著者 : 山本英夫 5件

  • アダムとイブ

    池上遼一 山本英夫

    雑誌:
    ビッグコミックスペリオール

    衰退するヤクザ社会を立て直すべく、”スメル”と呼ばれる嗅覚に長けた男が結成した秘密結社――その会合の突如、”透明人間”の襲撃を受ける!1人、また1人と仲間が死にゆくなか、五感を研ぎ澄ましたヤクザ達が徐々に“透明人間”の姿を捉え始め・・・変哲なき密室空間が「透明人間VSヤクザ」という比類無きワンダーランドに変わる!

  • さよなら身体

    山本英夫

    雑誌:
    ビッグコミックスピリッツ

    『殺し屋1』『ホムンクルス』『HIKARI-MAN』の鬼才・山本英夫が描く異形のラブストーリー。死ぬって、どんな感じだろう? 好奇心の極北へ−−男と女。これは…愛の物語だ。

  • HIKARIーMAN

    山本英夫

    雑誌:
    ビッグコミックスピリッツ

    『ホムンクルス』『殺し屋1』の鬼才・山本英夫が描く巨弾新連載、始動。

    彼は、ヒーローになった。

    白池 光(しろち ひかり)は、クラスでも全く目立たない
    地味めの高校男子。家では格闘ゲームとPC改造に
    明け暮れる気弱な電脳オタク少年だ。
    極めて平凡な光だが、実は人並み外れた『電気感受性』を
    持っていて、静電気のため保健室に運ばれることもしょっちゅう。
    そんな彼が自宅のPCでいつもの格闘ゲームに興じていると、
    自分の体内から意識と血流だけがPCに吸い込まれ、
    電気の通っている所を自由自在に行き来するという
    驚異の現象が起きる…!
    さらに自分の姿を鏡で見てみると…!!!!?

  • ホムンクルス

    山本英夫

    雑誌:
    ビッグコミックスピリッツ

    「頭蓋骨に穴を開ければ第六感が芽生える。」 謎の医大生に“トレパネーション"手術を施されたホームレス・名越の前に開かれた不可思議な世界とは……?

  • 新・のぞき屋

    山本英夫

    雑誌:
    ヤングサンデー

    見(ケン)&聴(チョウ)さん&スマイルは、のぞきのプロ。標的(ターゲット)の心と体をのぞいて素っ裸にする"のぞき屋"稼業、ただ今ゼッコウチョー!!

おすすめ作家