著者 : 吉田秋生 12件

  • BANANA FISH

    吉田秋生

    雑誌:
    ベツコミ

    謎の言葉『バナナフィッシュ』を追うアッシュに、暗黒街の黒影が迫る…! 別冊少女コミックに大人気連載されたハード・ロマン!!

  • 河よりも長くゆるやかに

    吉田秋生

    雑誌:
    flowers

    基地の街の少年季邦と姉には暗い過去が…。環境にめげず、明るくしたたかに生きる少年たち。現代感覚にあふれる作品。

  • 海街diary ラノベ

    高瀬ゆのか 吉田秋生 是枝裕和

    大人気コミックの映画版を完全ノベライズ!

    行方知れずだった父の葬式で、三姉妹は腹違いの妹に出会う。大人以上に気丈な異母妹―すずに、長女の幸は声をかける。「一緒に暮らさない?」
    しっかり者の長女・幸。姉とぶつかることの多い次女・佳乃。マイペースな三女・千佳。そして、不倫の子であると負い目を抱えながらも鎌倉に来る決意をした四女、すず。四姉妹の生活が始まったが…。
    鎌倉を舞台に、人の強さ、弱さ、優しさを温かい視点で描いた大ベストセラー・マンガ大賞2013受賞、「flowers」で連載中の大人気コミック『海街diary』を実写映画化、その完全ノベライズをお届け! 
    2015年6月13日公開。監督・脚本は是枝裕和、四姉妹キャストは綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。

  • 夢の園

    吉田秋生

    父親、兄弟…。それぞれの関係の中での愛憎。名作「カルフォルニア物語」のヒースの少年時代を描いた、感動の好編。

  • 十三夜荘奇談

    吉田秋生

    突然現れた五木くんと同居した達郎。「やさしいんですね、あなたは」、「やさしいと言うと…聞こえはいいけどな…」。――片すみに生きる小さな生命たちにやさしい視線をむける、秋生クンのファンタスティックな表題作の他、「夏の終わりに…」、「風の歌うたい」、「金の糸 銀の風」、「きつねのよめいり」、「ざしきわらし」、「アカプルコ・ゴールド」の6編を収録。独特な画風と巧みな心情表現で読者を魅了する吉田秋生の意欲作を集めた傑作短編集、第3弾!

  • 夢みる頃をすぎても

    吉田秋生

    雑誌:
    flowers

    進学校をドロップ・アウト、転校先の三流校には風変わりな幼馴染みと個性あふれる友との出会いが待っていた。

  • イヴの眠り

    吉田秋生

    雑誌:
    flowers

    ハワイ島——ビッグ・アイランドに住むアリサは、霊力(マナ)を感じ取る不思議な力をもつ一方で龍(ドラゴン)の娘として恐れられていた。そんな彼女のもとにある日、烈(リエ)と名乗る青年がやって来た。彼の警告によれば彼女にとてつもない危機が迫っているというのだが…!? 時代を超え、少女に宿った運命が目を覚ます!!

  • YASHA 夜叉

    吉田秋生

    雑誌:
    ベツコミ flowers

    沖縄の離島で母と2人、幸せに暮らしていた少年・有末静(ありすえセイ)。だがある日謎の男たちに母を殺され、拉致された静。静の隠された秘密とは——!?

  • カリフォルニア物語

    吉田秋生

    雑誌:
    ベツコミ

    青い空、緑の大地、光輝くカリフォルニア。だが、カリフォルニアだっていいことばかりじゃない。父親との確執、兄へのコンプレックスなど、さまざまな人間関係のきずなを振り切ろうと高校をドロップアウトしたヒースは、冬のニューヨークにやってきた。相棒で同居人のイーヴ、悪友ブッチ、その妹で恋人のスウェナ……灰色の空のもと、大都会の片隅でひとつの青春が始まった。別冊少女コミック・1978年2月号より掲載され、多くの読者の共感を呼んだ、吉田秋生初期傑作青春ロマン。

  • ラヴァーズ・キス

    吉田秋生

    雑誌:
    ベツコミ

    鎌倉の県立高校に通う少女たち、少年たちの熱い日々。そして、その彼女たちの揺れ動く青春をキスをめぐるドラマを通じて描く、ラブロマン

  • 吉祥天女

    吉田秋生

    雑誌:
    ベツコミ

    昔々、天女が地上に降り来たり、神官の息子と夫婦になった……。伝説的な由来をもつ叶家の娘・小夜子が街に帰ってきた。そして転入先の高校には、叶家の財をねらう遠野家の暁と涼がいた。陰謀渦巻くこの街で、小夜子の領域を侵す者が次々に死んでゆく。青春の白日夢にも似た、吉田秋生の幻想綺譚。

  • 海街diary

    吉田秋生

    雑誌:
    flowers

    男の部屋で朝を迎えた三姉妹の次女・佳乃(よしの)に父の訃報(ふほう)が届いた。母との離婚で長い間会っていない父の死に、なんの感慨もわかない佳乃は…。鎌倉(かまくら)を舞台に家族の「絆(きずな)」を描いた限りなく切なく、限りなく優しい吉田秋生の新シリーズ!!

おすすめ作家