著者 : 長江朋美 13件

  • あなたのオモチャ

    長江朋美

    雑誌:
    プチコミック

    中学時代フラれた男・蓮司(れんじ)に再会したるい。しかも彼は人気ホストになっていた!! 普通の女子大生るいと人気ホスト蓮司の甘くてHな恋物語。

  • そりゃないぜ☆ダーリン

    長江朋美

    雑誌:
    プチコミック

    二ノ宮麻衣子(にのみやまいこ)は今年も大学1年生! なぜなら1年前、半年も休む程の事故に遭ったため。留年にもめげず完全復活したけれど、最近なぜか猛烈にHな夢を見てばかり。そのうえ、小説家・永瀬雪矢(ながせゆきや)と出会ってからは不可解現象が一層増えて…!? 話題騒然☆心と体を熱くするミステリアス・ラブコメ!

  • ハッピーラッシュ

    長江朋美

    雑誌:
    プチコミック

    元気いっぱいの夏海(なつみ)は、ハウスメーカーに勤める新人営業マン☆ ひと目惚れした東城(とうじょう)課長に気に入られようと毎日全力で頑張っているのに、空回りして失敗ばかり。そんなある日、東城課長から仕事を任されて名誉挽回(めいよばんかい)のチャンス到来!? 東城に認めてもらうためにも、がぜんはり切る夏海だったけれど…?

  • 俺様☆キッス

    長江朋美

    雑誌:
    プチコミック

    父親が再婚したことで突然、血の繋がらない兄・諒ができた加那。最初はイケメンな義兄ができた、とのんきに喜んでいたけれど、彼が加那の姉・陽那に片想いをしていることを知ってしまう。さらに、彼はなぜか加那にだけ悪魔のようにイジワル。腹が立つほど彼から目が離せなくなるけれど・・・!?

  • 瞳で私をつかまえて

    長江朋美

    雑誌:
    プチコミック

    「好き」と言ってくれない彼の気持ちを確かめるため、えっちを禁止した七緒(ナオ)だけど…!?

  • 私の王子様・

    長江朋美

    雑誌:
    プチコミック

    昔金持ち、今フツーのOL華子(はなこ)の前に2人の男が現れた。1人は金持ちもう1人はビンボー人で…。揺れるキモチをコミカルに描く傑作。

  • 恋は天下の回りもの

    長江朋美

    雑誌:
    プチコミック

    ネットカフェ難民ののり子のサイフが置き引きにあった。それを助けてくれたのが同じネットカフェ難民の一真(かずま)。難民生活が心細くなっていたのり子は、いきおいから告白してOKをもらうが、じつは彼の正体は…!?

  • ジャケット脱いだら最後まで

    長江朋美

    雑誌:
    プチコミック

    大好きな榎本(えのもと)くんとのラブラブな妄想小説をノートにつづっている路子(みちこ)。ある日その秘密を、よりにもよって普段いじわるばかりする岡崎(おかざき)くんに知られてしまった。口止めするために動いた路子に、意外な展開が…!?

  • トマト日和

    長江朋美

    雑誌:
    プチコミック

    大学進学のため、北海道から上京した理子(りこ)。東京についたばかりの理子は、都会のテンポについていけず、驚いてばかり。彼女が住むことになったトマト荘は古くて怖くて、さらにはおかしな住人ばかり。だけど、大家の息子・憲二(けんじ)にときめいてしまい…!? ドキドキアパートライフの始まりです!!

  • キスからはじめよう

    長江朋美

    雑誌:
    プチコミック

    憧れの鳴島(なるしま)くんに「バージンじゃない」と見栄を張ってしまった美鈴(みすず)は…!? ビミョーな女ゴコロをコミカルに描いた笑いと涙の傑作

  • 牧師さんはプリンアラモード

    長江朋美

    雑誌:
    プチコミック

    星乃(ほしの)ぷりんという芸名でAV(エーブイ)女優をしている美里(みさと)は、顔やスタイルだけ見て、中身を見ない男どもが大嫌い。ある日、美里は街で出会った牧師・孝太郎(こうたろう)にぞんざいに扱われたことで、女のプライドを刺激され、誘惑をかけるけど!? イマドキの恋愛模様を軽快に描いた読み切り

  • いけいけ!さくら

    長江朋美

    雑誌:
    プチコミック

    大学受験の日鼻血を噴いたさくらは介抱してくれた修二(しゅうじ)に一目惚れ。同じ大学に入学でき、紆余曲折の上修二の彼女に!! 恋の四十八手コメディー。

  • 恋うま

    長江朋美

    雑誌:
    プチコミック

    元社長令嬢のしいなは父の会社経営の失敗により、家をなくし、婚約も破談。唯一残されたのは、なぜか彼女名義になっていたイメクラだけ。実体も知らずに店を訪れたしいなを出迎えたのは、店長・龍一郎で!?

おすすめ作家