&FLOWER 10号

&FLOWER 10号
価格:200pt/200円(税抜)

まだ足りないなら、もっとあげる。新デジタルコミック誌「&FLOWER」10号の特集は「禁断恋、はじめます」。

●藤生ナミ「タビビトノキ」
この町は閉鎖的だ。小さな嘘は、みんなが是とすれば真実になる。そんな小さな町で育った私たちが選んだのは、この町を、家族を捨てて“かけ落ち”することでした――。

●登田好美「ありふれたひとびと。」
半分兄妹であり、男と女。母親違いの男女が、大人になりひとつ屋根の下で同居生活。大人の事情がおりなすヒメゴトは、新たに小さな同居人を加えて新展開に――!?

●菊地かまろ「隠れ官能小説家」
私が好きな幼なじみは小説家。今どき中学生でもこんなにピュアな恋はしない!なんてツッコミたくなるような文章を書いていると思ったら…まさかこんなにエッチな小説を書いていたなんて!?

●玉城るか「ひそひそ」
顔でも、性格でもなく、私が彼を好きになったのは、声でした。声だけでした…。新学期早々、最初の授業で先生の声を聞いた瞬間から、私はあなたの奏でるその低音の虜になってしまいました…。

●竹充ヒロ「花とソケット」
どこにでもいる恋人。だけど少女は人工知能。その秘密を知っているのはエンジニアの彼一人。ごく平凡で、穏やかな生活に幸せを感じている日々に、ある日突然の来訪者が…!?

禁断ほど甘い――甘美な5作品を収録!

収録作品

  • タビビトノキ藤生ナミ
  • ありふれたひとびと。登田好美
  • 隠れ官能小説家菊地かまろ
  • ひそひそ玉城るか
  • 花とソケット竹充ヒロ

タビビトノキ/藤生ナミ

少女は母親の期待に応えるため、成績は優秀、近所でも評判の良い子を演じ続けた――。
少年は男と蒸発した母親に残され、父親からは暴力、周囲からは問題児扱いされる毎日。
2人がつき合っていることは誰も知らない。いつか、この町を捨て、2人だけの、光ある場所を目指して旅出そうとしていることも…。

ありふれたひとびと。/登田好美

腹違いの妹・景との生活にも慣れたころ、隆央のもとには末の妹・芽衣花も加わり、3人での生活が始まった。
父母のいない生活は周囲からは奇異の目でみられているものの、兄妹の生活は平和である…。
ある夜、ふと目を覚ました芽衣花が、裸の隆央を見てしまっても…この生活はいたって平穏である――。

隠れ官能小説家/菊地かまろ

奥手で草食系な幼なじみの小説家・拓巳に恋する咲良。彼が書いている小説も、当然超ピュアな恋愛小説…かと思っていたら…!? 
「感じてきちゃった?」偶然彼のパソコンを見て驚愕。そこには彼女も知らない拓巳の「男の顔」が描かれていて!? その小説を読んでからドキドキが止まらない咲良は――!?

ひそひそ/玉城るか

ゆったりとした低い声に、美しい言葉たち――。初めてその声を聞いた瞬間から、私は恋に落ちたのだと思う。
そうして私は先生の声を毎回録音してはイヤホンで再生する毎日。イヤホン越しの声は私の鼓膜を震わせ、身体を支配する。ねえ、先生、いつかこの恋は神聖であると私にささやいて――。

花とソケット/竹充ヒロ

人工知能のニコとエンジニアの創馬。ゆったりとした時間が流れる2人だけの休日は、一本の電話によってもろくも崩れることに!?
突然訪れた小さな来訪者、創馬のいとこ・秋人に振り回される2人。しかも秋人はニコが人工知能であることに気づいてしまい――!?

バックナンバー

ページの先頭へ戻る