ブランカ 2巻

ブランカ 2巻
全2巻完結
作者
雑誌
価格
550pt/550円(税抜)

▼第1話/早春▼第2話/プロジェクト・G・▼第3話/パトリシア▼第4話/戦闘犬▼第5話/殺せ▼第6話/死闘▼第7話/脳波誘導レーザーライフル▼第8話/遠い声▼第9話/ラスト・スパート▼第10話/誕生 ●主な登場人物/ブランカ(R共和国軍部の遺伝子操作技術によって生み出された軍事戦闘犬)、シバ(アラスカで密猟をする日本人、殺された仲間の復讐のためブランカを追う)、 ●あらすじ/1年前、ニューヨークで父親のリャプコワ教授と飼い犬を拉致誘拐された男が、アメリカ合衆国法務省移民帰化局を訪れている。教授はロシアの遺伝子工学の権威であったため、ロシアに連れ去られたのではないかと彼は訴えるが、治外法権があるため、これ以上の調査は無理だと言われてしまう。 ●その他の登場キャラクター/ブランカの元飼い主・パトリシア(第1、3、4、8~10話)、軍事戦闘犬を養成しているR共和国軍部の中心人物・シュミット大佐(第2、7、8話)、R共和国軍部特殊戦闘犬訓練士・モーリ・ワーレン中尉(第4、6~8話)

  • ブランカ 1巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/凍土(ツンドラ)の犬▼第2話/白い牙▼第3話/悪霊▼第4話/標的▼第5話/追跡者▼第6話/トリガー▼第7話/手負い▼第8話/ル・シアン―友は西から▼第9話/荒野へ▼第10話/帰巣本能▼あとがき ●主な登場人物/ブランカ(R共和国軍部の遺伝子操作技術によって生み出された軍事戦闘犬)、シバ(アラスカで密猟をする日本人、殺された仲間の復讐のためブランカを追う) ●あらすじ/厳冬のアラスカ・ブルックス山脈で、密猟者のディックとシバは、見事な角の鹿をむさぼり食うオオカミの群れを発見する。ディックはこれ幸いと、その鹿の角を奪い取るためにオオカミに向かって発砲する。すると、そのオオカミの群れに交じっていた一匹の白い犬が突然彼を襲い、アッと言う間に首を食いちぎってしまった。あまりのことに呆然とし、立つことができなくなってしまったシバに、その白い犬は悲しい視線を落とし、山に戻っていく…(第1話)。▼ブルックス山脈で密猟を続けるグループの所に、ある男が犬を一匹殺してほしいと現われた。報酬は10万ドル。あまりの大金にみな驚き不審がるも、結局この仕事を引き受ける。ただ、そ の犬を実際に見たことがあるシバだけは、「あんな恐ろしい犬は見たことがない」と仕事を拒む。実はこの白い犬には、どこかの国の重要な軍事秘密が隠されているらしいのだが…(第2話)。 ●その他の登場キャラクター/軍事戦闘犬を養成しているR共和国軍部の中心人物・シュミット大佐(第3~5、9、10話)、R共和国軍部特殊戦闘犬訓練士・モーリ・ワーレン中尉(第3~9話)
  • ブランカ 2巻

    価格:550pt/550円(税抜)

    ▼第1話/早春▼第2話/プロジェクト・G・▼第3話/パトリシア▼第4話/戦闘犬▼第5話/殺せ▼第6話/死闘▼第7話/脳波誘導レーザーライフル▼第8話/遠い声▼第9話/ラスト・スパート▼第10話/誕生 ●主な登場人物/ブランカ(R共和国軍部の遺伝子操作技術によって生み出された軍事戦闘犬)、シバ(アラスカで密猟をする日本人、殺された仲間の復讐のためブランカを追う)、 ●あらすじ/1年前、ニューヨークで父親のリャプコワ教授と飼い犬を拉致誘拐された男が、アメリカ合衆国法務省移民帰化局を訪れている。教授はロシアの遺伝子工学の権威であったため、ロシアに連れ去られたのではないかと彼は訴えるが、治外法権があるため、これ以上の調査は無理だと言われてしまう。 ●その他の登場キャラクター/ブランカの元飼い主・パトリシア(第1、3、4、8~10話)、軍事戦闘犬を養成しているR共和国軍部の中心人物・シュミット大佐(第2、7、8話)、R共和国軍部特殊戦闘犬訓練士・モーリ・ワーレン中尉(第4、6~8話)

この作品を見た人はコチラも見ています

ストアからのおすすめ

お気に入り設定

この作品を本棚のお気に入りに追加します。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

新刊通知設定

該当作品の新刊が配信された時に新刊通知ページ、およびメールにてお知らせします。

会員登録(無料)」もしくは「ログイン」を行うと登録することができます。

会員登録済みでメールアドレスを登録していない場合はメールアドレスを登録するページから設定してください。