相棒を務めている。今夜もパ−ティ−で、彼女の噂を聞きつけたひとりの女が過去を消してもらうべくさゆりのもとを訪れた。一流企業社長の息子と結婚が決まったため、特殊浴場で働いていた過去を消したいという(第1話)。▼テレビ局でレポ−タ−を勤める綾子は一児の母。仕事で飛び回って、子供もろくにかまってやれない。それどころか、会社社長の藤本からのプロポ−ズに応える心の余裕さえも失っていた(第3話)。▼監督・吉田のOKの声で、新人女性を起用したCM撮りが終了した。だがそこに現れた代理店のプロデュ−サ−・川村が、イメ−ジが違うと文句をつけだす。とりあえず再撮を明日とし、吉田は解散を指示するのだが、生真面目なモデルは、再度練習を申し出る。だが、練習の最中に、突然彼女は心臓麻痺を起こして死んでしまった(第4話)。
  • 人間交差点 9巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/海からの手紙▼第2話/行方▼第3話/風の消えた街▼第4話/海峡▼第5話/川面▼第6話/蒼き果てにて▼第7話/冬の遊園地▼第8話/煙 ●あらすじ/同じアパ−トに住み、同じように貧しい学生時代を過ごした3人の男、君塚、吉田、江藤。彼らは今、それぞれ判事、市会議員、エリ−ト会社員となり、社会で一定の地位を得て暮らしている。だが、そんな彼らの元に、一通の手紙が届いた。差出人は瑛子。かつて彼らを兄のように慕い、そして彼らが弄んで捨てた女からだった(第1話)。▼終戦の混乱期に、サハリンで娘・ユリと生き別れた岡田。それから37年の歳月を経て、岡田は自分の娘らしき人物が写った一枚の写真を目にする。彼は娘が生きていることを確信し、矢も立てもたまらず、サハリンへと渡る(第4話)。▼昼は、会計事務所で働き、夜は大学に通う千代子には恋人がいる。彼の名は尚一。同じ大学に通う学生で、昼間は不動産会社に勤務している。だがある日、千代子のもとに、突然警察官が訪れた。尚一が、客から預かった金を持って逃げたというのだ(第3話)。
  • 人間交差点 10巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/摩天楼▼第2話/置き去り▼第3話/恩讐▼第4話/一輪▼第5話/輝きの中で▼第6話/ささやき▼第7話/よどみ川▼第8話/凪 ●あらすじ/可奈は、これから売り出し予定の新進デザイナ−。広告代理店の後押しも得て、念願だった新宿の摩天楼を見渡す部屋に自分のオフィスを構えることもできた。だが、これから売り出そうというその時、可奈は突然病に倒れてしまう(第1話)。▼入社以来約30年ライバル同士だった横田と山脇は、互いの出向をきっかけに初めて打ち解けた会話を交わす。友情を温め合ったふたりは、出向先へと赴任する途中で温泉に立ち寄ることを計画。そこで、入社して以来初めての心の安らぎを得るのだった。互いの今後の検討を祈り合って別れた日から一年後、横田はあっさりと死を迎える(第2話)。▼資金繰りがつかず、会社を倒産させてしまった小坂は、妻と小さな息子を連れて自殺をするために熱海にやってきた。生命保険で借金を返済しろと、サラ金業者につめ腹をきらされたためだ。だがそこで、息子がひどい熱にうなされてしまう(第4話)。

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。