著者 : 村上もとか 13件

  • 龍 -RON-

    村上もとか

    雑誌:
    ビッグコミックオリジナル

    次第に戦争へと傾斜していく昭和初期の京都を舞台に、ひたすら剣の道を極めんとする男・龍の破天荒な生き方を描く!!

  • 岳人(クライマー)列伝

    村上もとか

    雑誌:
    少年サンデー

    山に魅せられた男たちの壮絶な闘い姿を綴ったオムニバス作品。”山がある限り登り続ける…”。厳しくて険しくて、しかし限りなく美しい山々に魅せられた、鉄の体と心をもった岳人(クライマー)たち。ときには自らの命までも犠牲にして闘いに挑んだ彼らの壮絶な姿を描く!

  • 蠢太郎

    村上もとか

    雑誌:
    ビッグコミックオリジナル

    激動の明治を生きる天性の女形・蠢太郎。激動の明治。歌舞伎役者を父に持つ、天性の女形・中村蠢太郎。蠢太郎親子の命を狙う者達、護る者達…謎に包まれた蠢太郎の出生。宿命を背負いつつ、蠢太郎は今日も華麗に舞う。

  • 獣剣伝説

    村上もとか

    雑誌:
    ビッグコミックスピリッツ

    明治初期、北海道の大地で繰りひろげられる、巨大なヒグマと武士の血をひく若き狩人・真之助との息づまる死闘! 剣を手にすれば鬼神のように強かった父を殺した、巨大なヒグマに復しゅうを誓った真之助は、10年の歳月をかけてヒグマを追い詰めていく!

  • ヘヴィ

    村上もとか

    雑誌:
    少年サンデー

    夢を追い求め続ける老人と、その夢をかなえてくれる若者。老マネージャー、A・ゴートンと天性のファイター、ガイ・ヒューガ。二人の男の出会いで、NYCに新たな伝説がうまれた。

  • SIREN(セイレン)

    村上もとか

    雑誌:
    ビッグコミックスピリッツ

    モータージャーナリストであり、現役F3ドライバーでもある椎葉ひとみ。一般道での事故で他界した恋人・邦彦を偲びつつ夜更けの峠を走る彼女を、謎のポルシェ928S4が付け狙う! 恋人を死に追いやった男との生死をかけた勝負の行方は!? そして、謎の男の正体とは…!?

  • NAGISA

    村上もとか

    雑誌:
    ビッグコミックスピリッツ

    小学校6年生のなぎさは、ある日海岸で同じ年齢の男の子と出会う。そして、泳げないという男の子に泳ぎを教えることに。なぎさはその男の子とひと夏をいっしょに過ごすが、夏休みの終わりが近づき、男の子は家に戻ることになり…。海に生まれ海のそばで生きる少女、なぎさの湘南青春グラフティー。

  • エーイ剣道

    村上もとか

    雑誌:
    少年サンデー

    五代剣道、母をなくし、幼き妹を連れ瀬戸内海の小島にやってきた、15歳の少年!!微妙にゆれ動く思春期の心と、剣の道にかける肉体の躍動のドラマが、いまここに展開する!!さあ、キミも剣道と共にさわやかな青春にうちこんでみないか!!

  • フイチン再見!

    村上もとか

    雑誌:
    ビッグコミックオリジナル

    日本にはまだ「女の漫画家」はいなかった!漫画家・上田としこ。1917年(大正六)生まれ、2008年(平成二〇)没。これは、まだ誰も歩いたことがなかった「女流漫画家」という道を拓いた一人の実在した「女」を主人公とした物語である。上田としこという一人の素っ頓狂な少女が、戦前の満州ハルピンの高く広い空に、想像の絵を思いうかべた時から、日本の、女の、「漫画の歴史」ははじまったともいえる。

  • 風を抜け!

    村上もとか

    雑誌:
    少年サンデー

    アクセルを開ける……その瞬間、ライダーは一陣の風となる!! だれよりも速く、だれよりもカッコよく、ただひたすらゴールへ……走るからには負けられない。一文字慧15歳。今、CR125を駆り、全開モトクロス一直線!!

  • ドロファイター

    村上もとか

    雑誌:
    少年サンデー

    レースをもとめ全米を旅から旅へ、賞金かせぎのレースドライバー。ふまれてもけられても、爆音の中から立ちあがるドロまみれの戦士、その名は、ノブ・トクガワ!!

  • 赤いペガサス

    村上もとか

    雑誌:
    少年サンデー

    赤いペガサスの異名をもつ、天才レーサー・赤馬研。彼はボンベイ・ブラッドという世界に数人しかいない特殊な血液型の持ち主。同じ血液型を持つ妹・ユキと共に、日本F1チームのレーサーとして世界GPへ乗り込み、生死の限界を走り抜く!

  • 六三四の剣

    村上もとか

    雑誌:
    少年サンデー

    現代の剣豪になれと、両親が願いをこめて命名した名前、六三四(ムサシ)。故郷の岩手山に見守られつつ、剣の道を突き進む!

おすすめ作家