著者 : 三つ葉優雨 15件

  • カレシが浮気をしちゃったら

    三つ葉優雨

    雑誌:
    ベツコミ

    ハデ目女子大生燈子は、向こうから告ってきたカレシ・清友とお付き合い中。だけど正直刺激が足りない・・・そう思っていた矢先、清友が後輩とラブホから出てくるところを見てしまう!清友のまさかの浮気疑惑に、燈子の気持ちは乱れまくりで・・・!?

  • チャラモテ男と純情女

    三つ葉優雨

    雑誌:
    ベツコミ

    女の子は日替わり希望、イケメンチャラモテ男の順平はある日、電車の中で涙を流している直子に目を奪われる。その姿がとても綺麗だったから・・・。ジミめで垢抜けない直子に興味を持った順平は、気まぐれで彼女をデートに誘うけど、そこから思いもかけない気持ちが湧いてきて・・・!?チャラモテ男×処女ジミ子の「格差系」ピュアラブをポップに、そしてリアルに描きます。

  • BETSUCOMI Best Selection 純愛中毒

    加賀やっこ 吉永ゆう 三つ葉優雨 八寿子 黒田ノア 宇佐美真紀

    雑誌:
    ベツコミ

    「一礼して、キス」の加賀やっこなど、大人気作家の読者アンケート上位の読みきり作品を収録。珠玉のオムニバスシリーズ!

  • Betsucomi Best Selection Pure Love Seasons. 3 秋〜せつなく〜

    吉永ゆう 文倉咲 タアモ 加賀やっこ 新井理恵 三つ葉優雨 森下深羽 彬聖子 紺野りさ

    雑誌:
    ベツコミ

    ベツコミが自信を持ってお届けする、大好評オムニバス。第3弾、「秋〜せつなく〜」が待望の登場!
    ベツコミ本誌での連載「初恋アステリズム」が大人気、吉永ゆうの描きおろし短編「センチメンタル・バス」が読めるのはこの単行本だけ!
    また、人気沸騰中の紺野りさ「君に焦がれる」、加賀やっこ「ここで、泣いて」を始め、森下深羽「涙色恋文」、三つ葉優雨「海の向こうで」、タアモ「初恋と小さな魔女」、文倉咲「君と恋愛リアル」など、ベツコミ読者アンケート上位作家の単行本未収録作品を一挙収録。
     さらに、ベテラン実力派作家・彬聖子「空色ポスト」、新井理恵「ヨタ話」も収録! センチメンタルな秋にぴったり、せつない恋がたっぷり楽しめる読み応え満点の278p!!

  • 山岡くんのヒミツの恋バナ

    三つ葉優雨

    雑誌:
    ベツコミ

    年下モテ男子にピュア女子が恋愛指導!?一見マジメそうだけど、モテまくり&女のコを泣かせまくりの山岡くん。ホントの恋を知らない彼に、恋に奥手で超ピュアな保健医が、恋愛指導することになって…!?本気の恋を知らない年下男子と、元カレが忘れられない年上のピュア女子。ヒミツがいっぱいの恋の結末は…!?

  • キミのすべてを見せて

    三つ葉優雨

    雑誌:
    ベツコミ

    学校でも家でも「優等生」を演じている女子高生の菫。しかし夜は、知らない男とホテルにいる。ある日、学校を撮影に来たフルタというカメラマンが、「お前の本当の顔を見せてやる」と近づいてきて・・・!?

  • とべない鳥

    三つ葉優雨

    雑誌:
    ベツコミ

    中学生の頃、教師に乱暴された過去を持つ葵(あおい)は、その心の傷から援交を重ねるようになっていた。そんなある日、両親の離婚のせいで、幼い頃に引き離されてしまった初恋の相手・馨(かおる)と再会する。ずっと彼を忘れられなかった葵だけど、すっかり変わってしまった今の自分を、馨に知られたくなくて…!?

  • ライアー

    三つ葉優雨

    雑誌:
    ベツコミ

    私たちは、嘘吐(うそつ)き。本当の心を隠したまま、ギリギリの火遊びをする。幼い頃、母親から虐待を受けたことが原因で心が壊れかけてしまったりん。ある医師の特別なセラピーを受け、"演技すること"を覚えた彼女は次第に女優としての才能を開花させていく。けれど、舞台の上以外ではなんの感情も持てずにいるりんに「あんた そのままじゃ破滅するよ」と言う男が現れて——!?

  • 青・春・花

    三つ葉優雨

    雑誌:
    ベツコミ

    学校でも家でも「優等生」を演じている女子高生の菫(すみれ)。しかし夜は、知らない男とホテルにいる。ある日、学校を撮影に来たフルタというカメラマンが、「お前の本当の顔を見せてやる」と近づいてきて…!?

  • シュガー・キス

    三つ葉優雨

    雑誌:
    ベツコミ

    彼女がいるとわかっていながらも、萩尾センパイと身体を重ねてしまったひかり。そんなひかりに、「俺とつき合って」とクラスの人気者・中田が近づいてきて!? 超甘党の中田が、タバコの代わりにひかりにくれたものは…?

  • 桃色恋花

    三つ葉優雨

    雑誌:
    ベツコミ

    「山桜の下、心の中で呪文(じゅもん)を3回唱えると運命の人に逢(あ)える——」母親の母校で、幼い頃に聞かされていた伝説の桜の下、鋭い眼差(まなざ)しの美少年と出会ったさくら。しかし、翌日から待っていたのは壮絶なイジメの日々だった! そしてその先にさくらが見た、隠された悲しい過去と真実の「運命の恋」とは…!?

おすすめ作家