&FLOWER 37号

&FLOWER 37号
価格:200pt/200円(税抜)

まだ足りないなら、もっとあげる。デジタルコミック誌「&FLOWER」2018年37号!!
表紙は大人気、大注目作家のちよりが登場!
ケダモノ、ドS、ケモ耳まで、あらゆる肉食男子をそろえちゃいました♪
特集「ケモノ男子に囚われました」。
ヤバすぎる恋を知ったら、もう逃げられない――。

●玉城るか「神様、私に飼われませんか」
神との恋は不毛、その出会いは不幸の始まりか――。それでもその唇で、永遠の契りを交わして…。廃れた神社で私が出会った犬神様。そんな瞳で見つめてこられたら、私…もう放っておけませんっ!!

●ちより「舐め愛」
人懐こくて、私にべったりで、ちょっとエッチ——。そんな愛犬・ゴン太が私は大好き。ずっと一緒にいてね? 大人気作家が描く、ご主人様×ペットのちょっと不思議なハートフルストーリー。

●蓮見 游「兎も狼に食べられたい」
その夜、義理の弟は狼になりました。人兎の母と人狼の義父が再婚し姉弟になった私たち。可愛くて私を慕っていた弟は肉食獣の発情期がやってきて!? 兎×狼、禁断の動物擬人化ラブ!!

●文倉 咲「ダメ、お仕事中です。」
私の上司・嘉神さんは、やる気はないのに仕事ができて、女性からはモテるズルい人。そんな男の人に恋をしてしまったら、私…やきもちを妬かずにいられるの?
甘さ急上昇中でお届けのオフィスラブ♪

●嵯島メグミコ「ビッチちゃんは童貞くんにかなわない。」
真面目ぶったその表情も、あたしの誘惑には勝てっこない。学年一の秀才くんを学年最下位のあたしが食べてあげる♪ 接点のない真逆なふたりが出会ったとき、最高の恋が生まれ…る!?

●山口とも「ニャンとも言えない恋をして」
いつもの帰り道、なんの気なしに会社の愚痴をこぼしていたら…猫神様からサプライズ!?
それは人間の姿に変わった猫のクロ! 抱きしめてくれる相手が欲しいとは言ったけど一体どうなっちゃうの!?

●イニシエ「お前はオレに食われてろ」
転職初日、オレの指導についたのは、道で出会った冴えないメガネ野郎!? 頼りないと思っていたのに、こいつ、仕事になると良い顔すんだよな…。注目作家のアンフラBL作品第2弾が登場!

7作品を配信♪

収録作品

  • 神様、私に飼われませんか玉城るか
  • 舐め愛ちより
  • 兎も狼に食べられたい蓮見游
  • ダメ、お仕事中です。〜あげる、もっと、すきだから。〜文倉咲
  • ビッチちゃんは童貞くんにかなわない。嵯島メグミコ
  • ニャンとも言えない恋をして山口とも
  • お前はオレに食われてろイニシエ

神様、私に飼われませんか/玉城るか

裏山の廃れた神社で私が見つけたのは…消えかかった犬神様!? もうすぐなくなる神社に住まう犬神様を救うため始まったお引っ越し計画。だけど神力を回復してもらうには純潔の乙女の接吻が必要なんて、聞いてませんけど――!? 越えてはいけない線を越えてしまったら…?

舐め愛/ちより

朝起きたら、私の前には知らない男の子…。しかも、は、裸って!? 可愛がっている愛犬のゴン太みたいだけど、人間に見えるのは家族の中で私だけ。まさか私の妄想が生み出してしまったの!? いつもしているキスだって人間の姿だとなんだか変な感じ…。
ゴン太にいったい何が起こったの——!?

兎も狼に食べられたい/蓮見游

兎と狼、種族は違うけど仲良くやっていた私たち姉弟。でもある夜、発情期を迎えた弟の圭門が私の部屋に忍び込んでその関係が崩れてしまった…。驚いて拒絶してしまった私だけど、決して圭門が嫌いなわけじゃないの!! お願い、私から離れるなんて言わないで?

ダメ、お仕事中です。〜あげる、もっと、すきだから。〜/文倉咲

意地悪上司の嘉神さんに恋をして、ついに私、彼の部屋に入ることを許されました!
そしてついにハジメての…。こんなに甘い表情も、私に触れる優しい手も、全部初めて。
こんな快感を知ってしまったら、私きっとわがままになる。嘉神さん、ほかの女性にもこんなふうに触れるんですか?

ビッチちゃんは童貞くんにかなわない。/嵯島メグミコ

彼女のいる男があたしに夢中になる瞬間てたまらない!! 学校なんて男とヤルために来ていたあたしが、まさか学年一の秀才くんから勉強を教わることになるなんて…。あれ?でもこの秀才くん、よく見たらめっちゃイケメン!? 勉強よりもっとイイこと、私が教えてあげちゃう♪

ニャンとも言えない恋をして/山口とも

誰でもいい、そばにいて、抱きしめて――。そう願ったのは私だけど、まさか野良猫のクロなんて!一人にすると寂しがったり、私にすり寄ってきたり、ツンデレだったり、猫とはいえ、男の子の姿だとやっぱり緊張しちゃうよ!!この不思議な共同生活、いつまで続くの!?

お前はオレに食われてろ/イニシエ

おっちょこちょいな冴えないメガネ。そんな奴だと思っていたのに、スイッチが入れば別人みたいな仕事ぶり。しかもなんだかオレへの接触が多いのは意識しているせい?
そんな目で見るな、触るな、近づくな…。隠していた感情の抑えが、きかなくなっちまうだろ――。

バックナンバー

ページの先頭へ戻る