&FLOWER 34号

&FLOWER 34号
価格:200pt/200円(税抜)

●桃井すみれ「恋したのは…ホストでした」
マッチングアプリで出会ったイケメンは、実はホストで…。栞ちゃんと、本気の恋愛がしたいんだ――。彼の言葉、信じてもいいんだよね…? とろける“運命の出会い”の裏側を描くエロティックストーリー!

●三浦えりか「それは裏切りという名の初恋」
幼馴染の拓真、結衣、理沙。そして、理沙と拓真は仲のいい恋人同士。でもある日、理沙が校舎から転落して…。理沙のインスタをヒントに浮かび上がる、3人の意外な関係とは!?

●美咲りょう「誰かが私を憎んでる」
歌手を目指し、地元で活動中の千紘。SNSでつながったファンとのオフ会をきっかけに、ある写真をバラまかれて――。SNSが運命を狂わせていく!

●桜井美也「裏アカ破滅記念日」
優しくて、友達にも自慢できる理想の彼氏。でも、性欲だけは薄くてHはナシ…。JKにばっかり絡んでるこのチャラ男のアカウントはまさか――!? SNSが導く破滅ストーリー。

●小室栄子「悪魔チャンネル」
七菜子が作ったカギ付きのSNSアカウントについたのは…「悪魔チャンネル」という謎のサイトでのたくさんの“イイネ”と復讐希望コメント! 褒められたい、認められたい――七菜子の欲望はエスカレートして…。SNSを巡るホラーストーリー!

●坂本勲「イイネ」
SNSへの写真投稿にハマったリオ。過激な写真を上げて、もっともっと“イイネ”がほしい――! “イイネ”のキケンな誘惑を描く、衝撃のSNS譚!


超イケメンホストとの甘〜い出会いから、“いいね”の魔力を描くホラー、衝撃の破滅まで、リアルなSNSストーリー6本立て!

収録作品

  • 恋したのは・・・ホストでした。桃井すみれ
  • それは裏切りという名の初恋三浦えりか
  • 誰かが私を憎んでる美咲りょう
  • 裏アカ破滅記念日桜井美也
  • 悪魔チャンネル小室栄子
  • イイネ坂元勲

恋したのは・・・ホストでした。/桃井すみれ

栞がマッチングアプリで出会ったのは、超イケメンのYU。会ったその日に、とろけるようなキス…♪ でも、実はYUはホスト…。俺、栞ちゃんのこと、本気で好きになっていいかな――。「本カノだから、店には来ないで」って言われたら、よけいに気になっちゃうよ! 店でのYUさんもかっこいい…! エレベーターの中でそんな激しく…他の人に見られちゃうっ! 決めた、私、バイト頑張る! YUさんのためなら、なんでもできるんだから――。甘くキケンな罠に絡め取られた栞の行く先は…!?

それは裏切りという名の初恋/三浦えりか

子どもの頃から仲よしの拓真、結衣、理沙。拓真と理沙は、誰もが認める美男美女の理想のカップル。そのうえ、理沙はインスタでフォロワー3000人の有名人で――。本当は私も、拓真が好き。でも、大好きな拓真と理沙が幸せそうなら、それでいい…。理沙が校舎から転落!? 意識不明だなんて…。高いところが苦手だった理沙が、そんなところに行くはずがない! 結衣の違和感が、3人の秘められた思いを明かしていく――。

誰かが私を憎んでる/美咲りょう

歌手を目指す千紘は、地元のカラオケ大会では敵ナシ! 「感じよく」をモットーに、SNSもしっかり更新中♪ ある日、ファンの女の子・リカからSNSでオフ会に誘われて――。目の前で歌っただけで泣いてくれたリカちゃん…うれしくて私まで泣いちゃいそう! またオフ会の誘いが…今度は男の人ばっかり! 趣味じゃないプレゼントを贈られても、笑顔、笑顔! でも、それを誤解させるような写真がネットにアップされて…嘘、みんな信じないで! 誰がこんなことを!? SNSがあぶりだす、人間のダークサイド!

裏アカ破滅記念日/桜井美也

女子大生・美咲の彼、拓人は優しくて気遣いができて、友達からの評判も上々。でも、お泊りしてもHはなし…。性欲が薄いことだけが悩み。ツイッターでたまたま見つけたアカウント、JKに絡みまくっててサイテー! この自撮りの歯並び…まさか、拓人!? 「おにーちゃんにパンツ見せてごらん」なんて拓人は言わない…! 嘘! JKのフリして誘い出したSkypeの向こうにいたのは――彼。「おにーちゃん、興奮してきちゃった」…。イケないお兄ちゃんへの復讐は、裏アカウントで――。

悪魔チャンネル/小室栄子

恋人の竣介にふられたばかりの七菜子。ずっと努力を認められずに育ってきたけど、恋愛までもそうだなんて――。つらい気持ちを吐き出したカギ付きSNSアカウントに、たくさんイイネがついてる! 「悪魔チャンネル」って、何、このサイト!? でも、誰かに認められるって、うれしい――! ついたコメントは…復讐希望!? 竣介に、ちょっとぐらい復讐してもいいよね…。こんなのじゃダメ、もっともっと過激なことをしないと“いいね”がもらえない――! 肥大する承認欲求が呼ぶ、ダークでホラーな結末!

イイネ/坂元勲

“イイネ”なんていらないと思っていた。あのときまでは――。SNSへ写真を投稿しても、ちっとも“イイネ”がもらえないリオ。いいんだ、私にはコージっていう恋人がいるし、リアルが充実してるから♪ えっ、何、この“イイネ”の数! 何気なく撮った写真に、事件の犯人が映っていた!? もっと過激な写真を上げれば、閲覧数も増えるはず…それには…。“イイネ”の魔力に取りつかれたリオの末路とは――!?

バックナンバー

ページの先頭へ戻る