著者 : 渡辺多恵子 12件

  • 風光る キャンペーン中

    渡辺多恵子

    雑誌:
    flowers

    時は幕末の京都。後に新選組と呼ばれる壬生浪士組に神谷清三郎と名乗る者が入隊を志願してきた。実はこの清三郎は女で…!? 幕末青春グラフィティ!!

  • 僕の胸も熱くなる〔文庫版〕

    渡辺多恵子

    雑誌:
    ベツコミ

    ある日起きたら外が晴れてて、僕も生きてて、ふと生命とはこんなにも熱いものかと気づく…。感動の表題作他「胸の金色」等収録。

  • 胸の金色

    渡辺多恵子

    雑誌:
    ベツコミ

    卒業式では憧れの男の子の第二ボタンをもらいたい――そんな夢を抱え中学に入学した亜由(あゆ)。だがそこで出会ったのは謎を秘めた3人組で――!?

  • 雨に似ている

    渡辺多恵子

    雑誌:
    ベツコミ

    『はじめちゃんが一番!』でおなじみ ”WE” 主演の、特別番外映画編。2人の少年の成長を描いた感動作。他一編収録。

  • ジョセフへの追想

    渡辺多恵子

    雑誌:
    ベツコミ

    セント・ジョセフ島に住む幼なじみのユニスとジョセフ。将来を誓い合った幼い日から、2人の愛は世界中の祝福を受けるかのように、強く深く育まれていった。が、18歳を迎えたジョセフは、突然奇妙な能力に目覚め、ユニスの運命をもまた大きく変えてゆく…。表題作の他、短編「十四の風景(スケッチ)」、ショート・ストーリー「芸術学校の生徒たち」、そしてMaking of 「ジョセフへの追想」と題されたショート・エッセイ漫画「5つのふしぎ物語」を同時収録。

  • ぼくたちの空色

    渡辺多恵子

    雑誌:
    ベツコミ

    高校生になって出会った美しい少女は、次明(つぐあき)が幼い頃あこがれた年上のガキ大将・ショウにそっくり!! でも、彼女はなぜか次明のことをさけてばかり…。彼女とショウの関係とは!? マルコの人間味あふれる作品を集めた、大好評プリズムシリーズ第2弾!! 表題作の他、「千姫調(せんこちょう)スプリングタイム」、「聖者たちのてっぺん」、「箱舟の子どもたち」の3編を同時収録。――『風光る』の渡辺多恵子がセンシティブに描く、傑作短編集。

  • もうひとつの9月

    渡辺多恵子

    雑誌:
    ベツコミ

    夏のおわりのある日、佑太の親友のヒロが宮の沢の崖から落ちて死んでしまった。そこは佑太の父親の故郷で、山奥に誰も住んでいないあばら家が残っている。佑太と佑太の父親、そしてヒロが夏休みの1週間を一緒に過ごしたばかりの場所だった。葬式の日、始めてヒロの家庭の事情を知った佑太。一番の親友だと思っていたのに彼のことを何も知らなかった。悲しみで眠れない夜を過ごす佑太の前に、ある晩、死んだはずのヒロが現れた!? ユー レイでもいい、ヒロが会いに来てくれた、と喜ぶ佑太。そんな彼にヒロは「僕を成仏させてほしい」と言う。ヒロの願いを叶えようとした佑太は…!?

  • We are

    渡辺多恵子

    雑誌:
    ベツコミ

    大人気のデュオ「We」の瑞希(みずき)と亮(あきら)。二人の感動の出会いを描いた珠玉作。

  • たてよこななめプリズム’80

    渡辺多恵子

    雑誌:
    ベツコミ

    ユニークな双子、たていちとよこいちは七恵のいとこ。彼が来てから、七恵の生活はもうメチャクチャ。新年にボーイフレンドを家に招待したのに、またまた二人があらわれ大混乱。もう〜、あのふたり絶対許さないからね。

  • 聖14グラフィティ

    渡辺多恵子

    雑誌:
    ベツコミ

    聖本町1丁目14番地のなかよし隣組、大河内家と高橋家。両家の子供、陸、海、空子と奈月、生月は5人兄妹のように育ったが、2年前から宿敵同士の間柄。 大河内家の家庭の事情が絡んでるらしいが、詳細はトップ・シークレット! 生月を恋する演歌少女、空子と生一本な純情派・生月は両家の国交回復を目ざすが、なすことすべてがマヌケな展開に。 恋の行方に秘密の中身、小さな町のコミカル・ラブストーリーのてん末は!?

  • ファミリー!

    渡辺多恵子

    雑誌:
    ベツコミ

    LAのアンダーソン家は総勢5人。人のいいパパにマリア様のようなママ。男が好きな長男のケイに男の子みたいな長女のフィー、おませな次女のトレーシーのなかよし家族だ。ところがそこにパパの隠し子を名のる5歳の天才少年ジョナサンが訪ねてきたから大騒ぎ。ショックで寝込んでしまうパパ、火花を散らすフィーとジョナサン、アンダーソン家はどこへゆく!? 恋と友情と家族愛にあふれた傑作長編ホーム・コメディー!

  • はじめちゃんが一番!

    渡辺多恵子

    雑誌:
    ベツコミ

    岡野はじめは、都立高校に通う普通の女子高校生。ただ、5つ子の弟たちのせいで、極貧の生活のなか、家事にあけくれる毎日を送っていた。ある日、弟たちが出演したTVCMがプロデューサー・神田真純の目に止まる。彼は、人気絶頂のアイドル"WE(ウィ)"が所属する芸能プロダクションの"M2(エムツー)"の社長で、WEをプロデュースした敏腕プロデューサーでもあった。彼は、5つ子たちをスカウトしようと、はじめの家を訪ねてきた。ところが、彼女に弟たちの将来性や経済的問題を一気にまくしたてられて、断られてしまう。でも母は、やりたいというなら、と許してしまい!?

おすすめ作家